ロト 7 過去 の 当選 番号。 ロト7 当選番号案内

ロト7当選番号の一覧表

ロト 7 過去 の 当選 番号

ロト7 「 ロト7」は、1~37の37個の数字の中から、異なる7個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。 1等の当せん金は、最高 4億円(理論値)。 キャリーオーバーが発生した場合の1等の当せん金は、これまで最高 8億円でしたが、2017年(平成29年)2月3日(金曜日)抽せん分(第198回)より、なんと、なんと!、 10億円に増額されました!。 1等の当せん確率は、 1/10,295,472。 1年間に約50回抽選があるので、毎回1口買い続ければ、20万年に1回は当たる確率です!(汗)。 毎日購入可能で、抽せんは毎週 金曜日 の午後6時45分から、宝くじドリーム館にて立会人のもと公開で行われます。 (年末年始を除く) 抽せん会の模様は、上記の時間に『』 サイトで中継されている「インターネット・ライブ配信」でご覧いただけます。 速報より抽せん結果を早く知りたい方は、こちらをご覧ください!。 ロト6 「 ロト6」は、1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。 1等の当せん金は、最高 2億円(理論値は、約1億円)。 キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高 4億円です。 毎日購入可能で、抽せんは毎週 月曜日 と 木曜日 に行われます。 1等の当選金額は、原則1万円未満を切り捨てていますが、大きい場合には一部切り上げている回もあります。

次の

ロト7 次回番号予測

ロト 7 過去 の 当選 番号

ロト7 「 ロト7」は、1~37の37個の数字の中から、異なる7個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。 1等の当せん金は、最高 4億円(理論値)。 キャリーオーバーが発生した場合の1等の当せん金は、これまで最高 8億円でしたが、2017年(平成29年)2月3日(金曜日)抽せん分(第198回)より、なんと、なんと!、 10億円に増額されました!。 1等の当せん確率は、 1/10,295,472。 1年間に約50回抽選があるので、毎回1口買い続ければ、20万年に1回は当たる確率です!(汗)。 毎日購入可能で、抽せんは毎週 金曜日 の午後6時45分から、宝くじドリーム館にて立会人のもと公開で行われます。 (年末年始を除く) 抽せん会の模様は、上記の時間に『』 サイトで中継されている「インターネット・ライブ配信」でご覧いただけます。 速報より抽せん結果を早く知りたい方は、こちらをご覧ください!。 ロト6 「 ロト6」は、1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。 1等の当せん金は、最高 2億円(理論値は、約1億円)。 キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高 4億円です。 毎日購入可能で、抽せんは毎週 月曜日 と 木曜日 に行われます。 1等の当選金額は、原則1万円未満を切り捨てていますが、大きい場合には一部切り上げている回もあります。

次の

ロト7当選番号一覧

ロト 7 過去 の 当選 番号

この記事の目次• キャリーオーバーで1等当選最高金額8億円!その当選確率は? ロト7は、01~37までの37個の数字から7個を選び、 抽選された数字といくつ一致するかで1等から6等が決まる宝くじです。 一等最高賞金額は4億円ですが、 当選者がいなかった場合や、 当選金額が最高額を超えた場合はその当選金が次回へ繰り越される 「キャリーオーバー」が採用されます。 キャリーオーバーが出ている時の 賞金最高額は8億円です。 1等の当選確率は、 10295472分の1で これは、一般的なジャンボ宝くじの当選確率1000万分の1とほぼ同じ確率です。 ロト7はロト6など他のくじに比べて比較的キャリーオーバーが出やすいくじです。 計算上、37の数字の中から 二つ以上の数字が連続して出る確率は74,5%もあります。 実際のロト7の過去の統計でも、 74%と、ほぼ計算通りの結果であるため、 連続した数字を選ぶことは 当選確率を上げることにつながると考えるこができます。 さらに、 実は、06、07、08、のような3連続の数字が 連続10回のうち4回も出現したこともあります。 普通なら、3連続の数字を選ぶのは避けてしまいがちですが、 当たった場合の当選口数は自然と少なくなってくるので、 高額当選を狙うのであれば、おすすめかもしれません。 過去の当選番号から見えた当たる法則〜その2〜 2つ目は「下ひとケタの法則」 01、11のようにひとケタ目が同じ数字が出る法則です。 下ひとケタが同じ数字が出る確率を計算すると、 89,3%ですが、過去の統計を見ると91,3%と、 過去の統計が理論上の数値を上回っています。 それだけ出やすい、ということですね。 過去の連続10回のうち、 9回がこのいずれかの法則に当てはまっていることもありました。 スポンサーリンク.

次の