セルフカット 後ろ 女 セミロング。 女性のセルフカットのやり方は?ミディアムやセミロングの後ろ髪の切り方も♡

セルフカットで女性のロングを切るコツ!レイヤーを作るときのコツは?

セルフカット 後ろ 女 セミロング

セルフカットでロングヘアをミディアムにカットする方法 ロングヘアをカットする際は自分のなりたいイメージのミディアムヘアをイメージし長さを決め、髪の毛をブロッキングし下からちょっとずつ切ります。 詳しくカットの方法を紹介していきますね。 髪の毛をブロッキングして切る準備 髪を切る際に• そのままコームでとかさずに切ったり• 髪に癖がついたまま切ったり してしまうと、髪の長さがまちまちになってしまいます。 仕上がりが不自然になってしまわない様に必ずハサミを入れる前にクセをしっかり水で濡らしクシでとかし、うねったままの髪の毛がないようにしましょう! 長さをバッサリ切る際は濡れている方がまとめて切りやすいので• 濡らす• タオルドライ• クシでとかす• 髪の毛をブロッキング していきます。 この分けている束ごとに切っていきます。 誤って他の毛を切ってしまわないように、ヘアクリップで横・後ろをしっかり留めましょう。 ミディアムにカットする方法は? まずロングヘアのセルフカットをするポイントは、ブロッキングです! 目安として後ろは4つブロッキングすると、切りやすいです。 切りにくい時は更にブロッキングを細かくとると切りやすくなります。 ブロッキングしにくい場合は真ん中で分けて1、2、3、4のブロッキングを左右でしましょう。 ブロッキングしたところを順番にまっすぐ切りたい長さに切っていきましょう。 横は耳後ろでブロッキングし、2つにわけて切りましょう。 2つに分けるポイントは目の高さです! 後ろの髪の毛を横に持ってきて、横と後ろの長さを一緒になるようカットしましょう。 全体的にレイヤーが入れやすいように一度髪全体を同じ長さでそろえましょう! スポンサーリンク セルフカットでミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は? ミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は、はさみ一回で切れる量の毛束を 縦に取り分け、細かくブロッキング部分の 毛束を上部に引き上げながら切るとレイヤーが入ります。 詳しく• レイヤーの切り方• レイヤーの種類 をご紹介していきます。 ミディアムヘアにレイヤーを入れる方法は? レイヤーを入れる際は、切りすぎないように乾かしカットしましょう。 乾いたらカットしていきます。 カットする際はミディアムヘアに切ったとき同様しっかりと細かくブロッキングします。 ブロッキングをしたら、はさみ一回で切れる量の毛束を縦にとりカットしていきます。 カットする際髪が床に対して平行になるように真っすぐ持ちレイヤーを入れたい部分からカットしていきます。 レイヤーが入れにくい際はレイヤーを入れたい長さをゴムで結んで印をつけ、その部分をカットしましょう。 こうすることでレイヤーを簡単に入れることができます。 ミディアムレイヤーをすく方法は? はさみでカットしただけでは、ガタガタで綺麗な出来上がりとは言えません。 すく際はすきバサミを使いしっかり馴染ませていきましょう。 ブロッキングした部分を縦でスライスをとり根本すぎない中間から毛先に向けてすいていきましょう。 スライスを取る際は細かくとっていくとすきやすく、やりやすいです。 また髪の表面をすきすぎるとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすいていきましょう。 前髪の量をすきバサミで減らす際も、前髪の表面を切らずに内側を切りましょう。 毛量が気になる部分だけすきます。 特に毛量が多くて気になる方は• 耳後ろ• 襟足 を多めにすいてあげるとスッキリします。 すく際はちょっとずつ全体のバランスを見ながら微調整していきましょう!.

次の

セルフカット初心者さんへ。【すきバサミ】の1から100までご紹介

セルフカット 後ろ 女 セミロング

「お金がなくて美容院に行けない」「美容院が苦手」「忙しくて美容院に行く暇がない」「美容院で希望通りの髪型にならない」など、髪は伸びても美容院に行けない、行きたくないという女性も多いのではないでしょうか。 最近では新型コロナウイルスの影響もあり、行くタイミングが難しかったり、行ってもいいのか分からないという方も増えています。 そんな昨今、セルフカットができればいいなと思ったことはありませんか? セルフカットで失敗したら…と思うとなかなか怖くて切れないという方も多いです。 しかし、きちんと切り方を覚えれば意外と簡単にできますよ。 ショートヘアだと失敗が目立ってしまいますが、ロングヘアだと多少失敗しても、髪が多いので案外目立ちません。 髪の量が多いからちょっとすくだけ、髪が傷んできたから毛先だけ切りたい、レイヤーを入れたいなど様々な要望に合わせて簡単にできるセルフカット方法をご紹介します。 コツをマスターしたら、後ろの髪も案外簡単にセルフカット可能なので、ロングヘアの女性は、ぜひセルフカットにチャレンジしてみましょう。 セルフカットする際に一番大事なのがハサミです。 本格的にセルフカットするのであればなるべくセルフカット用のハサミを使ってください。 普通のハサミでも切れないことはないですが、非常に髪が切りにくいですし、髪が傷む原因にもなってしまいます。 だからといって切れ味のいいプロ用のハサミを使うのはおすすめできません。 プロ用のハサミはとても鋭く、自分でセルフカットするときに、指を切ってしまう可能性もあります。 そのため初心者なら適度に切れ味がよく、コンパクトで使いやすいセルフカット用のハサミがおすすめ。 セルフカット用のハサミなら簡単で楽に髪を切ることができます。 最近ではセルフカットをする人が増えているため種類も豊富。 カットバサミやすきバサミ、コームなどが入ったセルフカット用のセットも売られています。 髪をすくために使うすきバサミは1度切っただけではあまり切れないので、慎重に切りたいときや長さを変えたくないとき、髪の量を調節したいときなどに役立ちます。 初めてのセルフカットですきバサミの使い方が分からないという方も、慣れれば簡単に髪がすけるので便利な道具です。 ただすきバサミによっては想像以上に髪が切れてしまうものもあり、あまり安いすきバサミだと髪が傷んでしまうので、慎重に選ぶ必要があります。 すきバサミを選ぶときに重要なのがスキ率です。 スキ率は高ければ高いほど髪が切れやすくなり、スキ率が低ければ、1回切っただけではほとんど切れません。 美容師さんは様々なスキ率のすきバサミを使い分けていますが、素人は使い分ける必要ありません。 セルフカットの時に調節しやすく簡単で使いやすいといわれている、スキ率20~30%程度のすきバサミがおすすめです。 切りたい長さが決まったら、その部分をもう一つのゴムでとめて印をつけます。 この時切りたい長さより余裕をもたせて印をつけると、調節するときにちょうどいい長さにしやすくなります。 そのゴムの部分にそってハサミを入れ、思い切ってスパっと切りましょう。 次に毛先を調節するため、再びゴムでブロッキングしていきます。 毛量に合わせてゴムで2つか3つくらいに分けて縛ってください。 分けた髪の毛先にハサミを入れていきます。 長さを調節したいならセルフカット用のハサミを斜めに入れて少しずつ調節しましょう。 毛先を軽くしたいならすきバサミを使います。 すきたい量にもよりますが、ハサミの根本までザックリハサミを縦に入れると、かなり毛先が軽くなりますよ。 あとは左右のバランスを見て、長さや量の調節をすれば完成です。 まずは同じ箇所をすかないようにゴムでブロッキングすることが大切です。 ブロッキングの数はすきたい量によって個人差があります。 細かくブロッキングした方がすきやすいですし、少しずつすくことができるので、バランスを見ながら調節しやすくなります。 後ろの髪やサイドの髪など自分がすきたい部分が決まっている方は、その部分をブロッキングし、髪全体をすきたい場合は、なるべく細かくブロッキングしましょう。 髪の量が多くてブロッキングが大変という女性やクセ毛の女性は、髪を一度霧吹きなどで軽く濡らしておくと髪の広がりを抑えましょう。 ただしその場合は髪のボリュームが分かりづらくなるので、切りすぎないように注意してください。 髪をすくときのポイントは、髪の量を減らしたいだけなら髪の毛の中間から毛先に向かってすくようにすること。 髪の表面を切るとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすきましょう。 ただ頭頂部付近を短く切ると、短い毛がピンと跳ねて不自然な仕上がりになってしまうので、注意してください。 髪のボリュームがなくなるのが嫌な方は、髪の内側を短めにすくと表面の長い髪が短い髪に支えられてふわっと見せることができます。 この場合も内側の髪を短くしすぎると短い毛が表面に出てきてしまうので、最低でも根元から3㎝以上は残すようにしてください。 髪の後ろをすくときはブロッキングして、しっかり鏡をチェックしながら切ります。 後ろの髪は見えづらいのですきすぎて不自然になっていても、分かりづらい部分です。 あくまで慎重に後ろの髪のボリュームを確認しながら、切っていきましょう。 すきバサミは、セルフカットで簡単に髪をすくことができる便利なハサミですが、使い方によっては髪が傷んでしまいます。 どんな使い方が傷みやすいのか、髪が傷まないように使うにはどうすればいいのかについて確認しておきましょう。 すきバサミを使う時にやりがちなのが、すきバサミを髪の毛にザクザク何度も入れてしまうこと。 これは切れ毛の原因になってします。 毛先をすくときもそうですが、必要以上にハサミを入れるのではなく、入れる回数を減らすようにすると、髪の傷みを軽減することができます。 またすきバサミを入れた時、そのまま髪をスライドさせて切れた髪を払う行為もNG。 髪にすきバサミをスライドさせると髪が削れてしまうので、当然髪が傷んでしまいます。 対策法としてはきちんと1回1回ハサミを閉じて切り、開けて移動させること。 そのため髪の束を作ってそれをねじり、数回すきバサミを入れる方法が効果的です。 また切れた髪の毛を落とすときはクシなどを髪に通して払いましょう。 髪が傷むことを防ぐにはある程度高いすきバサミを使うのが一番です。 100均や市販の安いすきバサミはどうしても傷みやすくなります。 ただ安いすきバサミを使う場合も、注意点に気をつけるだけで多少髪の傷みを軽減することができるので、意識してみてください。

次の

セルフカットは楽しい!女性でも出来る「自分で髪を切る方法」

セルフカット 後ろ 女 セミロング

「お金がなくて美容院に行けない」「美容院が苦手」「忙しくて美容院に行く暇がない」「美容院で希望通りの髪型にならない」など、髪は伸びても美容院に行けない、行きたくないという女性も多いのではないでしょうか。 最近では新型コロナウイルスの影響もあり、行くタイミングが難しかったり、行ってもいいのか分からないという方も増えています。 そんな昨今、セルフカットができればいいなと思ったことはありませんか? セルフカットで失敗したら…と思うとなかなか怖くて切れないという方も多いです。 しかし、きちんと切り方を覚えれば意外と簡単にできますよ。 ショートヘアだと失敗が目立ってしまいますが、ロングヘアだと多少失敗しても、髪が多いので案外目立ちません。 髪の量が多いからちょっとすくだけ、髪が傷んできたから毛先だけ切りたい、レイヤーを入れたいなど様々な要望に合わせて簡単にできるセルフカット方法をご紹介します。 コツをマスターしたら、後ろの髪も案外簡単にセルフカット可能なので、ロングヘアの女性は、ぜひセルフカットにチャレンジしてみましょう。 セルフカットする際に一番大事なのがハサミです。 本格的にセルフカットするのであればなるべくセルフカット用のハサミを使ってください。 普通のハサミでも切れないことはないですが、非常に髪が切りにくいですし、髪が傷む原因にもなってしまいます。 だからといって切れ味のいいプロ用のハサミを使うのはおすすめできません。 プロ用のハサミはとても鋭く、自分でセルフカットするときに、指を切ってしまう可能性もあります。 そのため初心者なら適度に切れ味がよく、コンパクトで使いやすいセルフカット用のハサミがおすすめ。 セルフカット用のハサミなら簡単で楽に髪を切ることができます。 最近ではセルフカットをする人が増えているため種類も豊富。 カットバサミやすきバサミ、コームなどが入ったセルフカット用のセットも売られています。 髪をすくために使うすきバサミは1度切っただけではあまり切れないので、慎重に切りたいときや長さを変えたくないとき、髪の量を調節したいときなどに役立ちます。 初めてのセルフカットですきバサミの使い方が分からないという方も、慣れれば簡単に髪がすけるので便利な道具です。 ただすきバサミによっては想像以上に髪が切れてしまうものもあり、あまり安いすきバサミだと髪が傷んでしまうので、慎重に選ぶ必要があります。 すきバサミを選ぶときに重要なのがスキ率です。 スキ率は高ければ高いほど髪が切れやすくなり、スキ率が低ければ、1回切っただけではほとんど切れません。 美容師さんは様々なスキ率のすきバサミを使い分けていますが、素人は使い分ける必要ありません。 セルフカットの時に調節しやすく簡単で使いやすいといわれている、スキ率20~30%程度のすきバサミがおすすめです。 切りたい長さが決まったら、その部分をもう一つのゴムでとめて印をつけます。 この時切りたい長さより余裕をもたせて印をつけると、調節するときにちょうどいい長さにしやすくなります。 そのゴムの部分にそってハサミを入れ、思い切ってスパっと切りましょう。 次に毛先を調節するため、再びゴムでブロッキングしていきます。 毛量に合わせてゴムで2つか3つくらいに分けて縛ってください。 分けた髪の毛先にハサミを入れていきます。 長さを調節したいならセルフカット用のハサミを斜めに入れて少しずつ調節しましょう。 毛先を軽くしたいならすきバサミを使います。 すきたい量にもよりますが、ハサミの根本までザックリハサミを縦に入れると、かなり毛先が軽くなりますよ。 あとは左右のバランスを見て、長さや量の調節をすれば完成です。 まずは同じ箇所をすかないようにゴムでブロッキングすることが大切です。 ブロッキングの数はすきたい量によって個人差があります。 細かくブロッキングした方がすきやすいですし、少しずつすくことができるので、バランスを見ながら調節しやすくなります。 後ろの髪やサイドの髪など自分がすきたい部分が決まっている方は、その部分をブロッキングし、髪全体をすきたい場合は、なるべく細かくブロッキングしましょう。 髪の量が多くてブロッキングが大変という女性やクセ毛の女性は、髪を一度霧吹きなどで軽く濡らしておくと髪の広がりを抑えましょう。 ただしその場合は髪のボリュームが分かりづらくなるので、切りすぎないように注意してください。 髪をすくときのポイントは、髪の量を減らしたいだけなら髪の毛の中間から毛先に向かってすくようにすること。 髪の表面を切るとヘアスタイルが崩れてしまう可能性があるので、内側をすきましょう。 ただ頭頂部付近を短く切ると、短い毛がピンと跳ねて不自然な仕上がりになってしまうので、注意してください。 髪のボリュームがなくなるのが嫌な方は、髪の内側を短めにすくと表面の長い髪が短い髪に支えられてふわっと見せることができます。 この場合も内側の髪を短くしすぎると短い毛が表面に出てきてしまうので、最低でも根元から3㎝以上は残すようにしてください。 髪の後ろをすくときはブロッキングして、しっかり鏡をチェックしながら切ります。 後ろの髪は見えづらいのですきすぎて不自然になっていても、分かりづらい部分です。 あくまで慎重に後ろの髪のボリュームを確認しながら、切っていきましょう。 すきバサミは、セルフカットで簡単に髪をすくことができる便利なハサミですが、使い方によっては髪が傷んでしまいます。 どんな使い方が傷みやすいのか、髪が傷まないように使うにはどうすればいいのかについて確認しておきましょう。 すきバサミを使う時にやりがちなのが、すきバサミを髪の毛にザクザク何度も入れてしまうこと。 これは切れ毛の原因になってします。 毛先をすくときもそうですが、必要以上にハサミを入れるのではなく、入れる回数を減らすようにすると、髪の傷みを軽減することができます。 またすきバサミを入れた時、そのまま髪をスライドさせて切れた髪を払う行為もNG。 髪にすきバサミをスライドさせると髪が削れてしまうので、当然髪が傷んでしまいます。 対策法としてはきちんと1回1回ハサミを閉じて切り、開けて移動させること。 そのため髪の束を作ってそれをねじり、数回すきバサミを入れる方法が効果的です。 また切れた髪の毛を落とすときはクシなどを髪に通して払いましょう。 髪が傷むことを防ぐにはある程度高いすきバサミを使うのが一番です。 100均や市販の安いすきバサミはどうしても傷みやすくなります。 ただ安いすきバサミを使う場合も、注意点に気をつけるだけで多少髪の傷みを軽減することができるので、意識してみてください。

次の