スプラ2 ガチマッチ スケジュール。 スプラ2、『みんなのウデマエ分布』が明らかに!

【スプラトゥーン2】「スケジュール情報」(変更される時間・ステージ選ばれ方)まとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

スプラ2 ガチマッチ スケジュール

「ガチアサリ」について、非常にわかりやすく紹介していますね。 当ブログでも簡単に解説させていただきます。 アサリを集める まずは、ステージ上に散らばっている、金の「アサリ」を集めます。 触れることで拾うことができます。 「アサリ」は、自分の色に塗ってある地面の上では、画像のように目印が付きます。 目印は壁越しでも見えますし、マップでも確認できます。 集めたアサリは、自分の後ろを連なるようについてきます。 持っているアサリの数は、頭に書いてある数字のとおりです。 この状態で倒されると、集めていたアサリはその場にばらまかれます。 横取りされてしまいますよ。 ただし、9個持っていたとしても、その場に9個がばらまかれるわけではないようです。 未検証ですが、所持していたアサリの半分くらいがばらまかれているかと。 アサリは10個まで集めることができます。 10個集めると、アサリは「ガチアサリ」へと変化します。 ガチアサリをゴールへ投げ込む ラグビーボールのような、大きなアサリ。 これが 「ガチアサリ」です。 ガチアサリを持つと、普通のアサリは拾えなくなります。 この状態で倒されるとガチアサリを落としますが、相手はガチアサリは拾うことができません。 仲間のガチアサリは拾えます。 落ちたガチアサリは、一定時間経つと消えます。 左にあるのは、相手ゴール。 通常、ゴールにはバリア(アサリバリア)が張られていて、普通のアサリは入れられません。 これにガチアサリを投げ込むことで、バリアを壊し、得点になります。 ガチアサリ以外の方法で壊すことはできません。 バリアを壊すと、一定時間ゴールがむき出しになります。 これが、 チャンスタイム。 この状態だと、普通のアサリも投げ込むことができます。 このチャンスタイムは、アサリを投げる込むことで延長します。 このチャンスタイム中は、もう片方のゴールには入れられなくなります。 普通の「アサリ」も、「ガチアサリ」も、投げるのは「Aボタン(Lボタンでも可)」です。 「Aボタン」を押している状態で狙いをつけ、離すことで投げます。 こうしてアサリを投げ込み、得点を重ね、100あるカウントをゼロにしたら勝利です。 制限時間切れの場合、よりカウントを減らした方が勝利になります。 ちなみに、アサリ1個が3カウントです。 ガチアサリでバリアを割った時は、20カウント減りました。 ガチアサリ自体が、20カウント分かな? ガチアサリ 注意点 一部のスペシャル 一部の「スペシャル」は、使用すると持っている アサリをばらまいてしまいます。 「スペシャル」を使用した人のアサリが、ばらまかれるのです。 いまのところ「スーパーチャクチ」と「イカスフィア」で、このばらまきを確認しました。 「イカスフィア」の場合、移動中アサリを拾うこともできません。 イカセンプク インクに潜ると、アサリも隠れるんですね。 デカいアサリは隠れないようですが。 — ゲーマー夫婦 みなとも gamelovebirds 通常のアサリは、インクに潜れば一緒に隠れてくれます。 ですが、ガチアサリは隠れません。 丸見えです。 遠くからでも丸見えのガチアサリ ガチアサリが完成している場合、遠くからでもその所在が確認できます。 上の画像で言うと、中央左側にある2つのシンボルが、敵の持つガチアサリ。 スーパージャンプ アサリを持った状態で、味方やビーコンの場所にスーパージャンプ。 可能です。 アサリを持った状態で、スタート地点にスーパージャンプ。 可能ですが、 アサリは失います。 ちょっとしたテクニック パス アサリは、バリアがある状態のゴールには投げ込めません。 アサリを複数持った仲間がゴールの周りに集まっても、得点に結びつかないです。 そんな時は、 「パス」。 仲間に向かって、アサリを「Aボタン」で投げ渡します。 そうしてアサリが10個になれば「ガチアサリ」となり、バリアを割ることができます。 掛け声を活用する ガチアサリでバリアを割る時は、 「カモン」をして仲間を集めると良いです。 投げる前に倒されてもフォローできますし、少ないチャンスタイムでできるだけ得点を稼ぐことにも繋がります。 敵のゴール近くで、アサリ9個の仲間が「カモン」をした場合、それは「1つください」という意味かもしれません。 所持しているアサリをパスしましょう。 「やられた」も、このルールでは光ります。 倒されると持っているアサリをばらまくので、仲間に回収してもらいやすくなります。 仲間がガチアサリを投げ込むのを成功した時や、敵のゴールを阻止した時は「ナイス」をすると良いでしょう。 チームのモチベーションや一体感が高まります。 ゴールの場所を把握する ガチアサリを作ると、ゴールの場所が表示されます。 上の画像で言うと、中央右上の赤いアイコンが、ゴールの場所です。 ですが、「ガチアサリができてからゴールの場所を確認して、向う」では遅すぎます。 ガチアサリを所持しているのはバレバレなので、すぐに狙われてしまいます。 ステージによってゴールの場所は違うので、 まずは「さんぽ」でゴールの位置やステージの作りを把握しましょう。 また、 アサリ投げは意外と飛びません。 飛距離を確認する上でも、「さんぽ」は有用です。 ゴールを守る 敵がガチアサリを所持すれば、画面に表示されるのですぐに分かります。 そのアイコンが味方のゴールへ向かっていたら、ピンチ。 すぐに駆け付け、死守しましょう。 ゴールを決めるには狙いをつける必要があるので、攻撃やサブを織り交ぜて防衛すれば、プレッシャーで投げ損ねる確率が高くなります。 落ちたガチアサリも、別の敵に拾われる危険があるので、消えるまで守りましょう。 もちろん、ゴールが決められた後のチャンスタイムも、非常に危険な時間です。 攻めてる場合ではないので、ゴールを守りましょう。 幸い、敵も投げ込むのに夢中になっていることが多いので、倒しやすいです。 ちょい投げセンプク 先ほども述べたように、ガチアサリを持つと、位置がバレバレになってしまいます。 インクの中に潜り込んでいてもバレてしまうので、ガチアサリを持ったまま長距離を移動するのは危険です。 ゴールまで距離がある場合、無理にガチアサリにせず、 アサリを9個までで留めておくと良いかと。 もし10個目が進行ルートにある場合、思い切って所持しているアサリを「Aボタン」でちょい投げし、数を調整するのも有効です。 捨てたアサリは一定時間で消えてしまうので、仲間に拾ってもらうのがベストですが・・・。 反撃のガチアサリ 味方のゴールのバリアが割られ、チャンスタイムが終了した時、 反撃用のガチアサリがゴール付近に用意されます。 味方の誰かが拾うまで、消えません。 2個にもなりません。 これを持って反撃したいところですが・・・、当然相手ゴールまで運ぶのはバレバレ。 これは1人で運ぼうとせず、仲間と連携して運びましょう。 ここに限らず、上手く仲間と連携できれば、勝率は跳ね上がります。 まとめ イカがでしたか? 当ブログなりに新ルールを解説してみましたが、上手く伝わったでしょうか? 散らばった物を集めて納める点、「掛け声」が他ルールよりも重要な点、などなど。 体感としては、 「サーモンラン」に少し似ている気がしました。 この「ガチアサリ」は、これまでのルールより、さらに連携が重要になっていると思います。 特に、仲間の持っているアサリの数には気を配り、攻めるタイミングを計りましょう。 ガチマッチは得意ではないので、他の上級プレイヤーのような攻略法を発見できていませんが、ちょっと役立ちそうなテクニックも書いてみました。 「どのブキ、どのギアが良い」とか、延長のルールや、カウントがプラスされる法則もよくわからないので、申し訳ないですが。 うーん、移動力がある方が強いかも・・・。 そうそう、今回の「ガチアサリ」で初めて、「C-」から「B-」へ飛び級しました。 俺はキル数など全くもって低いのですが、この判定基準は何なのでしょうね? そんなにゴールを決めた方でもないのですが。

次の

スプラ2のラストスパートはガチマッチで強いか?武器との相性も考察

スプラ2 ガチマッチ スケジュール

スプラトゥーン2をやるなら必須ともいえるアプリ! 任天堂公式のスマホ向けアプリで、Nintendo Switchとの連携ができるサービスがあります。 『スプラトゥーン2』専用のサービス「 イカリング2」で、バトルの結果を確認するほか、ゲーム内で装備できる「ギア」の注文などバトルに役立つ機能を利用できます。 「 Onlineラウンジ」を使えば、フレンドと気軽にオンライン対戦したり、通話を楽しんだりできます。 イカリング2はアカウント連携することで、自分のランクやガチマッチでのウデマエ、塗った面積やブキ・ギアなどの情報を確認できます。 塗りポイントチャレンジ 塗った面積に応じて、塗りポイントが現実の建物などで換算されごほうびの壁紙がもらえます。 ブキやステージごとの塗りポイントや勝率なども分かるようになっています。 どのステージのどのルールが得意なのか苦手なのかがデータで分析できるのでありがたいです。 直近50戦のバトルの結果はさらに細かく確認できます。 勝率9割とかいったら、SNSにシェアしたいですね。 このアプリが必須と言った最大の理由はこれ! アネモのネットショップ「 ゲソタウン」です。 ゲソタウンでは、バトルで装備する「ギア」を注文することができます。 なんと!ゲソタウンで売られている商品は、 通常とメインのギアパワーが異なるギアになっています。 見た目は気にいっているけど使い道がなかったギアも、ゲソタウンで注文してギアパワーを変えてしまえば実戦でも使える子に! ゲソタウンを活用すれば、使いたいギアパワーと見た目のオシャレさを両立することができます。 しかも、ごく稀にメインイカ速度アップのブランド「クラーゲス」(イカ速度アップがつきやすい)みたいなギアが売られていることもあります!ガチ勢も必見ですね。 Splatoon2のための ウィジェットアプリケーション「 ikaWidget2」 インストールしてウィジェットを設定すると、下のスクリーンショットのようにステージやルールのスケジュール情報や、ゲソタウンの品ぞろえ情報、バトルのリザルトも見ることができます。 ウィジェットなので、画面をスワイプするだけですぐに確認できます。 ナワバリバトル、ガチマッチ、リーグマッチそれぞれのステージやルール(ガチエリア・ガチホコ・ガチヤグラ)の予定が確認できるので、それに合わせてゲームを起動することができます。 サーモンランの時間が表示されるのもうれしいですね。 ゲソタウンの注文もいちいち確認のためにアプリを開く必要がなくなるので、とても便利です。 バトルのリザルトも、キル数、デス数、スペシャル回数のほか、さまざまなデータが表示されます。 何時間後まで表示するかなどは、アプリ内の設定から変更できます。 リザルト表示機能は、アカウント連携が必要となっています。 アプリを起動すれば、最近のバトル結果も見ることができます。 ウィジェット機能が最強なので、ぜひインストールを。 ステージの場所を表す名称がわからなくて困った経験ありませんか? 通話にて「右3段にスシ!」自分「3段ってどこ??」 こんなことにならないように活用したいのが、報告共有アプリ「 めがほん」です! ステージを選んで 名前を書き込むことができます! アップデートのたびに、文字色変更やズーム機能などが追加されてさらに使いやすくなっています。 これをチームで共有しておけば、もう報告で迷うこともありませんね。 4のアップデート内容は以下となります。 ブキリストでは、それぞれのブキの射程・攻撃力・連射力がグラフで表されていて、どんなブキなのかが直感でわかるようになっています。 サブのギアパワーも自分の持っているギアに合わせて登録することができます。 さらにギアパワーリストやブランドリストもあり、すぐに確認することができます。 特にどのブランドに何のギアパワーがつきやすいかって覚えられないんですよね。。 これを見るだけでいいので助かってます。 マイギアリストで普段使っているギアを登録しておけます。 お気に入りのギアの組み合わせをどこのステージで使うとかのメモもできますね。 ikatoolwidge2 ウィジェット機能はこんな感じです。 可愛くて見やすいウィジェットになっています。 ひとつのアプリでいろいろまとめたい人におすすめ!.

次の

ガチアサリ ルール内容解説・攻略のコツ【スプラトゥーン2】

スプラ2 ガチマッチ スケジュール

スポンサードリンク ラストスパートの効果は? ラストスパートの効果説明は 「対戦終了の30カウント前から、インク効率とインク回復速度がかなりアップします」とある。 この言葉通り、インク効率アップ(メイン)、インク効率アップ(サブ)、インク回復力アップがそれぞれ メインギア2個とサブギア4個分の効果になる。 また、説明文には書かれていないが、 復活時間短縮の効果も発動する。 体感的には無限に打てるんじゃないかというくらい、インク効率が上昇する。 冒頭でも紹介したように、特にナワバリバトルでは最後の30秒でひっくり返ることも多いので、付けておくと役立つ場面が意外と多い。 そして、説明文中の 「30カウント前」という言葉。 これは「30秒前」というだけではない。 ガチマッチの延長戦に突入してからも効果が継続するほか、実は ガチマッチで相手に残りカウント30まで進められた時も効果を発揮する。 つまりガチマッチ5分間のうち仮に最初の1分で30カウントまで進められたとしたら、残り4分間は常にラストスパートの効果が発動していることになる。 スプラトゥーン2は攻めている時より反撃(打開)する時の方が難しくなる。 そういった意味で 30カウントまで進められた時からの強力な反撃カードになるのは心強い…かもしれない。 こう考えると、やはり効率はやや悪いように感じる。 では、相手に残り30カウントまで進められる(=70カウント進められる)ことを想定して装備するべきか? 私のイカリング2の記録をもとに調べてみた。 すると、 50戦中、18銭でカウント70まで相手に押し込まれているバトルがあった。 (18戦中15戦で負けていた。 敗戦率83%) ここで私がラストスパートを装備してバトルを繰り返し、70カウント以降の敗戦率を再度自己検証してみた。 …とこうなればめでたし、めでたしなのだが、まだ この話には続きがある。 スポンサードリンク ラストスパートを発動していない時の立ち回りはやはり少し苦しくなる 上記でもご紹介したように、70カウントまで押し込まれた時の敗戦率は減少したが、代わりに 70カウントまで押し込まれるバトルが増えてしまった。 が、プレイしている感覚的にもやはり ラストスパートでメインギアを1つ潰しているのは、少しもったいないなと感じる場面が多かった。 また、当たり前の話だが、残り時間3分くらいで30カウントに押し込まれることもあれば、残り時間40秒くらいで30カウントまで押し込まれる時もある。 そうそう簡単に30カウントまで押し込まれることはなかなかないというのも、実際にプレイしてみて改めて感じた。 結論的に言うと、ラストスパートを装備することの恩恵は トータル的に見るとあまりないのではないかと感じた。 ただし、 ラストスパートを装備していなくてもガチマッチでカウント70まで押し込まれてしまうバトルが多いようであれば、装備する価値はあるのではないだろうか? この辺りは 自分のプレイスタイルや負けパターンを確認しながら装備するか考えるのがよさそうだ。 ラストスパートと相性のいい装備は? ラストスパートはインク効率が上がるので、 プライムシューターのようなインク効率が悪い武器に装備したりすると効果的。 だが、メインウェポンだけではなく、サブウェポンにも注目しながらラストスパートを装備するといい。 特に クイックボム、カーリングボム、ロボットボムの3つのサブウェポンは連投(あるいは多投)することにより、撃ち合いで有利になれることも多い。 それぞれに必要なインク効率アップ(サブ)の必要数は以下の通り。 クイックボムは3連投するためにギア3. 2個か2. カーリングボムは2連投するためにギア3. 2個か2. ロボットボムは2連投するためにギア3. ラストスパートでギア 2. 4個分になるので、 クイックボムであればサブギア2個以上、カーリングボムであればサブギア1個以上、ロボットボムであればメインギア1個とサブギア2個で連投できるようになる。 最後の30カウントで塗りもキルも狙いたいときは、この辺りを意識しながら他のギア構成を考えてみても面白い。 ラストスパートは強いか?まとめ ラストスパートは主にインク効率系のギアが2. 4個分つく。 かなり塗れるようになるので、ナワバリバトルでは最後の押し返しで役立つ場面も多い。 ガチマッチではラスト30秒だけでなく相手に残りカウント30まで進めれた時も効果を発揮する。 実際、 相手に70カウントまで進められた所からの反撃はしやすくなる。 ただし、発動していない時には何も装備していないのと同じなので、それ以外の立ち回りが少し苦しくなる。 私自身で検証した限りでは、劇的に勝率が改善することはなかった。 自分のバトルを見返してみて、70カウント進められているバトルが多いのであれば、恩恵も多いかもしれない。 ラストスパートと相性のいい武器は プライムシューターなどのインク効率の悪い武器の他、 サブウェポンを見ながら装備するのも効果的。 特にクイックボム、カーリングボム、ロボットボムの3つはインク効率アップ(サブ)をいくつか積んでおくことで、ラストスパート発動時には連投しやすくなる。 塗りだけでなく、 キルも取りやすくなるだろう。 食わず嫌いの人も多いかもしれないが、ぜひ一度入れてみてはいかがだろうか?.

次の