アリ エクスプレス 届か ない。 【Q&A】アリエクスプレスを4ヶ月使ってみた感想

AliExpress(アリエクスプレス)から商品が届かない、泣き寝入りしないオープン紛争(Open Dispute)手続きで問題解決!│とんちき録

アリ エクスプレス 届か ない

商品が届かない場合 「商品が発送された」という通知があったのに商品が届きませんか?中国から日本であれば、通常便で1ヶ月以内。 予定の時期になっても商品が届かない場合は、販売者に配送状況がどうなっているのかを確認するようにしましょう。 日本国内では考えられませんが、運送会社内でストップしている場合、販売者が運送会社に催促(プッシュ)する事で荷物が動き出す事もあります。 追跡番号がわかるのであれば、運送会社に問い合わせると配送状況を教えてくれる場合もあります。 Aliexpressの場合発送から60日以内であれば、Aliexpressにクレームを入れる事が可能ですので、予定の配送期間+10日くらい待っても届かない場合は、販売者に問い合わせてみたり、AliexpressでOpen Dispute クレーム するようにしましょう。 追跡番号で追跡出来ない場合や適当な番号が通知された場合 通知された番号を追跡サイトで確認してみると、「問い合わせ番号が見つかりません」と表示される場合があります。 販売者が間違った番号を更新している場合もありますが、発送せずに適当な番号を通知している可能性もありますので、急いで正しい番号に更新するよう連絡しましょう。 違う商品が届いた場合や不足している場合 実際に商品は届いたけど、完全に違う商品やサイズ違い(色違い)が届くこともありますし、個数が不足して届く事もあります。 このような場合はスマホで構いませんので写真を撮って販売者に報告するようにしましょう。 良識ある販売者であれば返品無しで代品を送ってくれますが、対応が悪いセラーの場合、返送料負担で返品を要求されたり、次回の割引を提案してきたりします。 そのような場合は、「Aliexpressにクレームを入れるよ?」「OpenDisputeするよ?」と脅してみましょう。 Aliexpressの販売者は、OpenDisputeされる事だけは避けたいと考えていますので一気に対応が変わるはずです。 偽物(コピー品)が届いた場合、没収された場合 はじめに。 中国で販売されているブランド品の99%は、偽物だと思っておいたほうが良いです。 お国柄的に偽物を販売する事に悪気がありません。 ですので中国からブランド品を購入しない事が一番重要なポイントです。 超有名ブランドに限らず、二流のブランドなども同様です。 このような事情を知らずに購入してしまって、偽物が届いた場合は、まず販売者に報告しましょう。 恐らく「本物だよ」とか「知らない」みたいな対応をされますので、OpenDisputeでAliexpressにクレームを入れるようにしましょう。 税関で没収されてしまった場合も同じです。 本物だと思って購入したけど実際は、偽物で国内の税関で没収されてしまう事があります。 そのような場合は再発送をお願いするのではなく、強気で返金対応するように迫りましょう。 OpenDisputeの方法 Aliexpressには、BuyerProtectionといって購入者保護プログラムがあります。 OpenDisputeを使えば、トラブルをケースとして問題化する事が可能となります。 右上My Aliexpress内のMyOrderをクリック 該当する注文の右側にあるOpenDisputeをクリック 注文詳細ページからOpenDisputeをクリックする事も可能です。 これで販売者が真剣に解決策を提案してくるので、最善の解決が出来るまでやり取りをしていきます。 期間は15日ですので、これでも解決出来ない場合は、Escalate DisputeでAliexpressに問題をエスカレート(Escalate Dispute)します。 実績が少ないメダル1つの店で購入するよりも王冠5つのお店で購入するほうが安心して購入する事が出来ます。 ただし信頼度が高くなるほど金額も高くなる事が多いので、信頼度と金額のバランスを考えるようにしましょう。 各商品ページには、このように販売者としての評価が表示されていますので、購入する際は必ず確認するようにしましょう。 さいごに Aliexpressでは、購入者を保護するBuyerProtectionが充実していますので、方法さえ知っていれば、ほとんどの問題を解決する事が可能です。 購入する際は信頼できるセラーから購入する事。 問題が発生した場合は出来る限り早く販売者にコンタクトを取る事。 それでも解決出来ない場合はbuyerprotectionを利用する事。 この3点が重要です。 使い方によっては、個人での使用目的でもビジネス目的でも素晴らしいサイトになるので、上手に活用しましょう。

次の

激安!中国通販サイト「AliExpressアリエクスプレス」の口コミ

アリ エクスプレス 届か ない

例えば、アマゾンで購入し支払いをすると、お金は販売者に渡され、いわゆる先払いの形になりますが、もし販売者が発送しない場合、買い手は不利益を被ることになります。 もしアマゾンでこんなことが起こったら、買い手が支払った金額をアマゾンが保証するわけです。 Aliexpressの場合は、買い手が支払った金額をAliexpressが預かり、買い手が商品を受け取り、なおかつ商品の質に満足した時のみ販売者に支払われるというシステムが購入者保護期間(バイヤープロテクション)というわけです。 買い手に満足してもらわないと代金が入らないのですから、わざと発送しなかったり不良品を送り付ける事は、販売者自らの首を締める事になります。 だからこそ、「わざわざ質の悪い商品を送ったりなんかする訳ないですよね」という性善説の元、「商品の心配なんてしなくて大丈夫ですよ」というのがAliexpressの販売形態というわけです。 まあ、建前上はそうなんですが、中国人特有の金の為なら何でもするし、嘘も平気でつける拝金主義の方ばかりの販売者が大勢いる中で、ちゃんと建前が守られているかというとそうでもありません。 不良品を掴むことも、発送されない事も、教えられた追跡番号がよその地域に届く事もよくありますが、そんな時でも、とにかく購入者保護期間(バイヤープロテクション)が残っている限りは買い手にとって不利になる事はありません。 言い換えれば、 購入者保護期間(バイヤープロテクション)の期限が切れてしまうと買い手は何もできなくなり、一方的に損をすることもあります。 購入者保護期間(バイヤープロテクション)の期限を注意深く見ていた方が良いのは言うまでもありません。 画像はPC画面ですが、方式としてはアプリでも同じでクリックして日付を入力するだけです。 この作業はあくまでも申請だけであり、販売者の承認がないと成立しません。 承認されますと、登録されたメールアドレスにメールが届き、My AliexpressからOrder Detailで確認すると申請した日数だけ日付が進んでいます。 購入者保護期間(バイヤープロテクション)の延長を求める事は意外と多い どんなに注意していても、購入者保護期間(バイヤープロテクション)の期限が少なくなってしまい、商品が届かない事があります。 それはどのような時なのか、考えられる事例は次の通りです。 販売者は発送したが、配送業者の問題で届かない。 一度、商品が届いたが、不良品や数量が足りなくて再送してもらったので期限が足りなくなっている。 教えられた書留扱いの追跡番号が、自分に届かずによそに届き、強制的に残り10日間になってしまった。 上記の3つの理由が考えられます。 1は、どこに落ち度があるかといえば、配送業者の問題です。 中国から日本へ届くのは、他の国と比べたら間違いなく早く届きますが、60日以上掛かって到着する事もあります。 60日になる前に延長申請すればOK。 2は、再送をしてくれた販売者という事は、Aliexpressの中では良い販売者だと思います。 60日になる前に延長申請すればOK。 3は、いわゆる「偽番号」です。 China Post Registered Air Mailなどの書留扱いの配送方法の場合は他の住所に届いてしまうと購入者保護期間(バイヤープロテクション)が強制的に10日間に短縮されます。 10日間の間に延長しないと最悪、泣き寝入りという事になりますので注意が必要です。 「偽番号」の時の対処法• 川崎東郵便局から最寄りの郵便局に移送される。 自分の最寄りの郵便局ではなかったら、「偽番号」確定。 自分ではない住所に届いて概ね、24時間以内に購入者保護期間(バイヤープロテクション)が強制的に10日間になる。 10日間以内になったら、追跡番号を日本郵便のサイトでいいので検索し、自分以外の郵便番号が出ている画面のスクリーンショットを添付し、販売者に連絡。 合わせて購入者保護期間(バイヤープロテクション)の延長を行う。 上記の行動を起こせば、大抵、販売者は購入者保護期間(バイヤープロテクション)の延長をすると思いますが、一切、無視をする販売者も中にはいますし、私自身も経験があります。 そんな時は、残り10日間の内に、延長の申請を毎日行い、残り日数が1日になった時点でOpen Disputeを行います。 Open Disputeのコメントに「毎日、延長申請したが販売者は無視をする」という文言を入れて、メッセージのやり取りを証拠にすれば、おそらく全面的に買い手の言い分が通ると思います。 60日間経過したら返金されると書かれているが60日間目に返金をしても良いのかという問題 運送上のトラブルで届かない、時間が掛かっている場合、いつかは商品が届くわけで、もしOpen Disputeを行った後の翌日に商品が届いて嫌な気持ちになる事があったりします。 「60日間も待たされたのだから、タダで貰ったって当然」という考え方もありますが、「お店はちゃんと発送しているのに、運送の問題でお店にはお金が入って来ない事態になって、その要因は自分が作った」という考え方もできます。 私は後者の考え方にどうしてもなってしまうので、ちゃんとお店が発送しているのであれば60日以上の日数が経過をしても届くまで待つことにしております。

次の

Aliexpress(アリエクスプレス )返品・返金・注文をキャンセルする方法

アリ エクスプレス 届か ない

商品が届かない場合 「商品が発送された」という通知があったのに商品が届きませんか?中国から日本であれば、通常便で1ヶ月以内。 予定の時期になっても商品が届かない場合は、販売者に配送状況がどうなっているのかを確認するようにしましょう。 日本国内では考えられませんが、運送会社内でストップしている場合、販売者が運送会社に催促(プッシュ)する事で荷物が動き出す事もあります。 追跡番号がわかるのであれば、運送会社に問い合わせると配送状況を教えてくれる場合もあります。 Aliexpressの場合発送から60日以内であれば、Aliexpressにクレームを入れる事が可能ですので、予定の配送期間+10日くらい待っても届かない場合は、販売者に問い合わせてみたり、AliexpressでOpen Dispute クレーム するようにしましょう。 追跡番号で追跡出来ない場合や適当な番号が通知された場合 通知された番号を追跡サイトで確認してみると、「問い合わせ番号が見つかりません」と表示される場合があります。 販売者が間違った番号を更新している場合もありますが、発送せずに適当な番号を通知している可能性もありますので、急いで正しい番号に更新するよう連絡しましょう。 違う商品が届いた場合や不足している場合 実際に商品は届いたけど、完全に違う商品やサイズ違い(色違い)が届くこともありますし、個数が不足して届く事もあります。 このような場合はスマホで構いませんので写真を撮って販売者に報告するようにしましょう。 良識ある販売者であれば返品無しで代品を送ってくれますが、対応が悪いセラーの場合、返送料負担で返品を要求されたり、次回の割引を提案してきたりします。 そのような場合は、「Aliexpressにクレームを入れるよ?」「OpenDisputeするよ?」と脅してみましょう。 Aliexpressの販売者は、OpenDisputeされる事だけは避けたいと考えていますので一気に対応が変わるはずです。 偽物(コピー品)が届いた場合、没収された場合 はじめに。 中国で販売されているブランド品の99%は、偽物だと思っておいたほうが良いです。 お国柄的に偽物を販売する事に悪気がありません。 ですので中国からブランド品を購入しない事が一番重要なポイントです。 超有名ブランドに限らず、二流のブランドなども同様です。 このような事情を知らずに購入してしまって、偽物が届いた場合は、まず販売者に報告しましょう。 恐らく「本物だよ」とか「知らない」みたいな対応をされますので、OpenDisputeでAliexpressにクレームを入れるようにしましょう。 税関で没収されてしまった場合も同じです。 本物だと思って購入したけど実際は、偽物で国内の税関で没収されてしまう事があります。 そのような場合は再発送をお願いするのではなく、強気で返金対応するように迫りましょう。 OpenDisputeの方法 Aliexpressには、BuyerProtectionといって購入者保護プログラムがあります。 OpenDisputeを使えば、トラブルをケースとして問題化する事が可能となります。 右上My Aliexpress内のMyOrderをクリック 該当する注文の右側にあるOpenDisputeをクリック 注文詳細ページからOpenDisputeをクリックする事も可能です。 これで販売者が真剣に解決策を提案してくるので、最善の解決が出来るまでやり取りをしていきます。 期間は15日ですので、これでも解決出来ない場合は、Escalate DisputeでAliexpressに問題をエスカレート(Escalate Dispute)します。 実績が少ないメダル1つの店で購入するよりも王冠5つのお店で購入するほうが安心して購入する事が出来ます。 ただし信頼度が高くなるほど金額も高くなる事が多いので、信頼度と金額のバランスを考えるようにしましょう。 各商品ページには、このように販売者としての評価が表示されていますので、購入する際は必ず確認するようにしましょう。 さいごに Aliexpressでは、購入者を保護するBuyerProtectionが充実していますので、方法さえ知っていれば、ほとんどの問題を解決する事が可能です。 購入する際は信頼できるセラーから購入する事。 問題が発生した場合は出来る限り早く販売者にコンタクトを取る事。 それでも解決出来ない場合はbuyerprotectionを利用する事。 この3点が重要です。 使い方によっては、個人での使用目的でもビジネス目的でも素晴らしいサイトになるので、上手に活用しましょう。

次の