ストライクウィッチーズss。 ストライクウィッチーズ [pixiv]

「ストライクウィッチーズ SS」のカテゴリー

ストライクウィッチーズss

85 ID:BoSjM1aLo 芳佳「どうでしたか!?」 エーリカ「いいんじゃない。 悪くないと思う。 そのまま訓練していけば大丈夫だ」 芳佳「ありがとうございます!!」 美緒「宮藤はハルトマンともかなり打ち解けているな」 ミーナ「みたいね。 普段ハルトマンは口数が少ないから、ああしてすぐに仲良くなれた人は珍しいわ」 美緒「宮藤の才能とも言えるか」 ミーナ「宮藤さんが501に来てから花が咲いたような明るさがあるわね」 美緒「はっはっはっは。 その通りだな」 リーネ「芳佳ちゃんは本当にすごいなぁ……」 シャーリー「羨ましいのか?」 リーネ「はい。 私もまだハルトマンさんは勿論、バルクホルンさんともそれほど話したことないですし……」 シャーリー「ふぅん。 ……安心しろ、リーネ。 宮藤なんてまだまだ501の一員とは言えないからな」 リーネ「え? そんなことないと思いますけど……?」 シャーリー「ルッキーニが膝の上で寝てくれて初めて501の一員と言えるんだ。 vip2ch. 85 ID:C0gInGMu0 芳佳「みなさん朝ご飯できてますよー」 ルッキーニ「わーい!たまごやきぃー!」 エーリカ「わたし肉じゃが!」 ゲルト「珍しく朝早く起きたと思えば騒がしい……」 ペリーヌ「全くですわ」 リーネ「ごめんねルッキーニちゃん、今日の朝ごはんはブリタニア料理なの」 ルッキーニ「おかしい。 こんなことは許されない」 シャーリー「辛辣だな~ルッキーニ」 エーリカ「まぁまぁルッキーニ、そんなことも有るよ。 あ、私ベイクドポテト多めでお願いねー」 芳佳「オートミールしかないです」 エーリカ「ドーバー海峡のこっち側を全部荒野にしてやる!!」 美緒「はっはっは、朝から元気だな!いいことだ!」 ミーナ「皆ブリタニア料理が苦手なのかしら?」 エイラ「げぇー朝からこんなお粥みたいの食べるのカ……」 サーニャ「私の国の食糧事情に戻ったみたいで少し懐かしいわ」モッチャモッチャ エイラ「あれサーニャ、起きてたのカ」 サーニャ「うん。 vip2ch. vip2ch. 13 ID:nreXXLqU0 マルセイユ「好きだ、マルセイユ!」 マルセイユ「う、うそ、うそよそんなの…」 マルセイユ「うそなんかじゃない!」 マルセイユ「だって…私、今まで散々トゥルーデのこと…」 マルセイユ「ふっ…。 そんな事を私が気にしてるとでも?」 マルセイユ「ゆ、許してくれるの…?」 マルセイユ「もちろんさ。 …おいで、ティナ」 マルセイユ「トゥルーデ!トゥルーデぇ、もぉ、ちゅっちゅ!」 枕にキスしながらひとり悶えるマルセイユ エーリカ「」 エーリカ こ、これはwww面白いものを見たwwwwwにししwwwww.

次の

ハンナ・ルーデル (はんなるーでる)とは【ピクシブ百科事典】

ストライクウィッチーズss

85 ID:BoSjM1aLo 芳佳「どうでしたか!?」 エーリカ「いいんじゃない。 悪くないと思う。 そのまま訓練していけば大丈夫だ」 芳佳「ありがとうございます!!」 美緒「宮藤はハルトマンともかなり打ち解けているな」 ミーナ「みたいね。 普段ハルトマンは口数が少ないから、ああしてすぐに仲良くなれた人は珍しいわ」 美緒「宮藤の才能とも言えるか」 ミーナ「宮藤さんが501に来てから花が咲いたような明るさがあるわね」 美緒「はっはっはっは。 その通りだな」 リーネ「芳佳ちゃんは本当にすごいなぁ……」 シャーリー「羨ましいのか?」 リーネ「はい。 私もまだハルトマンさんは勿論、バルクホルンさんともそれほど話したことないですし……」 シャーリー「ふぅん。 ……安心しろ、リーネ。 宮藤なんてまだまだ501の一員とは言えないからな」 リーネ「え? そんなことないと思いますけど……?」 シャーリー「ルッキーニが膝の上で寝てくれて初めて501の一員と言えるんだ。 vip2ch. 85 ID:C0gInGMu0 芳佳「みなさん朝ご飯できてますよー」 ルッキーニ「わーい!たまごやきぃー!」 エーリカ「わたし肉じゃが!」 ゲルト「珍しく朝早く起きたと思えば騒がしい……」 ペリーヌ「全くですわ」 リーネ「ごめんねルッキーニちゃん、今日の朝ごはんはブリタニア料理なの」 ルッキーニ「おかしい。 こんなことは許されない」 シャーリー「辛辣だな~ルッキーニ」 エーリカ「まぁまぁルッキーニ、そんなことも有るよ。 あ、私ベイクドポテト多めでお願いねー」 芳佳「オートミールしかないです」 エーリカ「ドーバー海峡のこっち側を全部荒野にしてやる!!」 美緒「はっはっは、朝から元気だな!いいことだ!」 ミーナ「皆ブリタニア料理が苦手なのかしら?」 エイラ「げぇー朝からこんなお粥みたいの食べるのカ……」 サーニャ「私の国の食糧事情に戻ったみたいで少し懐かしいわ」モッチャモッチャ エイラ「あれサーニャ、起きてたのカ」 サーニャ「うん。 vip2ch. vip2ch. 13 ID:nreXXLqU0 マルセイユ「好きだ、マルセイユ!」 マルセイユ「う、うそ、うそよそんなの…」 マルセイユ「うそなんかじゃない!」 マルセイユ「だって…私、今まで散々トゥルーデのこと…」 マルセイユ「ふっ…。 そんな事を私が気にしてるとでも?」 マルセイユ「ゆ、許してくれるの…?」 マルセイユ「もちろんさ。 …おいで、ティナ」 マルセイユ「トゥルーデ!トゥルーデぇ、もぉ、ちゅっちゅ!」 枕にキスしながらひとり悶えるマルセイユ エーリカ「」 エーリカ こ、これはwww面白いものを見たwwwwwにししwwwww.

次の

ストライクウィッチーズ (すとらいくうぃっちーず)とは【ピクシブ百科事典】

ストライクウィッチーズss

85 ID:BoSjM1aLo 芳佳「どうでしたか!?」 エーリカ「いいんじゃない。 悪くないと思う。 そのまま訓練していけば大丈夫だ」 芳佳「ありがとうございます!!」 美緒「宮藤はハルトマンともかなり打ち解けているな」 ミーナ「みたいね。 普段ハルトマンは口数が少ないから、ああしてすぐに仲良くなれた人は珍しいわ」 美緒「宮藤の才能とも言えるか」 ミーナ「宮藤さんが501に来てから花が咲いたような明るさがあるわね」 美緒「はっはっはっは。 その通りだな」 リーネ「芳佳ちゃんは本当にすごいなぁ……」 シャーリー「羨ましいのか?」 リーネ「はい。 私もまだハルトマンさんは勿論、バルクホルンさんともそれほど話したことないですし……」 シャーリー「ふぅん。 ……安心しろ、リーネ。 宮藤なんてまだまだ501の一員とは言えないからな」 リーネ「え? そんなことないと思いますけど……?」 シャーリー「ルッキーニが膝の上で寝てくれて初めて501の一員と言えるんだ。 vip2ch. 85 ID:C0gInGMu0 芳佳「みなさん朝ご飯できてますよー」 ルッキーニ「わーい!たまごやきぃー!」 エーリカ「わたし肉じゃが!」 ゲルト「珍しく朝早く起きたと思えば騒がしい……」 ペリーヌ「全くですわ」 リーネ「ごめんねルッキーニちゃん、今日の朝ごはんはブリタニア料理なの」 ルッキーニ「おかしい。 こんなことは許されない」 シャーリー「辛辣だな~ルッキーニ」 エーリカ「まぁまぁルッキーニ、そんなことも有るよ。 あ、私ベイクドポテト多めでお願いねー」 芳佳「オートミールしかないです」 エーリカ「ドーバー海峡のこっち側を全部荒野にしてやる!!」 美緒「はっはっは、朝から元気だな!いいことだ!」 ミーナ「皆ブリタニア料理が苦手なのかしら?」 エイラ「げぇー朝からこんなお粥みたいの食べるのカ……」 サーニャ「私の国の食糧事情に戻ったみたいで少し懐かしいわ」モッチャモッチャ エイラ「あれサーニャ、起きてたのカ」 サーニャ「うん。 vip2ch. vip2ch. 13 ID:nreXXLqU0 マルセイユ「好きだ、マルセイユ!」 マルセイユ「う、うそ、うそよそんなの…」 マルセイユ「うそなんかじゃない!」 マルセイユ「だって…私、今まで散々トゥルーデのこと…」 マルセイユ「ふっ…。 そんな事を私が気にしてるとでも?」 マルセイユ「ゆ、許してくれるの…?」 マルセイユ「もちろんさ。 …おいで、ティナ」 マルセイユ「トゥルーデ!トゥルーデぇ、もぉ、ちゅっちゅ!」 枕にキスしながらひとり悶えるマルセイユ エーリカ「」 エーリカ こ、これはwww面白いものを見たwwwwwにししwwwww.

次の