チルドレン コード 歌詞。 チルドレンレコード(Re Ver.) じん 歌詞情報

ms.topmarketer.neten「HANABI」歌詞の意味を徹底解釈!コードブルー主題歌

チルドレン コード 歌詞

チルドレンレコード Re Ver. 作詞 じん 作曲 じん 唄 じん 白いイヤホンを耳にあて 少しニヤッとして合図する 染み込んだこの温度が ドアをノックした瞬間に 溢れそうになるよ 「まだ視えない? 」 目を凝らして臨む争奪戦 あの日躊躇した脳裏から 「今だ、取り戻せ」とコードが鳴り出しそう 愛しくて、辛くて、世界を嫌ったヒトの 酷く理不尽な「構成」 肯定していちゃ未来は生み出せない 少年少女前を向く 暮れる炎天さえ希望論だって 「ツレモドセ」 「ツレモドセ」 三日月が赤く燃え上がる さぁさぁ、コードを0で刻め 想像力の外側の世界へ オーバーな空想戦線へ 「お先にどうぞ」って舌を出す 余裕ぶった無邪気な目 「ほら出番だ」パスワードで 目を覚ましたじゃじゃ馬は止まらない もう夜が深くなる 「オコサマ」なら燃える延長戦 逆境ぐあいがクールだろ? 寝れないねまだまだ ほら早く! イン・テンポで視線を合わせて ハイタッチでビートが鳴り出せば 考えてちゃ遅いでしょう? ほらノっかってこうぜ ワンコードで視線を合わせて ぶっ飛んだグルーヴが渦巻けば 冗談じゃない見えるはず そのハイエンドの風景の隙間に さぁどうだい、この暑さも すれ違いそうだった価値観も 「悪くないかな」 目を開き、手を取り合ったら 案外チープな言葉も 「合い言葉だ」って言い合える。 少しだけ前を向ける 少年少女、前を向く 揺れる炎天すら希望論だって 思い出し、口に出す 不可思議な出会いと別れを 「ねぇねぇ、突飛な世界のこと 散々だって笑い飛ばせたんだ」 合図が終わる 少年少女前を向け 眩む炎天すら希望論だって 「ツカミトレ」 「ツカミトレ」と 太陽が赤く燃え上がる さぁさぁ、コールだ。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 じんさん『チルドレンレコード Re Ver. 』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 じんさん『チルドレンレコード Re Ver. 』の歌詞 チルドレンレコード words by ジン music by ジン Performed by ジン.

次の

チルドレン 歌詞『BIN』

チルドレン コード 歌詞

白 しろいイヤホンを 耳 みみにあて 少 すこしニヤッとして 合図 あいずする 染 しみ 込 こんだこの 温度 おんどが ドアをノックした 瞬間 しゅんかんに 溢 あふれそうになるよ 「まだ 視 みえない? 」 目 めを 凝 こらして 臨 のぞむ 争奪戦 そうだつせん あの 日躊躇 ひちゅうちょした 脳裏 のうりから 「 今 いまだ、 取 とり 戻 もどせ」とコードが 鳴 なり 出 だしそう 愛 いとしくて、 辛 つらくて、 世界 せかいを 嫌 きらったヒトの 酷 ひどく 理不尽 りふじんな「 構成 こうせい」 肯定 こうていしていちゃ 未来 みらいは 生 うみ 出 だせない 少年少女前 しょうねんしょうじょまえを 向 むく 暮 くれる 炎天 えんてんさえ 希望論 きぼうろんだって 「ツレモドセ」 三日月 みかづきが 赤 あかく 燃 もえ 上 あがる さぁさぁ、コードを 0 ゼロで 刻 きざめ 想像力 そうぞうりょくの 外側 そとがわの 世界 せかいへ オーバーな 空想戦線 くうそうせんせんへ 「お 先 さきにどうぞ」って 舌 したを 出 だす 余裕 よゆうぶった 無邪気 むじゃきな 目 め 「ほら 出番 でばんだ」パスワードで 目 めを 覚 さましたじゃじゃ 馬 うまは 止 とまらない もう 夜 よるが 深 ふかくなる 「オコサマ」なら 燃 もえる 延長戦 えんちょうせん 逆境 ぎゃっきょうぐあいがクールだろ 寝 ねれないね、まだまだ。 ほら 早 はやく! 早 はやく!! イン・テンポで 視線 しせんを 合 あわせて ハイタッチでビートが 鳴 なり 出 だせば 考 かんがえてちゃ 遅 おそいでしょう? ほらノっかってこうぜ ワンコードで 視線 しせんを 合 あわせて ぶっ 飛 とんだグルーヴが 渦巻 うずまけば 冗談 じょうだんじゃない 見 みえるはず そのハイエンドの 風景 ふうけいの 隙間 すきまに さぁどうだい、この 暑 あつさも すれ 違 ちがいそうだった 価値観 かちかんも 「 悪 わるくないかな」 目 めを 開 ひらき、 手 てを 取 とり 合 あったら 案外 あんがいチープな 言葉 ことばも 「 合 あい 言葉 ことばだ」って 言 いい 合 あえる。 少 すこしだけ 前 まえを 向 むける 少年少女 しょうねんしょうじょ、 前 まえを 向 むく 揺 ゆれる 炎天 えんてんすら 希望論 きぼうろんだって 思 おもい 出 だし、 口 くちに 出 だす 不可思議 ふかしぎな 出会 であいと 別 わかれを 「ねぇねぇ、 突飛 とっぴな 世界 せかいのこと 散々 さんざんだって 笑 わらい 飛 とばせたんだ」 合図 あいずが 終 おわる 少年少女前 しょうねんしょうじょまえを 向 むけ 眩 くらむ 炎天 えんてんすら 希望論 きぼうろんだって 「ツカミトレ」と 太陽 たいようが 赤 あかく 燃 もえ 上 あがる さぁさぁ、コールだ。 最後 さいごにしよう 最善策 さいぜんさくはその 目 めを 見開 みひらいた オーバーな 妄想戦線 もうそうせんせん 感情性 かんじょうせいのメビウスの 先 さきへ 白 shiro い i イヤホン iyahon を wo 耳 mimi にあて niate 少 suko し shi ニヤッ niyaxtu として toshite 合図 aizu する suru 染 shi み mi 込 ko んだこの ndakono 温度 ondo が ga ドア doa を wo ノック nokku した shita 瞬間 syunkan に ni 溢 afu れそうになるよ resouninaruyo 「 まだ mada 視 mi えない enai? 」 目 me を wo 凝 ko らして rashite 臨 nozo む mu 争奪戦 soudatsusen あの ano 日躊躇 hichuucho した shita 脳裏 nouri から kara 「 今 ima だ da、 取 to り ri 戻 modo せ se」 と to コ koー ド do が ga 鳴 na り ri 出 da しそう shisou 愛 ito しくて shikute、 辛 tsura くて kute、 世界 sekai を wo 嫌 kira った tta ヒト hito の no 酷 hido く ku 理不尽 rifujin な na「 構成 kousei」 肯定 koutei していちゃ shiteicha 未来 mirai は ha 生 u み mi 出 da せない senai 少年少女前 syounensyoujomae を wo 向 mu く ku 暮 ku れる reru 炎天 enten さえ sae 希望論 kibouron だって datte 「 ツレモドセ tsuremodose」 三日月 mikaduki が ga 赤 aka く ku 燃 mo え e 上 a がる garu さぁさぁ saasaa、 コ koー ド do を wo 0 zero で de 刻 kiza め me 想像力 souzouryoku の no 外側 sotogawa の no 世界 sekai へ he オ oー バ baー な na 空想戦線 kuusousensen へ he 「 お o 先 saki にどうぞ nidouzo」 って tte 舌 shita を wo 出 da す su 余裕 yoyuu ぶった butta 無邪気 mujaki な na 目 me 「 ほら hora 出番 deban だ da」 パスワ pasuwaー ド do で de 目 me を wo 覚 sa ましたじゃじゃ mashitajaja 馬 uma は ha 止 to まらない maranai もう mou 夜 yoru が ga 深 fuka くなる kunaru 「 オコサマ okosama」 なら nara 燃 mo える eru 延長戦 enchousen 逆境 gyakkyou ぐあいが guaiga ク kuー ル ru だろ daro 寝 ne れないね renaine、 まだまだ madamada。 ほら hora 早 haya く ku! 早 haya く ku!! イン in・ テンポ tenpo で de 視線 shisen を wo 合 a わせて wasete ハイタッチ haitatchi で de ビ biー ト to が ga 鳴 na り ri 出 da せば seba 考 kanga えてちゃ etecha 遅 oso いでしょう idesyou? ほら hora ノ no っかってこうぜ kkattekouze ワンコ wankoー ド do で de 視線 shisen を wo 合 a わせて wasete ぶっ buxtu 飛 to んだ nda グル guruー ヴ ヴ が ga 渦巻 uzuma けば keba 冗談 joudan じゃない janai 見 mi えるはず eruhazu その sono ハイエンド haiendo の no 風景 fuukei の no 隙間 sukima に ni さぁどうだい saadoudai、 この kono 暑 atsu さも samo すれ sure 違 chiga いそうだった isoudatta 価値観 kachikan も mo 「 悪 waru くないかな kunaikana」 目 me を wo 開 hira き ki、 手 te を wo 取 to り ri 合 a ったら ttara 案外 angai チ chiー プ pu な na 言葉 kotoba も mo 「 合 a い i 言葉 kotoba だ da」 って tte 言 i い i 合 a える eru。 少 suko しだけ shidake 前 mae を wo 向 mu ける keru 少年少女 syounensyoujo、 前 mae を wo 向 mu く ku 揺 yu れる reru 炎天 enten すら sura 希望論 kibouron だって datte 思 omo い i 出 da し shi、 口 kuchi に ni 出 da す su 不可思議 fukashigi な na 出会 dea いと ito 別 waka れを rewo 「 ねぇねぇ neenee、 突飛 toppi な na 世界 sekai のこと nokoto 散々 sanzan だって datte 笑 wara い i 飛 to ばせたんだ basetanda」 合図 aizu が ga 終 o わる waru 少年少女前 syounensyoujomae を wo 向 mu け ke 眩 kura む mu 炎天 enten すら sura 希望論 kibouron だって datte 「 ツカミトレ tsukamitore」 と to 太陽 taiyou が ga 赤 aka く ku 燃 mo え e 上 a がる garu さぁさぁ saasaa、 コ koー ル ru だ da。 最後 saigo にしよう nishiyou 最善策 saizensaku はその hasono 目 me を wo 見開 mihira いた ita オ oー バ baー な na 妄想戦線 mousousensen 感情性 kanjousei の no メビウス mebiusu の no 先 saki へ he.

次の

チルドレン 歌詞『BIN』

チルドレン コード 歌詞

白 しろいイヤホンを 耳 みみにあて 少 すこしニヤッとして 合図 あいずする 染 しみ 込 こんだこの 温度 おんどが ドアをノックした 瞬間 しゅんかんに 溢 あふれそうになるよ 「まだ 視 みえない? 」 目 めを 凝 こらして 臨 のぞむ 争奪戦 そうだつせん あの 日躊躇 ひちゅうちょした 脳裏 のうりから 「 今 いまだ、 取 とり 戻 もどせ」とコードが 鳴 なり 出 だしそう 愛 いとしくて、 辛 つらくて、 世界 せかいを 嫌 きらったヒトの 酷 ひどく 理不尽 りふじんな「 構成 こうせい」 肯定 こうていしていちゃ 未来 みらいは 生 うみ 出 だせない 少年少女前 しょうねんしょうじょまえを 向 むく 暮 くれる 炎天 えんてんさえ 希望論 きぼうろんだって 「ツレモドセ」 三日月 みかづきが 赤 あかく 燃 もえ 上 あがる さぁさぁ、コードを 0 ゼロで 刻 きざめ 想像力 そうぞうりょくの 外側 そとがわの 世界 せかいへ オーバーな 空想戦線 くうそうせんせんへ 「お 先 さきにどうぞ」って 舌 したを 出 だす 余裕 よゆうぶった 無邪気 むじゃきな 目 め 「ほら 出番 でばんだ」パスワードで 目 めを 覚 さましたじゃじゃ 馬 うまは 止 とまらない もう 夜 よるが 深 ふかくなる 「オコサマ」なら 燃 もえる 延長戦 えんちょうせん 逆境 ぎゃっきょうぐあいがクールだろ 寝 ねれないね、まだまだ。 ほら 早 はやく! 早 はやく!! イン・テンポで 視線 しせんを 合 あわせて ハイタッチでビートが 鳴 なり 出 だせば 考 かんがえてちゃ 遅 おそいでしょう? ほらノっかってこうぜ ワンコードで 視線 しせんを 合 あわせて ぶっ 飛 とんだグルーヴが 渦巻 うずまけば 冗談 じょうだんじゃない 見 みえるはず そのハイエンドの 風景 ふうけいの 隙間 すきまに さぁどうだい、この 暑 あつさも すれ 違 ちがいそうだった 価値観 かちかんも 「 悪 わるくないかな」 目 めを 開 ひらき、 手 てを 取 とり 合 あったら 案外 あんがいチープな 言葉 ことばも 「 合 あい 言葉 ことばだ」って 言 いい 合 あえる。 少 すこしだけ 前 まえを 向 むける 少年少女 しょうねんしょうじょ、 前 まえを 向 むく 揺 ゆれる 炎天 えんてんすら 希望論 きぼうろんだって 思 おもい 出 だし、 口 くちに 出 だす 不可思議 ふかしぎな 出会 であいと 別 わかれを 「ねぇねぇ、 突飛 とっぴな 世界 せかいのこと 散々 さんざんだって 笑 わらい 飛 とばせたんだ」 合図 あいずが 終 おわる 少年少女前 しょうねんしょうじょまえを 向 むけ 眩 くらむ 炎天 えんてんすら 希望論 きぼうろんだって 「ツカミトレ」と 太陽 たいようが 赤 あかく 燃 もえ 上 あがる さぁさぁ、コールだ。 最後 さいごにしよう 最善策 さいぜんさくはその 目 めを 見開 みひらいた オーバーな 妄想戦線 もうそうせんせん 感情性 かんじょうせいのメビウスの 先 さきへ 白 shiro い i イヤホン iyahon を wo 耳 mimi にあて niate 少 suko し shi ニヤッ niyaxtu として toshite 合図 aizu する suru 染 shi み mi 込 ko んだこの ndakono 温度 ondo が ga ドア doa を wo ノック nokku した shita 瞬間 syunkan に ni 溢 afu れそうになるよ resouninaruyo 「 まだ mada 視 mi えない enai? 」 目 me を wo 凝 ko らして rashite 臨 nozo む mu 争奪戦 soudatsusen あの ano 日躊躇 hichuucho した shita 脳裏 nouri から kara 「 今 ima だ da、 取 to り ri 戻 modo せ se」 と to コ koー ド do が ga 鳴 na り ri 出 da しそう shisou 愛 ito しくて shikute、 辛 tsura くて kute、 世界 sekai を wo 嫌 kira った tta ヒト hito の no 酷 hido く ku 理不尽 rifujin な na「 構成 kousei」 肯定 koutei していちゃ shiteicha 未来 mirai は ha 生 u み mi 出 da せない senai 少年少女前 syounensyoujomae を wo 向 mu く ku 暮 ku れる reru 炎天 enten さえ sae 希望論 kibouron だって datte 「 ツレモドセ tsuremodose」 三日月 mikaduki が ga 赤 aka く ku 燃 mo え e 上 a がる garu さぁさぁ saasaa、 コ koー ド do を wo 0 zero で de 刻 kiza め me 想像力 souzouryoku の no 外側 sotogawa の no 世界 sekai へ he オ oー バ baー な na 空想戦線 kuusousensen へ he 「 お o 先 saki にどうぞ nidouzo」 って tte 舌 shita を wo 出 da す su 余裕 yoyuu ぶった butta 無邪気 mujaki な na 目 me 「 ほら hora 出番 deban だ da」 パスワ pasuwaー ド do で de 目 me を wo 覚 sa ましたじゃじゃ mashitajaja 馬 uma は ha 止 to まらない maranai もう mou 夜 yoru が ga 深 fuka くなる kunaru 「 オコサマ okosama」 なら nara 燃 mo える eru 延長戦 enchousen 逆境 gyakkyou ぐあいが guaiga ク kuー ル ru だろ daro 寝 ne れないね renaine、 まだまだ madamada。 ほら hora 早 haya く ku! 早 haya く ku!! イン in・ テンポ tenpo で de 視線 shisen を wo 合 a わせて wasete ハイタッチ haitatchi で de ビ biー ト to が ga 鳴 na り ri 出 da せば seba 考 kanga えてちゃ etecha 遅 oso いでしょう idesyou? ほら hora ノ no っかってこうぜ kkattekouze ワンコ wankoー ド do で de 視線 shisen を wo 合 a わせて wasete ぶっ buxtu 飛 to んだ nda グル guruー ヴ ヴ が ga 渦巻 uzuma けば keba 冗談 joudan じゃない janai 見 mi えるはず eruhazu その sono ハイエンド haiendo の no 風景 fuukei の no 隙間 sukima に ni さぁどうだい saadoudai、 この kono 暑 atsu さも samo すれ sure 違 chiga いそうだった isoudatta 価値観 kachikan も mo 「 悪 waru くないかな kunaikana」 目 me を wo 開 hira き ki、 手 te を wo 取 to り ri 合 a ったら ttara 案外 angai チ chiー プ pu な na 言葉 kotoba も mo 「 合 a い i 言葉 kotoba だ da」 って tte 言 i い i 合 a える eru。 少 suko しだけ shidake 前 mae を wo 向 mu ける keru 少年少女 syounensyoujo、 前 mae を wo 向 mu く ku 揺 yu れる reru 炎天 enten すら sura 希望論 kibouron だって datte 思 omo い i 出 da し shi、 口 kuchi に ni 出 da す su 不可思議 fukashigi な na 出会 dea いと ito 別 waka れを rewo 「 ねぇねぇ neenee、 突飛 toppi な na 世界 sekai のこと nokoto 散々 sanzan だって datte 笑 wara い i 飛 to ばせたんだ basetanda」 合図 aizu が ga 終 o わる waru 少年少女前 syounensyoujomae を wo 向 mu け ke 眩 kura む mu 炎天 enten すら sura 希望論 kibouron だって datte 「 ツカミトレ tsukamitore」 と to 太陽 taiyou が ga 赤 aka く ku 燃 mo え e 上 a がる garu さぁさぁ saasaa、 コ koー ル ru だ da。 最後 saigo にしよう nishiyou 最善策 saizensaku はその hasono 目 me を wo 見開 mihira いた ita オ oー バ baー な na 妄想戦線 mousousensen 感情性 kanjousei の no メビウス mebiusu の no 先 saki へ he.

次の