転職 エージェント。 転職エージェントとの面談で聞かれる内容3つとしておくべき準備

転職エージェントとは | リクルートエージェント

転職 エージェント

業種・職種によってアピール方法は異なります。 人材紹介会社に転職エージェントの本音をインタビュー 複数利用のメリット・デメリットや、転職活動でのさまざまな疑問を解消! 「転職エージェントとの面談」って、何を聞かれるのだろう、どんな準備が必要なのか分からない。 そんな疑問にお答えします。 転職は探し方がいろいろ。 その中で「転職エージェントを活用すべき人」について現役の転職エージェントに聞いてみました! 20代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 30代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 40代の転職を成功させる方法を複数の転職エージェントへのインタビューから発見できます。 転職経験がある人にアンケートを実施し、それぞれのサービスについて、「使って良かった」と感じたことなどを調査しました。 マイナビ転職エージェントサーチ ~探そう。 あなただけの転職エージェント~ マイナビ転職エージェントサーチは、株式会社マイナビが運営する、「500名以上の転職エージェント、300社以上の人材紹介会社を通して、あなたにぴったりな企業(求人)と出会うことができる転職情報サイト」です。 毎週火曜日・金曜日に更新される人材紹介会社情報や、毎日更新される転職エージェントが保有する非公開求人および、大手優良企業の求人情報が豊富に掲載されています。 また、スカウトサービスを利用すれば、転職エージェントがあなたのスキルやキャリアを見て、あなたにおすすめの求人情報を紹介したり、可能性を見出し予期しない案件の提案をしてくれます。 転職のパートナーを探すなら「マイナビ転職エージェントサーチ」をご利用ください。

次の

騙されるな!転職エージェントの悪い評判と失敗しないための活用方法

転職 エージェント

転職エージェントは採用したい企業と転職したい求職者とを繋ぐ魅力的な仕事です。 幅広い業界の知識がつき、高い営業力、交渉力を求められることからステップアップとして転職エージェントへの転職を考えている方も多いと思います。 実際に利用者として転職エージェントを使ってみると、コンサルタントとして働いている方はとても知的で仕事ができそうな雰囲気の人が多いと思われるのではないでしょうか。 しかしいざ転職を考えると気になるのが年収やインセンティブ、今後の昇給などの条件面ですよね。 転職エージェントは比較的業務時間が長く、成果を重視している風潮がありますが、その労働力や成果に見合った給与はもらえるのでしょうか? 今回は気になるについてご紹介します。 ざっくりとした相場感から、転職で給料を上げるための術など本音の部分をお伝えしていきたいと思います。 転職エージェントの給料の相場はどのくらい? 正社員で新卒入社した場合 正社員で新卒入社した場合ですが、基本的に他の業界の営業職とあまり大差ありません。 月給20~25万円くらいが相場になります。 基本的に転職エージェントでの業務は求職者を担当する業務と企業を担当する業務とに分かれていますが、それぞれが協力して求職者の採用という同じゴールを目指して業務を行いますのでどちらも同じ給与体系である会社がほとんどです。 正社員で転職した場合 転職で転職エージェントに入社した場合は給与にかなり幅があります。 どの企業でも同じですが、経験やスキルによって提示される金額が異なり、もともと同じ転職エージェントでの勤務経験があり実績が高ければ入社後のパフォーマンスへの期待と自社に入社してもらうために高額な報酬を提示します。 転職エージェントの業務の経験がなく、別の業界からの転職の場合、年齢にもよりますが第二新卒で400万円台の年収の提示が多いでしょう。 第二新卒では新卒と同程度で300万円台の年収の提示が多いので、転職エージェントは少し多めですね。 正社員での転職では400万円程度~実力に応じて変動、という相場です。 年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの? 賞与・インセンティブ 月給に成果に応じたインセンティブがつく場合や、成約金額の〇%がインセンティブとして支給される場合、年2回の賞与に成果報酬としてインセンティブが加算される場合などがあります。 基本的には成果主義の会社が多いです。 昇給 年1~2回昇給・昇格を行う会社が多いです。 会社によって異なりますので確認をおすすめします。 各種手当 残業代や住居手当、交通費など一般的な手当がつきます。 残業代はみなし残業代として数十時間分給与に含まれている場合もありますので、転職を考える場合は求人票をよく確認してください。 給与が高い人は何が違うの? 給与は転職した際の提示額はもちろん、入社後もそれぞれ異なります。 基本固定給+賞与 +インセンティブ の会社では大きく変わりにくいですが、インセンティブに重点を置いている会社では時期や実力、成果によってかなり報酬額が変わります。 具体的にどんなところで違ってくるのでしょうか。 スキル・成果 まずはもちろん、その人のスキルと成果による評価です。 高い実績を上げれば上げるほど評価され、給与に反映します。 実績とは成約金額や成約件数のことです。 転職エージェントでは自分が担当する求職者や企業に採用が決まると企業から報酬がもらえる仕組みとなっています。 その報酬額は採用された求職者の年収額の30%程度。 採用が決まり入社すると成約となります。 高い年収の案件が成約すればそれだけ高い報酬がもらえるのです。 金額の〇%がインセンティブになるような会社ではストレートに実績が給与に反映しますので人によってかなりの差が出てきます。 役職 役職がつけばその分固定給があがります。 ただ実際には求職者担当 キャリアコンサルタント や企業担当などのプレーヤーでいた頃の方がインセンティブの率の方が良く、役職がつく前の方が年収が高くなる場合もあります。 勤続年数 実は勤続年数はあまり関係がありません。 新卒から勤めている場合は経験値という意味から勤続年数によるスキルの差、年収の差が出てきますが、転職エージェントは大半が別の会社からの転職者です。 転職時のスキルによって年収が異なりますので、入社したばかりの人が入社後1年目の人よりも給料が高いということもあります。 また、実績次第ですので後輩の方が年収が高いことも珍しくはありません。 地域 地域性はあります。 地方が地元の方は一度くらい地元で求人を見てみたことがあるのではないでしょうか。 東京などに比べて求人の数がとても少なかったり、給与が低く感じられたと思います。 転職エージェントは成約金額と成約数が実績となりますので、都市と地方ではどうしても差が出てしまいます。 ただし、固定の基本給に差があることはあまりありません。 転職エージェントの給料の決まり方 転職エージェントに入社した場合、どのように給料が決まるのでしょうか。 転職で転職エージェントに入社した場合を想定していくつかご紹介します。 前職の給料を参考にした金額 基本給などベースの金額については前職の給料を参考にし、前職よりも下がらないように考慮して決定します。 自社における年齢・勤続年数に応じた金額 既存の社員の年齢や勤続年数を考慮し、自社の中で給与が大きく離れないように調整します。 もしくは、経験年数を自社の勤続年数に当てはめて決める場合もあります。 例えば、別の転職エージェントで2年経験をしていたら自社の3年目の給料をあてはめるというイメージですね。 この時点では実績などが考慮されていないため、入社後に実績や能力に応じて給料が上がっていくことが多いです。 実績に応じた金額 前職での経験年数、実績に応じて給料を決定します。 これまでの経験を活かして自社で活躍や成果が期待できると思われればそれだけ高い給料が提示されます。 もちろん、いくら前職で高い成績を上げていたとしても業界が異なり転職エージェントでの業務とは方向性が異なる場合は評価には直結しません。 人柄やコミュニケーション能力など、社内でうまくやっていけるかなどを考慮する会社もあります。 転職エージェントで給料を上げるため転職術とは? 給料が決まり方は下記の3つでした。 転職をしたことで給料が下がってしまう人も多くいます。 最初から給料の高い企業を探すのもいいですが、実は交渉やアピール次第で年収アップは見込めるのです。 大切なのは「自分が採用する企業だったら、自分にいくら払えるか」という観点です。 では、実際に転職する際にどうしたら給料を上げることができるのか見ていきましょう。 自分の実績をアピールする まず、自分が採用する企業側だったらどんな人に高い給料を提示して採用したいと思いますか? 頑張れます!きっと高い実績を上げて見せます!と言われても、本当にそうかなんてわかりませんよね。 一度決めた給料は簡単に下げられませんので企業も慎重に給料を決めます。 つまり、高い給料を提示するほどの根拠が必要なのです。 根拠とはあなたがこれまで実際にあげてきた実績や実績を上げるために行ってきた工夫や過程です。 明確にこれまで自分があげてきた実績を数字や具体例をもって面接でアピールしてください。 「これまでこんな実績を上げてきた」と言われれば「おそらく入社後もこれくらいの実績を上げてくれるだろう」という想定をもとに給料を決めてもらうことができます。 自分のスキルでどれだけ活躍できるかアピールする もともと転職エージェントなどの同業他社にお勤めであればそこで上げてきた実績がそのまま新しい会社での実績に直結することが想像しやすいですが、別の業界・職種から転職エージェントに転職する場合は異なります。 これまで前職・現職で上げてきた実績や実績を上げるまでの工夫や過程の他、それがどのように転職エージェントでの業務に活かせるかというアピールが必要です。 「これまでこんな実績をあげてきたので、このスキルで転職エージェントの業務でも実績をあげられる」と伝えれば「なるほど、業界・職種は違うが入社後も同じように成果をあげてくれそうだ」と判断してもらえます。 これをできるだけ具体的に、採用する企業が自分が成果を上げる姿を想像できるようにアピールしてみてください。 職務経歴書に実績などを詳細に記載する 給料を決めるタイミングは内定を出す時ではありません。 求人を出す時点でおおよその給料の枠が決まっていて、あとは応募してくれた人のスキル・経験に応じて相当額を提示します。 この相当額を決めるのは実は一次面接などのかなり初期の段階です。 その後内定に至るまでの間に微調整はありますが、だいたいがはやい段階で決められています。 つまり、できるだけはやい段階から提示する給料を高くしてもらうための工夫が必要なのです。 企業に一番最初にあなたを知ってもらうのは履歴書と職務経歴書ですよね。 この職務経歴書にできるだけわかりやすく、たくさん具体的に実績を記載してください。 面接をする前の時点から、おおよそこれくらいの成果を出してくれそうな人だという印象がつき、一次面接ではその答え合わせをするだけになります。 特に紙に書いてあることは耳で聞くよりもはっきりと印象に残りますので職務経歴書は丁寧に作ることをおすすめします。 給与交渉をする どうしてもゆずれない給料のラインがあったり、ある程度の年収を希望している場合には自ら給与交渉することで給料が上がる可能性があります。 あまり何度も言ったり、交渉を重ねると印象が悪くなりますので十分に自分をアピールした上で行ってください。 最初の提示金額が思ったほどではなくても、入社後の評価で上げていくタイプの会社も多いので評価制度について確認してみるといいと思います。 どうしても採用したい人材の場合 優秀な人材で、その会社にとってどうしても採用したい、採用しなければならない人材であれば多少年収が高くても採用してもらうことができます。 急に空いてしまったポジションやハイクラスの採用、確実に成果を上げることが期待できる人などです。 これについてはタイミングや自分のスキルの高さ次第になりますが、その人を採用することでその会社の売り上げが伸びる、組織の運営に関わるなど大きな影響があることが予想されると会社は高い給料を提示してでも採用したくなります。 経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき 実績を具体的に伝え、転職エージェントの企業担当に転職 他業界の営業から転職エージェントに転職した際、年収が60万円程上がりました。 第二新卒でしたが、前職で上げてきた高い成果や社内で受けた表彰の実績、転職エージェントに活かせるスキルなど具体的にアピールを行い、転職エージェントでも高い実績を上げられるだろうと評価を受け前職以上の年収を提示してもらうことができました。 目標達成率100%以上を継続したとき インセンティブの制度は成約金額の〇%などではなく基本給+賞与 +インセンティブ といった制度でした。 毎月のノルマを欠かさず達成し、月によっては200%達成など継続的に実績を上げたことが評価され高いインセンティブを上乗せした賞与を受け取り、翌年の昇給で基本給がアップしました。 明確に数字で判断されますが、しっかり給与に反映されています。 新人の教育にあたり、教育した新人が好成績を上げられる人材に育ったとき 新人教育を担当し、教育した新人が継続して成績を上げられる人材に育ったことで今後の教育やマニュアルの作成をまかされるようになりました。 もともと新人教育についてシステムや担当がなく、なんとなく放り込むような形で教育をしていたため新人が早期退職しやすい職場だったのですが、改めて一から体制を作り直したことで退職率が減りました。 時間はかかりましたが、結果に至るまでの経緯や工夫、努力を認められ昇給しました。

次の

【注意】絶対に転職エージェントを使わないほうがいい2つの理由

転職 エージェント

転職エージェント(人材紹介会社)は、転職を希望するあなたのアドバイザーであり、最適な求人を紹介します。 登録をすると一人ひとりに担当が付き、さまざまな相談に乗ってくれるのが特徴です。 一方で、企業から求人を預かるのも転職エージェントの役割のひとつです。 つまり、転職を希望するあなたと企業側をつなぐ架け橋として、双方の利益のために存在するのが転職エージェントなのです。 ちなみに、転職希望者が無料で転職エージェントを利用できるのは、入社が決定した企業から報酬を受け取るからです。 これは、入社が決まったときのみ発生する成功報酬なので、双方にとってリスクが低いサービスとなっています。 転職エージェントの役割• 自分の客観的な価値を発見できる 転職をしようと考えたとき、ほとんどの人が一度は転職サイトを見るのではないでしょうか。 気軽に多数の情報を収集でき、自分のペースで転職活動が進められるという点で転職サイトは優れています。 では、転職エージェントの最大のメリットは何かといえば、専任のコンサルタントが付くという一点に尽きます。 エン エージェントでは「キャリアパートナー」と呼んでいますが、その名のとおりあなたのパートナーとして、転職を成功に導くことをミッションとしています。 そのためにまず行うのが、あなたの価値を明らかにすることです。 自分の「強み」や特性を明確に把握している人は意外と少ないものです。 その人自身も気付いていない価値を見つけ出し、最適な求人をご紹介するため、入社後のミスマッチを防ぐことができるのです。 非公開求人の紹介が受けられる 転職サイトから応募する場合は、面接の日時調整はもちろん、条件交渉まですべて自分で行わなければなりません。 しかし、転職エージェントの場合はすべてキャリアパートナーが代行します。 特に、勤務を続けながら転職活動をする人にとって、調整・交渉の時間を確保するのは困難なので、面倒な手続きを代わりに行ってくれる転職エージェントは非常に便利だと言えるでしょう。 また、先に触れたように、キャリアパートナーは企業側の内情にも詳しいため、どのような点を重視するかなど人事担当者の情報を得られるのも大きなメリットです。 職務経歴書の書き方や面接対策など、不安に思うポイントがあればそれぞれ教えてくれるのも大きな魅力と言えるでしょう。 初めての転職に強い転職支援サービスご利用の流れ 転職エージェントのサービスの流れをご紹介します。 あなたにとってもメリットがたくさんあり、スムーズに転職活動をおこなえます。 step1 入社後のサポート 入社おめでとうございます! エン エージェントでは、転職者の皆さまが新しい職場でご活躍いただけるよう入社後サポートも行っています。 入社したら終わりではなく、入社後も転職者の皆さまのパートナーとして支援いたします。 入社後、2週間・1ヶ月・2ヶ月・6ヶ月・1年・1. 5年・2年・2. 5年・3年のタイミングでフォローのご連絡をさせて頂きます。 転職エージェントと転職サイトの比較 転職エージェント 転職サイト 気軽さ 専任のキャリアパートナーがキャリアカウンセリングをしまして、求人の紹介を行うため気軽さはあまりありません。 転職活動の開始時期や求人の応募、面接日時の調整もすべてあなたが行いますので、いつでも転職活動が行えます。 転職活動 期間 通常の転職活動期間は1~2ヶ月です。 活動期間の要望は専任のキャリアパートナーに伝えながら進めてください。 あなたの都合に合わせて転職活動(企業の応募や面接日時の調整)ができるため、あなた次第で期間を短くすることも可能です。 第3者の 評価 専任のキャリアパートナーがキャリアカウンセリングを行い、あなたの強みや特性を明らかにします。 求人広告サイトに掲載している転職ノウハウや適性・適職診断などであなたの評価を知ることができます。 転職 アドバイス 転職先企業を選ぶポイントや職務経歴書の書き方のアドバイスや面接対策、現職の退職交渉の極意をお伝えます。 求人広告サイトに掲載している転職ノウハウを確認しながら転職活動を進めていただけます。 応募求人数 あなたのキャリアパスや強みをもとに厳選して求人を紹介をします。 非公開求人も応募できます。 求人広告サイトに掲載している企業は何社でも応募できます。 業界・企業の 情報量 求人広告には掲載しないような企業の詳細情報(企業文化や配属部署の環境)もお伝えします。 ) 求人広告サイトに掲載している業界情報や求人を通して企業を知ることができます。 未経験への 挑戦 専任のキャリアパートナーがあなたの適性を考えたうえで未経験求人をご紹介すべきかをお伝えします。 求人広告サイトに掲載している企業に何社でも応募できます。 企業との 調整 専任のキャリアパートナーが企業への応募から面接日時の調整、入社の条件交渉をおこないます。 求人の応募や面談日時の調整、内定後の入社の条件などはあなたがおこなっていただきます。 入社成功率 職務経歴書の書き方のアドバイスや面接対策、応募した企業の採用担当者が重視するポイントをお伝えしますので、入社成功率が上がります。 求人広告サイトに掲載している転職成功ノウハウを確認して面接にのぞんでいただけます。 入社成功を 喜ぶ人 +1 あなたとあなたの大切な人と あなた専任のキャリアパートナー。 あなたとあなたが大切にしている人.

次の