ステ振り。 【仁王2】ステ振りのおすすめ能力

ステ振り!

ステ振り

もくじ• 刀の特徴 刀は 攻撃の振りが速く、小回りが利くので、隙が少ないバランスの取れた武器です。 初期武器で選ぶと「心」が上がるため、最初から刀を使っている方も多いと思います。 武技には「居合系」や「カウンター系」もあり、多彩な攻め方ができるの利点ですね。 カウンター系の守護霊を選んでいない場合は、刀でカウンターを決めるのも選択肢の一つ。 ガード状態で気力回復速度を上昇させるスキルもあり、ガードメインでの戦い方が強いです。 そして、 刀で最も優れているのは、「心」を上げることで攻撃力が上がるという点。 心は気力に関わってくるため、刀を強くすると同時に気力も上げられるのは便利。 豊富な気力を利用し、ガンガンコンボを決めていきましょう! おすすめのステ振り 刀は「心」で攻撃力が上がっていくので、 「心」に最優先で振っていきます。 次に中装の特殊効果のために、「武」も上げていきます。 気力が高ければ高いほど、敵と戦いやすくなりますしね。 どんな武技・スキルを習得すべき? 刀は どの構えも使いますが、メインで使うのは中段の構えです。 中段は攻撃が速く、攻撃範囲が横に広いので隙が出来にくいですね。 おすすめの武技は 「剣気、居合、逆波、足蹴」が使いやすいです。 居合は、能刀状態から強力な一撃を繰り出す技で、敵に気付かれていない場合は積極的に使います。 剣気は、周囲に剣気を放って敵をひるませる武技で、敵に隙を作る際に重宝しますね。 逆波は、敵の攻撃を受ける直前にガードすると、攻撃を弾き返し敵の体勢を崩す武技で、こちらも非常に重宝します。 常時発動スキルは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨、鎧通しの法」がおすすめ。 奥義「殺人剣」は『刀で背後から攻撃した際のダメージが増加する』ので、居合との相性抜群です。 まとめ 刀はまさに侍の武器なので、最も仁王の雰囲気には合いますね! 刀が使いにくいアクションゲームは無いと言っても過言では無いですし、迷ったら刀から使いましょう。 見た目も格好いいですしね。

次の

【Fallout 76】S.P.E.C.I.A.L.(ステ振り)とPerkカードのあれこれ

ステ振り

MATKは魔法攻撃力なので、マジシャンの魔法系のスキルで攻撃する時のダメージが上がります! MATKはINT 知力 を上げることで上昇するので、魔法系の職を育成するならINTにステ振りしていけばいいことになります。 また、各ステータスを防御力に例えると、物理ダメージに対する防御力ならDEFを上げるのです。 魔法ダメージなら魔法防御力ですね。 上げるべきステータスは ・敵に攻撃時クリティカルが発生しやすくなる ・敵から攻撃を受ける時クリティカルが発生しにくくなる ・パッシブスキルの効果を最大限発揮できるようになる ステ振りをDEXに振るメリットはこんな感じ。 DEXに振ると与えるダメージが増える DEXにステ振りすると、 敵に与えるダメージが増えます。 もちろんSTRやINTを上げることでも、キャラクターの攻撃力が増えるのは間違いありません。 なのにどうしてDEXを上げるのか? それは、職業によっては物理スキルも魔法スキルも使う職もあるからです。 STRしか振り分けていなかった場合、上位職に転職してからINTが必要になったら・・? INTが初期値のままでは攻撃力が弱くて、まともに狩することもできなくなります。 ウォリアーなんて思いっきり物理職だと思ってたのに、魔法も使えるんだねー!そうなるとやっぱりDEXが必要になりそう・・だね。。 敵から受けるダメージを軽減できる DEXを振り分けておくと、 敵からダメージを受ける時のダメージを軽減できます。 クリティカルが発生しにくくなる分、DEFやMDEFが少なくても受けるダメージを少なくすることができるんです。 実際僕も、DEXを初期値にしてメインタワーの高階層で狩をして見たのですが DEFばかり上げてDEXが足りないと、クリティカル攻撃ばかり受けてあっという間にHPが削られていったんです・・。。 で、DEXに振り分けたキャラクターで同じ階層で狩をしてみると、クリティカルが受けなくなるせいかHPがそれほど削られなくなったんです。 ・クリスタケースによる効果 ・装飾品による効果 ・バフスキルによる効果 ・ジョブによるパッシブスキルによる効果 ・ギルドのパッシブスキルによる効果 赤枠部分に書かれているステータスは、上で紹介しているようにいろいろな効果によって得られるステータスなんです。 レベルアップで振り分けたステータスが1000なのに対し、右側に1508って・・すごく無いですか? アヴァベルでは、レベルアップ時に得られるステータスボーナス以外にも、これだけたくさんのステータス付与効果のあるシステムがあるんです。 そのためゲームを始めたばかりの人は、STRやINTに振り分けるんじゃなくて、DEXに振り分けておいて後からSTRやINTを振り分けていけばいいのです。 ・ステ振りできるステータスは全部で5種類 ・振り分けるステータスは職業ごとに考える ・初心者が振るべきステータスはDEXがオススメ ・ステ振りを間違ってもリセットすることができる ゲームを始めたばかりの人は、特にステ振りについて悩むと思います。 アヴァベルオンラインでは、ステ振りはDEXに振り分けていくことで基本的に問題なく高レベルまでキャラクターの育成をすることができます。 職業ごとにステ振りの違いは多少ありますが、DEXはどの職業でも必要になるため振り分けておいて損はありません。 階層が上がると必要DEXが増える ちなみにですが、DEXにステ振りをしたとして「クリティカルもたくさん出るし、DEXはこのくらいでいいのかな?」っと思うこともあると思います。 HPも欲しいからVITに振り分けたい 攻撃力が欲しいからSTRやINTに振り分けたい と言う人もいると思います。 アヴァベルでは、メインタワーの階層を上げていくと求められるDEXも増えていきます。 そのためDEX1000でどの階層でも足りるのか?と言われると、DEX1000だと将来的に足りなくなります・・。

次の

イルーナ戦記 スタブアサシン 装備・ステ振りまとめ 【2020年5月更新】|イルーナ

ステ振り

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の