クロちゃん ニュース。 クロちゃんの炎上から、水原希子の「最も美しい顔ランキング」騒動を考える

クロちゃん「水ダウ」企画 脱落した候補生・カナが裏側暴露で炎上

クロちゃん ニュース

25日に放送されたバラエティ番組『』 TBS系 内の企画「モンスターアイドル」が、いまだ波紋を広げている。 お笑いトリオ・安田大サーカスのが番組の中でアイドルグループのメンバーを選び、グループ名を付け、曲の作詞作曲まで手掛け、プロデュースするというこの企画。 25日放送のSPでは、クロちゃんプロデュースのアイドル「豆柴の大群」のジャケット3種類のCDの売上枚数により、クロちゃんがプロデューサー解任となり、最終選考でクロちゃんが落選させたカエデがメンバー入りとなる様子が放送された。 事前に安全確認した上での罰だったとのことだが、一部では「危険」と指摘する声も。 実は、そのほかにもある動画がいま炎上しているという。 「問題となっているのは、11月20日に投稿された『【モンスターアイドル】脱落者の雑談 カナ』という動画。 沖縄合宿1日目に脱落した候補生・カナが投稿した動画で、企画の裏側などを友人とともに撮影したユーチューバー風の動画になっていました。 しかし、動画の中でカナはお酒を飲み、膝を立てながらピザを食べ、ヤンキーのような言葉遣いで雑談。 『喋ってるところ、多分全カット。 喋ってるところがヤバすぎて』と本人も自覚しているようでしたが、『クソ』『ヤベエ』などとアイドルには向かない汚い言葉遣いも。 今後については『ユーチューバーになろうかな』と話していましたが、コメント欄には、『すぐ裏側暴露する人が受からなくてよかった』『裏側話すのってアウトじゃない?』という声が。 低評価が高評価を大きく上回っており、炎上状態となっています」 芸能ライター さらに、現在SNSなどで出回っているある動画も批判を呼んでいる。 「豆柴の大群はクロちゃんの手を離れ、プロデューサーの渡辺淳之介氏率いるWACKに所属。 今後は渡辺氏がプロデュースしていくことが発表されていましたが、現在物議を醸しているのは、その渡辺氏の若い頃と思われるある映像です。 渡辺氏と思われる男性が、会議室のような場所で隣に座るスーツの男性の頭を何度も叩き、仕事を指示。 スーツの男性が何かミスをするたびに恫喝するような口調で男性を責め立てるというものです。 これにネットからは『クロちゃんの方がマシじゃん…』『こんな人に任せられない』という声が噴出。 あまりにも衝撃的な映像だったため、一部豆柴の大群ファンから、クロちゃんのプロデューサー復帰を願う声も出ているほどにもなっています」 同 クロちゃんの手から離れた豆柴の大群。 youtube.

次の

クロちゃん デート報道否定「みちょぱに勘違いされたくない」炎上した神7また記す(デイリースポーツ)

クロちゃん ニュース

今週はクロちゃんにまつわる問題にみちょぱが挑戦する対決企画「クロちゃんクイズ」の模様が放送された。 クイズに3問以上正解できなかった場合は罰ゲームで「クロちゃんの背中に頬ずりした写真を番組Twitterにアップ」「クロちゃんのおでこに頬ずりした写真を番組Twitterにアップ」「LINEのアドレスを交換する」の3つから1つを選ぶことになるということで、クロちゃんが大嫌いなみちょぱは本気でクイズに臨んだ。 しかし、クロちゃんの著書から出される問題にみちょぱは2問連続で不正解に。 時間的な問題もあり次が最後の問題ということでクロちゃんは「次の問題当たったらみちょぱの勝ちにする」と宣言するのだった。 そして出されたのがクロちゃんのファーストキスの問題。 キスの仕方が分からなかったクロちゃんが行なったあることとは?という質問にみちょぱが「何、そんなことも書いてるの?」とドン引きする中、クロちゃんは「どう? みちょぱのファーストキスは?」と質問。 「いつ?」「どこで?」「教えて教えて」と執拗にファーストキスのことを聞こうとするクロちゃんに「なんで言わないといけないの」と冷たく引き離そうとするが、クロちゃんは「みちょぱが初めてキスしたところで(クイズの正解は)分かると思う」と明かす。 罰ゲームを受けたくないみちょぱは「荒川の土手だった」とファーストキスの場所を告白。 クロちゃんは「荒川の土手? あぁ、いいねぇ」と言い、手元の紙にメモし、「今日土手に行って写メ撮っておこう」とコメント。 みちょぱから「私のファーストキスと何が関係あるの?」とあらためて聞かれるとクロちゃんは「まぁまぁ……どこかなと思って」とクイズに関係ない質問だったようで、みちょぱは「サイテー!」と呆れていた。 その後も正解は出せないまま3問目もタイムアップ。 クロちゃんが「正解はキスをした時に息を吹き込んでみた、でした」と明かすと、みちょぱは「バカじゃないの? なんだこの問題。 しょーもな。 最悪」と世の女性の思いを代弁した。 全問不正解となってしまったみちょぱは3つの罰ゲームの中から1つを選ぶことに。 みちょぱが罰ゲームに悩んでいると、クロちゃんは「それかもう1つは指輪もらって結婚するか」と第4の選択肢を提示。 みちょぱは本物の指輪を見せられたようで、「えー! 怖い!」と絶叫し、その後も「気持ち悪い!」を連呼。 さらに「マジで怖い! 涙出てきた。 放心状態……」とラジオ共演を全力で後悔していた。 長考の末、みちょぱが出したのが「メールアドレスならいいよ」というもの。 LINEじゃないことに不満を漏らしまくるクロちゃんだったが、渋々その条件を飲むのだった。 番組の公式Twitterにはラジオブースで撮影されたみちょぱとクロちゃんの2ショットが掲載。 あひる口にウィンク、指ハートをするクロちゃんに対して、みちょぱは「アヒル口と指ハートがこんなにも気持ち悪い人は他にいるんでしょうか」とコメントした。 このあと23時からはニッポン放送 ! 今夜も が登場です。 — #みちょパラ michopara 《松尾》.

次の

クロちゃんの炎上から、水原希子の「最も美しい顔ランキング」騒動を考える

クロちゃん ニュース

それに対しクロちゃんは「現在の自分の神7を発表しただけなのに。 何なのこれー」と困惑のツイート。 ちなみにクロちゃんの発表したランキングは、 1位 みちょぱ 2位 ゆきぽよ 3位 橋本梨奈 4位 RaMu 5位 まぁみ 6位 今田美桜 7位 えなこ だそうだ。 見事にナイスボディのギャルが並びクロちゃんのブレない趣味に感心する。 また私には全くわからない名前が結構あって、クロちゃんの粘着質な「かわいい女の子チェック」の情熱にも感心。 このクロちゃんのツイートは、水原希子による「最も美しい顔ランキング」批判と、それにまつわる騒動に乗じた洒落なのだろう。 見た目で人を判断するのは絶対違うと思うし、そもそも一番美しい人なんて選ぶことは不可能。 このランキングによって偏った美の概念やステレオタイプな考えを広めてほしくない。 美の基準や定義なんて人によって物差しが違うから本当に様々だしいくら容姿を綺麗にしていても人に優しくなかったり、意地悪な人は美しい人とは言えないと思うのです。 私は心が美しい人が美しい人だと感じます」とインスタグラムのストーリー機能で発言。 この美しい顔ランキングは、TCキャンドラーというアメリカ人が個人の主観によって制作しているらしい。 それを知った水原希子は「失礼だ」と、さらに怒りを表した。 私はクロちゃんのランキング同様、個人的主観で作られたならば、たわいなく何の問題もないと思う。 そもそも個人が何を言おうが自由だ。 しかし、このランキングは、長年発表されていてそれが必ずネットで大きく取り上げられ、世間の認知を得ており、ある種の権威をまといつつある。 多分このランキングがこれほど、社会的に認知されているのは日本だけなのではないだろうか。 このランキングには、ステマ的な胡散臭さが漂う。 「個人の主観で作られているランキング」というのはある種の予防線にも思える。 そう考えると、個人的ランキングであることに「失礼だ」と怒る水原希子は、非常にトンチンカンということになる。 そしてそのトンチンカンぶりが、彼女がたびたび批判されてしまう一因になっているように思える。 「美の基準や定義なんて人によって物差しが違うから本当に様々だし」と言うのも同様だ。 人間の顔ほど、美の基準がマニュアル化されているものもない。 美容整形の隆盛を見ればそれは一目瞭然だ。 心の美しさなど測りようもない。 そもそも人間の心が美しくなければならない必要もない。 心が美しい人が上位であり、心が美しくない人が下位であると考えるとするならば、それは容姿差別と全く変わりがない。 「心の美しい人ランキング」なんてあったら容姿のランキング以上に大炎上するだろう。 ただし、水原希子がこのランキングに嫌悪感を抱くのは充分に理解できる。 何せ胡散臭いのだから。 このランキングが権威付けられていく事は、傲慢さを容認することになる。 水原希子は、同ランキングに生理的嫌悪感を覚え批判したものの、理論武装ができず、結果として紋切り型のきれいごとを並べてしまった。 そんなたわいもない印象を受けた。 彼女の結論はピンボケだが、気味の悪いランキングに反発心を覚える事は当然の反応に思える。 主張がきれいごとばかりなのは、とても危険なことではあるけれど。 ネットの議論は、たびたび「ルッキズム」のように言葉だけが強調されて、一義的な解釈に対して「是」か「非」を迫るような論調に陥りがちである。 本来ならば「言葉」には、特に社会生活の中においては、様々な側面があるはずなのに。 「自己責任」と言う言葉が取りざたされた時にそれを強く感じた。 「自己責任」は自由を担保する唯一のものだ。 すべての人が自由を享受している以上、自己責任の中で生きなければならない。 しかしそれが、貧困から抜け出せない者に、全く手を差し伸べる必要がないと言う理屈にはならない。 ルッキズムの問題とは、日常的な社会生活の中で、ルックスを理由に個人が著しく虐げられることだ。 その意味において、モデルがルッキズムに物申すことに問題があるとは私はとても思えない。 権威付けられた顔の美しさのランキングが、そのいじめを助長する可能性があると指摘することも全く問題ない。 しかし、ルッキズムの存在自体を否定し、見た目によることなく、人はすべからく平等に扱われるべきだと主張するとしたら、それは欺瞞だ。 モデルがそれをしたらさらに鼻につくだろう。 水原希子は「見た目で人を判断するのは絶対違うと思うし 」とは言っているが、それを「人間全員が平等に扱われるべきだ」と主張しているとまでは解釈できないだろう。 ほとんどの人間が、ルックスが良い人が得をすることを理解しながら、それが幸福な人生を送れることとは全く無関係であることを知っている。 誰もが、自分の分をわきまえて、与えられた人生を楽しもうとしている。 美しいとは、そういうことだ。 それにしても、冒頭のクロちゃんのツイートの、混ぜっ返しの素晴らしさはどうであろう。 きれいごとと極論の不毛な議論の枯れ木に、花咲かじいさんのようにぱっと笑いの花を咲かせた。 そんな印象を受ける。 私の中の「心のきれいな人ランキング」にクロちゃんをノミネートする……のはもう少しよく考えてからにしよう。 【椎名基樹】 1968年生まれ。 構成作家。 『電気グルーヴのオールナイトニッポン』をはじめ『ピエール瀧のしょんないTV』などを担当。 週刊SPA!にて読者投稿コーナー『バカはサイレンで泣く』、KAMINOGEにて『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』を連載中.

次の