ソフトバンク おすすめ プラン。 2019年最新!ソフトバンク「新料金プラン」の特徴を総まとめ|モバシティ

ソフトバンクのホワイトプランが終了。代わりのおすすめプランは?

ソフトバンク おすすめ プラン

ソフトバンクのおすすめ機種 1位:iPhone SE 第2世代 ソフトバンクでも iPhone SE 第2世代 が発売されました。 高性能な割に価格が安く、非常におすすめです。 7インチとコンパクトで、iPhone7や8のケースやフィルムも流用できます。 顔認証がなく指紋認証だけですが、マスクをしていることが多い現在ではこちらのほうが便利かもしれません。 シングルレンズカメラながらポートレートモードも搭載し、4K動画の撮影も可能です。 もちろん 防水や Felica(おサイフケータイ)にも対応しています。 カメラ性能はiPhone11などに比べると落ちますが、この価格でこの性能はかなりお買い得です。 iPhone11やiPhone XR・XSユーザーは買い直す必要はないかもしれませんが、 iPhone7までの機種を使っている方はぜひ買い替えましょう。 <端末代金>• 64GB:28,800円~• 128GB:32,040円~• 待望のコンパクト機種• 11Proと同じ高性能CPU• 価格が非常に安い• ポートレート・4K動画撮影可能• ホームボタン・指紋認証が復活• 防水・おサイフケータイ搭載• カメラはシングルレンズ• 顔認証なし• 発売から時期が経過しましたが、今でも一番おすすめです。 AQUOS sense3 plusよりも15,000円ほど安く、性能も高いです。 おサイフケータイにも対応しており、カメラ性能もPixel 3とほとんど違いがないです。 防水性能がPixel 3に比べて落ちるなど廉価版らしいところもありますが、価格差ほどの差はありません。 Pixel 3aとPixel 3a XLはサイズの違いのみですので、好みで選んで構いません。 ただし価格がかなり違うので注意してください。 Android端末を買うならPixel 3aまたはPixel 3a XLが断然おすすめです。 端末価格が非常に安く、26,000円ちょっとで購入できます。 価格の安さが最大の魅力ですが、 カメラはレンズが2つあるデュアルレンズで一眼レフのようなポートレート撮影も可能です。 CPUはSnapdragon450なので高性能とは言えませんが、普段使いには十分でしょう。 防水・防塵はもちろん、 耐衝撃も特徴で故障しにくいのがあんしんです。 おサイフケータイも搭載しています。 ただし、 ワンセグや指紋認証には非対応なので注意してください。 また、価格だけ見ればの方がさらに安いです。 他社で発売されているAQUOS sense3より高性能なモデルです。 AQUOS sense3はSnapdragon630、メモリーRAMは4GBですが、 AQUOS sense3 plusはSnapdragon636、メモリーRAMは6GBです。 個人的には、性能の割に少々価格が高い気がします。 もう少し価格が下がるまで待ったほうがよいかもしれません。 <端末代金>• 安心の国産スマホ• Snapdragon636+6GBのRAM• AI搭載カメラ• おサイフケータイ・防水対応• オーディオも進化• 0インチの大画面• 性能の割に価格が高い? 価格の安いiPhone SE 第2世代 が発売されましたが、カメラにこだわる方・大きな画面が良い方(動画をよく見る・ゲームをする)方はiPhone11にしましょう。 iPhone 11のカメラはレンズが2つの デュアルレンズカメラで、 「超広角」「広角」カメラが搭載されています。 夜景での写真撮影に強く、動画は 4K動画も撮影可能です。 個人的に気になるのが、 iPhone 11は6. 1インチと本体サイズが大きい点です。 片手での操作はギリギリで、女性や手の小さい方は難しいでしょう。 本体サイズは5. 8インチのiPhone 11 Proの方が小さいです。 <端末代金>• 64GB:89,280円• 128GB:95,040円• 2019年最新のiPhone• 11 Proより価格が安い• デュアルレンズカメラ搭載• 超広角撮影も可、夜景にも強い• 最高峰A13 Bionic搭載• 本体カラーがカラフルで豊富• 性能は11 Proに劣る• 先に発売されたXperia 1 802SOとほぼ同じ性能で、Snapdragon855、21:9の縦長画面、トリプルレンズカメラを搭載した Xperiaのハイスペック機種です。 もちろんおサイフケータイや防水・防塵にも対応しており、最近では少なくなったフルセグにも対応しています。 価格が高いのがネックでしたが、先日1. 5万円ほど値下げされました。 Androidのハイスペック機種ならこの機種がおすすめです。 SHARPが誇るハイスペックスマホで、 本体の軽さが最大の特徴です。 6インチ以上で防水対応のスマホでは 世界最軽量の141gしかなく、わたしも本体を持ちましたがモック(展示用のダミー品)かと思うほど軽かったです。 しかし、搭載CPUは 最新のSnapdragon855と超ハイスペック。 ディスプレイは 6. 4インチの有機ELディスプレイで、 おサイフケータイも搭載しています。 スペック上は平凡ですね。 ただし、SHARPの最新の高画素センサーや画質エンジンを搭載しており、非常に美しい写真が撮影できます。 また、SHARPのスマホらしく、 防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証・顔認証と多機能なのも特徴です。 ただしワンセグ・フルセグは非搭載ですので、必要な方はを選択しましょう。 <端末代金>• 最高峰のSnapdragon855• 高負荷作業でも熱くならない• 超長持ちバッテリー• 141gと非常に軽い本体• 4インチ有機EL画面• 防水・防塵・おサイフ対応• カメラは平凡• iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはディスプレイサイズくらいしか違いがないので、画面サイズで選んで良いでしょう。 iPhone 11 ProはiPhoneの最新フラッグシップスマホで、最先端の技術が詰まっています。 カメラは3つのレンズが搭載された トリプルレンズカメラで、超広角や望遠での撮影も可能です。 搭載CPUは最高峰の「 A13 Bionic」で、性能は申し分ありません。 ただし、 価格は非常に高いです。 また、iPhone 11 Pro Maxは本体サイズが大きいので、片手での操作は難しいでしょう。 iPhone 11 Proの性能は通常の使い方ならオーバースペックなので、価格の安いiPhoneSEやiPhone11を上位にしました。 しかし、「やっぱり最新のiPhoneがいい」という方は迷いなくiPhone 11 Proシリーズを購入しましょう。 <端末代金>• iPhone 11 Pro• 64GB:127,200円• 256GB:145,920円• 512GB:172,320円• iPhone 11 Pro Max• 64GB:142,560円• 256GB:161,760円• 最新・最先端のiPhone• トリプルレンズカメラ搭載• 超広角・望遠での撮影も可能• 最高峰A13 Bionic搭載• 価格はかなり高い• 人気のPixelシリーズの最新機種で、キャリアで買えるのはソフトバンクのみです。 最高峰のSnapdragon855を搭載し、メモリーRAMは6GBと超ハイスペックです。 また、最大の特徴はカメラです。 前作Pixel 3はシングルカメラでしたが、 Pixel 4はデュアルカメラが搭載されました。 特に夜景は非常に美しいです。 ただし、 指紋認証センサーが廃止され、顔認証しか無いのがネックです。 顔認証は高精度ですが、顔の前に端末を持ってこないとロック解除できないのが少々不便でした。 また、 バッテリーの持ちが良くないとの声も多いです。 価格が高い割に弱点も多く、個人的にはPixel 3aの方がおすすめです。 <端末代金>• 人気のPixelシリーズの最新機種• Snapdragon855+6GBのRAM• 夜景に強いデュアルカメラ• 防水・おサイフケータイ対応• ワイヤレス充電Qi対応• 顔認証のみ・指紋なし• AQUOS R3のディスプレイは 「Pro IGZO」で10億色の描写が可能です。 もちろん 搭載CPUは最高峰のSnapdragon855で、 メモリーRAMは6GBです。 アウトカメラはデュアルレンズですが、写真用と動画専用に分かれています。 AIにより動画を自動で加工したり動画内の写真に切り取ることができるため、 動画をよく撮影される方におすすめです。 もちろん おサイフケータイや 防水・防塵・ ワンセグ・フルセグに対応しています。 ワイヤレス充電や顔認証もOKです。 ただ2019年夏モデルの機種では若干地味な存在で、個人的にはやの方がおすすめです。 5Gエリアはかなり限られていて日常的には使えないからです。 5Gエリアが広がるには1~2年かかると思いますので、対応スマホを買うのもそれからで問題ないでしょう。 今スマホを買うなら比較的安価な4Gスマホを購入し、5Gスマホは次の機種変更タイミングで良いと思います。 詳細: ソフトバンクのおすすめスマホ購入は公式サイトで! 以上、 ソフトバンクのおすすめスマホランキングの紹介でした。

次の

2019年最新!ソフトバンク「新料金プラン」の特徴を総まとめ|モバシティ

ソフトバンク おすすめ プラン

携帯会社の料金プランはとてもわかりづらい・・・ ソフトバンクの料金プランもほかの携帯会社と同じように条件や制限が多すぎて、 どの料金プランを選べば一番安くなるのか迷ってしまいますよね。 ソフトバンクショップや取扱店に行って店員さんに相談しても、内容がよくわからないまま最終的に店員おすすめの 高いプランに加入させられたといった経験がある方も結構いらっしゃるのではないでしょうか? ソフトバンクへの乗り換えで失敗しないためにもソフトバンクをはじめとしたの携帯会社の基本的な料金の仕組みも知っておきたいところです。 今回は、 ソフトバンクのスマホを利用する場合に必要な知識、そして条件ごとに「最安値」となる料金プランと割引キャンペーンをご紹介します。 少しでも 月々の維持費を安くするための参考になれば幸いです。 海外への通話や0570番号などの有料電話サービスへの通話は 対象外となりますので注意しましょう。 契約事務手数料 3,000円 3. MNP転出手数料と 3. 契約解除料は解約したキャリアから、 2. 契約事務手数料はソフトバンクにクレジットカード払いや口座引き落としでの支払いとなります。 さらに端末代金を毎月分割で支払っていて、 端末代金の支払いが残っている場合は、引き続き支払いが必要となります(一括払いでなくてもOKです)。 ソフトバンク最安の料金プランはコレ! それでは、いくつかのパターンでソフトバンクにした場合の月額料金を試算してみました。 ここでは異なる条件ごとにそれぞれの最安プランを出してみました。 (他のキャリアからソフトバンクにMNPをした形で試算しています。 「おうち割 光セット」の利用 J. 端末代を除いて見てみるとかなり月額料金が抑えられてきたのではないでしょうか。 次からは、特定の条件に当てはまる人が利用できる各種割引キャンペーンについてご紹介します。 「学割放題」の利用(2019年5月31日まで) 25歳以下の人が利用する場合には、毎年冬から春にかけて 期間限定で展開しているソフトバンクの学割キャンペーンを利用することができます。 キャンペーンの期間は 2018年12月21日から2019年5月31日までです。 学割とあるので学生対象のように見えますが、25歳以下の条件以外に学生である必要はありません。 おまけ K. 究極のソフトバンク最安値プラン 一番安くなるプランにガチガチに割引キャンペーンを併用したものを組み合わせたものを試算してみました。 実際は対象者はかぎられていて、電話やネットもそれなりにするとは思いますので、実際の利用料金は高くなるはずですが、切り詰めればここまで下げられるといった参考数値的に見てください。 通話プランは従量課金型の「基本通話プラン」。 端末は購入ではなく、SIMフリー端末を持ち込む形。 さらに「おうち割 光セット」と「学割放題」を適用させた形です。 いかがでしたでしょうか?割引やプランの組み合わせ次第でここまで月額料金に大きな差が出ることをお分かりいただけたかと思います。 最安といっても、条件に当てはまらない人もいらっしゃいますし、通話時間やネット容量の制限でこれらのプランでは満足できないかもしれません。 しかし、無駄な出費を防ぐためには最安のプランを事前に知っておくことは重要だと思います。 最安のプランを知っておくことで料金のしくみや自分にあったプランも見えてきます。 そこから自分が必要とするものだけを選択していけばよいのです。 利用するプランが決まったらあとは手続きするショップ選びが重要になってきます。 ショップ選びもお店しだいで大きな差が出てきます。 キャッシュバックや一括0円のあるショップであれば、細かい料金プランなど気にならなくなるくらいにお得になるかも。 また、次回をお楽しみに!.

次の

ソフトバンクのおすすめスマホ 10機種比較ランキング【2020年6月】

ソフトバンク おすすめ プラン

ソフトバンクの料金プランの仕組み ソフトバンクのスマホ向け料金プランの仕組みは、大きく3つの料金の合算で決定します。 スマホの料金体系が非常に複雑でわかりづらい、という議論は昔から相変わらずですが、大きく3つへシンプルに分けて理解すると、案外すーっと理解しやすい仕組みです。 ミニモンスター ミニモンスターは、毎月のデータ利用量に応じて料金が変動するプランです。 データ量を利用しなかった月は非常に安く、ある程度データ量を利用しても段階的に割安の料金で収まる上、最高50GBまで速度制限なく利用できるという特徴があります。 ミニモンスタープランの内訳は、通話の基本プラン 980円 にデータプランミニ 1GB未満:3,000円/ 1GB~2GB未満:5,000円/ 2GB~5GB未満:6,500円/ 5GB~50GB未満:7,500円 を加算したもので、この組み合わせの総称で「ミニモンスター」と呼ばれています。 つまり、ミニモンスターの料金は、基本プランとデータプランを合算した最安3,980円~8最高8,480円がベース料金となります。 関連記事:「」 スマホデビュープラン スマホデビュープランは、毎月1GBのデータ量が利用でき、1回あたりの通話が5分以内は無料で利用できる料金プランです。 ただし、スマホデビュープランの適用対象は、変更前の端末がガラケーもしくはキッズ向けケータイを利用しており、変更後にスマホへ切り替える方のみが申し込み対象となります。 つまり、スマホデビュープランは最安980円~利用できる、 ソフトバンク史上最高にお得な価格破壊の料金プランです。 また、通話をほとんど利用しない場合は、「通話オプションに加入しない」という選択もできます。 定額オプション ソフトバンクの定額オプションは、 月額1,500円を基本料金に別途加算して加入することができ、日本国内の一般的な固定電話/携帯電話宛の通話料が24時間無料となるオプションです。 定額オプションに加入すれば、いつでも時間を気にすることなく通話を利用できるので、通話時間を気にする必要がありません。 時間や料金を気にすることなく通話を使えるので、通話をたくさん利用する方におすすめです。 ただし、 定額オプションに加入していても、国際電話やナビダイヤルなど一部の通話は定額対象外となる点があるため注意しておいてください。 準定額オプション ソフトバンクの準定額オプションは、 月額500円を基本料金に別途加算して加入することができ、 1回あたりの通話時間が5分未満の通話利用の場合、その通話費用が無料となるオプションです。 ただ、 1回の通話発信時に5分を超過した場合は30秒あたり20円の通話料金が加算されます。 なお、定額オプションと同じく 国際電話やナビダイヤルなど一部の通話は定額対象外となるため注意が必要です。 準定額オプションは、用件だけを伝える程度の短い時間の通話が多いユーザーにとってはメリットが大きいプランです。 通話定額オプションに加入しない場合 ほとんど電話を利用することが無い、利用するとしても電話は受けることの方が多い、というユーザーは、定額オプションや準定額オプションに加入しない選択も出来ます。 通話オプションに加入せずに通話を利用する場合は、 通話発信時に30秒あたり20円の通話料金が加算されます。 ただし、ソフトバンクの家族グループ内の通話は無料で利用できますので、ソフトバンクの家族以外の通話発信時は「通話時間」によく注意して利用しましょう。 少しでも通話発信が多い場合は通話量に応じて「定額オプション」「準定額オプション」の加入を検討しても良いかもしれません。 関連記事:「」 割引・キャンペーンの活用 ソフトバンクのスマホをとにかく安く利用するには、割引やキャンペーンを活用しないわけにはいきません。 割引やキャンペーンは、大きく「基本料金の割引」と「端末代金の割引 またはポイント還元の場合もあり 」の2種類に分類されます。 ただ、特典はいつも提供内容がころころ変わってしまうため、最新情報のチェックを欠かしてはいけません。 SoftBank学割 SoftBank学割は、 2019年12月6日 金 ~2020年6月1日 月 の約6か月間提供される割引キャンペーンです。 ソフトバンクのスマホを利用する対象者の年齢が 5歳以上22歳以下であれば、学生である事実に関わらず、誰でも申し込むことが出来ます。 SoftBank学割で提供される特典は、以下の通り、選択する料金プランによって異なります。 なお、SoftBank学割は申し込み時点で対象年齢を満たしていればよく、学割適用後に割引などの特典適用期間中に23歳以上となっても、所定の特典が適用されます。 SoftBank学割は提供期間がわずかに定められているため、対象年齢の方は期間中に確実に適用しておきたいところです。 関連記事:「」 1年おトク割 1年おトク割は、 ソフトバンクで新規契約、または機種変更する際に対象料金プランへ変更または加入中であれば、条件を満たした翌月から 最大1年間毎月1,000円基本料金が割引される仕組みです。 ただし、注意点として 過去に同回線で1度でも1年おトク割を適用したことがある場合は、2度目の適用はありません。 ちなみに、1年おトク割のキャンペーン提供期間は 2018年9月6日からで、終了日は未定です。 いつ終了するかわからないキャンペーンなので、適用期間中に早めに活用したいところです。 おうち割光セット おうち割光セットは、ソフトバンクの携帯とソフトバンク指定のインターネット「ソフトバンクエアー」または「ソフトバンク光」に加入すると、 ソフトバンクスマホの基本料金から1回線あたり毎月最大1,000円割引されるものです。 例えば、ソフトバンクを家族4回線利用していれば、それだけでも毎月最大4,000円割引となり、年間累計48,000円分も割引される計算です。 ソフトバンクユーザーであれば、もちろん活用したいところですし、ソフトバンクユーザーで別事業者のインターネットを利用中のユーザーこそ、ソフトバンク光またはソフトバンクエアーに切り替えてどーんとお得に利用したいものです。 ちなみに、同じく人気の ミニモンスターは、みんな家族割+による割引はありませんが、 みんな家族割+の対象回線としてカウントはされるので、家族割引グループ内にミニモンスター回線があれば、ウルトラギガモンスター回線の割引きには寄与します。 シンプルにい言い換えると、 購入した機種本体を2年後に返却すれば残りの割賦が免除されて実質的に半分の価格で買える、ということです。 関連記事:「」「」 下取りプログラム 下取りプログラムは、購入後のスマホの料金を安くするなら確実に利用したい割引サービスです。 ソフトバンクの下取りプログラムは、 現在利用しているスマホ、iPhone、ガラケーをソフトバンクに下取り品として回収に出すことで、下取り査定額の総額を24回に分割して、毎月のソフトバンク利用料金から値引きされる割引です。 下取りプログラムの 対象機種や下取り金額は頻繁に変更されますので、最新の情報についてはソフトバンク公式サイトよりチェックしていくと良いです。 、 少し整理して理解しておきたい点として、 下取りプログラムとトクするサポートの特典は、重畳して適用できない点は注意が必要です。 ソフトバンクの下取りプログラムとトクするサポートは別物であることを理解しておきましょう。 関連記事:「」 アメリカ放題 アメリカ放題は、ソフトバンクのiPhoneを利用しているユーザー限定で、 アメリカに滞在している間に利用する通話・ネット・メールが無料で使えるサービスです。 アメリカ放題は、通常月額980円で利用できるサービスなのですが、キャンペーン期間中は月額料無料で利用できる破格の国際サービスです。 ただし、一部地域や本体設定に誤りがあると、高額の通信料が発生する点に注意が必要なため、アメリカ放題の活用を検討されているユーザーは関連記事を参考にしてください。 関連記事:「」 おすすめのオプションサービス ここからは、ソフトバンクの料金プランを組んでいく際に「 これは知っておいた方が良い・加入した方が良い」というオプションサービスについてご紹介します。 なお、以下で初回するオプションサービスは 加入について全て任意選択できるものばかりです。 決して加入必須ではありませんので、ユーザーの利用状況に応じて選んでいくことをおすすめします。 あんしん保証パック あんしん保証パックとは、利用中のソフトバンクスマホが故障、水濡れ、紛失、盗難、電池の減りが早い、などのトラブルに遭遇した際、修理代金のサポートや端末交換してくれるアフターサービスです。 1台あたり数万円~十数万円する高価なスマホに、万が一のトラブルが発生した場合の高額な費用を考えれば、あんしん保証パックは加入しておいた方が安心です。 あんしん保証パックを厳密に分けると、 あんしん保証パック with AppleCare Services、あんしん保証パックプラス、あんしん保証パックライトの3種類分類され、加入する対象機種によってサービス名や料金が異なります。 あんしん保証パックの詳細について知りたい方は、関連記事からどうぞ。 関連記事:「」 iPhone基本パック iPhone基本パックは、 迷惑電話ブロックやネットセキュリティ、家族のケータイの見守りサービスなど全10オプションを月額500円で利用できるオールインワンのオプションサービスです。 特に通話をメインで利用するユーザーや、iPhoneのセキュリティ対策を万全にしたいと考えるユーザーにおすすめのオプションです。 関連記事:「」 テザリングオプション ソフトバンクのスマホやiPhoneでテザリングを利用するには、「テザリングオプション」に加入することが必須条件となっています。 逆に言えば、テザリングオプションに加入しなければソフトバンクのスマホやiPhoneでテザリング機能を利用することが出来ません。 テザリングオプションの月額料金は最大500円で、現在加入中の料金プランによっては無料で加入できる場合もあります。 かつ、そこに ソフトバンク光 またはソフトバンクエアー を利用して、おうち割光セットを適用する料金プランがコストパフォーマンスが良い料金体系だと考えます。 ただ、 Wi-Fi環境が無い外出先で大量のデータ通信を利用する、という方もいらっしゃるかもしれません。 なかでも「 Mugen WiFi」は、 データ量無制限でトリプルキャリア対応のモバイルWi-Fiルーターとして最安3,280円で利用できる点において、最高のコストパフォーマンスです。 関連記事:「」 ソフトバンクの料金プランは2年契約なし・解約金なしの時代へ ソフトバンクは2019年9月6日に、2年契約縛りや解約金0円で負担を必要としない新しい料金プランを発表し、2019年9月13日に受付を開始しました。 2019年9月13日以降に、ソフトバンクの対象料金プランへ変更手続きを行えば、自動的に2年契約なしのプランが適用されます。 ただし、現段階で旧2年契約の自動更新・解約金9,500円タイプの料金プランを契約している回線が、次の2年更新のタイミングを迎えた場合については、 自動更新後も従来の2年契約(解約金9,500円・自動更新タイプ)のまま更新されてしまいます。 つまり、 手続きをしない限り、2年契約や解約金なしの新しいプランへは勝手に切り替わるわけではありません。 ちなみに、ドコモとauでも同時期に新しい2年契約のプランを提供開始しましたが、2社とも2年契約の仕組みは残しつつ、解約負担金を1,000円と定めています。 つまり、大手3キャリアのうち、 2年縛りや解約金という概念を完全に取り払った新料金プランを提供しているのはソフトバンクのみです。 関連記事:「」 料金プランの確認・変更方法 ソフトバンクショップ店頭 現在、契約中の料金プランの確認、または変更をする際に最寄りのソフトバンクショップ店頭で手続きをすすめるのは一番オーソドックスな方法です。 担当スタッフの方に対面で説明を受けながら、悩む場合は相談することも出来るので安心して手続きできるのが特徴です。 ただし、店頭の込み具合によっては待ち時間、手続き時間がどれくらいかかるのか不確定要素なので、急いで手続きを進めたい場合は、あまりおすすめできません。 My SoftBank My SoftBankは、ソフトバンクの各種手続きをWEB上で完結できる場所です。 自身で利用している回線の固有のIDとパスワードを用いて、いつでもどこでも手続き出来るので非常に便利です。 ただし、料金プランの内容をきちんと理解していないまま手続きを進めてしまうと、思わぬデメリットや問題に遭遇することがあるかもしれません。 My SoftBankで料金プランの変更手続きを進める場合は、注意事項や条件をきちんと理解し、慎重に手続きを進めていくことをおすすめします。

次の