ウァサゴ awake。 クエスト:ヴァラク雪山/ゼノブレイド攻略

【アイアンサーガ】ウァサゴAWAKE(覚醒)の評価とステータス

ウァサゴ awake

ユフィール手に入ったので一緒に使ってみました。 非常に相性が良く覚醒コンボは楽しい事この上ないのですが、高難易度で一度列攻撃や全体攻撃で防御面を崩されて、立て直しにユフィールの奥義を使ってしまうと、覚醒コンボの状態に持ち直すのが困難になり、火力不足でじり貧になりやすいです。 ユフィール抜きで立て直せるor崩れない防御布陣を組むか、諦めて単体で火力を出せるキャラを控えておくとよいと感じました…。 拘りのPt. で勝ちたいのならば話は別だけど、ただパイモンヴァサゴを対処したいだけならばオセがオススメ。 ME効果で足を速くして上からヴァサゴを潰せば相手の戦術も崩壊させれるし盾にも邪魔されないぞ。 PvP・短期決戦においてはパイモンとのゲージ加速コンボが猛威を振るう他、初手奥義による暗殺戦術の能率を上げる素早さ・1T目攻撃力UPのウェパルのMEが有用。 PvE・中長期戦を想定するならウァサゴのネックであるある低体力・火力不足をHPUP・点穴・徐々に攻撃力UPでフォローするベリアルのMEが相性が良いか。 厄介な取り巻きの速攻排除にウァサゴを起用するならウァレフォル(獣人)・パイモン(獣)ブネ(植物)・ビフロンス(精霊)の特効MEが有効。 ラッシュ以外だとウァプラ・ウァラク・ヴィネと言った前列~全体対象のゲージ加速能力を持つバーストメギドと組み合わせると、相互に利益を享受できる。 有用なオーブとしては素早さ調整に定番のシェルドレイク、火力強化としては各種特効系以外に単体ダメージUPのキラーレディなど。 HPUPのアナキス・フォレスターなども中長期戦では有用か。 リーダーに起用するするなら状態異常系の使用効果を持つオーブとの組み合わせも考えられる。 特にウヴァルは最初のガチャでの候補の一つな上中速で覚醒スキルが6連打なので雑魚散らしに最適。 普段はシェルドレイクレベル15で無バフウェパル ゲージ2中最速 を抜けますが、イベント補正は他のバフと加算になる説が正しい場合、普段以上のレベルが必要になることもあります。 とりあえず初見の相手にはこの3人連れてくぐらい1ターン目が安定する。 しかも盾役のためのスキルフォトンには1つも手を着けずに済む。 スキルは全部確率で攻撃力も特段高いというわけでもないから奥義撃ったあと大抵置き物化しちゃうのがちょっと残念だ。 わかる。 フラカン相手に大活躍でベレト育成が大分楽になった。 初期キャラなので嬉しい。 わかる。 ウァサゴさえいれば... 個人的に可能な限りメギドのレベルを均等にしたい派なんだけど、初手奥義がメギクエで使いやすすぎて気が付くと一人だけレベルが上がってる。 元ネタの綴りが「Vassago」だから他所だと「ヴァサゴ・ヴァサーゴ」とされていることも多いからかなあ。 わかる。 もぅマヂ無理。。。 戦闘始まったんだって。。。 今胸貫いた。。。 覚醒スキルは自分の手ごと貫いてるっぽいから元の手首切ったでも間違ってはいないという。 武器が人参みたくなってるけど、それ+谷間を露出なさってるせいで奥義が谷間に人参突っ込んでるようにみえますね…,関係ないけどうさぎって性欲旺盛なんですよ。 ハルマ復刻でもパイモンパで大活躍中。 以前のアプデで1ターンに付き1人に積めるフォトン数は15個までという制限が掛かったので、それなりに回せますが無限は不可能になりました。 あと一応、ムラムラではなくムルムルですね。 ありがとう!それでも回転率はすごいな。 育てます。 強い弱いとは別にコンボパーツとしての立ち位置もあるから欲しい。 星6の絵でケープを留める場所が上がった事で背中が露出してる事に気づいて、続いて奥義演出で短剣の先が見えた(気軽に胸突いてるどころか気軽に貫通させてたのか…)ことで背中露出してるのは短剣貫通するからか!と思ったけどそれなら胸元も露出してるはずだからすぐ違う事に気づく。 中サイズが2枠でも漆黒のロゴスを2個つければゼパルの素早さを1上回る694になる。 素材はかなり重いけどやる価値はかなりある。 暦王戦ウヴァルに連れて行ったらウァサゴ同士で奥義打ち合ってて笑ってしまった。 裏切り者のシェルドレイク先輩の上位互換が来たな。 あまり責めてやらないでくれ。 彼はメギドラルの海から落ちてきた同族を守らねばならなかったんだ。 1ターン目2巡目はどちらもすぐにの表記で問題ないと思います。 2巡目でも十分に速いのですぐですし、「どちらも1ターン目1巡目にウァサゴに続いて奥義を撃てる」と書いているわけではないので誤解する方もいないと思います。 うちの記念すべき100体目 リジェネ含む として来てくれました。 1年やってて本当に増えた増えた。 ニスロクいるから、かのMEによる覚醒1とウァサゴ奥義合わせればウェパルやゼパル暴れやすいな。 初心者の頃からメギクエをこのお方の初手奥義連発で攻略してきたせいで、BGMの化身舞踏が完全にウァサゴさんのテーマになっちゃった…。 今回のサバドでお迎えして、丁度覇王のエニグマがセール中だったのでエニグマ買っちゃったよ。 エニグマ2個必要だったのは想定外だったけど・・・ パイモン、ゼパル、アンドレアルフスのラッシュパ愛用してるので、実践投入が楽しみだ。 出奔して行くアテもないだろうしアジト常駐組だと思うんだけど驚くほど出てこない。 アジトの仕事をしてる様子も無い。 一体普段はどこで何をしているんだろう…。 やばかった。 引き直しで引いて以来ずっと一緒だったから、ようやくストーリーでも活躍してくれて本当に嬉しかった。 まずないことだがモンモンが本気で妻になってほしいと頼んだら驚いたあとに笑顔で答えてくれそう。 ウァサゴが入ると、周回PTの編成が大幅に変わるな。 初手奥義からのゲージ増加がここまで強いとは。

次の

【アイアンサーガ】ウァサゴAWAKEはアリーナでも通用する?パイロット乗せ換え可能のバグも発見され……【アイサガ】

ウァサゴ awake

25倍のダメージ。 25倍のダメージ。 パイモンなどのMEと組み合わせると、ウヴァルのような覚醒ゲージ2つのラッシュメギドが初ターンのフォトン1つ目で覚醒スキルや奥義を発動できてしまいます。 Point! 基本的にはサポートを主として使う場合が多いですが、ウァサゴ自身の火力も侮れません。 味方の奥義発動に繋げられる ウァサゴ自身の速さが高めで、「シェルドレイク」などのオーブを装備すれば多くのラッシュアタッカーよりも先に行動できる。 Point! ラッシュPTの鉄板となる動きです。 先制して相手を何人か倒すことができるので、クエスト周回でもPvPでも役立ちます。 手軽な呪い付与が便利! スキルで簡単に呪い付与 スキル「血の契約」により、敵単体に呪い状態を付与することができる。 チャージを積んだ敵を狙い撃つことで、覚醒ゲージが溜まるのを妨害することができる。 Point! 開幕で通常スキルは発動出来ない点には注意です。 呪いを掛けられるのは最速でも1ターン2順目以降になります。 即死技も実は強力 覚醒スキルが役に立つことも 基本的には奥義の発動が主な仕事となるが、フォトンが偏ったり、 どうしても先制して倒すべき敵がいる場合に即死効果の覚醒スキルが役に立つこともある。 「フラカン討伐」での活躍のほかに、コロシアムで覚えておきたい戦略の一つとなり得る。 マスエフェクトにも即死効果が マスエフェクト効果で、「10%の確率で、味方のラッシュファイターの攻撃に敵を即死させる効果を付与」するものがある。 確率は高くないが、列攻撃や追撃、フォトン追加などで攻撃回数を稼げるメギドを使えば積極的に即死効果を狙いにいける。 Point! クエストの敵は即死耐性を持っている場合が多いので、「即死」を狙うのは基本的にはコロシアムでの話となります。 また、「10%の確率で100%即死させる効果が発動する」ものなので、状態異常耐性があっても効果が発動することもあります。 ウァサゴを使ったパーティ編成例 パーティ編成例その1 開幕奥義発動で味方をサポート 覚醒ゲージを増加させて速攻 1ターン目でウァサゴにアタックフォトンを配分し、味方全体の覚醒ゲージを増加させよう。 奥義や覚醒スキルを速攻で発動できるパーティになるので、素早く火力を出すことが可能だ。 スキル運用のゼパルを大幅強化 アタッカーのゼパルを大幅強化をして、敵を撃破していこう。 オーブ役のナベリウスに「スキル強化」のオーブを装着し、さらにアスタロトで「固定追加ダメージ」を付与すると火力を出しやすい。 ゼパルより先制できるように「素早さUP」 ウァサゴの奥義がゼパルより先制できるように、オーブ「シェルドレイク」を装着しよう。 素早さUPのオーブを装着しないと ゼパルが初手で行動してから覚醒ゲージを増加することになる点に注意。 Point! スキルフォトンを多く消費するパーティになります。 オーブ「ミミック」を準備しておき、フォトン事故が起らないように対策を行いましょう! パーティ編成例その2 カウンターPTの覚醒ゲージ増加役 開幕奥義でどのようなクラスでも活躍 ウァサゴの奥義はラッシュだけではなく、どのようなクラスのメギドにも効果を得られる。 サポーターとして活躍可能で、 序盤から一気に攻めるパーティを作りたい場合に編成しよう。 アムドで覚醒ゲージを減らしておく アタッカーであるマルコシアスの奥義を序盤から発動させられるように、アムドゥスキアスをリーダーに採用して覚醒状態までのゲージを減らしておこう。 ウァサゴの奥義を併用すると、チャージフォトンが出現しなくても 1ターン目からマルコシアスが奥義を発動できるようになる。 盾役は用意しておきたい ウァサゴは HPがやや低めで集中攻撃をされると倒されてしまうので、盾役は用意しておきたい。 Point! 長期戦になればなるほど、ウァサゴが倒されてしまう可能性が高まります。 奥義や覚醒スキルが強力なアタッカーと組み合わせれば、 序盤から一気に大ダメージを与えることが可能なので相性が良いと言える。 Point! ウァサゴ自体の攻撃力はやや低めなため、奥義で与えられるダメージ量は少ないです。 アタッカーとして扱うのではなく、サブアタッカー兼サポーターとして活用しましょう! 相性の良いメギド例2 チャージ一つで覚醒できるように ゲージ3のメギドは、ウァサゴの奥義を発動することでチャージ一つで覚醒できるようになる。 2手で奥義や覚醒スキルを発動できるようになるため、使い勝手はかなり向上する。 ムルムルやアンドロマリウスなど、味方全体にフォトンを配る奥義も発動しやすくなるのが嬉しいところ。 相性の良いメギド例3 マスエフェクトと相性の良いブネ ウァサゴのマスエフェクト効果の「確率即死」と相性が良いのがブネ。 スキルでまとめて攻撃すれば、即死を発動できる可能性もグンと上がる。 Point! ウァサゴリーダーで使う場合は是非組み合わせて見てください! バフォメットPTの核となる コロシアムでは開幕で点穴を付与するバフォメットのMEとも非常に好相性。 素早さも上がるため先制できる可能性が非常に高く、もう一人のラッシュファイターと合わせて 速攻で厄介な敵を一人倒すことができる。 「ボーパルバニー」装備のフォラスやメフィスト、後列限定だがクロケルやブエルと組み合わせるのも面白い。 ウァサゴと相性の良いオーブ 相性の良いオーブ例1 素早さを上げて先制する ウァサゴは味方よりも先制して奥義を発動すると強いので、素早さUPできる特性を持つオーブと相性が良い。 「シェルドレイク」は技で味方に回数バリアを張ることもできるため、黒き淵の鋏手よりも優先的に装着したい。 Point! 本来の素早さが味方のアタッカーより低い場合は装備させておきたいオーブです。 ゼパルと組み合わせる時はなるべく装着して、先制行動できるようにするのがオススメです! 相性の良いオーブ例2 フォトン追加のサポートを行う 奥義を発動したあとは、 高めの素早さを活かして「フォトン追加」のサポートを行うのもアリ。 味方の行動を増やすことに繋がるため、素早く敵を撃破できる。 Point! ゼパル等をサポートする場合は、後手に回ってしまうことを活かして「フォトン追加」をしましょう。 フォトンを積んだ状態でも、消化した後に追加することが可能です! 相性の良いオーブ例3 「フォトン強化」で味方の火力UP ウァサゴはアタッカーとしてはやや火力不足になるため、奥義を発動した後は オーブを活用してサポーターに回ろう。 「フォトン強化」のオーブを装備しておけば、アタッカーの火力を上げる支援をしやすい。

次の

【メギド72】ウァレフォルの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

ウァサゴ awake

75倍の4連続ダメージ。 2倍の4連続ダメージ。 さらに2ターンの間、敵を毒状態にする。 召喚 通常のガチャで入手可能 ウァレフォルの強い点 速攻と連続攻撃が特徴のアタッカー 4連続攻撃が有能! スキルと奥義は4連続攻撃を行える。 防御力が低めの敵にはダメージを与えやすく、サクサクと敵を倒せるのが優秀だ。 「回数バリア」を張る敵にも有効でバリアを剥がしつつ、ダメージを与えることができる。 高い素早さで先制攻撃できる 非常に素早さが高いメギドなので、先制して行動しやすいのが特徴。 敵が回復や耐久を行う前に攻撃するので攻略しやすくなる。 Point! 序盤の攻略では大活躍できるメギトです。 敵の防御力が高い場合はダメージが通りづらい点には注意してください! 「固定追加ダメージ」で火力UP 他の連続アタッカーと組み合わせやすい 特性で敵の種族が「獣人」の時にダメージが2倍になる「獣人特効」を持っている。 敵が「獣人」の場合は通常よりダメージを出しやすくなるので、敵情報を必ずチェックしてから採用すると良い。 味方も「獣人」特効にできるマスエフェクト マスエフェクトの効果で味方を「獣人特効」にすることもできる。 編成するだけで「特効」アタッカーを作れるので、 オーブが揃っていない初心者でも強力なパーティを組める点は便利だ。 Point! オーブで準備しなくて良くなる点も便利です!オーブに空き枠ができるので、クエスト毎に必要な効果を準備できるのもメリットと言えます。 ウァレフォルを使ったパーティ編成例 パーティ編成例その1 「固定ダメージ追加」を活かすPT 1T目から覚醒スキルを発動できる ウァサゴの奥義とフォラスの「ボーパルバニー」を利用して、1T1順目からウァレフォルの覚醒スキルを発動していく構成。 直後にゼパルの6連撃覚醒スキルにも繋げる事ができ、速攻で敵を撃破することができる。 Point! 2T目以降はパイモンやウァレフォルに持たせたオーブ「赤月の残党兵長」や、各メギドの奥義で火力を出すこともできます。 パーティ編成例その2 「固定追加ダメージ」で火力底上げ アモン R と非常に相性が良い 連続アタッカーのアモン R と組み合わせると非常に強力。 アモン R はアタックフォトンの通常攻撃が3連続攻撃なため、ウァレフォルの覚醒スキルと相性が良い。 「アタック強化」を序盤から掛けられる点や、フォトン供給をオーブで行える点が魅力的だ。 盾役や回復役でアタッカーを守ろう ウァレフォルとアモンは耐久力が高いわけではないので、盾役や回復役を採用すると活躍できるクエストが増える。 アタッカーが倒されないように対処して「固定追加ダメージ」で敵を撃破しよう。 Point! 連続攻撃を得意としているメギドには イベント限定オーブ「インサニティ」がおすすめです。 手数が多いメギドと組み合わせれば「固定追加ダメージ」で与えられるダメージ量も増加する。 Point! 「固定追加ダメージ」は敵の防御力に関係なくダメージを与えられる特徴があります。 敵の防御力が高くてもダメージを与えられるようになる点は優秀です! 相性の良いメギド例2 覚醒ゲージ増加手段で奥義等を発動しやすく ウァレフォルの奥義や覚醒スキルを発動しやすくするため、パイモンやウァサゴと組み合わせるのもアリ。 盾役で倒されないように対策 ウァレフォルは耐久性が高いわけではないので、盾役で守ると倒されることを防げる。 敵に合わせて盾役を変えると、受けるダメージを最小限に抑えられるメリットもある。 Point! どのような盾役を採用して良いか分からない場合は下記記事を参考にしてみてください。 ウァレフォルと相性の良いオーブ 相性の良いオーブ例1 連続攻撃のダメージを上昇させて火力UP 特性で連続ダメージが上昇するオーブと相性が良い。 ウァレフォルで与えるダメージ量が増加するので火力UPを狙うことができる。 Point! イベント限定入手ではありますが「インサニティ」はガチャ排出のオーブ並に強力なのでおすすめです!技で スキルフォトン追加できる点もウァレフォルと噛み合っています。 相性の良いオーブ例2 連続攻撃の技を持つオーブで火力を出す 「固定追加ダメージ」を使う場合は、連続攻撃の技を持つオーブを使うのもアリ。 ウァレフォルだけではなく、 味方アタッカーにも多く装着すると良い。 Point! メインクエストから入手できるオーブも多く、簡単に準備できる点は嬉しいです。 メインクエストだけではなく、コロシアム PvP でも有効的な手段だと言えます! 相性の良いオーブ例3 高い素早さを生かしてサポートオーブ 高い素早さを持つメギドなので、サポートできるオーブを装着するのもアリ。 味方アタッカーや自身の攻撃回数を増やせる「フォトン追加」や、回復オーブを装着して瀕死の味方を助けるなど パーティによって変更すると活躍できる。

次の