315 系。 JR東海 国鉄時代の車両全廃へ 新型「315系電車」を在来線に導入 211系など置き換え

315系導入決定! どうなるのか?JR東海の在来線事情 続編

315 系

tags: , , , , , , 352両を新製します。 315系の外観イメージ(画像:JR東海)。 JR東海は2020年1月22日(水)、在来線に新型の通勤電車「315系」を導入すると発表しました。 2021年度から2025年度にかけて352両を新製し、名古屋、静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線などに順次投入します。 車両製作費、付帯工事費を含む設備投資額は約720億円です。 1987(昭和62)年のJR東海発足前後に導入された211系電車、213系電車、311系電車を置き換えます。 315系の外観は、JR東海のコーポレートカラーであるオレンジを配置。 前面は「直線を使用した幾何学的な形状」や「横長に連続した窓」が特徴です。 車内は、防犯カメラを1両につき5か所設置。 階段の位置や運行情報などを案内するフルカラー液晶ディスプレイは1両あたり6か所に導入します。 全車両に車いすスペースを設定するとともに、全編成に車いす対応トイレも設けます。 座席はロングシート(通路を向いた長い座席)です。 JR東海の在来線車両では初めて非常走行用蓄電装置を搭載し、停電時などは最寄り駅まで走行可能に。 地上とのデータ通信装置も搭載してメンテナンスに活用するほか、台車などの振動状態を常時監視する振動検知装置を導入し、異常の発生の抑制や迅速な検知を実現します。 国鉄時代に製造された211系電車8両が更新されると、JR東海の保有する鉄道車両すべてが、同社発足以降に新製された車両になります。 【了】.

次の

德系豪车今晚要悲剧!315官方点名宝马奔驰奥迪

315 系

【画像】中央線が大きく変わる? 313系と211系 2020-1-24 23時掲載開始 の前回記事から翌日、更に色々とネット情報の報道から判明しました。 【画像】交通新聞から まず、上記の記事で 「8両23編成、4両42編成」と詳細な内訳がありました。 8両編成の登場は、前記事でも予想しましたが、やはりのようです。 しかし、23編成と多いですね。 JR東海在来線では、編成最大は、383系の6両編成を最初に、313系6両と、6両編成でしたが、8両編成の登場は、JR民営化後初となります。 過去には、381系時代の9両もありましたが、それは除きます。 8両固定編成の登場が明確となり、JR東海としても、コスト減を徹底した感じとなってます。 をおさらいします。 組成や両数、そして、ラッシュ時は関西線や武豊線、午後以降で中央線など この逆も で差異がありますが、ざっと 都合22運用となります。 8両23編成がすべて神領配置の場合、22運用23編成予備1となり、既に、賄える計算となります。 まず、 「神領持ちの武豊線運用をどうするか」という点でしょう。 当方としては、そのままではないかとみられますが、運用は変わるものとみられます。 朝の中津川併合は、前2両南木曽・坂下、後8両中津川併合空車出区も含め 上述22運用で、13運用は10両運用となります。 残る11運用は、4両3両などで3編成併合した10両となります。 まずは、B401-B408編成、そして、武豊運用B500代3編成、上記2編成、8両固定化で余剰の2両B500代5編成、計18編成となります。 これらは、運用変更で対応出来る範囲と言えます。 次に 「関西線3両運用と、ホームライナーをどうするか」ですが、 上記8両23編成は神領配置のみとした場合、神領313系3両にも余剰となります。 184両の新製配置となるため、139両の211系置き換え対象以上、45両も増となります。 313系3両は、B100代、B150代、B200代16編成、48両となりますから、これらの車両の処遇面です。 関西線5両運用は、都合2運用存在しますが、下り3列車、上り4列車となり、意外にも朝ラッシュ時は上り1列車のみです。 しかも、5両共転換クロスシートです。 これを、 神領315系4両配置のロングシート化により、詰め込みで対応かという点です。 これらを、 315系4両5編成のロングシート化となれば、関西線の両数は2両か4両に統一となるメリットもあります。 これ以上5両編成の増も、輸送力増強としては大きいですが、ロングシート化で、乗客の詰め込みを優先でしょうか。 4両は42編成とありますので、静岡配置を32編成程度として想定しても、10編成前後は神領配置、これを、関西線名目でも投入ではないかとという点です。 ということで、神領車は 315系8両23編成 184 --中央線名古屋-中津川間のみ 315系4両10編成程度 40 --主に関西線、中央線で愛環が絡む運用 313系2両8編成 B400、16 --2,4,8両編成で、4,6,10両併合増結用 313系2両24編成 B500、48 --木曽・関西・武豊ワンマン基本に4,6,10両併合増結用 都合、 神領車は65編成288両 全体で13両増、 編成は9 3から65となり28編成減 で、最終的に、ではないだろうかとみられます。 そして、 「ホームライナー」ですが、夜間にB200代旧セントラルライナー車充当のライナーが存在します。 ここも注目点ですね。 名古屋圏は神領315系集中投入、313系は2両のみとなり、28編成減も併せて、スッキリしますね。 即ち 313系4両6編成 24 313系3両10編成 B100,B150、30 313系3両6編成 B200、18 22編成72両の313系は、 そのまま大垣転属ではないか、という点です。 311,213系廃止による形式統一ですと、メンテナンス面でもコスト減、効率化でしょうか。 神領B1-B6と、大垣313系Y,J運用を変更で対応でしょう。 このため、現在大垣に貸出のB6編成【左画像】は、返却をせずに、そのまま大垣所属の可能性があります。 次に、3両16編成ですが、既に大垣配置の2両Y編成と併せ、飯田線213系置き換え用が濃厚になりました。 特に、B151-B153編成は、現状でも飯田線運用です。 213系はワンマン車ではないため、そのまま3両編成も可能ですが、2両編成Y31-Y46編成も、6両固定のY101-Y117編成8両増結用として、ある程度は必要です。 213系は朝夕以降のみの運用が現状でも大半ですが、しかし飯田線3両編成も過剰です。 この当たりと、旧セントラルライナー車との処遇が気になりますね。 3両編成を4,2両と組替は費用が掛かりますが、しかし、3両編成の存在に注目です。 また現状大垣車で、浜松-豊橋間の運用が存在しますね。 合間の運用も存在しますが、4両8運用前後となります。 あり得るとしたら、この運用の持ち替えで、3両化や併合6両化でしょうか? これらは、大垣にロングシートがあり得ないというのが前提です。 対名鉄対抗面で、やはり転入車でも転換クロスシート、でしたらこうなりますかね、でしょうか。 これで、315系4両32編成程度は、静岡配置となりそうです。 313系2両で非ワンマンのW編成も、身延線で車掌乗務の2両が存在するようです。 少なくとも、中間 サンドイッチ に入る併合運用は、なくすかもしれません。 こちらも置き換え111両で先頭車が多いため、大幅な運用変更、分割併合の減少でしょうか。 東海道線熱海-豊橋間ですと、30運用以上はあるでしょうが、運用パターンはバラバラです。 ただ、その大半を東海道線での運行は確実でしょう。 この調整弁は静岡運用との持ち替えで変更でしょうか。 上記は当方の予想ですので、前後することがあります。

次の

【速報】JR東海、315系を2020年度中に開発開始…国鉄型を全て置き換えへ

315 系

新型「315系」イメージ JR東海は22日、新形式の在来線通勤型電車「315系」を新製すると発表しました。 導入の経緯 JR東海の保有する211系、213系、311系が近々更新期を迎えることから、最新技術を導入して安全性・安定性を向上させた新型「315系」を新製し、順次置き換えていきます。 これをもってJR東海から国鉄時代の車両がなくなります。 コーポレートカラーのオレンジを配色し、顔は直線を使用した幾何学的なフォルムに。 また横長に連続した前面表示窓を設けています。 車両性能 211系との比較 座席はロングシート 315系の最高速度は時速130km。 JR東海の在来線車両としては初めて非常走行用蓄電装置を搭載しており、停電時などに最寄り駅まで走行可能です。 ATS-PTや電力変換装置など、主要機器の2重系化等を実施することで信頼性を向上させています。 車両と地上との間のデータ通信装置、台車等の振動状態を常時監視する振動検知装置も導入し、メンテナンス性を向上させています(台車構造は次期特急車両HC85系と同じものになります)。 環境負荷を低減するため、モーターを駆動する電力変換装置にSiC素子を導入するなどの省エネルギー化を図り、室内灯及び前照灯にはLEDを採用。 車内防犯カメラは1両につき5台。 フルカラー液晶ディスプレイには階段の位置などの駅設備や運行情報を表示。 全車両に車いすスペース、全編成に車いす対応トイレを設置するなどバリアフリー設備も充実しています。 投入計画 2021年度から2025年度にかけて計352両を新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に中央本線、東海道本線、関西本線などに順次投入します。 設備投資額は約720億円となる見込みです(車両製作費、付帯工事費を含む)。 鉄道チャンネル編集部 画像:JR東海.

次の