縁壱 お前になりたかったのだ。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』176

『鬼滅の刃』第176話【お前になりたかった。】時を超えて伝わる心。

縁壱 お前になりたかったのだ

鬼滅の刃【ネタバレ】176話 「岩」「風」「霞」の3人の〝柱〟と不死川玄弥の 命を賭けた連携攻撃で 上弦の壱〝黒死牟〟の頸の切断に成功する。 それぞれの「呼吸」の 後継がいないという話をしていた時も お前は突如 奇妙な楽観視をし始めて笑った。 特別なのは 自分達の世代だけなのだと 慢心していた私は 気味の悪さと苛立ちで 吐き気がした。 何が面白いというのだ。 ) ————————————————— 体は崩れていない これを抜き去れば まだ「再生」できる まだ死なぬ!! 無一郎も玄弥も死んだ 刀の効力も 〝術〟の効力も間もなく消える。 そして私は 頸の切断からの「死」を克服するのだ。 刃に映る真実 「あの野郎・・・頭を『再生』しやがった!」 〝風柱〟が更にキレる! 「糞が!! 畜生がアア!!」 「攻撃し続けろ!! 頸を落とされた直後で 体が脆いはずだ!!」 〝岩柱〟が続けざまに叫ぶ!! 「〝無惨〟ほどの速さでは再生していない!! 頸を狙え!! 何度でも!!」 2人の〝柱〟はさらに「鬼」へと迫る!? (〝黒死牟〟は 自分の頭が再生できたことに満足する。 ) ————————————————— 克服した!! これでどんな攻撃も無意味 「太陽の光」以外はな・・・ これで私は 誰にも負けることは———— その瞬間!? 目の前に迫る 〝風柱〟の刃面に映りこんだ 自分の「姿」が目に入る!? 何だ!?? この醜い姿は・・・ と!? 〝黒死牟〟の後ろに 幼い〝縁壱〟が現れる!? 「兄上の夢は この国で 一番強い侍になることですか? 俺も兄上のようになりたいです。 俺は———— この国で 2番目に強い侍になります。 」 老いた縁壱が現れ——— 双眸から涙を零す。 崩れ行く〝黒死牟〟の脳裏には 若き孤高の剣士〝縁壱〟が その凛とした瞳で 此方をジッと見据える姿が 映し出されるのであった———————。 うわぁ・・・黒死牟・・・壮絶! 敵ながら凄い生き様・・・ 自分のこの醜い姿を〝生き恥〟と認め ひたすら自問自答を繰り返す〝黒死牟〟に 初めて人間臭さを感じ・・・ なんか・・・とてもとても深い 哀しみと嫉妬の世界を 今迄ずっと生きてきたんだなぁと しみじみと理解できたような気がしたのは 私だけではない筈!! やはり「鬼」になるのは 基本、「哀しみ」を背負った者なのだ・・・。 特に凄いのがその性格設定の妙!? これは前述したが———— 1.「自分より強いモノは許さないという嫌悪感」、 2.「敗北をしない事への異常な執着心」。 この2つの要因が深く複雑に絡まり合って のちの〝黒死牟〟を誕生させるのだ! その誕生の原点は————— 1.じぶんより圧倒的に強く、 2.唯一惨めに敗北を喫した 「縁壱」という〝弟〟の存在——————— この「縁壱」になりたいという 〝強い願望〟の裏返しの答えが 〝黒死牟〟だったのだ!! そう、心から寂しい人、 この世で一番人間臭く・・・ 「負」のオーラを纏い続けた人間こそが 〝黒死牟〟その人だったのだ!? さて———— この〝黒死牟〟の心は・・・ 死ぬ前に「安らぎ」を得たのだろうか? そこのところは 鬼殺隊にも、読者にも全く分からない。 ただ想像するに———— 崩れ去る前の最期の告・・・ 「縁壱・・・、私はただお前になりたかったのだ・・・」 という素直な言葉を表に出したということは—————— 自分のこの〝真の願望〟を吐露したことで、 自分にだけは嘘をつかず、 改めて————— ホントの「弱い自分」に 真摯に向き合う事ができたのではないか。 それによって 少しでも〝黒死牟〟の心が救われたのなら それに越したことはないであろう。

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ176話感想考察!生き恥

縁壱 お前になりたかったのだ

《鬼滅の刃》ネタバレ176話!二度と負けない 黒死牟は縁壱の姿を思い浮かべていた。 「お前が笑うとき気味が悪くて仕方がなかった」 かつて後継がいないと話した時も、楽観的になり突然に笑い出した縁壱。 黒死牟は自分と縁壱の世代が特別だと考えていたため、そんな縁壱の姿に吐き気がした。 黒死牟の思考は現在に戻る。 何が面白いのか? 限界を超え、日の呼吸の使い手でない者たちが刃を赤く染める。 そんな未来を想像して何が面白い? 敗北を考えるだけで激しい怒りを覚える黒死牟には、縁壱が全く理解ができなかった。 俺はもう二度と敗北しない たとえ頚を斬られようとも 《鬼滅の刃》ネタバレ176話!再生 頚がない状態で出血を止める黒死牟。 行冥と実弥は畳み掛ける。 「時透と玄弥の命を決して無駄にするな」 「上等だゴ ラ゛ア゛ア゛ア゛」 それに答える実弥は涙を流していた。 風の呼吸 捌ノ型 「初烈風斬り(しょれつかざきり)」 岩の呼吸 伍ノ型 「瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)」 ギギギギ 二人が攻撃をする中、黒死牟は時透の刀と玄弥の血鬼術による木の根を抜き去ろうとしていた。 体が崩れていない まだ再生できる まだ死なない フッ 技を食らう直前、回避してみせた黒死牟。 黒死牟は頚の喪失からも再生してみせたのだ。 《鬼滅の刃》ネタバレ176話!生き恥を晒す 以前は辛うじて人の形を保っていたが、完全に醜い姿へと変貌した黒死牟。 それを見て行冥と実弥が迫る。 克服した これでどんな攻撃も無意味 太陽の光以外は その時、実弥の刀に現在の自分の姿が映る。 なんだこの醜い姿は・・・ 昔、縁壱が語りかけてきた。 兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか? 俺も兄上のようになりたいです この国で2番目に強い侍になります 幼き日の姿を思い出していた。 そして自問する。 侍の姿か? これが・・・ これが本当に俺の望みだったのか? ドクン それを意識した途端、時透に刺された部分が崩れだした黒死牟。 そしてそのまま技を喰らう。 まだ再生できるはず。 だができない。 血鬼術が使えない。 「お労しや兄上」 脳裏に浮かぶのは、死の直前の縁壱だった。 首を落とされ 体を刻まれ潰され 負けを認めない醜さ 生き恥 強くなりたかったのか? 人を喰らってでも 死にたくなかったのか? こんな惨めな生き物に成り下がっても 違う私は 私はただ 縁壱 お前になりたかったのだ 《鬼滅の刃》ネタバレ176話!まとめ 黒死牟は人の境地に自分よりも到達しうる弟縁壱に憧れていたんですね。 最後は自ら生き恥を晒して生きるのをやめたということでしょう。 ここで死ねなければ、この先もずっと醜いまま生きていくことになっていたでしょう。 ということで、長く続いた上弦ノ壱との戦いも、幕引きとなりました.

次の

《鬼滅の刃》ネタバレ176話感想考察!生き恥

縁壱 お前になりたかったのだ

『鬼滅の刃』著:吾峠呼世晴 『鬼滅の刃』レビューリンク• 第176話「侍」感想 『鬼滅の刃』第176話「侍」感想です。 ついに上弦の壱・黒死牟との戦いに決着がつきそうです。 それにしても、ここのところ黒死牟と縁壱の回想がちょこちょこ挟まれますが…。 この二人の兄弟もまた切ないですよねぇ。 では『鬼滅の刃』第176話「侍」ネタばれ感想です。 未読の方はご注意ください。 黒死牟と縁壱。 窮地に追い込まれた黒死牟は、度々双子の弟である縁壱に関する記憶を反芻します。 自分たちだけが特別であると慢心していた黒死牟こと巌勝は、自分たちの呼吸の後継がいないということに対してさえ、楽観視し笑っていた縁壱に気味の悪さと苛立ちを感じていました。 実際400年もの間、黒死牟の予想通りに彼らを超えるような才能は生まれることはなく、ましてや上弦の壱である黒死牟の頸が脅かされることなど一度もなかったわけです。 百数十年以上の間、上弦の鬼の一角すら落とせず、一方で柱ですら何人も命を落としています。 後世の可能性を信じた縁壱の考え方は、現実的な立場から見れば夢想的に映るものですし、一方では諦めとも取れてしまいます。 下手をすればそのまま後世に優れた才能が出てこない、という可能性もあるわけですから…。 炎柱・煉獄杏寿郎と蟲柱・胡蝶しのぶが上弦の鬼に敗れたことからも、今の世代が特別に優れているというわけではないことはわかります。 少し語弊があるかな??言い方を変えれば、これまで上弦に敗れてきた柱たちが今の柱たちに劣っているわけではありません。 つまり、今の世代が上弦の鬼をも追い詰めているのは、やはり炭治郎の存在でしょうね。 後世の才能たち。。 黒死牟が軽蔑していた縁壱の描いた夢物語。 その未来が黒死牟に迫ってきます。 やはり赫刀は日の呼吸の使い手に特有のものだったというわけです。 しかし、頸の弱点を克服した黒死牟の姿は醜くもはや人としての面影もほとんど留めていません。 まさしく死をまのがれようと醜く足掻く心そのものが形となったよなバケモノの姿です。 これは猗窩座の到達しかけた姿なのでしょうか…。 あまりに醜悪な…。 もしかすると、無惨も隠しているだけで、真の姿はこのように人とかけ離れた姿なのかな?? この国で二番目に強い侍に。。 頸の弱点を克服した黒死牟でしたが、実弥の刀身に映った自らの醜悪な姿に愕然とします。 再びよぎる縁壱の言葉。 その後、縁壱の圧倒的すぎる才覚への嫉妬などで歪んでしまったのかもしれませんが、最初はそういう純粋な気持ちから始まったものだったのかも…。 うん、そう信じたい。 …というか、縁壱はこんな幼子のうちから痣が表出していたのか…。 ん?才能ある剣士は生まれながらに痣を持っているのだっけか。 つまり、縁壱は生まれながらに「日の呼吸」を、巌勝は「月の呼吸」を修める運命にあったのか。 というか、幼い頃の縁壱は炭治郎と無一郎を足して二で割ったような優しい顔ですね。 お前になりたかったのだ。 体が再生したものの無一郎の刀を刺された部分から黒死牟の体は再び崩れ始めます。 さらに技も術も使えず、行冥と実弥の猛攻に体は崩れ去って生きます。 それでもなお生にしがみつこうとする自らの醜い姿に、黒死牟は本当にこれが自分が求めていたのかと、自問します。 ただ… 縁壱になりたかったのだと…。 巌勝と縁壱、お互いの想いが400年前の時点で通じ合っていれば、こんなに寂しい結末を迎えることもなかったでしょうね。 ただ最後の最後でほんのわずかでも心が伝わったようで、よかったかな。 それにしても…少し残念です。 個人的には日の呼吸を受け継いだ炭治郎と黒死牟との対峙を見てみたかったです。 そして…無一郎と玄弥は果たして…。 無一郎は…どうするんだよ。 もうバラバラじゃないか…。 玄弥も両断されてしまっているし…。 二人とも助かる未来が見えない。。 玄弥に関しては、黒死牟が技も血鬼術も使えなかったことから、もしかすると玄弥の血鬼術がわずかながら効き続けている、つまりまだ生きている可能性はありますが…。 黒死牟の血肉を摂取していて尚、再生が遅いので…。 う〜ん、どっちも好きなキャラなんだけどなぁ。 そういえば、黒死牟の血鬼術って結局なんだったのでしょう。 というわけで、『鬼滅の刃』第176話「侍」のネタバレ感想でした。 注目されている記事 過去24H•

次の