関東連合 上原。 上原美優と関東連合?他殺?古山義邦?島田紳助?村西とおる?藤井リナ?板野友美?マネージャー渡辺雅也画像?枕?

石元太一

関東連合 上原

来歴 [ ] 出身(出生は )、卒業 、16歳から「関東連合」系の「(構成員3名)」の総長(第16代目 )を担い、10代の時期の大半をや、などで過ごした。 父親は組員であった。 10代で非行の道に走って以降、「関東連合」にあって、「現役」と呼ばれる世代の中心として抗争や「関東連合」絡みのトラブルに関わる。 トーヨーボール殺人事件 [ ] 非行に明け暮れた10代の時期に関与した事件のなかでも特に重大なもの(自叙伝『不良録』)は、都内のボウリング場「トーヨーボール」が現場となった暴走族同士の乱闘殺人事件、いわゆる「トーヨーボール殺人事件」(2000年)である。 1名の死者を出すに至ったこの事件では、首謀者として逮捕された。 のちに、被害者への懺悔の念を自叙伝『不良録』の内に明かしている。 この事件は無関係な少年グループを対立暴走族グループと勘違いして襲撃した末に飲食店勤務の少年(当時18歳)を脳挫傷で死亡させたもので、犯行に用いた車両が女優の(が関東連合関係者らから小間使いのように扱われていた)の名義であったことなどから、「関東連合」がメディアの注目を集めるきっかけとなった事件でもあった。 自身は罪により、に送致された。 海老蔵事件 [ ] 詳細は「」を参照 2010年11月に発生した歌舞伎俳優・が暴行された事件に関与していた。 この事件の折、現場となった東京都内の飲食店で海老蔵と酒席をともにしており、その際に海老蔵によって灰皿での飲酒を強要されるなどし、それが自身の仲間による暴行のきっかけになったとされている。 この事件より、一般に名前が知られるようになった。 海老蔵事件後 [ ] 海老蔵事件の当事者として注目を集めて以降、からの取材に積極的に応じた。 まず事件の直後にあたる時期、写真週刊誌『』の取材を受け、「海老蔵が本当は何をしたか、すべて話します」と題した記事で市川海老蔵への批判を展開。 これは示談交渉に奔走していた他の関東連合関係者らとの事前相談も行わないまま単独で決定した行動であったと伝えられている。 その後、傷害事件での逮捕(現行犯・起訴猶予で釈放)などもあったものの、雑誌の連載やブログを新たに始動させるなどでタレント活動に着手するようになった。 本業にあたるジム経営の傍ら、2012年からは新たにの『実話時報』誌上にの連載を開始(2012年7月号より)。 続く8月には海老蔵事件や関東連合の実態などについてを記した『不良録 関東連合元リーダーの告白』(双葉社)を上梓。 同書ではの更生セミナーなどにも取り組んでゆくつもりであるとの展望を語ってもいた。 同時期には主演の決定に伴うデビューの発表もあった (監督作『アンダー・フェイス』 )。 ところがその俳優デビューの直前にあたる2012年9月8日、他人名義でマンションの賃貸借契約を結んだ容疑の疑いで逮捕される。 これはその5日前に発生していた「」のと受け止められた。 また、別の事件に関わった疑いから余罪の追及を受けた。 以後、再逮捕に次ぐ再逮捕で、11月には同容疑による4度目の逮捕となる。 この時期の当人について、『』(2013年)の著者にあたる関東連合OBは、「(たび重なる少年院送致や暴走族の抗争などに追われたことで)失った青春時代を取り戻すかのように華やかな街に身を投じていった。 それは受験勉強やアルバイトで青春時代を失った努力家の若者が、社会人になった途端に、失われた青春時代を取り戻そうとするかのように遊びにハマる姿に似ていた。 」と記し、さらに、「タレント活動を始めるなどして、自身の青春時代とは真逆の明るい世界に自分の居場所を作ろうとした」とつづっている。 暴走族時代から原則としてメディアへの露出を禁じていた関東連合にありながら、「関東連合への世間の注目を逆手に取るような」形で芸能活動を本格化、そうしたなかで関東連合の先輩にあたる者達から忠告を受けてもいたものの、「現役時代からさんざん下積みさせられてきたんだから、いい加減、好きにやらせてもらいたい」というような反発の言を返していたという。 そうした状況にあって、「関東連合」内でも様々な苦情が飛び交っていたものの、当人に向かい表立って制止を促す関東連合関係者はいなかった。 それはこうした一連の活動に対し、当時の「関東連合」内で強力な派閥を統率していた人物(のちの「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格)からの支持と力添えがあったからという。 六本木クラブ襲撃事件 [ ] 詳細は「」を参照 2012年9月に六本木のクラブ「フラワー」で飲食店経営者が複数の男達に撲殺された事件、いわゆる「六本木クラブ襲撃事件」で、2013年1月9日、捜査本部が公判中の石元太一に容疑で逮捕状を取った。 事件前後に金属バットを持って現場に集合したとされる関東連合元メンバーらと連絡を取り、合流するなどした疑いが持たれている。 31日にはこの殺害に直に着手した容疑、すなわち殺人容疑で再逮捕。 結果、殺意の立証の困難性からでの起訴は見送りとなり、による追起訴を受けた。 で詐欺罪の有罪判決が認定された後の同年12月に東京地裁で傷害致死罪等のが開かれ、12月16日、「事件を発生させた張本人」として懲役22年の長期に亘る刑を求刑された。 東京地裁は「事件の直前に現場を離れていたが、対象の男性の来店を仲間に知らせ、凶器を持ってクラブに向かう仲間の様子を目撃していたことから傷害致死罪の共謀が成立する」としたうえで、「先輩が首謀した抗争に連絡役として協力したにすぎず、事件の黒幕と位置付けることはできない」として、懲役11年の実刑判決を言い渡した。 はこの判決を不服として東京高裁に控訴。 2014年(7月14日)にはこの事件についてを記した獄中手記『反証 六本木クラブ襲撃事件「逮捕からの700日」』(双葉社)を上梓している。 2014年12月18日、東京高裁は「襲撃は計画的かつ迅速に行われ、被告人も十分予測していた。 計画、準備段階で深く関与した責任を、一審判決は過小評価した」として一審判決を破棄し、懲役15年判決を言い渡した。 2016年6月15日、第1小法廷は石元のを棄却し懲役15年が確定した。 ジム「SOUL MATE」 [ ] 経営ジム「SOUL MATE(ソウル・メイト)」こと「EXCITING GYM SOUL MATE ALLIANCE」は東京都内 、から程近くの雑居ビル地下に所在。 や、、ヌンポントーン・バンコクストア、などといった著名な格闘家らが指導者として運営に参画。 このジムの名称は当時運営していた自身のブログのタイトルと連動させたもので、関東連合の先輩にあたる人物(のちの「六本木クラブ襲撃事件」の主犯格)の支援を裏から受けたうえで開業に至ったものであった (自身はいわゆる「雇われオーナー」で、出資者はその人物であった )。 私生活 [ ] に在住(2012年9月時点)。 は、世間に抱かれがちなの一般的なイメージからは異なるイケメンでホスト風の容姿の持ち主である点に着目の旨の評を寄せている。 通いやなどの遊興は一切行わないという。 2011年に自殺したタレント・の交際相手であったとの噂が立ったことがある。 これに関して、2012年8月に受けたの取材に対し、上原と親しい間柄であったことは否定しなかった。 のちのインタビューでは、ちょうど上原の死去の直後に別件で逮捕されており、その件で受けた実名報道が「周囲に迷惑を掛けてしまう結果となった」旨を自ら語っている。 この時期には別のモデルの女性とも交際関係にあり、2012年9月の賃貸契約詐欺での逮捕の折には家に一緒にいたという。 かねてより東京・や同界隈のの現場に出入りしていたことから、様々な芸能人や実業家、例として、の元会長にあたるや、ABCホームの元会長にあたる塩田大介 などとも親交があった。 2012年9月2日に発生した六本木クラブ襲撃事件の加害者として、2016年6月15日に最高裁で懲役15年が確定して以来は服役中である。 事件については、2014年7月10日に拘留中に記した「反証 六本木襲撃事件『逮捕からの700日』」(双葉社)が出版され、獄中から公式ブログを更新している。 著書 [ ]• 「不良録 関東連合元リーダーの告白」(双葉社)• 「反証」(双葉社) 外部リンク [ ]• 出典 [ ] []• The attorney said a drunken Ebizo initiated the brawl by head-butting Ito's friend, Taichi Ishimoto, who has been described in the media as a former motorcycle gang leader. 『』 2013年1月10日• 『』 2012年8月22日• 『』 2012年9月14日• 『』 2013年1月10日• 『』 2012年3月30日• 『』 2014年1月1日• 『』 2012年• 『不良録 関東連合元リーダーの告白』 2012年 石元太一 [ ]• 『』 2012年8月27日 ・• ameba. 非行行為を行う反面学力は高くハイレベルな模試で成績優秀者として名前をたびたび掲載されているという一面もあった。 169 2013年 工藤明男• 『』 2012年8月28日 ・• 57-59 2013年 工藤明男• 『』 2011年5月20日• 『』 2012年9月8日• 『』 2012年9月8日• 95-98 2012年5月14日• 161 2013年 工藤明男• 162-163 2013年 工藤明男• 『』 2012年9月9日• 174 2013年 工藤明男• 『』 2012年8月23日• 『』 2012年8月22日 ・• 『』 2012年9月8日• 171 2013年 工藤明男• jiji. 『』 2012年11月9日• 169-170 2013年 工藤明男• 163-164 2013年 工藤明男• 164 2013年 工藤明男• msn産経ニュース 2013年1月9日• 『』 2013年1月9日 ・• 『』 2013年1月30日 ・• 『』 2013年2月21日• 『』 2013年12月16日• 『』 2013年12月19日 関東連合元リーダーに懲役11年=六本木クラブ暴行死 - 東京地裁 時事通信 2013年12月19日• 『』 2013年12月26日• 『』 2014年7月13日• 日本経済新聞 2016年6月17日. 2016年6月17日閲覧。 26 2012年6月14日• 『』 2012年1月31日• 『』 2012年3月31日 ・• 190 2014年• 『』 2012年9月8日• 167 2013年 工藤明男• 168 2013年 工藤明男• 『』 2012年9月19日• www. tsr-net. 2019年5月10日閲覧。 165 2013年 工藤明男.

次の

上原美優と関東連合?他殺?古山義邦?島田紳助?村西とおる?藤井リナ?板野友美?マネージャー渡辺雅也画像?枕?

関東連合 上原

プラチナムプロダクションはどんな芸能事務所なの? 芸能事務所「プラチナムプロダクション」は、 2000 年に関東連合元リーダーの川名毅によって立ち上げられました。 立ち上げ当初はアダルト女優向けプロダクションだったのですが、現在は菜々緒さんや中村アンさん、若槻千夏、小倉優子さんら有名芸能人が所属する芸能プロダクションとなっています。 ちなみに、タピオカ騒動や離婚騒動で世間を騒がせたあの木下優樹菜さんもプラチナムプロダクション所属です。 現在の代表取締役は瀧澤勉という方ですが、今でも設立者である川名毅の影響力は強く、 プラチナムプロダクションは関東連合と深い繋がりがあると言われています。 半グレ集団「関東連合」と関わりがあるらしい 関東連合とは、 1973年に結成された世田谷区と杉並区の複数の暴走族が合体した 半グレ集団です。 2003年には解散したそうなのですが、関東連合解散後も元メンバーの OBたちが結束し、六本木周辺などで様々な事件を起こしています。 関東連合は 2003年に解散したということになっていますが、 解散後に事件を起こしている OBたちが関東連合と呼ばれているようです。 そんな半グレ集団に所属していた川名毅さんが立ち上げたプラチナムプロダクションには 黒い噂があり、それらの噂は関東連合と深い関係にあると言われています。 プラチナムプロダクションがヤバイとの噂まとめ! 所属タレントが自殺したり、事務所主導の枕営業を暴露するなど、プラチナムプロダクションでは過去に数々の事件が起きています。 そして それらの事件は全て関東連合と関わっていると言われています。 貧乏アイドルとして活躍していた最中の自殺ということで、当時はかなり話題になりましたよね。 上原美優さんの 当時のマネージャーである渡辺雅也さんは、関東連合の元メンバーでした。 また、上原美優さんは関東連合元リーダーの石元太一さん関係を持っていたそうです。 このことから、 上原美優さんの死には所属事務所であるプラチナムプロダクションと関東連合が深く関わっているのではないかと噂されていました。 亡くなる前、上原美優さんは塞ぎ込みがちだったようです。 その理由として、 プ ラチナムプロダクションに関東連合の枕として利用されていたからだと噂されています。 上原美優さんは関東連合の元リーダーだった石元太一さんと交際しており、当時恋人だった石元太一さんに枕を強要されていたとの噂もあります。 また、他の芸能人が上原美優さんに対してのあたりが強かったとの声が上がっており、市川海老蔵さんと関東連合の暴力事件が起こった後、 「関東連合と関わりのある上原美優の周辺は危ないから近づくな」という噂が芸能界で流れていたようです。 これらのことから、上原美優さんは関東連合の枕として利用されることに絶えられず、精神的に病んでしまい自殺してしまったと推測できます。 その暴露内容はというと、「プロダクションからプロデューサーに会って来いと、仕事と引き換えに仕事を取りに行かされ枕営業でボロボロになって芸能界を引退していった子を知っている」というものです。 手島優さんは 「うちの事務所は絶対ない」とプラチナムプロダクションが枕営業をしていることを否定していましたが、曖昧な表現を多用していたため手島優さんも枕営業をしているのではないかと言われていました。 また、ある番組では「枕営業したくてしょうがない」と発言をしており、マネージャーも止めていないことから、 やはりプラチナムプロダクションは枕営業を推奨している事務所であると考えられます。 「ファン喰いをしていた」との発言もしているため、手島優さん自身は否定していても、枕営業をしていた可能性はかなり高いと思います。 また、プラチナムプロダクションに所属していたタレントのこのようなツイートも見つけました。 槙田紗子さん本人が投稿したのか、本人を装ったなりきりが投稿したかは不明ですが、このようなツイートが投稿されるということは、やはり プラチナムプロダクションは枕営業を推奨している事務所だと推測できます。 このタピオカ騒動を所属事務所であるプラチナムプロダクションがもみ消そうとしていたのでは?と話題になっています。 10月上旬に恫喝まがいの DMを送っていたことが発覚し、ネット上ではかなり炎上していたのですが、 木下優樹菜さんは活動休止発表までの約 1ヶ月間、テレビやイベントに出演するなど、普通に仕事を続けていました。 その間、木下優樹菜さんの恫喝 DMをテレビやスポーツ紙で報道されることはほとんどありませんでした。 これに関して、 プラチナムプロダクションの圧力がテレビ局やスポーツ紙にかかっていたのではないかと言われています。 また、木下優樹菜さんが送った DMに 「これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」と書かれていたことから、このタピオカ騒動には事務所も大きく関わっており、もみ消そうとしていたことが推測できます。 川名毅はここのクラブでモデルやタレント、俳優やスポーツ選手を集め、広告代理店などの企業の有力者を接待していたそうです。 また、芸能人たちには薬物を流していたとの噂もあります。 クラブには多くのジャニーズタレントが出入りをしていたらしく、 嵐の大野智さん麻薬でラリってる姿が報じられた時は衝撃でしたよね。 この写真はクラブで大麻を吸っていた時に撮られた写真だと言われています。 そして、 川名毅へ薬物を提供していた方がプラチナムプロダクション所属の俳優、金子賢さんだと言われています。 金子賢さんは性接待の代表格であった元恋人の広末涼子さんをクスリ漬けにしたとの噂もあります。 このように、川名毅は プラチナムプロダクション所属の俳優から薬物を受け取り、自身がオーナーを務めるクラブで多くの芸能人に薬物を提供していたようです。 マッシムプロダクションや正道会館会長の石井和義さんを介して周防郁雄社長と出会った川名毅は、周防郁雄さんの付き人を務めるようになったようです。 当時、川名毅は周防郁雄社長に土下座をして付き人をさせてもらうことを頼んだようです。 以降、関東連合が周防郁雄社長のボディガードを務めていたと言われています。 川名毅は芸能界のドンである周防郁雄社長の付き人をする中で、芸能界の裏事情について深く学びました。 そしてその結果、薬を流すような芸能人御用達クラブを経営し、 芸能人を金、酒、女、薬を使い骨抜きにしていきました … 【結論】プラチナムプロダクションはヤバイ事務所! の所属事務所 についても少し — 32番目 SuOZ23E8MLE8JoD 今回はプラチナムプロダクションに関する黒い噂についてまとめてみました。 記事の内容をざっとまとめると、• プラチナムプロダクションの設立者は 関東連合の元リーダー• 現在も関東連合と深い繋がりがある• 貧乏アイドル上原美優の自殺は事務所、関東連合が関与• 所属タレントの手島優が枕営業を暴露• 木下優樹菜の恫喝まがいDMを事務所総出でもみ消し• 設立者である川名毅は芸能人に薬を流していた• 芸能界のドンである周防郁雄社長とも繋がりがある となりました! 薬物の密売人であったとの噂があり、逮捕歴もある人物が設立者であるプラチナムプロダクションは、社長は変わったとしても社員は変わっていないので、 現在も関東連合と繋がりがあると言えるでしょう。 また、最近で言ったら木下優樹菜さんのタピオカ騒動もみ消しや、枕営業暴露など、プラチナムプロダクションは かなりヤバイ芸能事務所だと思います。

次の

上原多香子は男好きで旦那は関東連合だった?キス写真流出で終了か?

関東連合 上原

上原美優プロフィール 出典; 名前:上原美優 生年月日:1987年5月2日 身長:152センチ 職業:グラビア・タレント 事務所:プラチナムプロダクション 10人兄弟の末っ子として産まれ、貧乏アイドルとして大活躍しました!! 上原さんの、幼少期はかなり過酷なものでした。 この生活は、過酷すぎですよね。 でも、凄く立派な方だったようで、家族を楽にさせてあげたいと芸能界デビューをしました。 しかし、彼女を待ち受けていた芸能界の実態は、甘いものではありませんでした。 少なすぎる給料 出典; グラビアでも活躍、レギュラー番組も多くもっていた上原さん。 しかし、上原さんの給料は働いても働いても上がる事はなかったそうです。 噂では 15万程しかなかったそうです。 レギュラー番組も抱えてて15万はかなり少なすぎますよね。 これでは、仕送りもできないと悩んでいたそうで… 辞めたいと言っても「今まで、投資した金を返せ」と、脅されたらしく辞める事もできなかったそうです。 なんと、上原さんの事務所プラチナムは、暴力団の 関東連合との関わりが深かったのです。 これだと、何も強く言えなかったのかもしれませんね… 上原さんのマネージャーも関東連合の方だだったそうです。 しかし、上原さん強面の方がタイプだったそうで。 お付き合いしてた方は、かなり恐ろしい方でした。 スポンサーリンク 元関東連合リーダーが彼氏! 出典; おおっ。 かなり強面。 怖すぎます… 上原さんは、元関東連合リーダーの石元太一さんに、相当惚れこんでいたそうで… 石元太一さんといえば、 『海老蔵事件』= 海老蔵さんは、飲食店で石元さんに絡み酒をし、石元さんが連れていた伊藤リオンから、暴行を受け、大けがを負った。 出典; 『六本木クラブ襲撃事件』= 六本木クラブで客として、訪れていた藤本亮介さんが関東連合のメンバーらによって人違いで撲滅された。 石元被告は、実行には関わっていなかったものの、報復のために自らの影響力で後輩を操り、事件発生に最も影響を与えた人物であるとして懲役22年が求刑されています。 出典; そして、芸能界では 『上原の周りには危ない人が多いからあまり親しくならない方がいいよ』 と、言われていたそうで、上原さんは避けられ芸能界ではなかなか友達ができなかったそうです。 トラブルを、多く起こした石元さんとは別れましたが大好きな人を失い相当落ち込んでいたそうです。 しかし、大物芸人は上原さんに目をつけました! 伸助が原因で自殺!? 出典; 「周囲は警戒して近づいてこないのに、伸助は接近してくる。 二人が親しい仲に発展していったことは、テレビ界では有名でした テレビ関係者 」 島田紳助さんは、暴力団とも関係があり、お気に入りの共演者に手を出す事で有名だったそうです。 これが、実際に起こっていたなら上原さんは相当芸能界の闇によって苦しんでいたんですね。 まとめ 全て、噂にすぎないのでほんとの事は本人に分かりませんが… 原因の1つには、関東連合の関わり、島田紳助さんの事があったのかもしれませんね。 上原さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 スポンサーリンク.

次の