君の膵臓をたべたい 意味。 「君の膵臓をたべたい」いまいちタイトルの意味が理解できなかった人へ

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい 意味

あらすじはこんな感じ! ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。 タイトルは「共病文庫」。 それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。 そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていた。 こうして、偶然にも【ただのクラスメイト】から【秘密を知るクラスメイト】となった僕。 まるで自分とは正反対の彼女に、僕は徐々にひかれていった。 地味な高校生男子「僕」と、人気者女子「山内桜良」の恋愛を描いたストーリー。 桜良が患う 深刻な 病気の存在を知ってしまい、それを弱みに僕が振り回されていきます。 「病人のお願いだから聞きなさい!」的な。 「病気」と「高校生の恋愛」、これだけ聞くとありがちな小説っぽいですけど、それだけだったら62万部も売れませんよ! ちなみにわりと胸キュンな恋愛小説なので、住野よるさんは「素敵な女性なんだろう…」と思っていたら、 20代後半の男性らしいです。 ちょっと夢が壊れましたw 「君の膵臓をたべたい」の感想(ネタバレあり) 物語は読み始めてから、だいたい3日くらいでさらっと読めました。 ここ半年で1番の良作でした!! ストーリー自体はそんなに難しくないし、そこまで予想外のことも起きません(結末はさすがに予想できなかったけど)。 それでも引き込まれるし、 感情移入しすぎて、泣いたり笑ったり忙しかったです。 以下、印象に残ったポイントです。 会話がくだらなおもしろい。 物語の大部分で「僕」と、山内桜良が くだらないおしゃべりを繰り返します。 こちらはトランプの罰ゲームで、桜良が何らかの質問に答えないといけないシーンです。 「いいよ、なんでも答えるよ?ファーストキスの話とか聞く?」 「せっかく得た権利をそんなエレベーターよりも下らない質問に使えないよ」 「……エレベーターって別に下るよね?」 「そうだよ? だから? 意味あること言ったとでも思った?」 彼女はうわははっと上機嫌に笑った。 友達ができたことのない「僕」のコミュ障っぽい口調と、それをいじる小悪魔な桜良の会話が結構ツボにはまるんですよね。 くだらない会話に付き合ってくれる女の子って素敵だなー。 タイプだわー。 主人公の性格が僕に似てて、桜良が好きなタイプの女性すぎるので、もう好きです。 超個人的な意見ですねこれ。 主人公の名前が最後の最後まで明かされない。 主人公の「僕」の名前は最後の最後まで明かされません。 終始【地味なクラスメイト】【ひどいクラスメイト】と表記されます。 「見ようと思えば性別の違う二人組は全部カップルに見えるし、外見だけなら君もとても、もうすぐ死ぬようには見えない。 大切なのは、人からの評価じゃなくて中身。 君も言ってたろ」 「【秘密を知ってるクラスメイト】くんらしいね」 笑いながらカフェオレを飲もうとするので、彼女のグラスから逃げ出した空気の音がする。 「それで、【秘密を知ってるクラスメイト】くんには彼女はいたの? 「よし、休んだしそろそろ」 「まだ一口もコーヒー飲んでないでしょうが」 これは主人公の「 誰かに名前を呼ばれたときに、相手が自分のことをどんな風に思っているかを推測する」という癖を表現してます。 主人公の名前がわからないだけで、小説全体がミステリアスになるんですよね。 安部公房の「」みたいな。 ここが普通の恋愛小説と一線を画したポイントじゃないかな。 「君の膵臓をたべたい」の本当の意味 本を手に取った人は、タイトルの意味を考えながら物語を読み進めるはず。 膵臓をたべたいって、普通に気持ち悪いじゃないですか。 この言葉の意味がわかるのは終盤の終盤。 桜良が死んだあとのことですね。 私はもうとっくに君の魅力に気が付いているからね。 死ぬ前に、君の爪の垢でも煎じて飲みたいな。 って書いてから、気づいたよ。 そんなありふれた言葉じゃ駄目だよね。 私と君の関係は、そんなどこにでもある言葉で表わすのはもったいない。 そうだね、君は嫌がるかもしれないけどさ。 私はやっぱり。 君の膵臓を食べたい。 君の膵臓をたべたい。 とんでもないキラーフレーズでした…。 感動した。 内向的な主人公と、外交的なヒロイン。 2人はお互いに尊敬していて、互いに「あなたになりたい」と思っていました。 これは恋なのか…なんと言えばいいのか…。 あぁ、君の膵臓をたべたい…。 スポンサーリンク.

次の

君の膵臓をたべたい、タイトルの意味はなんでしょうか?【ネタ...

君の膵臓をたべたい 意味

ちょうど今月の頭くらいに読んだばかりだったので感想を。 ちなみにタイトルの感想の前にわざわざ「正直な」という言葉を入れたのはつまり、言うのが憚れるようなことをこれから言うからです。 この小説には本当にすばらしいところとうーん?となるところが混ざっていると 個人的には 思います。 「いやいやあんた同じくらい良い作品書けんの?」と言われたら返す言葉はないし、そこらへんにある小説よりも良い作品なことは間違いないです。 でも今回はあえて自分のことは棚に上げて批評する横柄な読者としての感想をそのまま言います。 注意点 ネタバレ有り。 具体的なストーリーの展開にも言及するので読み進める前にご注意を。 感想 まず最初に感じたのは「読みやすい」ということ。 物語が淀みなくいいテンポで進んでいきます。 文章がすらすらと入ってくるし、それでいて情緒あふれる文学的表現もある。 主人公とヒロイン 山内桜良 の掛け合いとかも面白い。 この主人公とヒロインの掛け合いや表現方法が苦手だって感じる人もいるとは思うけど というかまぁタイムラインでたまに見かける 、個人的にはすごく良いと思いました。 普段活字だけの本を読まない層にもウケそう。 ちなみにこの本は2016年本屋大賞で2位を受賞しているんですけど、最近同文学賞で3位だった中脇初枝さんの「世界の果てのこどもたち」を読んだばかりだったから「同じ枠なのにだいぶテイストが違うもんだなぁ。 いいことだなぁ」と思いました キャラもすごくいい。 特にヒロイン。 ここらへんも好みが分かれそうだけど 男子だったらつい妄想しそうな 幻想的な魅力的な性格。 この小説を通して学ばされることも多かったです。 気づく。 全ての人間が、いつか死ぬようになんて見えないってことに。 引用元:住野よる著 君の膵臓をたべたい 66,67p 前後を省くと伝わりにくいんだけど、このシーンはぼくらが日々を大事にしようと思うには充分。 1日の価値は本来誰にとっても 余命1年宣告されている人にとっても健康な高校生とっても 同じはずだっていうのは少し無理があるとは思ったけど。 いや言いたいことは分かりますけどね ストーリー自体もすばらしい。 惹き込まれます。 旅行の時とか桜良の部屋に行った時とかは得も言われぬ高揚感を味わうことでしょう。 なぁ男性読者諸君 こんな感じで序盤から中盤まではぼくの評価はうなぎのぼりで、某デスノートの某魅上照よろしく「神……」とつぶやきそうになることも何度かありました。 でも問題は後半 入院したあたりから。 前半にも引っかかる箇所が少しはあったんだけど 好みとかの問題抜きにしてもこの書き方不自然じゃない?浮いてない?とか 、後半あたりからそれがちょっとずつ増えていって、最終盤にもなるとぼくはもうキラ信奉者とは言えない状態に………。 具体的にいうと、まず物語の展開や脈絡。 ノンフィクションではない小説、読み物だとは分かっていても、それまでの主人公のキャラと乖離した言動、行動、心境に「んー?」と不自然さを覚えました。 終盤に至るまでにいろいろな事を挟めば感動を覚えつつすんなり読めたのかもしれないんですけど、ちょっと突拍子のない感じになってしまってるかなぁと。 前半はいい意味でラノベっぽいけどは後半は悪い意味でラノベっぽい。 バランスが悪くなってる、みたいな感じ。 このタイトルに込められた意味、主人公がメールで桜良に送った「君の膵臓をたべたい」の意味についても、単行本の帯にデカデカと「読後、きっとこのタイトルに 涙する」と書かれていたのもあってか、事前にだいぶハードルが上がっていましたが正直肩透かしをくらったような気分。 君に死んでほしくない今そこにひっかけて言うのも洒落てるだろう」みたいなのは分かるけどさ。 気持ちも伝わってくるけどさ。 でも相手に生きて欲しい切迫感のなかでそれ言うってのはかなり無理があるような……って気持ちの方が大きくてなんともいえない気持ちに。 いやまぁ泣けるけどね。 いい話なんだけどね。 実際涙は出たし感動もしたんだけど、涙を流しつつ頭の中で 「いやでもこの演出なんか……あざとすぎっていうか急にベタな展開に変わりすぎっていうか四月は君の嘘が記憶に新しい身としてはどうしても既視感を覚えずにはいられないというか山内桜良の病院での振る舞いとか展開とかキャラとか宮園かをりとかぶっちゃうっていうかそう考えたらそもそもテーマも似てるかもなぁでもこの作品の執筆自体はもっと前からしてたっぽいからパクリとかではないかぁでも通り魔の伏線とかも分かりやすすぎてもう予感しまくってたからなんかうーんってか主人公の唐突のあああああああああうあああああああーーのあたりから急にテイストが ry」 っていうノイズも止められなかったわけで。 最初の話に戻すと、そういった意味で本当にすばらしいところとうーん?となるところが混ざった作品だなぁ、というのが個人的な感想です。 前半から中盤にかけてずっと惹かれていっただけに後半のまとめ方が棘のように刺さってしまっているというか。 いや良い作品だと思うんですけd ry 余談 星の王子さまとこの本のテーマ ヒロイン、桜良が唯一読んでお気に入りとしている本、サン・テグジュペリの星の王子様。 ぼくもこの本は好きでたまに読むんですけど、桜良が言った生きるっていうことの意味が星の王子さまの話はけっこう重なるところがありますよね。 「生きるっていうのはね」 「……」 「きっと誰かと心を通わせること。 そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」 引用元:住野よる著 君の膵臓をたべたい 192p 「あんたたちは美しいけど、ただ咲いてるだけなんだね。 あんたたちのためには、死ぬ気になんかなれないよ。 そりゃ、ぼくのバラの花も、なんでもなく、そばを通ってゆく人が見たら、あんんたたちと同じ花だと思うかもしれない。 だけど、あの一輪の花が、ぼくには、あんたたちみんなよりも、たいせつなんだ。 だって、ぼくが水をかけた花なんだからね。 覆いガラスもかけてやったんだからね。 ついたてで、風にあたらないようにしてやったんだからね。 不平もきいてやったし、じまん話もきいてやったし、だまっているならいるで、時には、どうしたのだろうと、きき耳をたててやった花なんだからね。 ぼくのものになった花なんだからね」 引用元:サン・テグジュペリ作 内藤濯訳 星の王子さま 岩波書店 p102 主人公の名前に入っている2人の作家 物語の終盤で明かされる主人公の名前は志賀春樹。 主人公の志賀春樹という名前から2人の作家が連想されるっていう話ですね。 明言されてませんけど、これはおそらく志賀直哉と村上春樹を指しているんじゃないでしょうか。 2人で旅行に行った場所はどこか 何県何市か これも作中で直接は語られてはいません。 ただ ・梅ヶ枝餅が名物 ・南の方 次の旅行は北にいきたいなぁと言っていた ・学問の神様が祀ってある神社がある 宝物殿や菖蒲池という池がある ・とんこつラーメンが有名 という情報をもとに考えると、2人が旅行で行った場所は 福岡県太宰府市にある太宰府天満宮だと推定できます。 作者、住野よるさんについて Wikipediaによると住野よるさんは高校時代から執筆活動を始めて、この「君の膵臓をたべたい」を作風を変えながら何度も修正して今に至ったそうです。 ちなみにご本人のTwitterアカウントは。 本人のツイートによると性別は男性、年は現在26才~27才ということらしいです。 該当ツイートは削除されているのか現在は見つけることができませんでした.

次の

「君の膵臓をたべたい」いまいちタイトルの意味が理解できなかった人へ

君の膵臓をたべたい 意味

映画君の膵臓を食べたいのあらすじを簡潔に!! 主人公は「 ぼく」という人物で、学校の先生をしています。 主演は小栗旬でした。 その 先生の過去が回想されていく。 ぼくという人物、 友達がいなく他人と関わるのが苦手な内気な性格の高校生。 ある日、病院で 「共病文庫」という本が落ちていて、それは手書きの本で、 山内桜良というクラスメイトの書いたものでした。 そこには、 膵臓の病気で長くは生きられないと書いてあった。 ぼくはその本を読んでしまったことで、二人の関係がスタートする。 山内桜良は明るい性格で、ぼくとは正反対の人間だが、 これをきっかけに仲良しになっていく。 桜良は「 死ぬ前にやりたいこと」ということを考えてリストにして、唯一、桜良の病気のことを知っているぼくと一緒に実行していく。 最初は他人と関わることを拒否し、友達も誰もいなかったぼくだったが、 桜良によって変わっていく。 桜良の強さに心惹かれていくぼくは、人を認めたり、人を愛せる人間になることを決意していく。 桜良自身も、最初はただ 秘密を知っていた人物として、ぼくを見ていたが、強くて芯のある人であり、「初めて関わり合いを持ちたい人」に選んでくれたことで必要とされ、「 たった一人の私であると思えたと感じて」心ひかれていく。 二人の関係だけでなく、周りの反応や、現在に戻っての過去からの話もストーリーとして続いていく。 余談ですが、そういえば昔、 死ぬ前にやりたいことっていう映画がありましたよね。 それを思い出しました。 自分自身も、死ぬとわかったら、いったい何をやりたいと思うのでしょうか。 みなさんも、このタイトルを聞いたとき、 「??」と思ったのではないでしょうか。 映画を見ていると、その意味について話していたので説明します。 タイトルは「君の膵臓をたべたい」ですね。 まずは、主人公の 桜良が膵臓の病気であるというところがキーワードになってきます。 映画の中で、昔の人は病気があると、 病気の部分(例えば膵臓が悪ければ、膵臓を)動物の臓器を食べたんだってっていう会話があります。 その臓器を食べると治ると信じられていたという話。 ぼくもそんなの信じてるの?とちょっとバカにした感じで返しています。 それから、 他の生き物の一部を食べることで、その生き物の魂が宿ると信じられていたという。 つまり、「 ぼく」の膵臓を食べると「ぼく」の魂が桜良に宿るということになります。 あるシーンでは、 私はもうとっくに君の魅力に気づいていて、 君の爪の垢でも煎じて飲みたいな。 そんなありふれた言葉じゃ駄目だよね。 私と君の関係は、 そんなどこにでもある言葉で表すのはもったいない。 そうだね、君は嫌がるかもしれなけど、私はやっぱり、 君の膵臓を食べたい。 っというセリフがある。 そいうことなんですね。 つまり、実際に食べるというより、ひとつの表現ですね。 ある意味告白のようなことなんでしょうか!! みなさんも、好きな人に言ってみてはどうでしょうか。 私はあなたの膵臓を食べたいんです!!って。 桜は散ったふりをして、本当はすぐに咲き続けているの。 みんなを驚かせようとして。 つぼみになったりして。 桜良だけに、桜を見に行きたかったんですよね。 でも、すぐに芽吹いて次の準備をしているってことなんでしょうけど、可愛らしい言い方ですよね。 神様はこういう時は、病人に味方してくれるんじゃないのなかー。 じゃんけんで負けた時の言葉ですが、可愛い言い方ですよね。 本人は何かを告白しようと本気だったようですが。 好きとか、嫌いとか、手をつなぐとか、ハグをするとか、そうだとか、それ違うとか、それが生きるっていうこと。 一人じゃわからない。 楽しいのにつまらないとか。 たぶん、言葉が足りてないと思いますが、もっと長い文章だと思います。 でも、いろいろな矛盾を持っていて、楽しいことも苦しいことも、いいことだけじゃなく、悪いこともすべてが人間ということなんでしょうね。 君がくれた日常は宝物だよ。 もう一度旅行したかったな。 すごく素敵な言葉ですね。 ぼくも一度は言われてみたいです。 言われるのが無理なら、言ってみたいですね!! 偶然じゃないんだよ、自分で道を選んでここに立っているんだよ。 君がしてきたことも、私がしてきたことも全部。 私たちは、自分の意志でここまで来たんだよ。 ぼくと桜良が出会ったときのことですね。 ただ本を拾った偶然で終了ではなくて、そこまでの過程で、自分で選んで来た道なのだから、偶然なんかじゃないってことなんでしょうね。 一番カッコイイ言葉ですね!! ネタバレ注意!!映画を見ての感想!? 一言で言うなら、 映画を見終わった後は泣いていました。 最近歳のせいか涙もろいのもあると思いますが、とても 清々しい気分になりました。 原作がもともと青春小説とということなので、爽やかな感じかなと思ってはいたのですが、それだけではなくて、人間として考えさせられることも多かったし、 見ていてドキドキしたり、喜んだり、がっかりもしてしまいました。 それから、感情移入しすぎて、 浜辺美波さんが好きになっていました。 見終わったあとは、しばらく浜辺さんの映像を思い出しました。 え?きもいですか? すごく、笑顔が素敵で爽やかな女優さんだなーって感じました。 そして、主演も小栗旬さんや北川景子さんでしたが、なかなか豪華な使い方してましたね。 小栗旬さんは少し痩せていました。 たぶん役作りの為かなと思います。 ストーリー全体を通してみと、小説ならではのたくさんの素敵なセリフがありましたし、単なる青春映画というだけではなく、考えさせられることも多かった映画でしたね。 展開的には、予想外!?という感じでした。 ここからはネタバレを含みますが、最後の 通り魔のシーンはとても悲しすぎてがっかりしてしまいました。 原作に忠実だったのでしょうね。 最後の方の、桜良が亡くなって 家でお骨に手を合わせていて、その後本を手にした時のセリフが本当に涙が溢れてしまいました。 お母さんの前で、 もう泣いてもいいでしょうかと言った後に、泣き崩れていましたね。 この映画は涙なしでは見れないと思いますが、ただのきれいな青春映画でもありません。 ということろでしょうか。 浜辺美波さんプロフィール みーちゃんのツイート更新来ないんなー — ジョニー V7llt8KLGwVY28r 名前:浜辺 美波 はまべ みなみ 生年月日:2000年8月29日(16歳) 出身地:石川県 身長:155cm 血液型:B型 職業:女優 事務所: 東宝芸能 趣味:読書 宮部みゆきやミステリ、少年漫画をよく読む 主演映画:咲-Saki-(2017年) 超インドア派で、土日2日間とも外出しないことがあるそうです。 インドア派と聞くと、親近感が湧いてきますよ! 咲-Saki-の完成試写会では、共演者の古畑星夏が、浜辺さんは、 毎食コーラを飲んでいてびっくりしたとのこと。 浜辺さん自身は、コーラではなく 炭酸水を嗜んでいると訂正してもらうように求めた。 撮影中はコーラを飲んでいる姿が見られていたり、家に コーラの1リットルがストックしてあるとのことで、コーラに関するエピソードがいろいろとあるようです。 現在16歳なので、コーラをよく飲んでいるというエピソードが可愛いですね。 将来酒飲みにならないといいけど、、、なんてね!! まとめ 30代の子持ちの会社員です。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。 ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!.

次の