スーパー ライト ショアジギ ング。 スーパーライトジギングのスピニングリールの選び方

オフショアのスーパーライトジギングのリールについて

スーパー ライト ショアジギ ング

スーパーライトジギングとは? スーパーライトジギングの定義は、実は厳密に決められている訳ではありません。 釣りのメソッドとタックルの進化により、新たに市民権を得つつある全く新しいカテゴリーの釣りになります。 ヒラマサ、ブリ、マグロ、ロウニンアジなど、大物狙いのイメージが強いジギングに対して、イナダ、シーバス、マダイなどに代表される中型以下の魚をターゲットにしたライトジギングがあります。 このライトジギングは具体的には、100g以下のルアーを使って行うジギングになります。 そこから、さらに軽いタックル、細いラインを使い、ターゲットの幅を広げた手軽な釣りをスーパーライトジギングと呼んでいます。 具体的には、ライトジギングよりさらに軽い、20g〜50g程度のルアーを使い、船から浅場を中心に様々なターゲットを狙う釣りになります。 以下の記事では、ジギングに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。 ジギングに関する基礎的な知識を先に知っておきたいという方は、ぜひご覧ください。 スーパーライトジギングで釣れる魚 スーパーライトジギングで釣れる魚は様々です。 青物はもちろんのこと、イサキやイシモチ、メバル、ハタ類なども人気のターゲットになります。 根魚(メバル・キジハタ・アイナメなど) 根魚のスーパーライトジギングでは、非常にエキサイティングな釣りが楽しめます。 根を果敢に攻める釣りは根がかりの危険と隣り合わせですが、メバル、キジハタ、アイナメなど、引きが強く、食味も文句ナシの高級魚が期待できます。 青物(ブリ・ヒラマサ・カンパチなど) スーパーライトジギングでは、タックルのパワーが不足するため、強烈なファイトが魅力の青物(ブリ・ヒラマサ・カンパチなど)を狙うのは不向きですが、もちろん釣れます。 ワカシ(ブリの幼魚)、サゴシ(サワラの幼魚)など、40cm程度までの青物であれば、とてもスリリングなやり取りが楽しめるでしょう。 上記以外の魚(シーバスなど) 他にも、シーバス、メッキ(ギンガメアジの若魚)、カマス、ヒラメ、マゴチなど、スーパーライトジギングでは様々な魚種がターゲットになります。 なお以下の記事では、シーバス釣りに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。 シーバス釣りに関する基礎的な知識を知りたい方は、ぜひご覧ください。 ジグ(ルアー)の種類と選び方 スーパーライトジギングには、文字通り、スーパーライトなジグを使います。 オフショア(沖)からの釣りになりますが、あまり気合の入った沖までは出ず、水深20〜30m程度のところが主な戦場になります。 とにかく、ショア 岸 からではなかなかお目にかかれない魚に手軽に会えるのがスーパーライトジギングの最大の魅力です。 メタルジグと呼ばれる、金属製のルアーをたくさん持っていきましょう。 形状 形状は、リアルな魚に似せたもの リアルベイト系 の他、全く魚には見えないものの、ヒラヒラキラキラしたスパンコールのようなフラッシングがたくさんついたもの アピール系 、そもそもコンセプトが不明なものなど、たくさんあります。 ルアーで釣れる魚は、餌を認識して食いついているのではなく、【動くもの、光るもの】に、本能的に反応し、とりあえず食いついてみるというのが実際のようです。 でないと、全く餌に見えない金属の塊で魚が釣れる理由の説明がつきません あくまでも筆者個人の見解です笑。 さまざまなタイプのルアーが続々と発売されていますので、はじめのうちはとにかくたくさんのルアーを集めましょう。 その際に意識したいのは、「ルアーに関しては、価格と釣果の相関性はない」ということです。 100円ショップのルアーでも十分釣れます。 ただし、フックは交換することをオススメします。 重さ スーパーライトジギングでは、20g前後のルアーをメインに据え、そこから水深や当日釣れている魚のサイズによって、小さいもの 10g程度まで 、大きいもの 50g程度まで を用意しておけばたいていの場面に対応できます。 色・カラー 魚は色は正確には認識していませんが、水中で色の濃淡を見分けていると考えられています。 水中は浅い場所、深い場所、太陽光の量などにより、同じカラーのジグでも、魚にとっては色々な色に見えるようです。 基本は水中で目立つ方が魚にはアピールになるのは間違いありません。 しかし、陸上で派手に見えるカラーが必ずしも水中でアピールカラーになるかといえば、それは少し正しくありません。 たとえば、朝マヅメや夕マヅメなど、太陽光が低いところから差し込むような場合は、赤やオレンジ系が良いとか、真っ昼間のカンカン照りのように、海が真っ青に見える時は青系、緑系が良いとか、濁りがキツい時は白系が良いとか、時と場合によって、同じ魚でもアタックしてくるルアーは変わります。 大事なのは、反応がなかったらさっさと見切りをつけ、次々とルアーを変え、ひたすら誘い続けることです。 そのためにも、カラーはたくさん用意しておきましょう。 スーパーライトジギングの釣り方・コツ オフショアからのスーパーライトジギングは、バーチカル 垂直方向 の釣りです。 まずは船長が指定するタナまで仕掛けを落とし、そこからは腕の見せ所です。 大きくシャクリながらリールを巻くもヨシ、ただゆっくり巻き上げるもヨシ、ある程度巻き上げたら、突然リールのクラッチを切り、一気に再び落とすもヨシ。 巻き上げるスピードを変えたり、ありとあらゆる手を尽くしましょう。 反応がなければ即ルアーチェンジです。 ルアーフィッシング全般に言えることですが、ライバルに勝つには、「どれだけの手を打ったか」、これに尽きます。 スーパーライトジギングにおすすめのタックル・道具 スーパーライトジギングに適しているタックルを紹介します。 なるべくコスパの良い、すなわち、基本性能に優れ、かつ手に入れやすい価格の逸品、初心者が最初に手を出すべきタックルを厳選して紹介します。 ジギングロッド スーパーライトジギング専用ロッドというものは、実は多くありません。 いわゆる、ライトジギング用ロッドのうち、細くしなやかなものを、スーパーライトジギングで使用するという感じです。 今後は続々とメーカーから専用ロッドが出てくるはずですので期待したいですね。 ダイワ ダイワのスーパーライトジギングロッドは、上位から、キャタリナ、ブラスト、ヴァデルと、3グレード展開しています。 その中でも、エントリーモデルに位置するヴァデル スーパーライトジギング エアポータブル 63M LS-Sが良いでしょう。 ソリッドティップで扱いやすく、重量は92gと軽く、エントリーモデルながら、実勢価格15,000円前後のハイパフォーマンスモデルです。 上記2社以外にも、ルアーロッドの世界はコスパの優れたブランドがたくさんありますので、自分にしっくりくる一本に出会うまで、根気よく探すことをオススメします。 リール スーパーライトジギングに使うリールは、2500番〜3000番のスピニングリールか、ロープロファイルのソルト対応小型ベイトリールが良いでしょう。 一日アクションして疲れない、軽いものが理想ですが、実は疲労軽減は単純に軽いだけではダメで、ロッド、ルアー、リールの重量バランスが良くなければなりません。 逆に言えば、バランスが良いタックル構成であれば、多少重さを感じても、疲れを感じずに一日アクションしていられるということもあります。 なので、タックルのウエイトバランスが自分の体にしっくりくるかどうか、必ずロッドにリールを取り付けて、できればルアーもつけた状態で、タックル全体のバランスを見ることが大事です。 スピニングリール 【アブガルシア】ロキサーニ 3000SH 4枚あるドラグワッシャーの順番を変えることでドラグの強度を「ライト」もしくは「タフ」に変えられる優れもの。 同社の最上位機種である【REVO】シリーズに使われる技術を惜しみなく投入しつつ、1万円前後までコストを落とした、バランスの良いモデルです。 【タカミヤ】カロス S3000HG 釣具の量販店「釣具のポイント」を展開する、北九州市に本社を置く株式会社タカミヤのブライベート商品。 ルアーフィッシング用品は「realmethod」というブランドで、リール、ロッドをはじめ、ウェア類やツール類、釣小物など様々な製品を出しています。 realmethod のハイエンドスピニングリール「カロス」シリーズは、有名メーカー品では安くても13,000円〜15,000円ほどするスペックを奢り、実勢価格8,000円台で手に入るリールです。 プライベートブランドとは思えない造形と性能です。 デザインの野暮ったさは否めませんが、持っていて損はありません。 リーリングの際の一切の遊びのなさは、好きな人にはたまりません。 コスパの高いオフショア用ベイトリールの人気モデルです。 ソルトウォーターPE1. 5号が200m巻けるラインキャパは、沿岸部でのスーパーライトジギングには充分と言えます。 最大ドラク力は7kgで、不意の大物にも何とか対応できるでしょう。 【タカミヤ】realmethod GIGA SALT HG 水深50m前後の場所までのスーパーライトジギングには最適とも言える、アンダー1万円モデルの中では抜群の高性能を誇る、ハイギア仕様のベイトリールです。 ドラグ釣力最大は5. 5kgなので、もう少しパワーが欲しければ、パワーギアタイプのGIGA SALT PGをオススメします ドラク釣力7kg。 リーダー PEラインは引っ張り強度は非常に強いのですが、スレに弱く、摩擦ですぐにささくれ立ってきて、強度がガタ落ちします。 そのため、ラインの先端には、フロロカーボンのショックリーダーを1ヒロ程度結びます。 このショックリーダーを結んでおかないと、釣りになりません。 結び方は色々ありますので、自分がマスターできそうなノットをまずひとつ習得しましょう。 たくさん覚える必要はありません。 大事なのは、風が強い現場や暗い現場などでも確実にラインシステムが組めないと意味がないということです。 そして、ショックリーダーの太さをどうするかというのも、意外と悩ましいものです。 メインのPEラインは何号か?狙っているターゲットは何か?などによって変わってきますが、スーパーライトジギングの場合は、フロロカーボンリーダーの16lb ナイロン4号相当 もしくは20lb ナイロン5号相当 で良いと思います。 比重1. 81と非常に高比重のため、仕掛けの馴染みが早くリーダーの風合いも硬すぎず、柔らかすぎずでちょうど良いです。 ジグ(メタルジグ) メタルジグはそれこそ各社から毎月新商品が発売されていますので、あれこれ頭を悩ませてください。 釣具店でルアーを物色しながら、魚が釣れるシーンを想像するのは非常に楽しいものです。 ちなみに、先ほども紹介したようにルアーの価格と釣果はあまり関係ありません。 安価なものをたくさん集め、釣りの現場でどれだけたくさんのルアーを使ったか大事です。 高価なルアーを揃えてもロストが怖くて使えなかったというのでは本末転倒です。 【メジャークラフト】ジグパラ 20g 実績充分の高コスパルアーとして、あまりにも有名なメジャークラフトのジグパラシリーズ。 スーパーライトジギング用としては、20g〜40gくらいまでを何色か持っていれば頼もしいパートナーになります。 スーパーライトジギングの始め方まとめ いかがでしたでしょうか? 今回、釣りラボでは、「スーパーライトジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン|初心者必見」というテーマに沿って、「スーパーライトジギングとは?」「スーパーライトジギングの釣り方・コツ」「スーパーライトジギングにおすすめのタックル・道具」「スーパーライトジギングで使うノット・結び方」といったことをご紹介してきました。 他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。 もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。 この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます.

次の

オフショアのスーパーライトジギングのリールについて

スーパー ライト ショアジギ ング

状況次第かな。 攻め方を分けることもあります。 5号) ・14ステラC3000SDH(0. 5号) ・18ステラ4000(0. 使いやすいのはシマノならノーマルギアの3000番。 最大巻上長が80cm未満のモデル。 ハイギアもしくは最大巻上長が80cmを超えてくると、セットするロッドとの相性に影響が出易い気はします。 18ステラ4000番が典型的でした。 7fのロッドなら差ほどでもないですけど、オフショア用で6. 3fとか一般的なレングスになると、限られたレンジでの細かい攻めをするには合わなかったです。 タングステンは少なからず、鉛よりジャーク間のフォールも早いモノが多いので、ピッチ幅の微調整が必要になるかもしれないです。 こればかりは人それぞれ癖もあるし、あくまで私の場合の使用感。 一応、14ステラと15ツインパはエギング・ティップランからの流用です。 リーダーは4号。 60cmくらいのシイラも取れるし、40cm程度のシオ(カンパチの幼魚)も取れています。 同船者とのオマツリ回避や手返しがUPするので釣果が伸びます。 5号+リーダー6号なら十分すぎるくらいになります。 でも、やりこむほど、細かい点が見えてくるようになると思います。 余談が多くなりましたけど、地域性を考慮しての判断にはなると思うけど、選択肢からだと4000(PG?)が無難だと思います。 ツインパは4000PG(現行)は30mくらいまでのポイントなら楽しめると思います。 ただ、T字ハンドルは手が痛くなると思います。

次の

スーパーライトジギングで釣れる魚達13選!人気上昇中の理由と魅力を徹底解剖!

スーパー ライト ショアジギ ング

ただ巻きベースの釣りの場合、タイラバタックルを使うことが多いのですが、タイラバの場合圧倒的にベイトリールとベイトロッドの展開が多いからです。 あとはベイトリールの方が使いやすい、パワーが有るという理由もあると思うのですが、あくまでもこのへんは個人的な主観が大きく影響しているので、なんとも言えません。 重いジグを使ったジギングの場合、僕もベイトリールのほうがいいと感じていますが、タイラバTGベイトだったら、スピニングでも十分です。 ありがたいことに、ブログやSNSなどのDMなどでスピニングを買いたいけど、スピニングのメリットはなにか?どんなスピニングを使えばいいのか?という話をちょくちょく話題に上がるので、簡単に書きたいと思います。 先日、ラインの話でも有りましたが、あくまでも僕の気持ちの話ですので、異論等はあると思いますが、こんな考え方もあるのだと参考程度に読んでいただければと…。 スピニングリールのメリット スピニングリールでスーパーライトジギングをする最大のメリットは、フォールの速さです。 真鯛の釣り方の復習の記事でも書きましたが、僕はカヤックフィッシングにおいて、魚探を見ながらTGベイトを落として釣りをすることが多いです。 真鯛がその場でじっとしているとは限らない、すぐに移動してしまうかもしれないという中なので、できる限りフォールを早くする方が良いと考えています。 ベイトリールの場合、どうしてもテンションが掛かってしまいますが、スピニングリールでは、スプールが完全フリーになるのでベイトと比較すると少し早いです。 ほんの少しですが、早く落ちてほしいのでスピニングを使っている次第です。 スピニングリールを使うと、ベイトリールと比較して着底時の動作が遅くなると思われる方も多いのですが、落ちるタイミングが想定できれば特に不自由することは有りません。 ラインをフリーにして、終始ぼ〜っとしているのであれば、あれですがマーク付きのラインと、それと魚探さえあれば、いつ着底するのか想定できます。 なので、僕としてはあまりそのデメリットはないです。 ベールをめくるのが手間ということも僕的には感じないので、今に至っています。 あとは、僕自身あまり手が大きくないので、スピニングリールのほうががっちり持てるので安心感はあります。 サイズは4000番程度が無難 最終的には、ロッドとのバランスを合わせるのが一番ですが、一般的なスーパーライトジギング用のロッドであれば、4000番程度のリールが無難だと思います。 ただ、3000番でも構いません。 3000番の方が小さく軽いので、釣りをしていて楽に感じるかもしれません。 僕が子供の頃は、3000番台でもかなり大きく、4000番台だとめちゃくちゃでかくかった記憶がありますが、最近では技術も進歩しておりモノコック構造も増えたことから、4000番でもかなり軽量でコンパクトになっています。 4000番台の方が、ドラグ力が大きなものもあるので、大きめを選んでおくと不意の大物でも落ち着いて対処することができるでしょう。 ノーマルかハイギアか? 僕は、縦の釣りにおいてベイトリールはハイギアを使っているのですが、スピニングリールではローギア?パワーギア?ノーマルギアをしています。 ハイギア系のリールは、巻き上げが早くなる一方で、パワーが少なく巻いていて重さを感じやすいです。 ただ、ベイトリールの場合は不思議と重く不自由に感じません。 中深海でやることを考慮してもハイギアにしてよかったと感じています。 一方で、スピニングリールの場合、ハイギアのリールを巻いていると結構重いです。 ただ巻きしているスピードならあまり気にならないのですが、回収巻きをしていると顕著にあらわれます。 ただ、ハイギア系のほうが回収は早いですよね。 あと、ちゃんとしたジギングならハイギアのほうが便利なことも。 あくまでもTGベイトのただ巻き用です。 現在1軍のスピニングリール 現在、使っているのはダイワのセルテートLT4000-Cです。 マグシールドには賛否両論あるのですが、現状1年間かなりの頻度で使っていますが、シャリ感もなくいまだになめらかな巻き心地を維持しています。 現在キャスティング港北店の凄腕カヤックフィッシャーマンにおすすめしてもらって予約購入しましたが買ってよかったと思っています。 以前までのセルテートというと、頑丈さを売りにして多少の重さは目をつむっていた感じですが、LT化させて一気に軽くなりました。 頑丈さと軽さが同居しているのは不思議な感じですが、使っていて実感しているので驚きです。 あと、ローターが意外なほどしっかりと強いので、大物がかかった時もローターがたわんだりして力が逃げてしまうことがありません。 以前使っていたスピニングリール 19セルテートを購入する前に使っていたのが、シマノのバイオマスターSW 4000XGです。

次の