美味しい 野菜 炒め レシピ。 【保存版】たっぷり野菜を使う人気の簡単料理レシピ26選まとめ!晩御飯にも!野菜たっぷりの煮物など

ひと工夫でシャキシャキ食感 塩こしょう味の野菜炒め 作り方・レシピ

美味しい 野菜 炒め レシピ

作り方• にんじんは皮をむきます。 ピーマンはヘタと種を取り除いておきます。 にんじんは短冊切りにします。 キャベツは一口大に切ります。 ピーマンは1cm幅に切ります。 豚こま切れ肉に薄力粉をまぶします。 中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、4を入れて炒めます。 色が変ったら塩こしょうをふり、さっと炒めて一度取り出します。 同じフライパンを強火で熱し、1を入れて炒めます。 にんじんに火が通ったら2ともやしを入れて強火で炒めます。 キャベツがしんなりしたら5と3を入れて強火のまま炒めます。 全体に味がなじんだら火から下ろし、器に盛り付けて完成です。 料理のコツ・ポイント 豚こま切れ肉は、お好みの部位や形状のものに代えてもお作りいただけます。 調味料の加減は、お好みで調整してください。

次の

目指せ定食屋の味!シャキッと美味しい野菜炒めを作るための科学

美味しい 野菜 炒め レシピ

お給料前でお財布がピンチ!そんなとき重宝するのが野菜炒め。 いろいろな野菜が食べられて、しかも経済的。 作り方も材料を炒めるだけで簡単と、まさに3拍子揃ったレシピ。 水っぽくなりがちな野菜炒め 5月12日放映の「あさイチ」をご覧になった人はいらっしゃいますか?おなじみ「スゴ技Q」は、人気の定番料理特集でした。 今回テーマとして取り上げられたのは、簡単で経済的な「野菜炒め」。 定番中の定番メニューですが、あさイチアンケートによれば実はたくさんのお悩みが寄せられているそうです。 中でも多かったのが「水っぽくなる」という悩み。 番組では、そんなお悩みを解消するためのテクニックが紹介されました。 水っぽくなるという悩みを解決するテクニックとは? 科学的な調理法を研修して15年の料理研究家・水島弘史さんが伝授してくれるのは、野菜炒めが決して水っぽくならないスゴ技。 ポイントは野菜の切り方と炒め方の二つです。 普通の切り方をしてしまうと細胞が壊れて水が出てしまい、ベチャベチャしてしまう原因に。 そこで力を発揮するのが達人の切り方です。 包丁を持つ手とまな板が平行になるようにするのがポイント。 姿勢が悪いと体の重さが包丁に伝わるので、細胞がつぶれる原因にもなるのだとか。 だから姿勢正しく切ることが大事なんだそうです。 具体的には親指と人さし指で挟むように持ち、中指で支えます。 ちょっと角度をつけ、刃先を上げながら、刃の真ん中まで使うのがコツ。 一度で切れなかったら、同じ動きを繰り返せばOK。 水島さんいわく、包丁の刃先から指2本分ぐらいのところがスイートスポットといって一番切れやすいのだとか。 そこに野菜をつけて切るようにするとグッド。 炒め方にもコツがあった!?最強の炒めテク さあどんどんいきますよ。 お次は炒め方のテクニック。 野菜炒めといえば、フライパンを熱して油をひき、強火でサッと炒めるというのが王道と思われていますが、達人いわくそのやり方ではダメ。 火加減はなんと弱火!実は野菜は、急激に加熱すると細胞が壊れてしまうのだとか。 だから弱火がベストなんだそうです。 混ぜ続けてしまうと熱が逃げてしまい野菜に火が通らないのだとか。 最後にしょうゆ、ごま油、コショウをくわえて強火で20秒間炒めて、香りを立たせます。 これで冷めても水っぽくならない絶品の野菜炒めの出来上がりです。 いつもやっている作業の順番を変えるだけでいいなんてビックリですね。 クックパッドにもシャキシャキで美味しい野菜炒めのレシピがいっぱい。 役立ちそうなレシピを一緒にご紹介しておきますね。

次の

余った野菜炒めで作れる!簡単美味しいリメイクレシピ5選

美味しい 野菜 炒め レシピ

お給料前でお財布がピンチ!そんなとき重宝するのが野菜炒め。 いろいろな野菜が食べられて、しかも経済的。 作り方も材料を炒めるだけで簡単と、まさに3拍子揃ったレシピ。 水っぽくなりがちな野菜炒め 5月12日放映の「あさイチ」をご覧になった人はいらっしゃいますか?おなじみ「スゴ技Q」は、人気の定番料理特集でした。 今回テーマとして取り上げられたのは、簡単で経済的な「野菜炒め」。 定番中の定番メニューですが、あさイチアンケートによれば実はたくさんのお悩みが寄せられているそうです。 中でも多かったのが「水っぽくなる」という悩み。 番組では、そんなお悩みを解消するためのテクニックが紹介されました。 水っぽくなるという悩みを解決するテクニックとは? 科学的な調理法を研修して15年の料理研究家・水島弘史さんが伝授してくれるのは、野菜炒めが決して水っぽくならないスゴ技。 ポイントは野菜の切り方と炒め方の二つです。 普通の切り方をしてしまうと細胞が壊れて水が出てしまい、ベチャベチャしてしまう原因に。 そこで力を発揮するのが達人の切り方です。 包丁を持つ手とまな板が平行になるようにするのがポイント。 姿勢が悪いと体の重さが包丁に伝わるので、細胞がつぶれる原因にもなるのだとか。 だから姿勢正しく切ることが大事なんだそうです。 具体的には親指と人さし指で挟むように持ち、中指で支えます。 ちょっと角度をつけ、刃先を上げながら、刃の真ん中まで使うのがコツ。 一度で切れなかったら、同じ動きを繰り返せばOK。 水島さんいわく、包丁の刃先から指2本分ぐらいのところがスイートスポットといって一番切れやすいのだとか。 そこに野菜をつけて切るようにするとグッド。 炒め方にもコツがあった!?最強の炒めテク さあどんどんいきますよ。 お次は炒め方のテクニック。 野菜炒めといえば、フライパンを熱して油をひき、強火でサッと炒めるというのが王道と思われていますが、達人いわくそのやり方ではダメ。 火加減はなんと弱火!実は野菜は、急激に加熱すると細胞が壊れてしまうのだとか。 だから弱火がベストなんだそうです。 混ぜ続けてしまうと熱が逃げてしまい野菜に火が通らないのだとか。 最後にしょうゆ、ごま油、コショウをくわえて強火で20秒間炒めて、香りを立たせます。 これで冷めても水っぽくならない絶品の野菜炒めの出来上がりです。 いつもやっている作業の順番を変えるだけでいいなんてビックリですね。 クックパッドにもシャキシャキで美味しい野菜炒めのレシピがいっぱい。 役立ちそうなレシピを一緒にご紹介しておきますね。

次の