岩手 県 コロナ 検査 数。 岩手県

岩手県がコロナ検査拒否?感染者がいない理由や噂は本当?

岩手 県 コロナ 検査 数

都道府県別のPCR件数と陽性者の割合は次の通りです。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 陽性者数 陽性率 北海道 7,054人 914人 13. 青の表記はその後、特定警戒都道府県に含まれた6道府県です。 それでは詳細を見てまいりましょう。 当初の緊急事態宣言の期間は、5月6日までの約1ケ月。 ランキングという表現が正しいのか分かりませんが… PCR検査の実施人数が多い順に、都道府県を並べてみます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 1位 大阪府 14,842人 2位 東京都 12,841人 3位 福岡県 9,400人 4位 埼玉県 9,324人 5位 神奈川県 8,837人 6位 兵庫県 8,358人 7位 千葉県 8,090人 8位 愛知県 7,846人 9位 北海道 7,054人 10位 広島県 5,433人 11位 茨城県 4,835人 12位 京都府 4,343人 13位 熊本県 3,178人 14位 大分県 3,175人 15位 和歌山県 3,077人 16位 新潟県 3,044人 17位 静岡県 2,780人 18位 群馬県 2,596人 19位 岐阜県 2,404人 20位 富山県 2,392人 21位 山梨県 2,358人 22位 沖縄県 2,312人 23位 山形県 2,246人 24位 福島県 2,094人 25位 長崎県 2,050人 26位 栃木県 2,015人 27位 石川県 1,977人 28位 三重県 1,938人 29位 宮城県 1,910人 30位 長野県 1,818人 31位 福井県 1,771人 32位 香川県 1,739人 33位 奈良県 1,605人 34位 高知県 1,520人 35位 滋賀県 1,314人 36位 山口県 1,290人 37位 鹿児島県 1,287人 38位 岡山県 1,131人 39位 鳥取県 1,124人 40位 宮崎県 1,122人 41位 愛媛県 1,116人 42位 佐賀県 1,077人 43位 秋田県 852人 44位 島根県 830人 45位 青森県 643人 46位 徳島県 469人 47位 岩手県 384人 首位は 大阪府となっていますが、3月20日まで複数の検体を重複カウントしているので、単純比較はできません。 神奈川県(3月22日まで)、 千葉県(3月20日まで)についても、重複カウントがあります。 …にしても、 大阪府の検査数は突出していますね 特定警戒都道府県以外では、 広島県(10位)の検査数が多いですね。 岐阜県(19位)と 石川県(27位)は人口が少ないので、検査件数も多くありません。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり検査数 1位 和歌山県 329. 1人 2位 山梨県 288. 6人 3位 大分県 277. 5人 4位 福井県 228. 8人 5位 富山県 227. 8人 6位 高知県 215. 3人 7位 山形県 206. 1人 8位 鳥取県 200. 7人 9位 広島県 192. 9人 10位 福岡県 184. 1人 11位 熊本県 180. 9人 12位 香川県 180. 8人 13位 石川県 173. 0人 14位 大阪府 168. 4人 15位 茨城県 168. 1人 16位 京都府 167. 6人 17位 沖縄県 159. 7人 18位 長崎県 152. 9人 19位 兵庫県 152. 4人 20位 新潟県 135. 5人 21位 北海道 133. 4人 22位 群馬県 133. 0人 23位 佐賀県 131. 5人 24位 千葉県 129. 3人 25位 埼玉県 127. 2人 26位 島根県 122. 1人 27位 岐阜県 120. 4人 28位 奈良県 119. 9人 29位 福島県 112. 3人 30位 三重県 108. 2人 31位 愛知県 104. 1人 32位 宮崎県 103. 8人 33位 栃木県 103. 5人 34位 神奈川県 96. 3人 35位 山口県 94. 2人 36位 滋賀県 93. 1人 37位 東京都 92. 9人 38位 長野県 88. 1人 39位 秋田県 86. 9人 40位 愛媛県 82. 5人 41位 宮城県 82. 5人 42位 鹿児島県 79. 7人 43位 静岡県 76. 0人 44位 徳島県 63. 7人 45位 岡山県 59. 6人 46位 青森県 50. 9人 47位 岩手県 30. 9人 先ほどとは打って変わって、特定警戒都道府県以外のエリアが上位を占めています。 東京都は 37位… やはり人口が多いエリアほど、実質的な検査人数がまだまだ少ないことが分かります。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性者数 1位 東京都 4,765人 2位 大阪府 1,704人 3位 神奈川県 1,132人 4位 北海道 914人 5位 埼玉県 909人 6位 千葉県 837人 7位 兵庫県 676人 8位 福岡県 651人 9位 愛知県 498人 10位 京都府 341人 11位 石川県 271人 12位 富山県 219人 13位 茨城県 168人 14位 広島県 162人 15位 岐阜県 150人 16位 群馬県 147人 17位 沖縄県 142人 18位 福井県 122人 19位 滋賀県 98人 20位 宮城県 88人 21位 奈良県 88人 22位 福島県 79人 23位 新潟県 78人 24位 高知県 74人 25位 長野県 73人 26位 静岡県 73人 27位 山形県 69人 28位 和歌山県 62人 29位 大分県 60人 30位 山梨県 56人 31位 栃木県 54人 32位 愛媛県 48人 33位 熊本県 47人 34位 三重県 45人 35位 佐賀県 45人 36位 山口県 37人 37位 香川県 28人 38位 青森県 26人 39位 島根県 24人 40位 岡山県 23人 41位 長崎県 17人 42位 宮崎県 17人 43位 秋田県 16人 44位 鹿児島県 10人 45位 徳島県 5人 46位 鳥取県 3人 47位 岩手県 0人 東京をはじめ、特定警戒都道府県が上位を占めるのは、ある意味順当。 むしろ、 富山県、 広島県などは、陽性者の伸び率が高いので、注意が必要です。 特筆すべきは、 岩手 県の0人ですよね 0人をキープできる理由は、• 人口密度が少ないこと(人口密度46位/47都道府県)• ビジネス・観光など人の移動も少ないこと(地域外宿泊者数44位/47都道府県) などが考えられます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり陽性者数 1位 東京都 34. 5人 2位 石川県 23. 7人 3位 富山県 20. 9人 4位 大阪府 19. 3人 5位 北海道 17. 3人 6位 福井県 15. 8人 7位 千葉県 13. 4人 8位 京都府 13. 2人 9位 福岡県 12. 7人 10位 埼玉県 12. 4人 11位 神奈川県 12. 3人 12位 兵庫県 12. 3人 13位 高知県 10. 5人 14位 沖縄県 9. 8人 15位 群馬県 7. 5人 16位 岐阜県 7. 5人 17位 滋賀県 6. 9人 18位 山梨県 6. 9人 19位 和歌山県 6. 6人 20位 愛知県 6. 6人 21位 奈良県 6. 6人 22位 山形県 6. 3人 23位 茨城県 5. 8人 24位 広島県 5. 8人 25位 佐賀県 5. 5人 26位 大分県 5. 2人 27位 福島県 4. 2人 28位 宮城県 3. 8人 29位 愛媛県 3. 6人 30位 長野県 3. 5人 31位 島根県 3. 5人 32位 新潟県 3. 5人 33位 香川県 2. 9人 34位 栃木県 2. 8人 35位 山口県 2. 7人 36位 熊本県 2. 7人 37位 三重県 2. 5人 38位 青森県 2. 1人 39位 静岡県 2. 0人 40位 秋田県 1. 6人 41位 宮崎県 1. 6人 42位 長崎県 1. 3人 43位 岡山県 1. 2人 44位 徳島県 0. 7人 45位 鹿児島県 0. 6人 46位 鳥取県 0. 5人 47位 岩手県 0. 0人 人口単位で見ても、東京がナンバー1です。 気になるのは、 富山県(3位)、 福井県(6位)など、特定警戒都道府県以外のエリアが上位に来ていること。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性率 1位 東京都 37. 陽性率が高いということは、市中感染が広がり、潜在的な感染者を把握できていないことが推測されます。

次の

岩手県の新型コロナウイルスに対するPCR検査実施数は1/15〜3/31の期間で、...

岩手 県 コロナ 検査 数

下記クリックで好きなところに移動• 岩手で新型コロナウイルス感染者がいない・出ないのはなぜ? 圧倒的に新型コロナウイルス検査の対象者が少ないため? 今のところ岩手県の感染者無しが続いてます。 昨日からコロナ疎開で続々盛岡市等、帰省等で到着しているようですが発生しないか心配です。 検査の数・母数が少ないので新型コロナウイルスを持った人が出てくる可能性が低いといわれています。 補足:ではなぜ検査数・検査者が少ないのか?確実な事実として、検査できる機関・施設が1か所しかなく機器も2台だけ、1日あたりの処理件数がようやく2ケタいくかどうか…といったことがあります。 またTwitterなどSNSでは「検査をしないことでゼロにしようとしている隠蔽説」が一部出回っている、ということのみお伝えしておきます。 都心部との交流人口が少ないため? 他の県と比べて、岩手県は都心部との交流人口が少ないと考えられます。 岩手ー東京間を行き来する人が少ない分、ウイルスを運んでくる人・可能性が低いといえます。 さらに2019-2020年の岩手の冬は積雪量が少ない(暖冬)ために、例年よりもスキー客などの観光客も少なめ…ますます他県に比べて危険度が低いのかもしれません。 岩手県へのアクセスは• 東北新幹線• いわて花巻空港• 東北自動車道 が主体となるかと思いますが、交通網が発達しているのは岩手県内陸部のみ… 正直岩手は交通が不便なので、逆に今回の新型コロナウイルス騒動で功を奏しているのかもしれません。 そのため人口密度は低いです。 人口密度は低いうえに、他人との接触・密着することはほとんどないので感染拡大どころか感染する人も少ないのかもしれません。 岩手は車移動が当たり前だから? 岩手で満員電車&満員バスに乗るということはあまりありません。 通勤・通学にしても東京のようなぎゅうぎゅう詰めになることは少ないです。 特に社会人は車移動が当たり前…というよりも車がないと生きていけない土地柄、それが岩手県…。 他人との接触・密着があまりないことにもつながります。 新型コロナウイルスで発症している人がいない? 新型コロナウイルスに感染していても 発症する人、発症しない人 がいます。 もしかして岩手県民でも新型コロナウイルスに感染している人(保菌者)がいるのかもしれませんが発症しないまま完治している可能性もあります。 一軒家・天井が高い家屋・古い家屋が多いから? 岩手県は土地が広大かつ人口が少ないゆえに、土地価格も安いため、都内で賃貸アパートを借りる額をローンに組めば新築一戸建てを購入することは容易な場所でもあります。 しかも庭付き&車は1人一台ないと生きていけないので複数とめられる駐車場完備と広い広い! なので普段の生活から密集することが少ないです。 また地方ゆえに古い木造家屋も多い=気密性が低い家に住んでいるので、万が一ウイルスを持ち込んだとしても高気密住宅に比べたら空気の循環は良いわけで… さらに土地も空間もゆとりがあるので天井が低い家というのも少ない傾向にあります。 こういった点ももしかしたら感染予防につながっているのかもしれません。 若者が集う場所・施設が少ないから? 盛岡を中心とした内陸部には、若者が集うような施設は岩手県内のなかではそこそこ充実しているといえますが、それでも他県に比べたら「青少年の娯楽施設が少ない」「若者が集う場所がない」ほうです… こういった点でも新型コロナの感染がおさえられているのかもしれません。 岩手県民が新型コロナウイルス感染者が出ていない・いない理由はほかにある? 以下、他県にはない岩手県民の生活状況や環境についてまとめてみました。 これらのことが岩手県で新型コロナウイルス感染者が出ていない理由にはなりませんのでご了承願います。 盛岡市は豆腐の消費量が全国上位! 岩手県民はよく豆腐を食べます。 特に盛岡市は豆腐消費量トップの常連となるくらい豆腐を消費しています。 地産地消・食品に恵まれているということは… 海の幸・山の幸など食材は地産地消で良いものが安く手に入れやすい環境にあります。 高校野球の佐々木朗希選手、菊池雄星選手や大谷選手といった優れた野球プレイヤー・投手が続々と輩出されている背景に「岩手の食の恵み」が時折あげられたりしています。 健康に良い食材や、栄養バランスがとりやすい土地柄でもあります。 さらに岩手のだだっ広い土地のおかげで運動できる環境もある・・・ 岩手県民は食べ物・運動で免疫力が高い可能性もあります。 岩手は冬休みが長い 岩手県の学校の夏休み・冬休みはどちらも3週間~1カ月ほどあります。 大まかにですが、冬休みは12月21日ごろからはじまり、1月18日ごろから新学期がスタートする…といった感じです。 人の動きの活発化といった意味では、都心部よりもタイミングが「遅い」とも言えます。 予防接種率が高い? 岩手県民は生真面目な性格とよく言われています。 また最近では「子供のころなどに行う予防注射の1つBCG接種『ハンコ注射』が重症化・死亡率を下げているのでは?」と話題になっていますが、岩手県民の県民性的にも、個人的な感覚からもですが 「予防接種を受ける人・子どもの割合が、もしかして東京や都会の子と比べたら多いのかも…」 私の周りでは予防接種を受けない子はほとんどいなかったですね… 小中学校で予防接種を取りまとめて各家庭の任意で行っていたのですが、クラスメート全員受けてた記憶です… 子どものころ気が付いたら二の腕にハンコ注射の跡あったなーという環境でした。 岩手県は医療設備や医療重視者の数が他県より少ないですが、人口が少ないおかげもあって行政サービスが住民に届きやすい環境です。 また真面目な気質の岩手県民なので学校を通じて用意される子供たちの予防接種から何からなにまでを受けたり活用している割合が多いように感じます。 まとめ:岩手県で新型コロナウイルス感染者が仮に出てしまっても… ここまで岩手県内でコロナウイルス感染者がゼロだと 「絶対に、第一号になりたくない…」 と多くの岩手県民が思っているのではないでしょうか? 現役の岩手県民でもある私の両親もまさにそんな気持ちだそうです。 個人的に・・・もはや誰がなってもおかしくないし、仮に初の感染者になったとしても、それは「一番初めにかかった人」=ウイルスを持ち込んだ人では決してなくて 「一番先に症状が出てしまったゆえに、周囲の人に安全にするよう警告してくれる役目を担った人」 と私は考えています。 感染しない、発症しないに越したことはないですが、感染者が万が一出てしまったとしても、どうかおかしな偏見や噂が起きませんように…とも思います。 それでは!.

次の

新型コロナ感染ゼロの岩手県 その秘密がわかった!エエッ、納豆と寡黙な県民性?: J

岩手 県 コロナ 検査 数

下記クリックで好きなところに移動• 岩手で新型コロナウイルス感染者がいない・出ないのはなぜ? 圧倒的に新型コロナウイルス検査の対象者が少ないため? 今のところ岩手県の感染者無しが続いてます。 昨日からコロナ疎開で続々盛岡市等、帰省等で到着しているようですが発生しないか心配です。 検査の数・母数が少ないので新型コロナウイルスを持った人が出てくる可能性が低いといわれています。 補足:ではなぜ検査数・検査者が少ないのか?確実な事実として、検査できる機関・施設が1か所しかなく機器も2台だけ、1日あたりの処理件数がようやく2ケタいくかどうか…といったことがあります。 またTwitterなどSNSでは「検査をしないことでゼロにしようとしている隠蔽説」が一部出回っている、ということのみお伝えしておきます。 都心部との交流人口が少ないため? 他の県と比べて、岩手県は都心部との交流人口が少ないと考えられます。 岩手ー東京間を行き来する人が少ない分、ウイルスを運んでくる人・可能性が低いといえます。 さらに2019-2020年の岩手の冬は積雪量が少ない(暖冬)ために、例年よりもスキー客などの観光客も少なめ…ますます他県に比べて危険度が低いのかもしれません。 岩手県へのアクセスは• 東北新幹線• いわて花巻空港• 東北自動車道 が主体となるかと思いますが、交通網が発達しているのは岩手県内陸部のみ… 正直岩手は交通が不便なので、逆に今回の新型コロナウイルス騒動で功を奏しているのかもしれません。 そのため人口密度は低いです。 人口密度は低いうえに、他人との接触・密着することはほとんどないので感染拡大どころか感染する人も少ないのかもしれません。 岩手は車移動が当たり前だから? 岩手で満員電車&満員バスに乗るということはあまりありません。 通勤・通学にしても東京のようなぎゅうぎゅう詰めになることは少ないです。 特に社会人は車移動が当たり前…というよりも車がないと生きていけない土地柄、それが岩手県…。 他人との接触・密着があまりないことにもつながります。 新型コロナウイルスで発症している人がいない? 新型コロナウイルスに感染していても 発症する人、発症しない人 がいます。 もしかして岩手県民でも新型コロナウイルスに感染している人(保菌者)がいるのかもしれませんが発症しないまま完治している可能性もあります。 一軒家・天井が高い家屋・古い家屋が多いから? 岩手県は土地が広大かつ人口が少ないゆえに、土地価格も安いため、都内で賃貸アパートを借りる額をローンに組めば新築一戸建てを購入することは容易な場所でもあります。 しかも庭付き&車は1人一台ないと生きていけないので複数とめられる駐車場完備と広い広い! なので普段の生活から密集することが少ないです。 また地方ゆえに古い木造家屋も多い=気密性が低い家に住んでいるので、万が一ウイルスを持ち込んだとしても高気密住宅に比べたら空気の循環は良いわけで… さらに土地も空間もゆとりがあるので天井が低い家というのも少ない傾向にあります。 こういった点ももしかしたら感染予防につながっているのかもしれません。 若者が集う場所・施設が少ないから? 盛岡を中心とした内陸部には、若者が集うような施設は岩手県内のなかではそこそこ充実しているといえますが、それでも他県に比べたら「青少年の娯楽施設が少ない」「若者が集う場所がない」ほうです… こういった点でも新型コロナの感染がおさえられているのかもしれません。 岩手県民が新型コロナウイルス感染者が出ていない・いない理由はほかにある? 以下、他県にはない岩手県民の生活状況や環境についてまとめてみました。 これらのことが岩手県で新型コロナウイルス感染者が出ていない理由にはなりませんのでご了承願います。 盛岡市は豆腐の消費量が全国上位! 岩手県民はよく豆腐を食べます。 特に盛岡市は豆腐消費量トップの常連となるくらい豆腐を消費しています。 地産地消・食品に恵まれているということは… 海の幸・山の幸など食材は地産地消で良いものが安く手に入れやすい環境にあります。 高校野球の佐々木朗希選手、菊池雄星選手や大谷選手といった優れた野球プレイヤー・投手が続々と輩出されている背景に「岩手の食の恵み」が時折あげられたりしています。 健康に良い食材や、栄養バランスがとりやすい土地柄でもあります。 さらに岩手のだだっ広い土地のおかげで運動できる環境もある・・・ 岩手県民は食べ物・運動で免疫力が高い可能性もあります。 岩手は冬休みが長い 岩手県の学校の夏休み・冬休みはどちらも3週間~1カ月ほどあります。 大まかにですが、冬休みは12月21日ごろからはじまり、1月18日ごろから新学期がスタートする…といった感じです。 人の動きの活発化といった意味では、都心部よりもタイミングが「遅い」とも言えます。 予防接種率が高い? 岩手県民は生真面目な性格とよく言われています。 また最近では「子供のころなどに行う予防注射の1つBCG接種『ハンコ注射』が重症化・死亡率を下げているのでは?」と話題になっていますが、岩手県民の県民性的にも、個人的な感覚からもですが 「予防接種を受ける人・子どもの割合が、もしかして東京や都会の子と比べたら多いのかも…」 私の周りでは予防接種を受けない子はほとんどいなかったですね… 小中学校で予防接種を取りまとめて各家庭の任意で行っていたのですが、クラスメート全員受けてた記憶です… 子どものころ気が付いたら二の腕にハンコ注射の跡あったなーという環境でした。 岩手県は医療設備や医療重視者の数が他県より少ないですが、人口が少ないおかげもあって行政サービスが住民に届きやすい環境です。 また真面目な気質の岩手県民なので学校を通じて用意される子供たちの予防接種から何からなにまでを受けたり活用している割合が多いように感じます。 まとめ:岩手県で新型コロナウイルス感染者が仮に出てしまっても… ここまで岩手県内でコロナウイルス感染者がゼロだと 「絶対に、第一号になりたくない…」 と多くの岩手県民が思っているのではないでしょうか? 現役の岩手県民でもある私の両親もまさにそんな気持ちだそうです。 個人的に・・・もはや誰がなってもおかしくないし、仮に初の感染者になったとしても、それは「一番初めにかかった人」=ウイルスを持ち込んだ人では決してなくて 「一番先に症状が出てしまったゆえに、周囲の人に安全にするよう警告してくれる役目を担った人」 と私は考えています。 感染しない、発症しないに越したことはないですが、感染者が万が一出てしまったとしても、どうかおかしな偏見や噂が起きませんように…とも思います。 それでは!.

次の