あながち 間違っ て ない。 【あながち】の例文集・使い方辞典

「諦めたらそこで試合終了だよ」は、あながち間違ってはいない|柊|note

あながち 間違っ て ない

小学生の時に『バカって言うやつがバーカ。 』って言ってたりしますが、あながち間違ってないかも。 2人以上で働く場合は大抵リーダーが存在してて、リーダーはチームを勝たせなくちゃいけない。 リーダーは部下がミスをした時に『バカヤロー』って怒るんじゃなくて、謝るのはリーダー。 ミスが起きてしまう原因は、ミスが起こる設計になってるから。 なのでリーダーは『ごめんなさい。 ミスが起こらないような仕組みに組み直しますね。 』 「故意じゃないからしょうがないよね』とか『ドンマイ!』はもっと酷い。 ある程度の経験値を積めばミスは減るけど、経験値に頼るので新人は同じミスをしちゃう。 リーダーはチームを勝たせないと。 勝つための仕組みをつくらないと。 リーダーはチームを勝たせないといけないので その仕事が1苦手そうな人を想像しながらミスが起こらないように設計しながら徐々に仕組みの難易度を上げていく。 パッションだけでは勝てないのよ。 うちの仕組みで独立する人間はみんな幸せになって欲しいので、数字が苦手な人でも自然と数字が分かるようになるように仕組みを設計中。 これも独立できるスキルと知識のひとつ。 武蔵小野田に行ったら『ナオ』がいた。 可愛い顔してくれって言ったらこの顔。 『この前髪型を坊主にしてからモテないんすよー!って言ってた。。 』もはや何も言うまい。

次の

【あながち】の例文集・使い方辞典

あながち 間違っ て ない

庭の半夏生が咲き始めました。 咲いている花は、穂のようなところ、これが花です、目立ちにくいので、代わりに葉っぱが白くなって目立っています。 葉っぱが半分白塗りをしているので、半化粧でと言っても、あながち間違ってないように見えます。 そう遠くない日に半夏生は、半化粧にとってかわられる日が来るような気がします。 その方が一見分かりやすいからです。 今年2018年は7月1日で来年も同じです。 雑草が生えていたところが、白くなってくると何かな?と目を引きます。 私は、数年前に、園芸日記で尋ねました。 タコを食べる習慣があります。 昔は梅雨時が田植え時期の重労働でしたので、ごち同を食べて、疲れをとって、英気を養ったのでしょう。 タコの姿は、イネががっちり根を張る姿を思い起こさせます。 北陸地方では、半夏生にはサバを食べますが、その影響で、国道8号線つながりで、彦根にも焼きサバをもって、田植え見舞いに行く習慣がありました。 この冬、大雪に見舞われて国道8号線が大渋滞したとき、渋滞はこの道の先で起こっていると思いながらも、すいすいと走っていました。 フランクフルトの様な串刺し藁焼きのサバです。 ケチャップではなく、ポン酢です。

次の

『バカって言うやつがバカ』は、あながち間違ってない話

あながち 間違っ て ない

センター試験も終わり、看護業界のなかで話題になるのは国家試験。 Twitterランドでは色んな勉強方や考え方もろもろが飛び交い、惑わされる看護学生も多いことだろう。 国家試験をクリアした人達に「全然勉強しなかった!」という人が多いのは多分見栄っ張りが多いからだと勝手に思っている。 あくまで他人に惑わされることなかれ。 勉強したい人はすればいいし、したくない人はしなければいい。 勉強しても落ちる人はいるし、勉強しなくても受かる人はいる。 受験とは総じてそういうものだ。 今日は何を書こうかと言うと、国家試験の時期が来るたび思い出すとある先生のことだ。 この人のおかげで国家試験をクリアしたと言っても過言ではない。 といっても看護師国家試験ではなく保健師国家試験なのだが。 大学に通っていた自分。 大学の方針で看護師国家試験だけでなく、同時に保健師国家試験も受験を義務付けられていた。 なぜなら、保健師国家試験をパスしても看護師国家試験をクリアできないと保健師資格をもらえないからである。 つまり、看護師国家試験のクリアは絶対条件。 となれば、今後働くかも分からない保健師の勉強なんて後回し以下になるのは自然の摂理だろう。 とはいえ、せっかく国家試験を受ける機会があるのだこらどうせなら受かっておきたい。 大学四年生の柊少年は参考書を買った。 受験する年の1月に この時点ではるかに手遅れ感があるのは突っ込まないでほしい そして、参考書を開き5分くらい取り組んで分かったことがあった。 「保健師は諦めよう。。。 」 難しい専門用語のオンパレード過ぎて頭の悪い自分にはもう無理であることを理解するので手一杯であった。 1度だけ開いた参考書は来年受けるであろう後輩にあげた。 看護師の勉強一本に切り替えて集中して勉強を続けていった。 とにかく過去問を解く。 その選択肢について理解を深める。 これの反復である。 そして、いよいよ国家試験前日。 日程は保健師国家試験の翌日1日の休みを挟んで看護師国家試験であった。 日々の追い込みによって看護師国家試験はまあまあいけるのではないか、という自信がついてきていたが、もちろん保健師はこの時点で諦めていた。 大学の図書館から帰ろうとする時、たまたまとある先生に出くわした。 「あ、柊くん。 今学生に予想問題集を渡そうと学校の中うろうろしてたんだけどやっぱり前日じゃ遅かったよね。 間に合わなかった〜」 地方あるあるだが、国家試験の会場が他県になるため準備がしっかりしている学生は前日から現地入りしていた。 なので、大学にいた受験生はほとんどいなかったようだ。 「これ、私が作った保健師国家試験の予想問題集。 よかったら最後の確認に使ってみて」 先生に手渡されたA4サイズ4枚程度に渡された問題集。 色んな用語の要点などがわかりやすくまとめてあった。 その先生とは仲が良く実習でもお世話になっていたこともあり、諦めていた保健師国家試験だったが、その先生がわざわざ手作りしてくれた問題集だけはやろうと、前日から試験ギリギリまでそれを暗記するくらい確認して試験に臨んだ。 結果、なんと完全に諦めていた保健師国家試験を無事にクリアした。 その先生が作った予想問題集が怖いくらいに当たっており、めちゃくちゃ得点に貢献したのだった。 え、先生もしかして事前に試験問題見て作った?レベルの的中率で進研ゼミ状態が止まらなかった。 あれをやるだけであの年の保健師国家試験は合格できたに違いない。 合格してから大学に挨拶に行き、もちろん例の先生にお礼を言うと衝撃の事実が発覚する 「結局、あの問題集は柊くんにしかあげれなかったんだよね〜」 例年より難易度が高かった保健師国家試験。 同級生でも落ちた学生がまあまあいた。 先生がもう少し早く問題集をみんなに配っていたらと思うと悔やまれる。 今みたいにLINEとかあればみんなに配れたなーとか思う。 まあ長々何を言いたいのかと言うと、 勝負事は最後の最後まで何が起きるか分からないから鉛筆を置くまでは試験を投げない方がいいよ、ってこと。 もし、自分が試験会場に前日入りしてたらあの先生の予想問題集は手に入らなかったかもしれないし 問題集をもらってもめんどくさくてやらなかったかもしれない そうなっていたら国家資格の1つをドブに捨てることになっていた。 しかし、人生何が起きるか分からない やり残したことがあるなら最後の最後まで参考書みればいい。 最後に目にした用語が試験に出てその一点で合否が分かれることもあるかもしれない。 本当は看護師国家試験なんてなくして、3年ないし4年間頑張った学生はみんな看護師になってほしいと個人的には思っている。 国家試験をクリアしたやつが看護師として適正か?と言われたら違う気もするし。 病棟でふんぞりかえって仕事しないお局の資格を剥奪して看護師になりたいと思っている新卒の学生にあげた方がよっぽど患者のためになる。 こういうシステムも改編期に来ているのではないだろうか。 とりあえず、Twitterランドで見かける面白い看護学生達はみんな無事に看護師になることを祈っている。 インフルエンザとコロナウィルスに気をつけてほしい。 ではまた:-.

次の