あんま りー。 按摩

ツイッター民「天皇おつー! あんま絡みなかったけどありがとね🙌✨」

あんま りー

〜最新3D機能を搭載!! 〜 力強さ、やさしさ、心地よさを求めた、4つ玉革命 「あんま王II」は4つ玉ならではのきめ細かい動きをさらに進化させました。 今まで実現することが難しかった、カラダのラインに合わせた3Dマッサージ機能です。 体型に合わせたモミ玉が一定の圧力で身体に密着するので満足感が格段にアップしました。 3D機能はもみ玉の前後の動きに加え、カラダの部位に合わせて的確な力の強さを自動的に調整します。 もちろん、強弱もお好みで設定できます。 人間工学に基づき、頭、体、腰、脚、足先を体に負担のかからない位置をキープします。 今までにない身体を包みこむようなホールド感を実現しました。 そして、座面エアーはお尻や、脚の付け根の血行を促進し、足部エアーはふくらはぎ、つま先、足甲、足首をしっかり包み込むようなマッサージができます。 さらに背中エアーと座面エアーでひねり効果のストレッチも可能となりました。 また、腕モミエアー・肩エアーは指先から二の腕までしっかりと揉み解します。 新開発の専用足裏メカを搭載しました。 このメカは2つの指圧ローラーを用いることで足裏を縦方向にマッサージします。 今まで物足りなかった土踏まずのマッサージにもご満足いただけます。 エアーだけでは味わえないこの足裏マッサージを是非ご体感ください。 頭上に十分なスペースを設け、心地よい時間をじっくりと楽しんでいただけるようパーソナルエリアを確保しました。 視認性に優れた多機能液晶リモコン リモコンカラー液晶画面でマッサージの状況が一目で判ります。 自動コースは身体の調子に合わせたコースを選べます。 自分にあった微調整もお好みでできます。 さらに業務用として利用する際に必要なコインカウンター、アワーメーター、さらにエラーコード表示機能で故障が生じた際にも的確な判断が可能になりました。 また家庭用仕様には4人分のプログラムをメモリーする機能があります。

次の

体と顔のあんまマッサージ専門店・からかお(大阪市中央区道修町)のカタログ詳細|エキテン

あんま りー

小学校6年生の時の体験です。 女子に時々エッチないたずらをする男子2人組が居て、私も胸を揉まれたりカンチョーされたりしてました。 その男子2人に、「お前、好きな人が居るんだろ。 教えろよ」ってよく尋問されてました。 実際居たんですけど、まだ告白してなくて内緒にしていたので、居ないよって答えてました。 私が電気あんまをされてしまったのは、3時間目の授業に水泳があった日でした。 手早く着替えられるように、スクール水着の上からスカートを履いてました。 その日も男子に尋問されてました。 2時間目が終わった後の20分休憩の時に、「いい加減に教えてくれないと股間にお仕置きするぞ」って言われて、それでも嫌だったので黙ってました。 そしたら、男の子1人が私を床に押さえつけて、もう一人が私のスカートの中に足を入れて、アソコを振動させてきたんです。 「喰らえ、電気アンマーーっ!!」 私のアソコに、男子の上靴がどんどん食い込んできます。 敏感な場所を潰されると痛いし、股を閉じて守ろうとするとくすぐったくて変な感じに襲われてしまいます。 恥骨を踏まれるとやっぱり痛いし、膣の方を振動させられると、お腹の奥にも直接振動が伝わってすごく苦しいです。 「ひゃあっ、痛い、やめてーっ!」 逃げようと必死ですが、両足を男子に持たれていて立ち上がれません。 もう一人の男子は私のお腹の上に乗って両手を抑えていて、起き上がることも身をよじることもできません。 それに何より、逃げようとして暴れると上靴が更に深く食い込んでしまって、余計にダメージを受けてしまいます。 一応アソコは水着で守られてるけど、4年生になる前に買い替えて以来、勿体なかったのでそのまま6年生まで使い続けてたので、結構小さくてきつかったし、何度も洗濯して生地が薄くなってました。 そんな水着では電気あんまを全く防げず、水着自体も私のアソコに食い込んで締め付けてたので、本当にきつかったです。 数分くらいやられ続けて、アソコへの刺激が強すぎて、抵抗する体力が無くなってきてしまいました。 すると、今度は上靴を脱いで、素足で電気あんまをされてしまいました。 上靴の時は痛みが強かったけど、素足だとくすぐったくて変な感じの方が強かったです。 恥骨の痛みと、敏感な所に与えられるくすぐったさ、膣の奥を振動させられる息苦しさ、何より男子にアソコを踏み続けられる恥ずかしさ…私はただただ必死に耐えることしかできませんでした。 「…もしかして、ここが弱いのか?」 敏感な所を踏みしだかれた時、思わず声を漏らしていたのを感付かれてしまったようでした。 その後は、身をよじって逃げようとしても、執拗に敏感な所を責められてしまいました。 「ここだな!…オラオラおらあっ!」 「んっ、んんっ…」 隣のクラスに聞こえてしまうのが恥ずかしくて、思わず声を漏らしてしまいそうになるのを、私は必死で我慢していました。 電気あんまをやられ続けて全身に力が入らなくなってきた頃、男子たちに服を脱がされて水着一枚にされてしまいました。 「次プールの授業だから準備しないとな!」 恥ずかしかったけど、男子たちにされるがままでした。 そして、「とどめだっ!」と聞こえたかと思うと、もう一度上靴を履いた状態で、敏感な所をものすごい激しく振動させられました。 もう一人の男子にも、胸を揉まれたり乳首を指でつつかれたりしました。 すごく痛いのに、アソコの奥がどんどん変になってきます。 「お願い、お願いだから、もう本当にやめて!!」 私は涙目で懇願しましたが、男子たちはやめてくれませんでした。 そして、痛いのと変な感じなのが混ざり合って、頭の中がバチバチして、そのままお漏らししてしまいました。 私が半泣きになると、男子たちは「よーし、プール行こう〜っと。 」と言って、電気あんまを止めて何事も無かったかのように去っていきました。 すぐにアソコの部分を確認すると、男子たちの上靴の跡がクロッチの所にくっきりと残っていて、お漏らししてしまったせいで恥骨の上くらいまで濡れてしまいました。 3時間目が始まってシャワーを浴びるまでの間、アソコが濡れてしまって、しかも上靴の跡が残っているのを他の同級生に見られてしまい、すごく恥ずかしかったです。

次の

男子たちにされた電気あんま

あんま りー

現在1種2級・両下肢機能障害の重度身体障害者で車椅子常用者の片輪者です。 人権協会会員で、たぶん日本でただ一人の車椅子の長唄三味線方です。 不勉強ながら意見を述べさせていただきます。 日本は民主主義国家です。 憲法第21条により、言論の自由及び表現の自由が保障されています。 差別用語は単なる言葉狩り(作家の筒井康隆さんの命名とされる)や昔からの言葉遊びで言論統制になるため法制化されることのない迷信や幻覚錯覚、都市伝説、流言飛語にすぎません。 言論の自由は民主主義の根幹で、これはそれを侵すものです。 「あんま」という名称を守ったのは盲人なんです。 民主主義の気に入らない方は近隣の社会共産主義国家の国民になってください。 「肩がぶつかったやんけワレ!」と絡んでくるチンピラやクレーマー、モンスター共めらの仕業です。 民主主義国家の根幹ではあってはならないことです。 差別用語を勝手に決めている連中が多いのは法律により明文化されていないためです。 そのため法的効力がなく使用させない強制力がありません。 つまり意味のない存在です。 健常者の学者・有識者・専門家が仕事をしているように見せかけて研究費をもらうための「こじつけ」です。 「かたわ」日本の伝統文様の「片輪車」を語源としてるといわれています。 片輪車蒔絵螺鈿手箱 - e国宝 言葉狩りですが、日本人の言霊(ことだま)信仰の暴走ですね。 言葉に魂が宿るとされ、呪詛や祝詞やお経などの宗教神事に欠かせないものです。 この延長線上で結婚式などでは「割れる」「離れる」とか受験生の前では「落ちる」「滑る」を禁句としています。 これは限定された期間と場所でのことなので「言葉遊び」に属します。 これが肥大化し暴走しているのです。 差別用語とは古来からの言葉も含め、人権を持たない無抵抗な「言葉」を差別しているのです。 本来行わなればいけない施策が面倒なので「言葉」に責任を転嫁する事で努力しているように見せかけているだけです。 かつて、メクラを連想するので「あんま」も差別用語にしよう、となった際に大反対したのは盲人協会や盲人たちでした。 多くの盲人があんま業にあり、施術内容や屋号に使っておりそれを変更するのにかなりの手間と出費が伴うためです。 あっさりと撤回になったそうです。 抵抗にあうとすぐに腰砕けになるひ弱な連中が決めているようで、無抵抗な「言葉」だけを差別しているのがよくわかります。 白雪姫と七人のこびとですが原作では小人は妖精だったと聞いています。 日本訳の際に小人が用いられたと聞いています。 ところが小人という言葉が差別だというキチガイ学者のクレームで、自立していた小人プロレスの放送が自粛され失業にに追い込まれました。 「笑撃!これが小人プロレスだ」高部雨市著参照。 その後雑用で生計をたてていた背虫や瘖啞者まで職を失いました。 サーカスでびっこのピエロや片足のピエロが棒切れのようなものを片足につけて玉乗りをしていました。 両腕のない女性が口に筆をくわえて観客の似顔絵を描いて生計を立てていたなど、能無し芸無しの犯罪者乙武とはくらべもののならないほどの努力者が報われなくなりました。 「キチガイ」は精神障碍者全般を差別するものとされていますが単なるこじつけです。 仮に今から「キチガイ」という言葉を使って積極的に精神障碍者を差別しようと試みたとします。 素人がどうやって精神障碍者を見分けるのでしょうか? 刑事事件の裁判で、刑法第39条(俗にいうキチガイ法)の精神鑑定は、専門医が困難の極みと述べています。 「僕はパパを殺すことに決めた」草薙敦子著 参照。 森田芳光監督の映画「39 刑法第三十九条」にも描かれていますし、古くは圓谷特技プロダクションのテレビ作品「怪奇大作戦 第24話 狂鬼人間」でも描かれています。 むしろ、活動写真(映画)キチガイを活キチ、好色を色キチガイ、釣りキチガイを題材にした漫画釣りキチ三平など、特に執着やこだわりを持った者に使用される場合が圧倒的に多いものです。 次に配偶者など身近な人の急死などの衝撃的な場面に出くわした場合の動揺、落胆など一時的に精神状態が不安定なものを指します。 歌舞伎の代表的な描写では「保名」「お夏狂乱」。 広範囲に適用した多様性のある日本語をまれな使用法に限定すること自体無理なのです。 「大辞林 第二版」は、「ちょん」の用例として、近世の明治時代の小説、「西洋道中膝栗毛」から、『ばかだの、ちょんだの』と言う記述を引用している。 これが転じて、戦後、日本国内のメーカーが発売した、オートフォーカス機能を搭載したコンパクトカメラのCMのキャッチコピーとして用いられた。 [要出典] 「バカチョンカメラ」という言葉は日本語としても語呂がよくインパクトの強い表現であったため、口語のみならず活字表現としても広く使用され、コンパクトカメラ全体を指す代名詞となった。 また一般用語として広まる過程において、「馬鹿でも"ちょん"とシャッターを押せば撮れる」「馬鹿でも(差別対象であった)朝鮮人でも撮れる」など、元々の意味とは異なるさまざまな解釈が誕生し現在に至っている。 バカチョンカメラは、いつでもどこでも誰でも簡単に撮影できるものとした商品であった。 こうした事情から、単に見下した侮蔑語ではなく、コンパクトカメラに対する親しみも込められていたと考えられる。 ただ、新手のキチガイも現れています。 『風立ちぬ』喫煙シーンへの禁煙学会の苦言に批判殺到!「日本刀使う時代劇もNG?」 時代劇で侍が刀を腰にさして歩いているだけでも銃刀法違反で逮捕され物語が進行しません。 人権を持たず無抵抗な被害者たち 引用ー差別用語(さべつようご)とは、「他者の人格を個人的にも集団的にも傷つけ、蔑み、社会的に排除し、侮蔑・抹殺する暴力性を持つ言葉」のことをいうが今日の日本で法によって明文化された差別用語は存在しない。 差別語(さべつご)とも。 と定義されていますが、多様性のある言葉を一律に扱うのが間違いです。 ツンボ桟敷、勝手ツンボ、メクラウナギ、イザリウオ、ザトウクジラ、メクラ判等々。 引用ー明確な基準があるわけではない上、差別的ととられかねない言葉をマスコミや出版社が広めに差別用語とみなして使用を自粛する場合も多い。 差別用語と見なされた言葉は、公共の場では使われなくなってしまうため、マスコミによる一種の言葉狩りであるという批判もある。 平成11年、黒人差別として全出版社が絶版にしたちびくろサンボが復活したことがNHKクローズアップ現代で放送されました。 同年、ドキュメンタリー番組「放送禁止歌」で放送禁止とされていた歌が流れ、そもそも放送禁止などあり得ない制度であることが解明されましたました。 部落解放同盟にも取材を行い、赤い鳥「竹田の子守唄」、岡林信康「手紙」の真相もわかりました。 番組が話題となったため森達也著で出版物となり現在も入手可能です。 以降放送禁止歌はその呪縛を解かれ、一気に解禁され一昨年?のNHK紅白歌合戦で放送禁止とさていた「ヨイトマケの唄」での美輪明宏さんの熱唱が見られました。 「土方(どかた)」という歌詞にイチャモンで職業差別だとし「土木作業員」と言わなければいけないとのことです。 同年、山本能楽堂へ行き大蔵流狂言「三人片輪」を見ました。 出入り口においてあった「おもて」(大槻能楽堂会報68号)に 大蔵流狂言「三人片輪」上演予告がありました。 同年、行政主催の人権週間事業に人権協会の審査に合格し、三代目市川猿之助(現二世猿翁)丈からお借りした澤瀉十種歌舞伎舞踊「三人片輪」のビデオ上映会をしました。 『ビッコ』については人権協会の人権週間事業の承認を受けて「放送禁止歌をきく6」を主催し、一昨年は、「びっこのポーの最後」友部正人、「びっこのモグラの物語」ダボーズ、「びっこの仔犬」加山雄三、「びっこの七面鳥」美空ひばり、びっこ四曲を含む18曲を流しました。 来場の観客から差別的だとする批判はありませんでした。 同枠で昨年「放送禁止歌をきく7」を主催。 「ピエロ組曲」石橋正次で跛(ちんば)のピエロを扱ったものや「買い物ブギー」もノーカットです。 今年もやります。 以上は今日の日本で法によって明文化された「差別用語」は存在しない証です。 引用ー放送禁止用語(ほうそうきんしようご)は、テレビやラジオといったマスメディアにおいて、何らかの理由によりその放送における使用が禁止されている言葉のことを指すが、今日の日本で法によって明文化された放送禁止用語は存在せず、単なる放送事業者の自主規制である。 なお、特に1950-60年代にかけてまでの文学作品の朗読や、テレビにおける映画作品において、今日では放送禁止用語に相当するもの、あるいは今日の表現技法ではあまり取り上げない文言を「作品のオリジナリティーの観点から」という理由でそのまま放送する場合がある。 スカパー!の映画やドラマではでは慣用句として放送されています。 映画「めくらのお市」全四作 主演松山容子。 歌舞伎「盲長屋梅加賀鳶(めくらながやうめかがとび)」。 落語 立川談志「唖の釣(おしのつり)」。 など 『一般人も使ってはいけない言葉』があるかのようによく使われてはいますが、実際そんなものはありません。 言葉に責任があるのではなく使い方が適切であれば問題はありません。 中世ヨーロッパのキチガイ沙汰の魔女狩りのような「言葉狩り」に問題あるのではないでしょうか。 今日の日本で法によって明文化された「差別用語」は存在しません。 今日の日本で法によって明文化された「差別用語」は存在しません….

次の