まつ ざか 先生 なん j。 石坂浩二

登録名字一覧さ行(さ、し、す、せ、そ) 名字見聞録

まつ ざか 先生 なん j

現役の、および、ジャニーズJr. 扱いのままで 退所した人物の氏名を、可能な限りまとめた 総合一覧。 も併せて掲載。 による審査をパスしていないは除く。 なお、実際にはこの一覧の倍近くの数の元Jr. が存在する。 (掲載をご希望される元Jr. の方は、簡単なプロフィールと、何かジャニーズに所属していたことを証明できる画像を添付された上で、メールにてご連絡下さい。 のメンバー。 のメンバー。 各人物の詳細は、 の各項目を参照。 また、Jr. ではなくバンド専門のメンバーについては、 「 」の項目を参照。 索引 あ行 あ• 相浦拓也 (あいうら たくや。 1984年生)• 相川勇気 (あいかわ ゆうき。 1990年生)• 相澤聡 (あいざわ さとし。 生年未詳)• 相沢祐輝 (あいざわ ゆうき。 1985年生)• 藍野龍樹 (あいの たつき。 1995年生)• 青木滉平 (あおき こうへい。 2001年生)• 青木佑樹 (あおき ゆうき。 青木龍太郎 (あおき りゅうたろう。 青沼リドゥアン (あおぬま りどぅあん。 1991年生)• 青野歩輝 (あおの いぶき。 1998年生)• 赤石恭佑 (あかいし きょうすけ。 1994年生)• 赤垣海斗 (あかがき かいと。 1997年生)• 赤木耀 (あかぎ よう。 2001年生) 研修生• 赤坂武彦 (あかさか たけひこ。 1968年生)• 赤沢裕紀 (あかざわ ゆうき。 1987年生)• 赤名竜乃介 (あかな りゅうのすけ。 赤間信一 (あかま しんいち。 赤間直哉 (あかま なおや。 1991年生。 後に一時期、熊野直哉)• 秋国晋吾 (あきくに しんご。 安芸翔亮 (あき しょうすけ。 秋田拳 (あきた けん。 秋永拓哉 (あきなが たくや。 1992年生)• 秋葉瑠世 (あきば りゅうせい。 秋山伊織 (あきやま いおり。 1988年生)• 秋山純 (あきやま じゅん。 1980年生) 元・モデル、子役俳優• 秋山大河 (あきやま たいが。 1992年生)• 秋山大地 (あきやま だいち。 1997年生)• 秋山知哉 (あきやま ともや。 1983年生)• 阿久津慎太郎 (あくつ しんたろう。 1995年生。 後の阿久津 愼太郎)• 揚石浩吉 (あげいし こうきち。 1960年生)• 浅井拓郎 (あさい たくろう。 浅香一輝 (あさか いつき。 2000年生)• 浅香航大 (あさか こうだい。 1992年生)• 朝倉健仁 (あさくら けんじ。 1971年生)• 浅倉吏玖 (あさくら りく。 浅田葵 (あさだ あおい。 1999年生)• 朝田淳弥 (あさだ じゅんや。 麻田泰佑 (あさだ たいすけ。 浅田大輔 (あさだ だいすけ。 生年未詳)• 浅田敏行 (あさだ としゆき。 1960年生。 後のT-ASADA)• 浅田学 (あさだ まなぶ。 朝野敢太 (あさの かんた。 浅野春樹 (あさの はるき。 浅野まさひろ (あさの まさひろ。 漢字不明。 生年未詳)• 朝日清孝 (あさひ きよたか。 朝村智史 (あさむら さとし。 安嶋秀生 (あじま ひでき。 2002年生)• 東昌孝 (あずま まさたか。 1967年生) 元・子役俳優• 阿達慶 (あだち けい。 足立匡 (あだち たすく。 1993年生。 安達疾風 (あだち はやて。 1998年生)• 安達雅哉 (あだち まさや。 新和樹 (あたらし かずき。 新裕樹 (あたらし ゆうき。 我妻恒太 (あづま こうた。 1986年生)• 我妻祐太 (あづま ゆうた。 1988年生)• 穴沢真啓 (あなざわ まさひろ。 1983年生)• 阿部顕嵐 (あべ あらん。 1997年生)• 阿部順一 (あべ じゅんいち。 1966年生)• 阿部尊 (あべ たける。 1997年生)• 阿部冬夜 (あべ とうや。 1996年生)• 阿部直人 (あべ なおと。 1971年生)• 阿部嶺宏 (あべ みねひろ。 天野賢 (あまの けん。 天野光男 (あまの みつお。 1962年生)• (あゆかわ たいよう。 1991年生)• 新井一馬 (あらい かづま。 1996年生。 注:「かずま」ではない)• 新井紀一 (あらい のりかず。 1969年生)• 荒木翔 (あらき しょう。 荒田至法 (あらた しほう。 1994年生)• 荒畑良 (あらはた りょう。 生年未詳)• 有馬海輝 (ありま。 1994年生)• 有馬信平 (ありま しんぺい。 2003年生)• 有本祐 (ありもと ゆう。 有山勇輝 (ありやま ゆうき。 1987年生)• 有賀達也 (あるが たつや。 1986年生)• 粟島瑞丸 (あわしま ずいまろ。 アンダーソン (Anderson。 本名&旧芸名:アンダーソン・ケイシー 孝〔Casey たかし Anderson〕。 1995年生。 後のCASEY)• 安東心 (あんどう しん。 1995年生)• 安藤大介 (あんどう だいすけ。 1993年生) 研修生• 安藤貴徳 (あんどう たかのり。 1991年生。 安東正貴 (あんどう まさき。 安藤将輝 (あんどう まさてる。 1993年生)• 安藤靖浩 (あんどう やすひろ。 1987年生)• 安倍将彦 (あんばい まさひこ。 1981年生) 元気Jr. 安蒜厚志 (あんびる あつし。 1983年生) い• 飯田恭平 (いいだ きょうへい。 1987年生)• 飯塚翼 (いいづか つばさ。 1995年生)• 飯井郁弥 (いい ふみや。 1987年生)• 飯森拓規 (いいもり たくみ。 1995年生)• 五十嵐〇〇 (いがらし。 生年未詳) の初期メンバー• 五十嵐慶一 (いがらし けいいち。 1981年生。 後の漫画家 兼 女装タレント・いがらし奈波〔ななみ〕) 声優・ 井上和彦と漫画家・ いがらしゆみこの息子。 五十嵐剛 (いがらし。 1975年生)• 五十嵐大樹 (いがらし たいき。 1996年生)• 五十嵐亮太 (いがらし りょうた。 生年未詳)• 五十嵐玲央 (いがらし れお。 2001年生)• 猪狩蒼弥 (いがり そうや。 2002年生) ローラーゲームチーム「東京ボンバーズ (第2次)」のキャプテン・猪狩直樹の息子。 猪狩裕一 (いかり ゆういち。 1982年生)• 生沢太一 (いくさわ たいち。 生年未詳)• 猪熊務 (いぐま つとむ。 1978年生)• 伊倉修平 (いくら しゅうへい。 1994年生)• 池田健太郎 (いけだ けんたろう。 池田聖矢 (いけだ せいや。 1996年生)• 池田虎雅 (いけだ たいが。 池田孝裕 (いけだ たかひろ。 1965年生)• 池田直樹 (いけだ なおき。 池田洋 (いけだ ひろし。 1960年生)• 池田真明 (いけだ まさあき。 池田優 (いけだ ゆう。 1990年生)• 池田優人 (いけだ ゆうと。 1998年生)• 池野祥矢 (いけの しょうや。 生年未詳)• 伊郷アクン (いごう あくん。 1988年生) 元・子役の「アクンIGO」• 井坂伸一 (いさか しんいち。 1970年生)• 井澤勇貴 (いざわ ゆうき。 1992年生)• 石井哲也 (いしい てつや。 1968年生。 後のTETSUYA)• 石垣大祐 (いしがき だいすけ。 1985年生) 俳優・石垣佑磨の弟• 石川拓哉 (いしかわ たくや。 1995年生)• 石川徹 (いしかわ とおる。 1972年生)• の弟2名 (氏名、生年未詳)• 石川力 (いしかわ。 生年未詳)• 石黒達也 (いしぐろ たつや。 1992年生)• 石黒佑樹 (いしぐろ ゆうき。 石毛伶治 (いしげ れいじ。 1998年生)• 石坂晴樹 (いしざか はるき。 1987年生)• 石澤晴太郎 (いしざわ せいたろう。 石澤正喜 (いしざわ まさき。 生年未詳)• 石地雄介 (いしじ ゆうすけ。 石田友一 (いしだ ともひと。 石田直也 (いしだ なおや。 1997年生)• 石田英剛 (いしだ ひでたか。 石塚恵太 (いしづか けいた。 1988年生)• 石堂敬太 (いしどう けいた。 生年未詳)• 石橋剣道 (いしばし けんどう。 1983年生) 元・舞台の子役• 石松晃 (いしまつ あきら。 1983年生)• 石丸志門 (いしまる しもん。 1967年生)• 石丸浩之 (いしまる ひろゆき。 1996年生)• 石山秀雄 (いしやま ひでお。 1972年生)• 石渡大和 (いしわた やまと。 石渡麗斗 (いしわた れいと。 1999年生)• 出雲優哉 (いずも ゆうや。 生年未詳)• 磯貝俊太朗 (いそがい しゅんたろう。 1995年生)• 磯崎拓真 (いそさき たくま。 1991年生)• 磯辺宏輝 (いそべ ひろき。 磯脇龍希 (いそわき りゅうき。 1998年生)• (いたごし てるなお。 1968年生。 後の板越ジョージ)• 井田竜聖 (いだ りゅうせい。 市川鉄也 (いちかわ てつや。 生年未詳)• 一ノ瀬航大 (いちのせ こうた。 1994年生)• 一宮大城 (いちみや たいき。 1999年生)• 市村俊英 (いちむら としひで。 生年未詳) 元気Jr. 井出〇〇 (いで。 井出康平 (いで こうへい。 1983年生) 研修生• 伊藤篤志 (いとう あつし。 伊東和宏 (いとう かずひろ。 1986年生)• 伊藤光希 (いとう こうき。 1996年生)• 伊藤純平 (いとう じゅんぺい。 1993年生)• 伊藤翔真 (いとう しょうま。 伊藤拓美 (いとう たくみ。 1995年生)• 伊藤達 哉 (いとう たつや。 1985年生)• 伊藤達 也 (いとう たつや。 生年未詳)• 伊藤智之 (いとう ともゆき。 1971年生)• 伊藤広志 (いとう。 生年未詳)• 伊藤博行 (いとう ひろゆき。 1984年生)• 伊藤政氏 (いとう まさし。 伊藤将利 (いとう まさと。 1998年生)• 伊東正美 (いとう まさみ。 1975年生)• 伊藤真路 (いとう まさみち。 1994年生)• 伊藤優太 (いとう ゆうた。 1993年生)• 伊藤庸介 (いとう ようすけ。 1990年生)• 伊藤竜道 (いとう りゅうどう。 1992年生)• 伊東亮輔 (いとう りょうすけ。 1985年生)• 稲葉光 (いなば ひかる。 1990年生)• 稲葉愛弥 (いなば まなや。 2000年生)• 稲葉通陽 (いなば みちはる。 2005年生)• 稲光一哉 (いなみつ かずや。 稲見友剛 (いなみ ともたけ。 1994年生)• 稲生匠馬 (いのう しょうま。 1993年生)• 井上和英 (いのうえ かずひで。 1983年生)• 井上健太 (いのうえ けんた。 1992年生)• 井上晴雄 (いのうえ はるお。 生年未詳)• 井上瑞稀 (いのうえ みずき。 2000年生)• 井上弥紗瑠 (いのうえ やしゃーる。 生年未詳) 姉はアイドルの井上菜多紗(井上星羅)• 井上祐樹 (いのうえ ゆうき。 1990年生)• 伊原尚希 (いはら なおき。 今井康揮 (いまい こうき。 1991年生) 研修生• 今泉篤二 (いまいずみ とくじ。 今井貴将 (いまい たかまさ。 1991年生)• 今井拓哉 (いまい たくや。 1995年生)• 今井希 (いまい のぞみ。 1994年生)• 今井龍世 (いまい りゅうせい。 1990年生)• 今江大地 (いまえ だいち。 今川晴司 (いまがわ せいじ。 今西章登 (いまにし あきと。 今村真也 (いまむら しんや。 生年未詳)• 今村隼人 (いまむら はやと。 1999年生)• 今山透 (いまやま とおる。 伊牟田嵐 (いむた あらし。 居村雅典 (いむら まさのり。 伊良波翔太 (いらは しょうた。 入江奏多 (いりえ かなた。 岩井浩司 (いわい こうじ。 1965年生)• 岩内大空 (いわうち たすく。 2000年生)• 岩岡修輝 (いわおか なおき。 1997年生)• 岩倉具博 (いわくら ともひろ。 1984年生)• (いわさ かつじ。 1971年生)• 岩佐英斗 (いわさ ひでと。 岩崎栄治 (いわさき えいじ。 2002年生)• 岩崎大すけ (いわさき だいすけ。 漢字不明。 生年未詳)• 岩崎富美雄 (いわさき とみお。 1963年生)• 岩沢勇典 (いわさわ ゆうすけ。 1984年生)• 岩瀬茂樹 (いわせ しげき。 生年未詳)• 岩瀬光 (いわせ ひかる or ひかり or こう。 生年未詳)• 岩辺駿 (いわなべ しゅん。 1993年生。 「岩辺徹」と誤植された資料あり)• 岩原怜音 (いわはら れおん。 生年未詳)• 岩本享也 (いわもと きょうや。 岩本孝司 (いわもと たかし。 1992年生)• 岩元弘志 (いわもと ひろし。 1983年生)• 岩本やすあき (いわもと やすあき。 本名:岩本穏陽。 1997年生。 ヴァサイェガ光 ( - ひかる。 1999年生) 兄。 元・子役タレント、モデル。 ヴァサイェガ渉 ( - わたる。 2003年生) 弟。 元・子役タレント、モデル。 植草裕太 (うえくさ ゆうた。 1995年生。 後の樋口裕太) 植草克秀と樋口千恵子の長男• 上里亮太 (うえさと りょうた。 1983年生)• ウェスリー・マッシー (1995年生)• 植田翔 (うえだ しょう。 1995年生)• 植田慎一郎 (うえだ しんいちろう。 上田怜苑 (うえだ れおん。 上時 裕介 (うえとき ゆうすけ。 上仲百波 (うえなか ゆわ。 1994年生。 上野航平 (うえの こうへい。 1988年生)• 上野総一朗 (うえの そういちろう。 上野諒太郎 (うえの りょうたろう。 1991年生)• 上野竜平 (うえの りょうへい。 1994年生)• 上原教春 (うえはら きよはる。 上原勝太郎 (うえはら しょうたろう。 1998年生)• 上村雅哉 (うえむら まさや。 植村良侑 (うえむら よしのり。 1981年生)• 魚谷輝明 (うおたに てるあき。 浮所飛貴 (うきしょ ひだか。 2002年生)• 潮田海人 (うしおだ かいと。 1992年生) 弟• 潮田竜也 (うしおだ たつや。 1991年生) 兄• 宇敷翼 (うしき つばさ。 1998年生)• 牛田悠介 (うしだ ゆうすけ。 1997年生)• 牛田裕大 (うしだ ゆうた。 (うじ まさたか。 1967年生)• 内海裕一 (うちうみ ゆういち。 1966年生) の兄• 内川一孝 (うちかわ かずたか。 内川雄希 (うちかわ ゆうき。 内澤祐豊 (うちざわ ゆうと。 1986年生) 元「スペース・パグ」所属の子役俳優• 内田栄樹 (うちだ ひでき。 1978年生)• 内村颯太 (うちむら そうた。 2003年生)• 内山 裕介 (うちやま ゆうすけ。 内山雄大 (うちやま ゆうだい。 1985年生) 研修生• 内龍星 (うち りゅうせい。 1998年生)• 内海啓貴 (うつみ あきよし。 1995年生)• 有働真帆 (うどう まほ。 1986年生。 畝本将吾 (うねもと しょうご。 卯野直敏 (うの なおとし。 愛称:クリマン。 生年未詳)• 右馬裕己 (う ば ゆうき。 梅川大陸 (うめかわ たいち。 梅北雄也 (うめきた ゆうや。 梅阪剛司 (うめさか たけし。 梅沢亮太 (うめざわ りょうた。 生年未詳)• 梅田貴裕 (うめだ たかひろ。 1970年生)• 浦野秀太 (うらの しゅうた。 1997年生)• 浦陸斗 (うら りくと。 瓜阪康裕 (うりざか やすひろ。 漆間優輝 (うるま ゆうき。 2000年生) え• 江上龍 (えがみ りゅう。 1994年生)• 江口尚人 (えぐち なおと。 1990年生)• 江口稜汰 (えぐち りょうた。 2002年生)• 江洲憂也 (えす ゆうや。 江田剛 (えだ つよし。 1987年生)• 江藤博樹 (えとう ひろき。 生年未詳)• (えのもと ゆうた。 1981年生)• (えばた いくみ。 1967年生) 双子の兄• (えばた いくよ。 1967年生) 双子の弟• 江原広樹 (えはら ひろき。 生年未詳)• 海老原修 (えびはら おさむ。 1972年生)• エリック・マッツィーリ (Erick Mazzilli。 1987年生)• 圓城裕司 (えんじょう ゆうじ。 1988年生)• 遠藤絢太 (えんどう しゅんた。 生年未詳)• 遠藤司 (えんどう つかさ。 1983年生)• 遠藤洋典アレキサンダー (えんどう ようすけ あれきさんだー)• 塩屋順次 (えんや じゅんじ。 及川雄介 (おいかわ ゆうすけ。 1982年生)• 大石憂 (おおいし ゆう。 大内〇〇 (おおうち。 1972年生。 後に「十川 〔そがわ〕」姓に改名)• 大内リオン (おおうち リオン。 大江康文 (おおえ やすふみ。 生年未詳)• 大川慶吾 (おおかわ けいご。 1993年生)• 大川翼 (おおかわ つばさ。 生年未詳)• 大久保彰将 (おおくぼ あきまさ。 1992年生)• 大久保勝友 (おおくぼ かつとも。 大久保祥太郎 (おおくぼ しょうたろう。 1995年生) 元「劇団ひまわり」所属• 大久保哲哉 (おおくぼ てつや。 1980年生)• 大久保凜玖 (おおくぼ りく。 生年未詳)• 大久保ルイス (おおくぼ るいす。 1993年生)• 大倉士門 (おおくら しもん。 (おおさか しゅんすけ。 1982年生)• 1989年生)• 大迫圭佑 (おおさこ けいすけ。 1992年生)• 大澤英一 (おおさわ。 生年未詳)• 大澤悠貴 (おおさわ ゆうき。 生年未詳)• 大島源貴 (おおしま げんき。 生年未詳)• 大嶌忍 (おおしま しのぶ。 1973年生)• 大嶋雄也 (おおしま ゆうや。 1989年生)• 大島幸広 (おおしま ゆきひろ。 1985年生)• 大杉直也 (おおすぎ なおや。 大関荷風 (おおぜき かふう。 2005年生)• 大関翔太 (おおぜき しょうた。 1991年生)• 太田隆司 (おおた たかし。 1989年生)• 太田哲司 (おおた てつじ。 1972年生)• 大谷幸生 (おおたに ゆきお。 1975年生)• 大谷怜爾 (おおたに れいじ。 大田裕明 (おおた ひろあき。 太田瑞稀 (おおた みずき。 生年未詳)• 大塚祐哉 (おおつか ゆうや。 1997年生)• 大槻誠吾 (おおつき せいご。 1983年生)• 大槻寿史 (おおつき ひさし。 スクール革命オーディション出身。 大堂裕史 (おおどう ゆうし。 大西風雅 (おおにし ふうが。 大西由郎 (おおにし よしろう。 大西流星 (おおにし りゅうせい。 大沼雄一郎 (おおぬま ゆういちろう。 1970年生)• 大野滉太 (おおの こうた。 生年未詳)• 大野靖司 (おおの せいじ or やすし or やすじ。 1972年生。 大橋和也 (おおはし かずや。 大橋智晴 (おおはし ともはる。 大東立樹 (おおひがし りつき。 大藤愛樹 (おおふじ あき。 1995年生) 弟• 大藤一樹 (おおふじ かずき。 1993年生) 兄• 大堀治樹 (おおほり はるき。 1984年生。 大村直毅 (おおむら なおき。 1980年生。 後の杵屋 勝国毅。 大村真有美の弟)• 大本隆史 (おおもと たかし。 1967年生)• 大本郁弥 (おおもと ふみや。 1991年生)• 大森剣人 (おおもり けんと。 生年未詳)• 大森隼 (おおもり はやと。 1993年生)• 大森將椰 (おおもり まさや。 1995年生)• 大屋賢司 (おおや けんじ。 1982年生)• 岡井光輝 (おかい こうき。 岡崎拓弥 (おかざき たくみ。 岡崎正志 (おかざき まさし。 1983年生)• 岡崎裕希 (おかざき ゆうき。 生年未詳) 研修生• 岡俊祐 (おか しゅんすけ。 岡田蒼生 (おかだ あおい。 岡田賢一郎 (おかだ けんいちろう。 1972年生)• 岡田純也 (おかだ じゅんや。 岡田翔平 (おかだ しょうへい。 岡田政治 (おかだ せいじ。 1985年生)• 岡田有二 (おかだ ゆうじ。 生年未詳) 研修生• 尾形来音 (おがた。 生年未詳)• 岡野祥太 (おかの しょうた。 岡村光一 (おかむら こういち。 1969年生)• 岡村勇市朗 (おかむら ゆういちろう。 岡村美輝 (おかむら よしき。 岡本修 (おかもと おさむ。 岡本一将 (おかもと かずまさ。 1994年生)• 岡本竜弥 (おかもと たつや。 生年未詳)• 岡本祐幸 (おかもと ひろゆき。 1961年生)• 岡本礼於 (おかもと れお。 1992年生)• 岡佑吏 (おか ゆうり。 小川清人 (おがわ さやと。 1985年生)• 小川恵光 (おがわ しげみつ。 1988年生)• 小川修平 (おがわ しゅうへい。 小川大樹 (おがわ ひろき。 1988年生)• 小川直 (おがわ ただし。 1993年生)• 小川直希 (おがわ なおき。 1979年生)• 小川浩 (おがわ ひろし。 1961年生)• 小川優 (おがわ ゆう。 1994年生)• 小川由資 (おがわ ゆうすけ。 1996年生)• 沖島友紀 (おきじま ゆうき。 興津辰哉 (おきつ たつや。 1983年生)• 荻野朋哉 (おぎの ともや。 1998年生)• 荻野未友治 (おぎの みゅうじ。 1999年生)• 小城原颯太 (おぎはら そうた。 荻原青空 (おぎわら そら。 生年未詳)• 奥田朗弘 (おくだ あきひろ。 小熊孝彰 (おぐま たかあき。 1991年生)• 奥村颯太 (おくむら そうた。 小倉和義 (おぐら かずよし。 生年未詳)• 小倉信作 (おぐら しんさく。 1983年生)• 尾崎龍星 (おざき りゅうせい。 長田卓也 (おさだ たくや。 1986年生)• 長亮太朗 (おさ りょうたろう。 小沢慧 (おざわ けい。 1986年生)• 小沢通可 (おざわ みちよし。 生年未詳)• 小関航 (おぜき わたる。 1984年生)• 小田賢太郎 (おだ けんたろう。 1969年生) 元「劇団若草」の子役• 小田将聖 (おだ しょうせい。 2006年生)• 小田治嗣 (おだ はるつぐ。 1985年 or 1986年生)• 尾田善希 (おだ よしき。 1982年生)• 落合兄丞 (おちあい きょうすけ。 落合誉男 (おちあい たかお。 生年未詳)• 落合悠介 (おちあい ゆうすけ。 小野勝洋 (おの かつひろ。 1977年生)• 小野島聖仁 (おのしま まさひと。 1983年生)• 小野寺一希 (おのでら いっき。 1993年生)• 小野寺伸定 (おのでら のぶさだ。 1959年生)• 小野美勇士 (おの みゅうじ。 小畑大 (おばた or こばた。 小布施博来 (おぶせ ひろき。 1988年生)• 小俣翔 (おまた しょう。 1998年生)• 尾身和樹 (おみ かずき。 1982年生)• 小山田英樹 (おやまだ ひでき。 1972年生)• 折内一樹 (おりうち かずき。 1997年生)• 折口龍馬 (おりぐち りゅうま。 1986年生)• 折田浩志 (おりた こうし。 1997年生)• 織山尚大 (おりやま なおひろ。 2003年生) (以上、125名) か行 か• 海宝潤 (かいほう じゅん。 1999年生) 元・子役俳優• 甲斐友一 (かい ゆういち。 1971年生)• カウアン (本名&旧芸名:岡本カウアン〔おかもと Kauan〕。 1996年生。 元「ソフィアモデルズインターナショナル」所属のモデル。 角田侑晟 (かくた ゆうせい。 1996年生。 後のYU-SEI vivit AZAZEL)• 掛川悠哉 (かけがわ ゆうや。 影山拓也 (かげやま たくや。 1997年生)• 樫村洋平 (かしむら ようへい。 1986年生)• 梶本剛司 (かじもと たかし。 梶山朝日 (かじやま あさひ。 1998年生)• 梶山知愉 (かじやま ちさと。 1984年生)• 柏木孝夫 (かしわぎ たかお。 1959年生)• 勝木湧也 (かつき ゆうや。 勝村健児 (かつむら けんじ。 桂川若葉 (かつらがわ わかば。 1994年生)• 桂隆人 (かつら りゅうと。 角井健人 (かどい けんと。 1997年生)• 加藤主馬 (かとう かずま。 加藤冠 (かとう かん。 1993年生。 後の月影禅〔つきかげ ぜん〕)• 加藤大輝 (かとう だいき。 生年未詳)• 加藤智規 (かとう とものり。 1989年生)• 加藤武史 (かとう たけし。 生年未詳)• 加藤弘之 (かとう ひろゆき。 生年未詳)• 加藤雄也 (かとう ゆうや。 生年未詳)• 加藤幸宏 (かとう ゆきひろ。 1987年生)• 加藤玲大 (かとう れお。 1995年生)• 門沢正人 (かどさわ まさと。 1995年生)• 門田忠士 (かどた ただし。 香取拓哉 (かとり たくや。 1997年生)• 金井謙太郎 (かない けんたろう。 生年未詳)• 金井大地 (かない だいち。 1997年生) 元・子役タレント• 金指一世 (かなさし いっせい。 2004年生)• 金沢将種 (かなざわ まさかず。 1975年生)• 金谷彰浩 (かなたに あきひろ。 金谷亮 (かなたに りょう。 金田未来 (かなた みらい。 1971年生)• 金鶴秀輝 (かなづる ひでき。 1999年生) 中国出身• 嘉成有悟 (かなり ゆうご。 1985年生) 元子役• 金内柊真 (かねうち とうま。 鐘ヶ江政輝 (かねがえ まさき。 1997年生)• 金子圭悟 (かねこ けいご。 生年未詳)• 金子圭佑 (かねこ けいすけ。 1987年生)• 金古卓 (かねこ すぐる。 生年未詳)• 金子卓也 (かねこ たくや。 金子直行 (かねこ なおゆき。 1985年生)• 金子直行 (かねこ なおゆき。 金田耀生 (かねだ ようせい。 2001年生) 元・子役• 金原竜二 (かねはら りゅうじ。 1994年生)• 加納大雅 (かのう たいが。 1998年生)• (かのや ひろき。 1966年生)• 椛 嶋尚之 (かばしま なおゆき。 1979年生。 『POTATO』1992年7月号の「椛 島」という表記は誤植)• 加峯克彦 (かほう かつひこ。 1985年生)• 鎌倉斉要 (かまくら さだとし。 1985年生)• 鎌田淳 (かまた じゅん。 1981年生)• 鎌田絢也 (生年未詳)• 鎌田凌成 (かまた りょうせい。 2002年生)• 上山聖太 (かみやま せいた。 カミュー・ケイド (Cade Camu。 1992年生)• 亀井拓 (かめい たく。 1991年生。 後のTAKU)• 亀田貴弘 (かめだ たかひろ。 1984年生)• 亀田龍太郎 (かめだ りゅうたろう。 1991年生)• 亀梨裕也 (かめなし ゆうや。 亀梨和也の弟。 生年未詳。 正式なJr. ではなく野球大会のみへの参加)• 萱嶋大輔 (かやしま だいすけ。 1973年生)• 唐木友也 (からき ともや。 1987年生)• 川井翼 (かわい つばさ。 1994年生)• 河井誠 (かわい まこと。 1974年生)• 川井康徳 (かわい やすのり。 1965年生。 後の本名:藤谷康徳)• 川上岳 (かわかみ がく。 1991年生)• 川上康明 (かわかみ やすあき。 1970年生)• 川上悠 (かわかみ ゆう。 川上裕太郎 (かわかみ ゆうたろう。 1993年生)• 川岸航洋 (かわぎし こうよう。 川北翔 (かわきた しょう。 川口翔 (かわぐち しょう。 生年未詳)• 川口優 (かわぐち ゆう。 1997年生。 2002年生。 星輝の兄)• 1998年生)• 2005年生。 皇輝の弟)• 川崎智彦 (かわさき ともひこ。 河下楽 (かわした がく。 川島拳也 (かわしま けんや。 1993年生)• 川島直城 (かわしま なおき。 川島如恵留 (かわしま のえる。 1994年生) 元「アイビィーカンパニー」所属の子役。 姉は元・子役女優の川島想妃愛(そふぃあ)。 川島学 (かわしま まなぶ。 生年未詳)• 川島温 (かわしま ゆたか。 1981年生)• 川田樹 (かわた たつき。 1993年生)• 河内謙吾 (かわち けんご。 1979年生) 兄• 河内章吾 (かわち しょうご。 1982年生) 弟• 川鍋順司 (かわなべ じゅんじ。 1972年生)• (かわの なおき。 1982年生)• 川畑貴 (かわばた たかし。 川端誠生 (かわばた まさき。 1999年生。 川部智文 (かわべ ともふみ。 1971年生)• 河村直人 (かわむら なおと。 1965年生)• 河村将規 (かわむら まさのり。 川村陵 (かわむら りょう。 1988年生)• 川本将太郎 (かわもと しょうたろう。 1986年生)• 川本隆 (かわもと たかし。 1983年生)• 河本晴輝 (かわもと はるき。 神田和也 (かんだ かずや。 生年未詳)• 神田憲征 (かんだ のりゆき。 1994年生)• 神田亮 (かんだ りょう。 神田龍威 (かんだ りゅうい。 1996年生)• 菅野伸一 (かんの しんいち。 生年未詳)• 神原和夫 (かんばら かずお。 菅勇太 (かん ゆうた。 1974年生) (以上、105名) き• 木内雄大 (きうち ゆうだい。 生年未詳)• 菊岡正展 (きくおか まさひろ。 菊 地健太 (きくち けんた。 1981年生)• 岸孝良 (きし たかよし。 1992年生)• 岸将臣 (きし まさおみ。 1998年生)• 岸本慎太郎 (きしもと しんたろう。 1996年生)• 貴多章紀 (きた あきのり。 北浦颯希 (きたうら さつき。 1995年生。 北浦将弘 (きたうら まさひろ。 北風順平 (きたかぜ じゅんぺい。 北川功一郎 (きたがわ こういちろう。 北川拓実 (きたがわ たくみ)• 北田和也 (きただ かずや。 喜多見英明 (きたみ ひであき。 1979年生)• 北村ともや (きたむら ともや。 漢字不明。 北山圭吾 (きたやま けいご。 北山純一 (きたやま じゅんいち。 北脇玲男 (きたわき れお。 木附沢達 (きつきざわ たつし。 1996年生)• 木下健明 (きのした たてあき。 生年未詳)• 木下宗重 (きのした むねしげ。 1977年生)• 木原航太 (きはら こうた。 木部淳哉 (きべ じゅんや。 1973年生)• 木村明日飛 (きむら あすと。 2005年生)• 木村篤 (きむら あつし。 木村廣太郎 (きむら こうたろう。 木村伸一 (きむら しんいち。 (元気Jr. 木村真也 (きむら しんや。 1995年生) 浩也の弟• 木村友哉 (きむら ともや。 1997年生)• 木村浩也 (きむら ひろや。 1990年生) 真也の兄• キャメロン (2009年生)• 清藤公之 (きよふじ きみゆき。 生年未詳)• 清友聡 (きよとも さとし。 清元奨琢 (きよもと たすく。 (くさの ひろのり。 1988年生)• 草間リチャード敬太 (くさま りちゃーど けいた。 櫛引紀和 (くしびき のりかず。 生年未詳)• 鯨井大介 (くじらい だいすけ。 1992年生。 後の鯨井俊介)• 葛見龍太郎 (くずみ りゅうたろう。 1987年生)• 楠本幹太 (くすもと かんた。 楠本幸登 (くすもと ゆきと。 工藤公也 (くどう きみや。 生年未詳)• 工藤嘉誠 (くどう ひろまさ。 1997年生) 妹はモデルの工藤瑠夏(くどう るな)• 國東慶 (くにとう けい。 1998年生)• 國弘健太 (くにひろ けんた。

次の

ジャニーズJr. 一覧 (五十音検索)

まつ ざか 先生 なん j

このページでは日本語のひらがな五十音に対応するハングル文字が分かるように一覧表にまとめました。 これを見れば韓国語の読み方も分かるし、ハングルであなたの名前も書けます。 これがあればハングル文字であなたの名前や住所が書けて、 韓国旅行や自己紹介に役立ちます。 日本語は韓国から見れば外国語です。 日本語では外国語はカタカナで書きますが、 韓国語ではそのままハングルで書きます。 例えば韓国旅行などでは名前や住所などをハングルで書く場合もあります。 それに必要なひらがなと対応するハングルの一覧表をまとめました。 韓国語の初心者で勉強中の方は発音の確認に役立ててください。 最後までぜひ読んで下さい。 ひらがな50音とハングル対応一覧表 まずはザックリとひらがな50音とハングル対応一覧表をどうぞ。 あ~んまでの画像(クリックで拡大できます) 大きくなったので2つに分けました。 濁音付き~りょまで(クリックで拡大できます) 解説付きの一覧表 ひらがなに対応するハングルの一覧表です。 行ごとに詳しい解説をしてあります。 あわせて読んでください。 あ い う え お 아 이 우 에 오 あ行(母音)は子音部分にㅇを書きます。 か き く け こ 語頭 가 기 구 게 고 語中 카 키 쿠 케 코 か行は子音のㄱを使います。 か行の場合には有声音化に注意が必要です。 語頭(はじめの音)の場合はそのままか行で発音しますが、語中(はじめの音以外)では 有声音(濁音)になります。 たとえば가가と書くと「かが」と読むことになります。 語中でか行を書く場合は激音のㅋの子音を使います。 激音は有声音化をしないので語中でもか行のままです。 さ し す せ そ 사 시 수 세 소 さ行は子音のㅅを使います。 さ行は語中にあっても有声音化しません。 韓国語には「ざ、ず、ぜ、ぞ」の音がありません。 (このページのまとめ参照) ざ行を書きたい場合は他の子音(ㅈ)を替わりに使います。 た ち つ て と 語頭 다 지 주 데 도 語中 타 치 추 테 토 た行は子音のㄷを使います。 か行と同じく有声音化に注意です。 語中では子音のㅌを使います。 また、た行はち、つの場合には子音が変わります。 子音のㄷは「た、て、と」の音しか表現できません。 ち、つを書く場合はㅈ(語中ではㅊ)を使います。 韓国語には「つ」の音がないので주(語中では추)だと「ちゅ」の発音になりますがこれを代用します。 促音(小さいつ)はパッチムのㅅを使います。 (このページのまとめ参照) な に ぬ ね の 나 니 누 네 노 な行は子音のㄴを使います。 は ひ ふ へ ほ 하 히 후 헤 호 は行は子音のㅎを使います。 ま み む め も 마 미 무 메 모 ま行は子音のㅁを使います。 や - ゆ - よ 야 - 유 - 요 や行は子音はㅇを使います。 韓国語ではや行も母音とされるので母音発音を表すㅇを使います。 母音はや行系の重母音のㅑ、ㅠ、ㅛを使います。 ら り る れ ろ 라 리 루 레 로 ら行は子音のㄹを使います。 わ - を - ん 와 - 오 - ㄴ 「わ」を書く場合は子音はㅇ、母音はわ行系重母音のㅘを使います。 ㅘはㅗとㅏを横に並べたものです。 「ん」はパッチムのㄴを書きます。 「ん」はパッチムでないと書けないので一文字では書けないことになります。 濁音に対応するハングル一覧表 濁音に対応するハングルの一覧表です。 ハングルには濁点がないのでややこしくなります。 韓国語の子音の平音って言語学的には濁音の発音に近いんです。 なのでそのまま子音の平音を使っても濁音として通じます。 語頭でも語中でも濁音になります。 (ややこしいですね) 実際の使用例などはこのページのまとめで解説します。 が ぎ ぐ げ ご 가 기 구 게 고 が行は子音のㄱを使います。 ざ じ ず ぜ ぞ 자 지 주 제 조 ざ行は子音のㅈを使います。 ざ行は韓国語にはない音なので「じゃ行」を代用します。 だ ぢ づ で ど 다 지 주 데 도 だ行は子音のㄷを使います。 た行の場合と同じく「ぢ、づ」の場合はㅈを代用します。 ば び ぶ べ ぼ 바 비 부 베 보 ば行は子音のㅂを使います。 ぱ行と区別するため、語頭にば行が来る場合は子音のㅃ(濃音)を使う場合があります。 ぱ ぴ ぷ ぺ ぽ 語頭 바 비 부 베 보 語中 파 피 푸 페 포 ぱ行は子音のㅂを使います。 語中では激音のㅍを使います。 小さい「や」がつく音一覧表 小さいやがつく音をまとめた一覧表です。 きゃ - きゅ - きょ 갸 - 규 - 교 しゃ - しゅ - しょ 샤 - 슈 - 쇼 ちゃ - ちゅ - ちょ 자 - 주 - 조 ひゃ - ひゅ - ひょ 햐 - 휴 - 효 びゃ - びゅ - びょ 뱌 - 뷰 - 뵤 ぴゃ - ぴゅ - ぴょ 퍄 - 퓨 - 표 みゃ - みゅ - みょ 먀 - 뮤 - 묘 りゃ - りゅ - りょ 랴 - 류 - 료 あなたの名前ハングルで書けます あなたの名前をハングル表記してみましょう。 日本人で多いとされている名前をいくつか例にとってハングル表記します。 こちらを参考としてチャレンジしてください。 (このコーナーでは敬称略させていただきます)下の解説とともにご覧ください。 なので2文字です。 英語の場合も「SATOU」ではなく「SATO」ですよね。 また、一郎の場合も「ICHIROU」ではなく「ICHIRO」になります。 (イチローとカタカナ表記すると違和感はありませんが) このように伸ばす音を文字として表現するのは日本語独特の特徴なんですね。 なので遠藤(ENDO)は엔도、加藤(KATO)は가토となります。 鈴木の場合は「ず」の音が韓国語にはないので「じゅ」を代用します。 なので「すじゅき」のように発音します。 それ以外の注意点としては特に有声音化の発音規則に注意してください。 2番目以降の文字に清音(濁らない音)がある場合は激音を使う、2番目以降に濁音がある場合は平音を使う。 上の例の田中、高橋、渡辺のハングル表記をよく見て平音、激音の使い方をマスターしてください。 このページのまとめ あいうえおのひらがなとそれぞれに対応するハングルの一覧表を作りました。 韓国語にはない音も含まれるので近い音を当てはめている部分もあります。 そのためこのほかの本やサイトと若干違う箇所もあります。 個人の見解によるものなのでどれも間違いではないです。 韓国語にはない音• じ以外のざ行• 語頭の濁音 例えば東京都葛飾区を韓国語で発音すると「도쿄토 가추시카쿠(とうきょうと かちゅしかく)」 のような発音になります。 (「つ」の音を「ちゅ」で代用しています) また、韓国ではピザを「피자(ピジャ)」と呼んでいます。 ざ・ず・ぜ・ぞは韓国語にはない音なのでこれらの音はじゃ・じゅ・じぇ・じょで代用します。 以上、 韓国語であいうえおが書ける、五十音対応表でした。 韓国語の教材選びに迷っている方へ.

次の

学級崩壊するのは先生が悪いのか生徒が悪いのか: みじかめっ!なんJ

まつ ざか 先生 なん j

「」を参照 声 - 真柴摩利(第1話Cパート~)(1992年4月13日~) 幼稚園児ながら英語や様々な知識を持ち合わせている「エリート」的存在で、プライドが高く、である。 魔法少女もえP等の少女向けアニメのファンである。 声 - (第1話Cパート~)(1992年4月13日~) 5歳児とは思えないほどおませな女の子。 自らがストーリー設定及び、脚本を手がける「リアルおままごと」が大好きである。 声 - (旧名:鈴木みえ)(第1話Cパート 〜)(1992年4月13日~) 坊主頭とまるい顔から「おにぎり」というあだ名を付けられてしまった。 臆病で泣き虫だが、漫画を描くのが得意といった一面も見られる。 声 - (第1話Cパート~)(1992年4月13日~)、(現:)(第60話Bパート・代役 )(1993年8月2日) 名前の通り「ボー」っとした男の子。 相槌を打つ時や返事、感情を表すときなどに自ら「ボー」という。 珍しい石などを多くコレクションしている。 たまに冴えた一言を言う。 かすかべ防衛隊以外 声 - (第339話Aパート~)(1999年11月12日~) 原作では25巻、アニメでは「嵐を呼ぶ園児・酢乙女あい登場だゾ」から登場。 二子玉川 タツヤ(ふたこたまがわ タツヤ) 声 - 『新クレヨンしんちゃん』vol. 37、38に登場。 二子玉川カズヤの双子の兄。 頭のが1本ある。 いつも兄弟ケンカをしているが、兄弟ともに1m以上離れていると異常なまでの泣き虫になる。 原作では初登場以降出番はなかったが9巻で再登場した。 アニメでは初登場の放送回以降ほとんど登場や存在について触れられていない。 二子玉川 カズヤ(ふたこたまがわ カズヤ) 声 - 『新クレヨンしんちゃん』vol. 37、38に登場。 二子玉川タツヤの双子の弟。 頭のアホ毛が2本ある。 彼ら兄弟は東京から春日部に引っ越してきたばかりで家を探している途中にはぐれて迷子になっていたところ、かすかべ防衛隊に出会った。 カズヤの方は最初ばら組に転入していたが、兄弟がお互い近くに居ないと泣きっぱなしになるという特性から、最終的にひまわり組に入ることになった(アニメでは最初から二人ともひまわり組に転入)。 原作ではタツヤ同様初登場以降登場はしてなかったが9巻で再登場した。 アニメでは初登場の放送回以降ほとんど出番はない。 ばら組 これ以外にも、大会などの際に1回限りの園児が登場する事が多い。 河村 やすお(かわむら やすお) 声 - (第21話Cパート~)(1992年9月21日~) いわゆるガキ大将であだ名は「 チーター(河村)」。 青のスモックを着用せず、いつもヒョウ柄のランニングシャツを着ている(運動会の騎馬戦では帽子までヒョウ柄であった)。 サッカー やマラソン等、全般的に運動能力に優れているが、しんのすけの強運には勝てず(大抵は、しんのすけのマイペースに飲まれる)、ひまわり組との対決ではほぼ負けており、勝っても相手が悔しがっていない為釈然としない結果となっている。 基本的に横暴な性格だが、卑怯な手は用いず、飽くまで正々堂々と勝負を挑むタイプ。 アニメでは実は寂しがり屋という設定もある。 まつざか先生の影響によりひまわり組を馬鹿にする発言が多いが、嫌っている訳ではない為ひまわり組と一緒に行動することが多い。 体育祭の徒競走ではしんのすけに負けていたが、しんのすけが勝利を捨てて転んだマサオを助けに向かった時は、逆転勝利を捨てて一緒に駆け寄り介抱し、みんなで一緒にゴールしたり、しんのすけやマサオをサッカーに誘う等、不仲ではない。 しんのすけと接していることで、良い部分は感化されている。 当初の登場シーンではまつざかのテーマBGMと同じBGMが流れていた。 当初しんのすけからは「チーターさん」と呼ばれていたが、現在は通称を間違えられたり(「ターキー井上」「セーター」「ヒーター」「モーター」「ヘリコプター」「シーザー」など)、存在そのものを忘れられたりしている。 さらには、しんのすけと運動会の組対抗リレーで知り合った当初は「カバムラくん」と本名ですらも間違えられている。 登場回数は多くないが、アニメ初期から登場しており劇場版にも登場した。 家族は母親と犬の「ジャクソン(アニメではクリントン)」が登場している。 また原作初期(単行本未収録回)には「中学で陸上部に所属している兄がいる」と言っている。 アニメではひとし、てるのぶと一緒に登場することが多い。 同じ組のかなに惚れており、向こうも惚れていると思い込んでいたが、実は動物好きなだけでヒョウ柄のシャツに興味を示されていただけだった。 後にヒョウのコスプレをさせられてマサオにまで笑われるという結果となった。 しんのすけたちとゴルフで対決した際は相方の卑劣さ・性格の悪さに辟易しており、勝負自体は有利だったものの「人選を間違った」と後悔していた。 雪合戦で勝負した際は助っ人の天才園児がお腹を壊したため人数が足らなくなり、かすかべ防衛隊のメンバーを一人ずつ入れ替えて味方にすることで対処した。 しかし、しんのすけには裏切られ、風間はもえPグッズに夢中になり、ボーちゃんは石に夢中になり、ネネはチーターを押し退けて仕切り出したためいずれも敗北。 最後にマサオを味方にした際は互角の勝負を繰り広げ、ネネと一対一の末に相討ちとなって引き分けた。 刈り上げの髪型をしたで、よくコンビのてるのぶと共にマサオをいじめている。 故意ではないものの、頻繁にしんのすけに泣かされている。 同じばら組の園児であるチーター(河村)と一緒に登場する時もある。 エンピツしんちゃんでも登場するが、幼稚園時代とは変わって意地目鯛太郎にいじめられている。 太ったいじめっ子で、コンビのひとしと共にマサオをよくいじめていた。 ひとし同様チーター(河村)と一緒に登場する時もある。 限定販売されたもえPのハンカチを持っていたため、風間からとても興味を持たれた。 メグミ 声 - こおろぎさとみ(第82話Bパート~)(1994年1月24日~) マサオが惚れているピンクのリボンをした女の子。 血液型はA型。 じゅんこ(声 - 麻見順子)という友達がいる。 原作では7巻、アニメでは「マサオくんの恋だゾ」(1994年1月24日放送)で初登場。 マサオが書いたラブレターを受け取ったが、マサオは恥ずかしさのあまり代わりにしんのすけに届けさせた。 そのラブレターには名前が書かれておらず、しんのすけもマサオからのラブレターであることを伝えなかったため、しんのすけが書いたラブレターと勘違い。 「こんどいっしょにしーそーにのってください」と書かれたマサオの想いは届かず、しんのすけと一緒にシーソーに乗ってしまう。 それを見ていたマサオは「お名前書いとけばよかった」と悔やんでいた。 原作では名前が一緒の別のメグミにしんのすけが手紙を渡してしまいマサオとシーソに乗ってしまう。 その後も「ナンパの道はきびしいゾ」(1995年7月17日放送)など初期のエピソードではたびたび登場している。 ミホ 声 - 惚れやすい性格で、しんのすけにラブレターを渡しデートする(アニメでは最終的にしんのすけは好意を抱く節を見せていた)が、しんのすけのデリカシーのなさに呆れ振ってしまう。 翌日にはボーちゃんにもラブレターを渡していた。 別の話ではマサオや園長にも惚れていたが、その翌日にはしんのすけに惚れ、再びラブレターを渡そうとする。 しかし風間はラブレターがこないため「なんで僕にはこないんだ~」と嘆いていた。 初期のエピソードにも度々登場している。 宇集院 魔朱麿(うじゅういん ましゅまろ) 声 - (現:) 宇集院家の御曹司。 大金持ちの温室育ちのため、非常に我儘でキザな性格。 母親も高飛車であり、その影響を受けている様子。 登場頻度は少ないが、初期から『新クレヨンしんちゃん』まで登場している。 初登場時にはネネに毛虫を突き付けて嫌がらせをし、しんのすけにも同じ行為をするも、逆に犬の糞を突き付けられて(アニメでは突き付けた毛虫がしんのすけの頭に乗っかっても物怖じしなかったことに驚いて逃げ出して)転倒して、膝をすりむく。 この後、野原親子は宇集院家に謝罪に赴き、母の態度に、みさえが激怒したことで母親同士のケンカになるが、母親たちとは逆に魔朱麿はしんのすけと仲直りする(アニメ版では、その光景を見たみさえが宇集院に対し、「子供のケンカに親が出る必要はありませんね」と嫌味を言うシーンもある)。 英会話教室の体験入学でしんのすけと再会したが忘れられており、名前を言うと「宇宙人アルマジロ」と呼ばれた。 なお、それぞれの母親も同席していたが、しんのすけと魔朱麿は仲良しであるものの、魔朱麿の母親がみさえに嫌味を言ったことで舌戦となり、母親同士は不仲である様子(魔朱麿の母親がみさえに〈しんのすけに英会話させるのは〉「豚に真珠」としんのすけを暗に貶し、しんのすけが魔朱麿の母親に「おばさんにダイヤ」と言い返したことで舌戦は終息)。 「野原刑事の事件簿」では、お小遣い欲しさにチンピラ風の男と組んで誘拐をでっちあげ、母親から身代金をせしめようとした(男からも「とんでもないガキ」と呼ばれた)。 その際、犯罪者たちの取引現場に出くわしてしまい殺されそうになるが、しんのすけの登場によって救われる。 その後、真実を知った母親からお仕置きを受けた。 名前は宇集院魔朱麿だったが、顔は前述のひとしになっていた。 『新クレヨンしんちゃん』では、しんのすけに対抗意識を燃やすという面も見られた。 秋風 舞(あきかぜ まい) 声 - アニメ初期に登場。 しんのすけ同様下膨れ気味の顔に太い眉毛が特徴。 が得意で「天才トランプ少女」としてテレビに出演しており、その翌日にばら組に転入してきた。 品のある女性を意識して「〜とう存じます」と独特の口調で話す。 ひまわり組と神経衰弱で対戦したが、しんのすけのマイペースに振り回された挙句、ボーちゃんに負け号泣した。 以後も初期のエピソードではたびたび登場していた。 水戸アナ(みとアナ) 『新クレヨンしんちゃん』vol. 84に登場した。 重い病気のお姉さんを元気付けようとしんのすけとお笑いをした。 さくら組 きゃりー 『新クレヨンしんちゃん』vol. 63に登場した、転入生の女の子。 少々派手な衣装を好む個性的な性格で、みんなと早く打ち解けたくて、幼稚園で勝手にコンサートを開いて歌っていた。 同じく奇抜なファッションを好むしんのすけと意気投合する。 彼女の登場したvol. 63はとコラボした話である。 ザキヤマ 声 - アニメ「ザキヤマさん来〜る〜」(2015年6月12日放送)で幼稚園児役で登場。 しんのすけ達よりも1つ下の学年だった。 しんのすけとは「ケツだけ星人」で意気投合。 しんのすけが尻を使うのに対し、こちらは自身のアゴ を使っている。 アクション幼稚園(ふたば幼稚園)の園長。 名前はとから [ ]。 初登場の原作1巻(アニメでは1992年5月4日放送「任侠ひまわり組だゾ」)ではしんのすけに「さん」と言われ、園児からも敬遠され自信をなくしていたが、園児に絡んだを追い払ったことがきっかけで徐々に自信を取り戻す。 色黒に加えてサングラスに天然パーマと派手なジャケットの容姿も相まってヤクザのような強面が特徴。 初期の頃は右頬に傷があり、輪郭やパーツの配置も異なっていたため、現在よりもさらに強面だった。 子供どころか個性的な教員たちとの対応にも苦慮する場面が多く、そのたびに落ち込んでいるが、実際はしんのすけを含めた園児たちに非常に慕われており、職員や保護者たちからの信頼も厚い。 子供の頃から顔が変わっておらず、泣いている子供に話しかけると「園長先生が泣かせた」と思われてしまうことも多い。 園長先生と呼ばれることがほとんどであるため、めったに姓名は出てこない。 前述のような強面のため、しんのすけからは「 」呼ばわりされ、よしなが先生に至っては「に売らないで」 と懇願されたりする場面もあるが、根は心優しく涙もろい性格。 またネネに「泣き顔も怖い」と言われたことがある。 絶対内緒のことになると鼻をヒクヒクする癖がある。 酒には弱く、泣き上戸。 原作での初登場は開きのエピソードで、よしなが先生の着替えを見に行こうと誘うしんのすけをたしなめる役で登場している。 またこの際、しんのすけは園長先生と呼んでいる。 に行くと近所の住民に凶暴な借金取りの取り立てと誤解され、が出動する騒ぎになったこともある(もっともこの場合は、本人が幼稚園で時々やっている凶暴な借金取りのモノマネを野原家玄関の前で披露してしまったため)。 ただ「組長」と呼ばれたときには泣きながら「園長です」と言うこともあれば、特に初期において、その気になってモードに入ってしまうこともある。 趣味はだが、長年の経験にもかかわらずしんのすけの撮った「撮る人は撮られる人」と題された写真(カメラを構えている園長を隠し撮りした写真、タイトルを付けたのはひろし)が雑誌の最優秀賞に選ばれたのに対し、自分の作品は落選だった。 書道歴30年という腕前も持つ。 も趣味としており、本格的な装備を用意し、たびたび一人でボウリング場へ練習に行くほどだったが、園内ボウリング大会でまたしても園児たちや妻の志麻を含む先生たちに相手にされず、最後は無断でシロを連れ込んで反則技を行ったしんのすけのせいにより、責任者としてボウリング場から出入り禁止を言い渡される羽目になった。 着ているジャケットにはこだわりがあり、同じものを7枚所有し、曜日ごとに変えている。 遠足の下見を毎年楽しみにしている。 厳つい顔に反して、本人曰く「喧嘩は弱い」らしく 、滅多に怒る事はないが、アクション(ふたば)幼稚園やその園児達を侮辱したり、危害を加えようとする相手には激しく怒りを露にする。 アニメ版でひろしのへの出張時に偶然、彼も園長会議のためにからへ向かうの車内でしんのすけとみさえと居合わせた折に、禁煙席で喫煙するチンピラが放ったしんのすけへの暴言に激怒。 「しんのすけ君はユニークな子ではありますが、おバカさんなんかじゃありません」と睨みを利かせ(しんのすけの「組長! 」の言葉でチンピラと周囲の乗客達は完全に怯えていた ) 、大阪の屋では全国各地の園長(全員、顔はヤクザそのもの であり、しんのすけ達に対して笑みを浮かべるものの気味悪がられ、涙を流していた。 その中でも園長は比較的温和な風貌)との会合中に店員に本物のと間違えられた。 その際、些細なトラブルからしんのすけを殴ろうとした地元のチンピラに対し、他の園長たちと共に「その手、どうするんだ? 」と睨みつけて脅し、チンピラを自滅させた。 これが原因で周囲の客達から余計に敬遠されてしまい、それ以降では店内は客の全員が黙々と食事をするという異様な雰囲気になってしまった。 上京したての頃、怖い顔のため周囲に避けられ落ち込んでいたとき、ただ一人優しく接してくれたのが幼い子供 だったことから、「子供たちの役に立ちたい」と幼稚園の設立を志し、現在に至る。 幼稚園設立以前は就活をしていたが、履歴書の写真が強面ということで不採用が続き、履歴書アレルギーとなってしまった。 幼稚園の先生にならなかったらなりたかった職業はだった。 幼稚園では自身の「上京記念日」を毎年休園日にしている(みさえからは「そんなもんにするな」と評されている。 ただしそう口にした理由はしんのすけを幼稚園に行かせた後に特売日に行くつもりだったため。 アニメでは売間久里代からも「なんじゃそりゃあ……」と呆れられた)。 後に上京の理由は「大学に行くため」であると語っている(『新クレヨンしんちゃん』7巻)。 『新クレヨンしんちゃん』7巻では、文太の幼少期~上京するまでのストーリーが描かれた。 幼少期から顔のせいでいらぬ誤解を受け卑屈になっていたところ、幼馴染の「少女」に励まされ立ち直り、そのつき合いは上京を決めた後も続いていた。 やがて文太と幼馴染の二人は成長するが、幼馴染が町一番の悪の頭(ヘッド)と呼ばれるキャンディ岩山に絡まれてしまう。 強引にナンパされていたのを見過ごせず飛び込んで助けた後は、幼馴染に「上京してひとかどの人物になったら迎えに行く」と告白し受け入れられた。 ラストシーンでは、その幼馴染の正体は妻である副園長先生であることが示唆されている。 出身高校はさきがけおとめざ高校。 母校がに初出場を果たしたが、初戦で2対3と惜敗した。 高井夢男(声 - )という保育士志望の甥がおり、ふたば幼稚園で教育実習を行ったことがある。 納谷の死後、テレビアニメでは「若い二人はこうして家を買ったゾ」と「たけのこ大襲撃だゾ」に登場したがいずれも容姿のみの出演で、後者の放送翌日に公開されたでは、過去の音源を用いてのライブラリ出演になった。 その後、声優が森田に代わっての初登場回では久々に台詞付きで登場した事をしんのすけにネタにされた。 高倉 志麻(たかくら しま) 声 - (第3話Bパート~)(1992年4月27日~) 文太の妻で、アクション幼稚園(ふたば幼稚園)の副園長。 通称「園長夫人」「副園長先生」(原作ではネネちゃんが「奥さん先生」と呼んでいた。 1巻では「奥さん 保母兼」と紹介されている)。 下の名前は『新クレヨンしんちゃん』で明かされた。 他の先生と比較すると出番は少なく、会話の中で名前のみ登場することが多い。 夫とは子供の頃から(30年以上)の付き合い。 基本的に仲が良いが、たまに「にを入れなかった」など、些細なことで喧嘩をする。 しんのすけからは「」呼ばわりされている。 すぐ自信をなくして落ち込む夫を「の顔は3日で飽きるけど、貴方の顔は30年以上経った今でも飽きないわ」と励ましている。 ただし夫の顔については今でも慣れず、突然現れたり、笑顔でいるところを見て悲鳴をあげてびっくりしたことがある。 『新クレヨンしんちゃん』7巻では、高倉文太の幼馴染であったことが示唆されている。 幼少期から曲がったことが許せず、顔のせいで大人たちから誤解を受けてへこんでいた文太を励まし、誤解を解こうと積極的に行動していた。 やがて18歳となり美しい女性へと成長するが、町の不良であるキャンディ岩山に絡まれ強引にナンパされてしまう。 文太に助けられた後、「ひとかどの人物になったら迎えに行く」と告白され承諾。 約束通り今でもかけがえのない存在として夫を支えている。 アニメでは動物を飼うのは禁止と厳しく夫を叱ったことがある。 理由は夫が次々と小動物を拾ってくるせいで暴れられたりけがをさせられたりなどで世話が大変なため(「組長のヒミツの愛だぞ」より)。 ただし『新』7巻では園長がネコを飼うのを快く許している。 一時期、さくら組の担任をしていた。 24歳。 血液型はO型。 は自称89cmだが、実際は79. 8cm。 「吉永(よしなが)」。 普段は優しい先生だが怒ると怖く、幼稚園教諭とは思えないほど乱暴な言葉遣いになる。 園児達が唖然とするほどのその気性の激しさが原因で一時神経性と診断されたことも。 また、些細なことで大喧嘩を始めたしんのすけと風間くんが中々喧嘩を止めないことに怒りを爆発させ、喧嘩をする二人の横で「ケツにダイナマイト突っ込むぞ!」と暴力的な発言をしながら教室で大暴れしたり(この時は園児達もよしなが先生の豹変ぶりには唖然とし、怯えていた) 、幼稚園に入園したひまわりを描いた番外編では、粘土細工の時間でひまわりがクラスの皆を巻き込んだために大声で「チンコ」と発言してしまい、授業が終わった後、教室の外からその様子を見ていた園長からは気まずい雰囲気で説教され、上尾先生から話を聞いたまつざか先生からは「んまぁ、お下品ね」と嫌味を言われた。 酒癖が極めて悪く、類を飲むとすぐに暴れだすほどで、野原家への家庭訪問でしんのすけが誤ってりんごサワーを出してしまった際には新聞紙と服を破く、そこへ帰ってきたひろしを石坂と勘違いし、顔面大根おろしをするなどして大暴れした。 純一とは友達付き合いの頃から恋慕しており、自室や街中でいきなり妄想の一人芝居を始めて周囲を困惑させることもあった。 純一と結婚し石坂姓になったが、引き続き「よしなが先生」と呼ばれており 、本人もそう希望している。 髪型はで原作では黒髪に赤いリボンをしているが、アニメでは栗色の髪に水色のをしている。 しんのすけ曰く、ひろしからは「美人じゃないけど可愛い先生」と言われているらしい が、ぎんのすけからは「美人な先生」とも呼ばれている。 まつざか先生の露出的な服装をたびたび批判しているが、赤や青のへそだしなど露出度の高い水着を喜んで着用するなど、まつざか先生以上に大胆な面もある。 結婚前は「荒間荘(あらまそう)」というに居住していたが、結婚後は高級「ハイムニクバナレ」に転居。 住まいをアパート時代からかすかべ防衛隊の秘密基地にされている。 学生時代は部で 、しんのすけに見つからないようにという理由で荒間荘のベランダからロープで降りたこともあるが、近所の人に見られて気まずい雰囲気になっていた。 演歌が大好きで、結婚前・本格交際前の石坂とのデートの際、流れてきた『北埼玉ブルース』を周囲が引くほど熱を入れて歌っている。 幼稚園の先生にならなかったら「みやこひばり」という芸名で「のような衣装でに出ること」が夢だった。 なお、この件とこのときのデート現場での野原家との遭遇のドタバタとが、恋人関係へのステップアップのきっかけとなった。 しんのすけにはいつも邪魔されるが、石坂との初キスなど、しんのすけが偶然にもキューピッドになることも少なくない。 小学校時代は「姫」と呼ばれていた。 運動音痴のまつざか先生とは対照的に水泳やスキーが得意。 お笑い好きでもあり、石坂と喧嘩して落ち込んでいる時にお笑い番組を見て一時元気になったが終わったらまた落胆していた。 しょっちゅうまつざか先生と喧嘩をしているが、決して仲は悪くない(放送分で「あなたがいなくなると寂しくなるわね〜」と泣きながら語っていたため、いなくなってほしいとは思っていないようである)。 また盲腸で苦しんだ際、まつざか先生にひまわり組のことを頼んだりなど、親友と呼べる関係である。 母親 (声 - )が一度登場している。 園児たちには非常に慕われており、石坂との結婚で幼稚園をやめることになると勘違いしたかすかべ防衛隊のメンバーが、それを阻止すべく直接石坂を説得しようと勤め先まで行ったことがある。 まつざか 梅(まつざか うめ) 声 - (第1話Cパート~)(1992年4月13日~) アクション幼稚園ばら組の先生。 24歳の独身。 身長は157. 5cm。 苗字は基本的に平仮名で表記されるが、アニメのサブタイトルで一度漢字表記されたことがある。 プロポーションは良く、自称だが胸囲は84センチCカップ。 ボディコンやハイレグ水着など露出度の高い衣装を好み、あえて高い物に身を包むことで高級な女を演じようとしている。 初期の頃には本人曰く、普段ジュリアナ埼玉のお立ち台で踊っているらしい。 合コンやお見合いなどに積極的に参加しているものの性格の悪さが露呈するため断られてばかりいる。 高飛車な性格で、ばら組の園児を鼻にかけており、ひまわり組を馬鹿にする発言が度々見られる。 初登場は連載第7回のアクション幼稚園運動会で、この時点で自ら受け持つばら組を「優秀」と言い、よしなが先生の前で「おたく(ひまわり組)と比べちゃかわいそう」と言い放っている。 そのために、よしなが先生との口ゲンカは絶えない。 とはいえ、ひまわり組の園児たちのことを心底嫌っているわけでなく 、よしなが先生にも友情を抱いている。 今の幼稚園で働いていることも誇りに思っており、私立で給料の高いエレガンス幼稚園のスカウトマンから、自分の職場を馬鹿にされた際には激怒し、「2度とそのツラさらすなよ」と撃退した。 子供の頃に「梅干し」と馬鹿にされたトラウマが原因で、周囲から下の名前やフルネームで呼ばれる事を嫌がっている。 よしなが先生とは色んな面で正反対だが、酒癖の悪さは共通しており、しんのすけに出された酒に酔ってしんのすけに襲いかかったことがある。 好きなものは、ブランド品や派手な服装。 映画は夢に彼氏として出てくるほどの好き。 音楽はよしなが先生とは対照的に好き。 運動音痴で、学生時代は「鉄の人魚姫」と言われるくらいカナヅチだったり、スキーの大会でボーゲンの部でブービー賞を取ったことがある。 幼稚園の先生にならなかったら「みたいになりたかった」とのことで、園長先生とよしなが先生から「お姫様みたいな暮らしをしていい男に出会いたかったわけね」と解釈されている。 男運がまるでなく 、お見合い・婚活・合コンをしても出かけた先のほとんどで遭遇するしんのすけ(時には野原夫妻までも)または上尾先生の妨害・自身の態度及び言動・相手の男性が婚約者がいる、または既に結婚しているなどでなかなか上手く行かず 、最後は号泣したり、焼き酒や焼け食いする事 などがしばしば。 自身の名のコンプレックスからお見合いや婚活では「さおり」を初めとした偽名を用いることが多い。 基本的に失敗に終わるオチはコミカルに描かれているが、を渡してきた男子高校生かずおの気持ちに応えようとするも、彼が勉強に手つかずになっていたのを知ると「しっかり勉強して早く親孝行しな」と、その高校生のためを思って、自ら身を退くと 、シリアスに描かれたこともある。 また、ボーちゃん や記憶喪失中のしんのすけ に惚れられたこともあった。 まつざか三姉妹の末っ子の三女で、家族は両親と2人の姉がいる。 2人の姉とは、会えば基本的にケンカになる(主に男のこと)が、3人で飲みに行ったりすることから仲は悪くない。 姉は小学校の先生と中学校の先生。 名前が三姉妹でになっており、姉妹揃って男とは無縁。 幼いころは長姉・松や次姉・竹のお古であるおさがりを着ていたらしい。 自称「生まれの六本木育ち」だが、実際は田舎生まれの田舎育ち(、作中では)で、親に電話をする際はかなりの東北訛りが出ている。 だましだまし暮らしているためしょっちゅうボロを出しており、その度にかろうじてフォローしている。 中学時代は「田植え娘」「田植え姫」の異名を持つほど田植えが上手だった。 実家は椎茸を栽培しており、母親がスーパーに卸して販売するのパッケージに自分の顔写真を勝手に入れられている。 高級マンションの「マンションジュリアナ」 居住と自称するが、給料を高級品購入に費やしていることから実際は「瀬古井荘(せこいそう)」(原作第8巻)や「ウマレ荘」(原作第43巻)というアパートに居住。 「南町」、「北原」間の定期券を所持している。 クレジットカードの債務に追われているため倹しい生活を送っている。 また、原作第43巻から住まいをかすかべ防衛隊の秘密基地にされている。 徳郎との恋愛は彼女がいつものように泥酔して階段から転げ落ち負傷し、サンタバーバラ接骨院で診察を受けた時に出会う。 アニメではまだ徳郎が南米に就任中のままで再登場していないが、原作では彼が南米から帰国した後、あるアクシデントから彼と破局の危機に陥るが、かすかべ防衛隊の仲介で無事仲直りし、結婚の約束をした。 しかし数日後、徳郎が現地で無差別爆弾テロに巻き込まれて死亡したことをニュースで知り、そのショックから徳郎の後を追って死のうとする。 職務中にを煽るなどにも近い状況にまで追い込まれ謹慎を言い渡されてしまい、死に場所を求めてガールズファイトに参加するなど自暴自棄になったが、徳郎が生前に書いた手紙がきっかけで立ち直り、現在はいつもの人物として吹っ切れており、新しい恋を見つけようと合コンや婚活イベントなどにも積極的に参加するようになった(ただ参加した合コンでは自前の王様ゲームセットを持っていくなどして参加者から引かれている模様)。 その直前に職務中に飲酒していたことを保護者達から責められ、の危機に追い込まれたが、園児達の懇願により減俸3か月の処分で事無きを得た。 アニメでは初期は黒髪であったが、途中から緑がかった黒へ変化している。 初期から専用BGMがある。 上尾 ますみ(あげお ますみ) 声 - (281話Aパート~)(1998年7月10日~) アクション幼稚園(ふたば幼稚園)の先生。 23歳の独身。 原作では21巻、アニメでは「久しぶりの幼稚園だゾ」から登場。 骨折して入院したまつざか先生の代理教員として幼稚園に来たが、まつざか先生が復帰した後も引き続き勤務している(アニメではさくら組を担任)。 漫画では眼鏡をかけていると瞳が滅多に描かれないが、アニメでは描かれているなど違いがある。 当初は極端なシャイで園児と接することもままならないほどだったが、現在はおおかた改善されている。 普段はおとなしいが、をはずすと性格が豹変し、思っていることを粗野な口調で言ってしまう。 これに関しては「で眼鏡がないとほとんど何も見えず、何も見えないと怖さが軽減され何ごとに対しても強気になれるから」と本人が説明している。 よしながからコンタクトレンズを勧められたこともあったが「目の中に入れるのが怖い」という理由で使用していない。 このことは時代の友人も知っている。 また、メガネを外すと美人で、しんのすけや園長も認めている。 であり、はおろか、も登れず泣き叫んでしまう。 乗り物酔いをしやすく、バスに乗る時は歌を歌って気を紛らわす。 「ジョージ」という名のを携帯しているが一度まつざかの怒りを買った際に燃やされそうになったことがある。 「ケータイの番をするゾ」(2005年6月10日放送)では、には興味がないといって持っていなかったが「合コンデビューだゾ」(2005年12月2日放送)では、自分の好きな藁人形のを貰えるために携帯電話を買った。 あいの・黒磯に恋をしていて、両思いなのだがお互いの性格が災いして進展はない。 何か起こると携帯電話のやを駆使して一人興じている。 中でもまつざか先生のことは格好のネタとして、よく彼女の行動や顔を写真に収める。 幼稚園の先生にならなかったらなりたかった職業はで、理由は「大声を出さなくてよくて、壁に向かって話していればいいだけだから」。 胸囲はまつざか先生より大きいようだが 、測り方としては正式ではない為真相は不明。 携帯カメラに限らず、写真機、ハンディー型ムービーなどを扱う場面も見られる。 また、に関しては高い技術・知識をもっており、「上尾のお部屋」なるを開設しているが、訪れる者は皆無。 風間からアクセスカウンターが325人になっている事を指摘されると、自分で自分のサイトに訪れただけと釈明している。 登場初期のころは、しんのすけからは「ますみちゃん」と呼ばれていたが、現在 [ いつ? ]は「上尾先生」と呼ばれている。 熱繰 椎造(あつくる しいぞう) 声 - 、佐藤ゆうこ(子供時代) をとった石坂みどりの代理(アニメでは幼稚園生)。 22歳。 初登場は原作39巻、アニメでは「あつくるしいゾ」(2005年放送)。 その名の通り暑苦しい性格で、典型的な教師である。 を尊敬しており、自身の部屋にはポスターも貼られている。 出勤初日に寝坊をしてしまい、自宅のあるから走ってに来た。 はじめは園児や職員からも煙たがられていたが徐々に打ち解けていき、後に退任する事が決まるもこれを撤回させようと、運動会の閉会式中にひまわり組の園児たち が職員室に立てこもる事件が発生するほどまでに慕われた。 この時若い幼稚園教諭は止めるどころか加勢していた。 この話は原作42巻、アニメでは「しいぞう先生やめないで! だゾ」(2005年放送)。 「立派な幼稚園の先生になって帰ってくる」と誓い、原作42巻、アニメでは「さよならファイヤー! だゾ」(2005年放送)で幼稚園を去るも、2006年放送「しいぞう先生と雪遊びだゾ」にて再登場し、園児たちと雪遊びに興じた。 そそっかしい所もあるが心優しく非常に頑張り屋。 幼少時、に手を咬まれて以来ウサギ恐怖症。 それもオレンジ色好きな椎造がウサギの食べていたを横取りして食べようとしたためで、椎造は今までウサギが故意に咬んできたと考えていたが、それが誤解だということを思い出しウサギ恐怖症を克服した。 大宮区のアパート「カキクケコーポ」に居住。 こいずみ ますみがやってくる以前にさくら組を担当していた先生。 主に幼稚園で大会やイベントがある回に登場 するがモブキャラクターに近い扱いだった。 黒髪のショートヘアーで眼鏡をかけた容姿である。 アニメ「愛の七夕祭りだゾ」(1995年7月10日放送)で園長から結婚の餞として笹の葉飾りを燃やす係である「火の女神」を任されている。 それ以降の話には出てこない。 また、石坂みどりによると以前にも、 こみやや こうのという名前の先生がおり、いずれも七夕で「火の女神」を担当した年に嫁いで行ったと語っている。 石坂 純一(いしざか じゅんいち) 声 - (第17話Bパート~)(1992年8月24日~) みどりの夫。 24歳(原作では28歳とも)。 に似ていると常日頃から自慢されているが、しんのすけからはしょっちゅうに似ていると言われている。 友達程度の交際時代からのストーリーがある。 心優しい性格がみどりに惚れられたようだが、裏を返せば気が弱く優柔不断なのが欠点であり、それが原因で一時は破局寸前まで進んだこともあった。 しかしアクション幼稚園での野外結婚式の際、予想外の大雨で中止寸前の状況となり狼狽えているところをしんのすけの檄により発奮、雨の中に飛び出し凛々しい姿で結婚宣言をし、来客からの喝采を博した。 にある「ツーリーブス産業」という会社に勤務。 原作では課長に昇進している。 石坂 桃(いしざか もも) 石坂夫妻の長女。 みどりが野原みさえに借りた本を返しに野原家へ訪れた際、が始まり、たまたま居合わせた大屋主代の助産により誕生。 桃のようにかわいい女の子になってほしいということで「桃」と命名。 アニメでは妊娠すらしておらず、子供の設定そのものが存在しない。 そのため前述の熱繰椎造のポジションも変更されている。 まつざか 松(まつざか まつ) 声 - まつざか三姉妹の長女で、梅の長姉でありまつざか竹の姉。 28歳(徳郎には梅より二つ上と言っていた)。 妹達と同じく独身。 中学校教師(私立伝統校勤務)(原作20巻では高校教師と名乗っている)。 和服と泣きボクロが特徴。 小山まさえと同じく教師であり普段から和服で過ごしている。 竹とともにしんのすけを利用して幼稚園での醜態を行田先生に暴露させ、サンタバーバラ接骨院に入院中の梅を破局に追い込もうとしたが、失敗に終わったばかりか、幼稚園にとって梅がかけがえのない存在であることを思い知らされる。 最終的には梅と徳郎の間柄を認めた。 原作46巻に再登場するが、妹の竹と同じく原作20巻に比べて容姿がかなり変わっている。 まつざか姉妹の長女だけあって、末女の梅も彼女には頭が上がらない様子。 怒った顔をしなくても結構な迫力があるが、怒った時の顔や態度は梅そっくり。 まつざか 竹(まつざか たけ) 声 - まつざか三姉妹の次女で、松の妹であり、梅の次姉。 26歳。 松と梅と同じく独身。 小学校教師。 あだ名は「 チーママ」。 梅よりも派手さを意識した格好となっており、金髪に真紅のロングコートが特徴。 よく梅とは口げんかをする。 原作46巻に再登場するが、姉の松と同じく原作20巻に比べて容姿がかなり変わっている。 行田 徳郎(ぎょうだ とくろう) 声 - サンタバーバラ接骨院に勤務する接骨医。 26歳。 ニックネームは「徳さん」。 最初はしんのすけを手当てした医師として登場したが、ひょんなことからまつざか先生と知り合い、恋人同士となった。 極度の骨マニアで、魚の骨にすら興味を示す。 シロが肉屋からもらった牛の骨を見るなり、譲って欲しいとシロにせがんでいたほど。 背中が弱くしんのすけに背中をくすぐられた拍子にダイヤルをまわし間違え電気治療中の梅に高電圧を浴びせたことがある。 骨を見ると梅そっちのけで趣味の骨収集に熱中するため破局の危機にも瀕した。 その際はかすかべ防衛隊の協力で和解したものの、南米のでのを発掘するチームに参加し、任地へ発った。 原作では第45巻で帰国したが、ふとした誤解から梅と再び仲違いしてしまう。 そんな仲違い中に、徳郎はで恐竜の骨を発掘するチームに参加することになり、梅は新たな男性に婚約を申し込まれ困惑していた。 かすかべ防衛隊に説得された徳郎は、婚約者から梅を取り戻し、帰国後にプロポーズすることを約束し任地であるアフリカ・南ボボサルマータへ発った。 だが、現地のホテルで発生した爆弾テロに巻き込まれ死亡。 その後、梅は徳郎の死を乗り越え、徳郎の夢であったブタバナザウルスの化石も全て発掘され、徳郎の形見でもある恥骨の化石も組み込まれたことで完成するのだった。 アニメでは南米に赴任中のままで再登場していないが、梅との仲並びに交際は継続している模様。 イーグル 幼稚園で飼われている凶暴なニワトリ。 鋭い目つきの上すぐに襲い掛かってくるので園児たちから恐れられている。 ひまわりが幼稚園に入園した番外編にも登場した。 園児の保護者 風間 みね子(かざま みねこ) 声 - (第21話Bパート~)(1992年9月21日~) トオルの母で息子を「トオルちゃん」と呼ぶ(アニメではしんのすけにこの声音をよく真似され、息子がからかわれている)。 時代を彷彿とさせる化粧 や髪型を好む、知的でスマートな美女。 颯爽とした聡明な女性であり、基本的には万人に親切。 見栄っ張り。 裕福だが倹約家でもあり、スーパーの特売にはトオルや偶然居合わせたしんのすけに手伝ってもらい、お一人様一つの商品を買うなど節約もできる様子。 トオルを溺愛しており、トオルがトイレで用を足した後には尻を拭いている。 その一方で教育熱心な一面もあり、塾通いが嫌になったトオルに「塾に行かないといい小学校に行けない」と発言したことがある。 しかしトオルが塾のテストで順位が上がらないことに焦りを感じていた時は無理をしないように優しく窘めている。 原作4巻でしんのすけが初めて遊びに来たときには「派手な下着を穿いてそう」と言われ、トオルは泣き叫びながら否定し、本人も赤面しながら否定していたが、実際にはそれ以上に大胆な下着を着用していた。 しんのすけにしばしばその行動を真似られ、その度にトオルから「ママの真似はやめろ! 」と嫌がられている。 趣味は男装。 「やっぱりスキーはですわね」と高飛車な発言をしていたが、スキーは下手。 トオルの伯父にあたる、在住の5つ上の兄 (声 - )がいる。 原作とアニメではデザインが異なり、原作では、30代後半から40代前半ながらも若々しく、アニメでは30代半ばぐらいだが、メイクが濃く少々老けているように描写されている。 風間くんの父 声 - 本名不明。 仕事でのに赴任。 オーストラリアに住んでいるため、みね子や野原家の前でオーストラリアンジョークを披露して爆笑をさらっていた。 息子思いの優しいサラリーマンの父親。 かなりエリートらしく、専務まで就任しているらしい。 みね子と比べてかなり若く描写されている。 妻のみね子よりも年下で、20代後半から30代前半。 トオル曰く、春我部交通安全運動協会の役員をやっている。 28歳。 茶髪のが特徴。 連載初期はしんのすけからも「美人」と言われており、見た目は清楚。 自身を「美人で優しいママ」と自負しており、人前では優しいが裏表が激しく陰湿で気性が激しい上に計算高い性格。 知り合いの主婦との会話でもイラ立つことがあり、自宅で「カマトトぶりやがってムカつく」と一人で激怒していた。 大体怒った時や機嫌が悪い時は口調が荒くなる。 みさえと同じく見栄っ張りで酒癖が悪く、気味。 作る料理は常に「しつこいお味(不味いらしい)」でしんのすけから指摘されており、みさえ・ひろし・風間くん・風間くんのママ・マサオくん・ボーちゃん・苗木(夫)もこれを認めている。 しかし、しんのすけは「この味がクセになっている」と食べることが多い(初期はあまり食べなかった)。 また、「食リポに挑戦だゾ」 ではちらしずしを作ってネネに食べさせたところ、そのネネ本人からも「し、しつこい…」と言われてしまい、かなりショックを受けていた。 料理は不得意だが裁縫の腕はかなりのもので、ネネのドレスやティッシュカバーを手作り出来る程である。 裁縫の腕に関してはかすかべ防衛隊メンバーや風間やマサオの母たちから好評価を受けていた。 しんのすけからは本性を見抜かれており、たびたび揶揄される。 ストレスを解消するためにうさぎのぬいぐるみ を殴ったり蹴ったりしている。 「アクション仮面の新必殺技だゾ」では、ストレス解消のために「ロータリーシューティングストーム」という技をうさぎにかけた際、その様子をしんのすけが驚愕しながらも影でビデオ撮影し、それをアクション仮面の新必殺技に採用されたことがある。 しんのすけに対しては表面は優しいママを演じているが、本心は鬱陶しいガキと敵視しており、その図々しさには嫌悪感や怒りを抱いている。 その怒りはうさぎのぬいぐるみに向けられ、パンチやキックを食らわす。 しんのすけに美味しい所をまんまと持って行かれることがしばしばあるが、ひまわりにも似た目に遭っている。 その際もウサギのぬいぐるみにパンチを食らわせている(対象はひまわり)。 当初はもえ子が暴れるとネネが「いつものママじゃなーい」と泣き出すのが定番だったが、ひまわり及び酢乙女あい登場以降はネネも母と同じことを行うようになり、周囲から「いつものネネちゃんじゃなーい」と言われるようになった。 その為、アニメではネネと共になぐられウサギから復讐を受けることもある(夢の中という設定で、演出としてはホラー調)。 しんのすけ(時にはみさえも加わる)の図々しさにより、しょっちゅうお茶の時間を台無しにされる(しんのすけに「用意してくれた」と勘違いされて食べられる)、外食などで食事の時間を台無しにされる 、花見の席にも割り込まれるなど散々な目に遭っている。 これらのことから野原一家(特にしんのすけやみさえ)を嫌っているが、アニメ版では、みさえとは基本的に仲良くやっている。 また、野原一家に振り回されがちがゆえに報復を行おうとするが、失敗に終わるケースが多い。 保護者の中ではみさえの次に登場数が多く、単独での登場やメインの回が多い。 また、みさえたちの井戸端会議のメンバーの中で一番若い(22歳ぐらいで結婚し、23歳でネネを出産している)みさえと仲が良いのは年が近いことも関係している。 桜田 苗木(さくらだ なえき) 声 - (第44話Bパート~)(1993年3月29日~) ネネの父。 クールな性格で、近所で評判の男性。 会社員であり、役職は課長である。 野原一家とはお花見や花火大会などで会うことが多い。 毛虫が嫌いであり、見ると錯乱してしまう。 もえ子と比べて登場機会が少なく、みさえがもえ子と対立した際に「影が薄い人は黙ってて」と言われ、ショックを受けていた。 初登場はもえ子よりも早く連載第6回で、アクション幼稚園運動会にてネネをビデオ撮影していた。 アニメでは原作とデザインが異なり、眼鏡をかけたおっとりとした雰囲気の中年男性となっている。 外出先で野原一家に鉢合わせても快く同行を受け入れたり歓迎するなど温厚な性格であるものの、それによってもえ子がストレスを溜める一因を担っている事には気づいていない。 ネネちゃんの祖母 アニメオリジナルキャラクター。 2005年6月24日放送の「もえPに大変身だゾ」でネネちゃんに、もえPなりきり変身セットを初めとした服を送ってきた。 ネネちゃんのママ曰く「服の趣味は地味」とのことで変身セット以外の服はネネちゃんからもいまいちとされた。 両親のどちらの母親であるかは語られず、本人も未登場。 マサオくんの母 声 - (第12話Bパート~)(1992年7月6日~) 本名不明。 少し小太りで、顔はマサオくんにそっくり。 趣味はテニス。 みさえとは仲が良いが、しんのすけの図々しさには少々困り気味。 原作の連載初期では姿形が違っている。 マサオくんの父 声 - 後ろ姿のみの登場で、顔つきは一切不明。 マサオ曰く「これといって趣味もなく冴えない感じ」の人物。 また、彼が登場する以前にも存在が確認されているエピソードが存在するが、マサオママ曰く、みさえは一度も会ったことがないらしい。 音楽関係が苦手(「お歌でお悩みだゾ」にて音痴であるところが判明。 さらに「ロック魂だゾ」ではエレキギターも弾けないらしい)。 ボーちゃんの母 原作10巻のしんのすけたちかすかべ防衛隊がボーちゃんを探ろうとする話に、一度だけ影のみで登場し台詞も存在する。 この時、しんのすけたちはちんどん屋に気をとられ詳細は掴めなかった。 アニメでは姿は登場していないが、映画『』ではしんのすけたちの親はボーちゃんの母親のことを知っている旨の発言がある。 しんのすけ、風間くん、ネネちゃん、マサオくんで顔を想像して描いたことがある。 新7巻にも登場したが影のみしか登場しなかった。 ボーちゃんの父 新7巻に登場したが影のみの登場。 ボーちゃんの祖母 ボーちゃんの会話中に、しばしば登場するが、容姿はおろか、どちらの祖母なのかすら判明していない。 黒磯(くろいそ) 声 - 酢乙女あいの兼、。 下の名は不明。 サングラスをかけ、黒いスーツを着ている。 あいを常にガードしている。 仕事柄、口数は少なく感情はあまり表に出さない。 しかし、隠しごと(ゴルフクラブで盆栽やブロンズ像を壊した、豆大福や飼い犬の食事をつまみ食いしたなど)が多くあり、あいに弱みを握られている。 上尾に恋をしており、両想いなのだが、お互い恋愛に奥手なゆえ、進展は皆無。 またネネちゃんが一時期黒磯に恋をし、しんのすけにラブレターを渡させたが、名前が書かれていなかったため、しんのすけがラブレターを書いたと誤解したことがある(原作30巻)。 このときも、あいに悩みを持っていると指摘された。 翌日しんのすけに「自分のことは忘れてくれ」と断ったが、当のネネ本人はすでに黒磯のことを忘れていた。 また、その一方でネネがうさぎのぬいぐるみを殴ってストレス解消をする現場を物陰から目撃し、その原因のほとんどがあいにあることを認めている。 そのためネネのことを人一倍気にかけており、あいに対する怒りが頂点に達したネネにストレス解消用のうさぎのぬいぐるみを差し出す等をして彼女をフォローしている。 カラオケの十八番は『』。 映画「バイオ・ハザードランプ」シリーズの女優、ミラジョボ・ビッチビチの大ファン。 あいの好物である酢こんぶをつまみ食い(実際は毒見をしていたのをあいがつまみ食いしたと勘違いした)したことが原因で一度はSPをクビにされたが、それでも彼女を心配してあとをつけつづけており、後にあいを助けたことやある気遣いを認められたことで彼女から復職を許される。 ロッテン前田 声 - クビにされた黒磯に変わって登場したあいの新しいSP。 厳格な性格で、あいを常に守る事や彼女のスケジュールの管理、怪しいと思った人物に容赦無く絡むなどの徹底した行動を見せているが、反面ではしんのすけの下品さに動揺する等のコミカルな一面やあいの命令に忠実になる余りに彼女が逃げ出す隙を作ってしまうなどの抜けた一面もある。 また、女性でありながらも黒磯と同様にサングラスを掛けており、黒いスーツを着ている。 逃げ出したあいを追いかけた際に泥の水溜りから彼女を助けようとしたが、身を挺した余りにあいを放り投げてしまい、直後に現れた黒磯からSPとしての行動力の無さを指摘されたことでそれを反省すると共に「SPの勉強を一からやり直す」と語り、あいの元を去った。 宇集院夫人 声 - 魔朱麿の母。 下の名前は不明。 政治家の宇集院連太郎の妻である様子。 金持ちであることを鼻にかけている嫌味な性格。 しんのすけには「妖怪厚化粧おばば」、みさえには「豚に真珠」 「妖怪成り金ざまあすババァ」「厚化粧」と言われたので、彼らのことを毛嫌いしている。 「」「」が口癖。 その性格の悪さから、みさえはおろか使用人のたねからも内心で毛嫌いされている。 家の壁を落書きされた際にはしんのすけを追い回したが、結局捕まえることはできず、自身も何度か転倒し、無惨な姿を晒していた。 パトシリア 宇集院家の飼い犬。 オスのプードルで、血統書付きの高級犬。 宇集院夫人同様に嫌味な性格で、エサは霜降り牛肉しか食べず、みさえが出した牛肉(スーパーの安物 )を蹴飛ばすほどである。 ケアもブラッシングが1日5回必要と手間がかかる。 しんのすけ には名前を忘れられており、「サブちゃん」と名前が付けられた。 その後、迎えにきた夫人に助けを求めて泣き叫んでいた。 このサブちゃんカット事件をきっかけにしんのすけは、顔も合わせたくないほどにトラウマ的な存在となっている。 後に尋ね犬として行方不明になり、10万円の賞金がかけられた為野原家に追い回され、その末に宇集院家に戻った。 東松山 たね(ひがしまつやま たね) 声 - 宇集院家の使用人。 76歳の独身。 大抵は監視カメラのモニター室におり、壁に落書きする子供をマイクを通じて叱る。 仕えている宇集院夫人からは(主にしんのすけの事で)叱責を受けることが多く、内心では不満や辟易している事も多く、ストレス解消のため夜中に夫人の悪口(「厚化粧」「イヤミ」「妖怪成金ざぁますババア」「ケチ」など)を屋敷の壁に落書きしたり、彼女を模した石像を踏みつけるなどしている。 「よし治」は「よし はる」とも読む。 第454話の再放送• 第454話の再放送• 妻であるひさえいわく、その頑固さはケータイの着メロがベートーベンの交響曲5番「運命」であることなどから伺え(第770話より)、常に背広にネクタイ着用という生真面目さも持ち合わせ「堅物」を通り越して「天然記念物」とまで評されるほど(第209話より)。 ただし、しんのすけなど一部には効かないこともあり、やり返されて気絶しかけたこともある。 スパンが長いので毎回しんのすけに「おばさん誰だっけ? 」と言われてしまう• アニメでは「 根画 ヒロム」。 もっとも当の本人は大真面目で、屁理屈である事をまるで自覚していない。 カメラマン時代の経験から、重いものを運ぶことには慣れている上、しんのすけへの対応も見事だった為、店長と中村からは「失うには惜しい人材」と評された。 よし治は滅多に笑顔を見せず、この時撮影した笑顔の写真は偶然の産物に過ぎないが、非常に希少な一枚となった。 撮影旅行をする連図が助手を探していない、むさえ自身が連図への弟子入りを懇願する、など。 むさえ入居期より「またずれ荘」の表記が朽ちて外れ、「また 荘」になっている。 アニメ「じいちゃん達が来たゾ」(1994年1月10日放送)では、死体ごっこをしてみさえに「お義父さんがやるとシャレにならない」と怒られた。 野原家の玄関前にてで連絡し、直後にいきなり登場してみさえを驚かせた事も。 田舎の雰囲気に合わせて普段は隠されている。 みさえは気絶、しんのすけは運転に感心していた。 この時はいつもとは逆に銀の介に「下品だぞばあさん」と叱られている。 このドライブデートにはしんのすけも同行していたが、恋人がいる事実が発覚した段階で「ガソリン代もったいないから行かんべ」と取り止めている。 他のかすかべ防衛隊のメンバー同様、第1話Cパートで既にマサオにもセリフがあったが、エンディングではクレジットされていない。 クレジットされたのは第2話Bパート(1992年4月20日)から。 この回だけボーちゃんのエンディングでのクレジットが「堀川亮」となっている。 まつざか先生曰く「ふたば幼稚園の」(アニメ「サッカー大会だゾ」1993年3月22日放送)• いわゆる「ケツアゴ」。 しんのすけからは「組長」と呼ばれ続けているため、初期から中期ごろまでは毎回「園長です!」とつっこんでいたが、途中からほとんどつっこまなくなった。 一例を挙げると、『』では、園児が話を聞いてくれないため落ち込んでいたところ、園長夫人が誤って組長と言ってその気になってしまい、教卓に乗っかり「おい野郎ども! 夏休みだからって抜かるんじゃねぇぞ!」と園児を一喝する場面がある。 このときには一応一瞬真顔に戻って「また誤解を招くようなことを」と断りを入れた上でチンピラに「私は幼稚園の園長です」と脅すように断りを入れた。 ただし、半ばパニック状態になったチンピラが「堪忍して下さい親分さん! 」と言ってしまったため、「親分さんって、本当に分かってますぅ?」と問い詰められてチンピラが完全に泣き出す始末となった。 園長曰く「たまたま会議に集まったのがこの面子だった」らしい。 その子供は連載初期のしんのすけに似ていた。 園長が「(動物)園内は広いですから迷子にならないようにしてください」と園児に注意を促した後、しんのすけが「組長は久しぶりのシャバ(出番)だからってあんまりはしゃがないように」と発言し、それに対して園長がいつも通りに「園長です」と突っ込むというもの。 初期の単行本未収録回でのしんのすけのボケに対するツッコミはみさえ並に容赦なく、度々やの衣装に扮してしんのすけを殴ったり投げ飛ばしたりしていた他、しんのすけをバスで轢こうとしたこともある。 石坂とのデートのエピソードで流れた『北埼玉ブルース』は過去に野原ひろしが歌った挿入歌で、臼井自身が作詞し(原作3巻)アニメでは曲も付加された。 アニメのクレジットタイトルは「 よしなが先生の母」名義。 ただし、この回は単行本未収緑となっている。 劇場版『』では、自らを犠牲にしてしんのすけたちを助けている。 アニメ「よしなが先生が急病だゾ」(1993年5月24日放送)では、「早く元気になってよね。 ケンカ相手がいないとさびしいからさ」と言っている。 この為、しんのすけからは「梅」や「梅さん」と呼ばれる事があり、梅自身は「梅って呼ばないで! 」や「梅って呼ぶな! 」と返されている。 徳郎と出会うまでは「彼氏イナイ歴24年」としばしば紹介されていた。 アニメ第364話Bパート「今日は結婚式だゾ」でもよしなが先生が投げたブーケトスの花束を取ろうしたが、しんのすけに邪魔されて取る事は出来なかった。 居酒屋などの店の場合は閉店寸前も焼き酒や焼け食いをしており、周囲の店員(ヨダも含む)から迷惑がられている。 そのため、しんのすけからこの事を呆れられたりイジれられたりする事が多く、時には野原家・幼稚園の関係者(特によしなが先生と上尾先生)・梅の家族などの周囲からも呆れられたりイジれられたりする事があり、それを言われると激怒したり落ち込んだりする事が多少である。 しかし、逆に梅自身が既婚のよしなが先生をイジる事もある。 園長としんのすけに協力してもらい、極道の一家を演じる。 なお、アニメ版でのかずおは勉強絡みではなく、恋人未満の同級生の少女がいるという設定となり、まつざか先生は2人の恋愛のために身を退いた。 母親曰く、お見合い写真もかねているらしい。 しんのすけに聞かれた際にでたらめに答えたのだが、このマンションは実際に存在し、しんのすけに突っ込まれた。 そのため、金欠の時にフリーマーケットで売る商品を法外な値段で周囲に売ろうするも売られずに終わったり(2007年12月19日放送「フリマで稼いじゃうゾ」)、リサイクルショップで不要品を売って現金を手に入れてもしんのすけにレストランの食事代を奢られてしまう(2013年月15日放送「リサイクルショップについて行くゾ」)などで失敗している。 これもしんのすけを始めとする周囲からこの事をイジられたり、言われると激怒したり落ち込んだりする事が多少である。 原作第26巻にて、よしながとまつざかの喧嘩を止める際にまつざかの胸を触ってしまうが、その手の形を自分の胸に当てて(私のがでかい)と笑みを浮かべるシーンがある。 アニメ版ではかすかべ防衛隊のみ。 また、立てこもりを実行した日にちも運動会から数日後となっている。 なお、原作、アニメ共にしんのすけは立てこもりに参加していない。 アニメ「リレーで勝負だゾ」(1992年9月21日放送)にもさくら組の先生が少し登場するが、こいずみとは容姿が異なる。 しんのすけに太ったら「太もも」と呼ぶと言われ、絶対に太らせんと誓いを立てた。 みね子という名前は原作45巻、アニメでは「思い出のパース旅行だゾ」(2010年1月29日放送)で判明した。 しんのすけに「化粧が濃いですね」と言われ、トオルは「素顔に近いナチュラルメイクなんだ」と反論したが、本人曰く「本当はメチャクチャ付けてる」(「風間くんちは楽しいゾ」1992年12月21日放送)。 トオルは魔女っ子のコスプレをすることが多く、血筋だといっている。 アニメのクレジットタイトルは「 伯父さん」名義。 もえ子という名前は原作37巻、アニメでは「雨にも負けず風にも負けないゾ」(2005年12月16日放送)で判明した。 アニメ「おひなまつりだゾ」(1993年3月1日放送)で初めてぬいぐるみを殴った時はうさぎのぬいぐるみではなく、くまのぬいぐるみだった。 うさぎのぬいぐるみは家中の各所に隠してあり、時には外出の際にも持参しており、空気を入れて膨らませる非常用のうさぎもある。 このうさぎは殴られた時、冷や汗をかいている。 気に入らないことがあるとトイレに行って非常用のなぐられウサギを度々殴っているため、ファミレス業界からは「ファミレスに現れるトイレの暴れん坊」の異名で密かに有名な存在となり、恐れられている。 アニメ版の「友情のリレーだゾ」 1997年10月10日放送)においては、運動会の応援において、隣の席の野原家のせいで、ネネをビデオに撮れずにいたが、ひまわりを睨みつけて泣かせたことで、野原夫妻の注意をひまわりのほうに向けている間に、ネネをビデオに撮ることに成功している。 ただし、この回は単行本未収緑となっている(この時点では名前は出ていない)。 しんのすけに「セクハラ亭主 ボッキー君」と書かれたプラカードを出されてノリでボケをかましてしまい、ネネに泣かれている。 しんのすけ達はボーちゃんと瓜二つの母親、風間くんはしんのすけ好みの美人の母親。 英会話体験教室では、みさえにしんのすけに英会話をさせることの意味で使っている。 しかし、しんのすけには「おばさんにダイヤと同じこと?」と言い返された(みさえも表向きではしんのすけを注意していたが、内心ガッツポーズをしていた)。 野原家からすれば、夕食にするほどの豪華なステーキ肉である。 みさえの前で、牛肉が盛られた皿をひっくり返した。 みさえは「勿体ない」と叱責する。 しんのすけを「庶民のガキ」と思っている。 コミックでは「やめろ バカヤロ くそガキ」と心内文が書かれている。 コミックでは、「サブちゃん号」と体に落書きされている。 夫人に返却できる状態ではなかったため、その時はみさえも迎えにきた夫人に対し、もうしばらく預かる等と青ざめた顔で必死に弁解していた。 「子供のケンカに親が出るゾ」でみさえとしんのすけが宇集院家に謝罪に出向いた際、しんのすけがモニターにアップで映ったときは怯え、宇集院夫人が通した時は必死に逃げて隠れた。 このときは、頭は既に元のプードルの毛並みとなっている。 すき焼きや焼肉の時に勝手に家に来て、肉だけ全て食べてしまう、など。 一応は自分達夫婦に人望がなく、友人もいない自覚はあるが、「なぜか自分たちから離れていく」と述べるなど、自らの性格や言動が原因であることは自覚していない模様。 その執心ぶりに、しんのすけ達やゴミ収集員達、もえPグッズを密かにネコババしようと画策していた風間くんさえも唖然としていた。 しんのすけも彼女の創作料理の強烈な悪臭に一度失神してしまったが、息子のオサムはその悪臭に慣れているため特に動じることはない(ただし、母の料理の腕が壊滅的であることは内心認めている)。 ただし、海水浴でひろしが門呂の創作おにぎりを食べたことにより腹を壊す話は、アニメ版では門呂の役割を別の女性2人に変更しての、「海はムフフ…だゾ」(2004年7月24日放送)として、アニメ化された。 ただし、ひろしが捨内から逆上がりを教わる話は、アニメ版では捨内の役割を四郎に変更しての、「夜の鉄棒だゾ」(2009年8月28日放送)として、アニメ化された• その際、思い込みや両親の発言などでななこに嫌われる妄想をするしんのすけは、この映画で初めてななこから嫌われ、放心して卒倒してしまった。 なお、ななこ自身はどうなったかは不明だが、熱海サイ子を装着したしんのすけによって一家が凶悪犯であった事実が抹消されたと同時に、しんのすけを嫌った記憶は消された模様。 全作読んでいるほどのファンであるひろしの説明によると四十郎のデビュー作である第一作『豪快くんが通る』からヒットし続けている。 一作ごとに主人公や舞台設定が違うが豪快な生き方というコンセプトが共通する、いわゆるオムニバス作品である。 『野生の豪快』は映画化、『明日の豪快』は漫画化されている(「ななこおねいさんのお父さんだゾ」1998年5月22日放送より)。 場合よって、結局最後はトラブルを起こして原稿の締め切りが間に合わずに終わるオチが多少で、けんすけ登場後は同時に彼のホームパーティーを中止したり、共に悲惨な目に遭う事がある。 自身はしんのすけからそれを呼ばれる事を否定しており、彼に「お義父様と呼ぶな! (2度目の時は「だからお義父様と呼ぶんじゃない! 」)」や「お前にお義父様と呼ばれる筋合いがない! 」などと拒絶する。 その逆に四十郎自身はしんのすけの事を「ジャガイモ小僧」「生意気な小僧」と呼んでいる。 ななこが男とデートをすると思い込んで後を追いかける(ただし人違いと発覚すると、その場を通りすぎて近くの犬をななこと呼んだ。 「ななこおねいさんのお父さんだゾ」1998年5月22日)、猛スピードでななこの家に駆けつけ、ななこの家の前に来る男性達(新聞の集金、宅配便、ピザの配達)を捕まえて強引な事情聴取をする(「ななこお父さんと再会だゾ」1999年1月15日)、寿司屋でアルバイトをするななこに難癖をつけるチンピラの男性客に鬼のような怒りを剥き出しにし、無言の威圧で恐れさせる等(「ななこおねいさんのアルバイトだゾ」2004年5月8日)。 なお、忍本人とななこ、そしてしんのすけの家族達はその事を感づかれていない。 ななこに惚れた四郎がしんのすけを買収して彼らのデートに便乗しようとした際、四郎がななこと親しくなる事を阻止する為に、急遽四郎の相手役として忍に声をかける等。 アニメ「スケバンの掟はきびしいゾ」「スケバンのラブレターだゾ」(両エピソード共に1994年6月13日放送)より。 竜子の初恋相手だが大勢の女と付き合っており、老婆にぶつかっても謝罪すらしなかった態度に憤慨した竜子に殴られた。 殴られた後に「痛いよママー」と母親を呼んでいた事から実際はマザコンである模様。 なお、アニメではアルバイトをするエピソードがあるが、しんのすけからの邪魔または自身のド忘れなどでクビにされることが度々ある。 この際じゃがいも小僧と言いかけている。 このスクーターは二人乗りが可能でアニメ「赤ちゃんが生まれるゾ」(1996年9月27日スペシャル版で放送)ではしんのすけとひろしを後ろに乗せている。 その際、紅さそり隊のスクーターは90ccであり二人乗りも合法である旨がテロップで表示された。 二番目に嫌いなのは「細川ふみえとは随分違うと言われること」。 三番目に嫌いなのは「三番目に嫌いなことを聞かれること」。 四番目に嫌いなのは「お嫁の貰い手がないと言われること」。 五番目に嫌いなのは「背中に落書きされること」。 原作・アニメ共に草加ユミが初登場したのは、ひまわりの誕生直前だった。 みさえの口紅で悪戯をしていたしんのすけがひろしのYシャツに口紅の跡をつけ、みさえはひろしが浮気をしたと誤解したことが原因(ひろしが出ていった直後に事の真相を知ったみさえは涙ながらにしんのすけを激しく責め立てた)。 アニメのクレジットタイトルは「 課長婦人」名義。 なお、熱海サイ子を装着したしんのすけの手により、野原一家が凶悪犯であった事実が抹消されたと同時にひろしの解雇は帳消しにした模様(部長を始めとする双葉商事の関係者たちはどうなったかは不明だが、ひろしを嫌った記憶は消された模様)。 しんのすけ曰く「母ちゃんに怒られた時の父ちゃんの背中にそっくりだったから」• なお、他の店員や係員たちにはしんのすけの事を「知らない子」と秘密にしている。 終いには「カマキリ将軍ギリギリ」とまで言われてしまう。 原作ではロイヤルチョコビ。 アニメ版では一度野原家にもセールスに訪れるもののしんのすけに阻止されて失敗している。 2014年の再登場以降は「女装した人」と呼ばれる。 下山後も頭髪はまだ生えておらず、をつけていた。 アニメスペシャルの「オールスター夢のコント祭り」ではしんのすけは「おかまのセールスマンさんは最近見かけないし」と語っていた。 原作・アニメ共に、野原夫妻と四郎は壁の穴が大屋に見つかった際は殺し屋のヒロポン本駄に壁を壊した責任をなすり付け、その後のいざこざで更に壁が壊れた時には「これで完璧に殺し屋のせいにできる」と内心喜んでいた。 モロダシ共和国では美男・美女の基準が日本と逆なため、このことを知ったスーザンは「どおりで…」と呆れており、すっかり気を良くした四郎は移住まで考えていた。 その後、殺し屋からまたずれ荘の住人を守るために揉み合った際に腕をぶつけたことで本当に骨折してしまった。 一時期「無乱ルーズ」という喫茶店で雇われママをしていたこともある。 現在でも商才は衰えていないようで、息子から新しい下着のリストで相談を受けて、的確な取捨選択で息子を感心させ、その様子を見ていたひろしと四郎も驚いていた。 モロダシ共和国では高倉園長や四郎のような男性が美男と認識され、忍のような力強い女性ほど女らしいとされている。 にがりや、汚田、優は仕事の都合で同行していない。 例として廊下を歩いていた四郎の髪の毛が落ちただけで口うるさく説教し、髪の毛が落ちないようにバリカンで刈り取ろうとする始末であった。 納豆のタレ袋を開封するのに失敗してタレがこぼれる、卵かけご飯を作る時にお椀から白身がこぼれる、ティッシュを取ろうとしてティッシュが破ける、に負ける、天子と喧嘩したりそっぽを向かれるなど。 『新クレヨンしんちゃん』においても、相変わらず交際の進展は難儀している様子で、それが原因でカンナや工事に八つ当たりしたり、喧嘩してしまう事も健在である。 実際はその会社が規模を拡大するのに邪魔となる鬼瓦リフォームを潰すための策略。 その会社も建物を図面とは違う建て方をする悪質な会社だった。 その光景をしんのすけに見られた結果、口止め料として肉まんとあんまん(アニメではカレーパンとメロンパン)を奢る羽目になってしまった。 その際、四郎から「お前が言うな!」と悔し紛れにツッコまれていた。 幹部4人、怪人52人、戦闘員739人がこれまでアクション仮面によって倒されたらしい(アニメ「アクション仮面が最終回! だゾ」1993年4月5日放送)。 「アクション仮面、次に会う時は敵ではなく、味方として会おう」• 2003年6月7日放送「殴られウサギの逆襲だゾ」では葉月ちゃんの家にもえPが泊まり、一緒に餃子作りをして完成した餃子を食べ、何の問題も無く二人一緒に寝るだけであった。 これを観たネネちゃんが怒りのあまりエンディングに流れるスタッフのテロップに文句を言いながら(この時、食べていたリンゴを粉々に砕いた)離れた場所でウサギを殴り付けた。 2006年8月11日放送「エアコンがこわれたゾ」ではネネちゃんが見た回と全く同じ展開(作った料理が餃子から鍋に変わっただけ)の内容に、放送を観ていたしんのすけが呆れている• このため、女運はまるでなく、ほとんど周囲の女とは無縁。 ななこもオトそうとしていたが、しんのすけに阻止されて、最後は結果的に振られている。 しんのすけは「振られましたな」と志郎に言った直後、彼から「お前のせいだろ」と返されたが、志郎の邪魔をした事の自覚はない。 ただし、北与野の発明品による話は形を変えて、アニメ化されている。 例:「カスカベタイムパトロール隊 オラ誕生のヒミツだゾ」「風間くんと入れ替わっちゃったゾ」• ゲーム『』の攻略本より。 しんのすけからアルバイトをクビにされている事をイジられているだけではなく、この事までもイジられていた。 なお、しのぶを初めて見たみさえに「一体何なのよ、あの子は!? 」と言われるが、「女子大生はお友達だゾ」ですでにしのぶと知り合っているひろしがみさえにしのぶの事を語っていた。 その後、みさえは「お化粧は楽しいゾ」と「忘年会で盛り上がるゾ」でしのぶと再会している。 なお、クビを逃れた直後に「あの子(しんのすけ)のいない町へ引っ越したい」と発言していたが、最終的に春日部以外の所へと引っ越していったのかは不明。 アニメのクレジットタイトルは「 タケシのママ」名義。 風間はクローバー幼稚園の園長から転入を勧められるも、しんのすけ・ネネ・マサオ・ボーちゃんが園児たちを自分たちのペースに巻き込み、問題を起こしたため、転入の件は白紙に戻される羽目になった(1998年5月1日放送「ライバル幼稚園に行くゾ」)。 このため、しんのすけは最後までネネとトモに振り回される羽目になった。 アニメでは弟子は探しておらず、むさえが弟子になりたいと志願していた。 初めは一流企業を中心に破壊活動を行っていたが、その後双葉商事をはじめ、三流企業をも標的にした。 なお、アニメでは2度目は「また休止」になったり、3度目は「またまた休止」になったりしていた。 この話は原作では19巻(1997年発売)が初出で、他の原作エピソードど比較して、アニメ化までのスパンが長かった。 また、原作での同話での行き先はだったり、しんのすけ以外の野原一家は登場せず、代わりにマサオが同伴するなど相違点が多い。 しかしこの時は締め切り間際で、犯人の下へ向かおうとした際、後述の「原稿取りの鬼」の異名で恐れられる編集者の林と新人編集者の増尾から、を片手に追われる羽目になり、事件解決後も編集者から逃亡していた。 闇の軍団が水玉の服を着ている、戦国時代の姫の家がバルコニーやソーラシステムがついた現代的な家になっている、お城が時代劇には不釣り合いなメルヘンチックな城(うすと曰く「みたいな城」)になっている等。 例で挙げると、「ブルドーザーの真似」と称して机の上の物を台無しにする、「人間ジョッキ」と称して机をひっくり返す、「の物真似」と称して作業机の上で回転する等。 このため、うすとは原稿が間に合わず、最後は漫画の連載が休止になる原因となる。 ちなみに小五郎はひろしと同じ恐妻家であり、婿養子でもある。 第996話のオープニングクレジットでは「キティ ホワイト」と表示。 Livedoor NEWS 2017年2月16日. 2019年8月31日閲覧。 原作16巻、アニメでは「二人のじいちゃんと出かけるゾ」(1996年11月22日放送)。 原作では『月刊まんがタウン』2005年12月号、アニメでは2006年6月9日放送「女3人寄っちゃったゾ」で判明。 アニメ「女3人寄っちゃったゾ」(2006年6月9日放送)• アニメ「オラがオラになった日だゾ」(2007年6月8日放送)• アニメ「じいちゃんと一緒だゾ」(2001年3月2日放送)• アニメ「母ちゃんと二人旅だゾ」(1993年4月5日放送)• アニメ「秋田に里帰りだゾ」(2008年1月11日放送)。 アニメ「九州のじいちゃん家は楽しいゾ」(2002年11月16日放送)• アニメ「タコさんはたくさんだゾ」(2010年8月6日放送)• なお、熱海サイ子を装着したしんのすけによって一家が凶悪犯であった事実が抹消されたが、自身はどうなったかは不明。 アニメ「じいちゃんと東京見物だゾ」(1993年7月26日放送)• 新6巻より• 原作では11巻、アニメでは「かすかべ防衛隊だゾ」(1995年5月1日放送)で結成。 だゾ」(2009年7月10日放送)、「金魚すくいで勝負だゾ」(2010年8月6日放送)等。 原作1巻にて。 しんのすけに地上げ屋呼ばわりされたことで、遅れてきたよしなが先生を睨んでしまったため。 この時はよしなが先生の代理を務めていた。 アニメ「園長先生の家庭訪問だゾ」(1996年11月1日放送)• アニメ「組長先生のカメラマンだゾ」(1995年9月25日放送(スペシャル))• アニメ「お習字をするゾ」(1997年2月25日放送)• 『新クレヨンしんちゃん』Vol. 17、アニメ「ボウリング対決だゾ」(2013年10月18日放送)• 原作6巻。 アニメ「組長先生はこわいゾ」(1995年6月12日放送分。 DVD版「TV版傑作選 クレヨンしんちゃん18」)• アニメ「大阪でくいだおれるゾ」(1995年6月12日放送)。 その際、チンピラはしんのすけの顔面にぶつけようとしていた拳を自分の顔面にぶつけてごまかし、チンピラの連れは悲鳴を上げて逃げ出した。 アニメ「甲子園にムチューだゾ」(2006年8月4日放送)• アニメ「見習い先生が来たゾ」(1994年12月12日放送)• 朝日新聞デジタル 2015年4月20日. 2015年4月20日閲覧。 アニメ「ナットウでケンカだゾ」(1995年4月10日放送(スペシャル))• アニメ「運動会で活やくだゾ」(1995年10月9日放送)• アニメ「よしなが先生の恋の破局? だゾ」(放送)• 原作4巻で判明だが、サバを読んだようである。 アニメ「身体測定の時間だゾ」では、自分で測定して79. 8cmだった。 原作9巻、「風間君とケンカだゾ」(1994年10月24日放送)。 原作10巻、アニメでは「よしなが先生は酒乱だゾ」(1995年5月8日放送)。 原作27巻、アニメでは「よしなが先生の新婚家庭だゾ」(2000年7月7日放送)。 アニメ「粘土で遊んじゃうゾ」(1992年6月8日放送)• 原作9巻で判明。 原作9巻、アニメでは「恋するよしなが先生だゾ」(1994年9月26日放送(スペシャル))。 原作5巻、アニメでは「カンケリをするゾ」(放送)。 アニメ「よしなが先生が急病だゾ」(放送)• 原作5巻、アニメでは「よしなが先生のお見舞いだゾ」(放送)• アニメ「よしなが先生辞めちゃダメだゾ」(放送)• アニメ「先生たちの健康診断だゾ」(2005年3月5日放送)• アニメ「松坂先生の休日だゾ」(1994年11月28日放送)• アニメ「アスレチックするゾ」(1993年10月4日放送)• 『』1990年10月16日号、p. 201• アニメ「誘われたまつざか先生だゾ」(1995年12月18日放送)• アニメ「まつざか先生に送ってもらうゾ」(2006年2月10日放送)• 「まつざか三姉妹のお正月だゾ」(1997年1月3日放送(お正月スペシャル))• 原作17巻、アニメでは「まつざか先生と年下の男の子だゾ」(1997年4月11日放送)。 原作11巻、アニメでは「ボーちゃんのプロポーズだゾ」(1995年4月10日放送)• 原作28巻、アニメ「ちょー嵐を呼ばない園児だゾ(3)」(2008年4月18日放送)• アニメ「田植えは楽しいゾ」(1996年5月24日放送)• アニメ「まつざか先生見ちゃいや〜んだゾ」(2005年6月24日放送)• アニメ「よしなが先生のお手伝いだゾ」(1992年11月16日放送)• 原作20巻、アニメでは「まつざか先生に春の予感だゾ」(1998年6月12日放送)• アニメ「インターネットをのぞいちゃうゾ」(2000年1月21日放送)• アニメ「苦手をコクフクするゾ」(2005年11月4日放送)• アニメ「ソフトボール大会だゾ その1」(1994年2月28日放送)や「水泳大会がんばるゾ」(1994年7月4日放送)など。 アニメ「今日は結婚式だゾ」(2000年7月14日放送)• 原作24巻、アニメでは「まつざか先生の恋の決着だゾ」(1999年9月3日放送)。 アニメでは一緒にチリに行って欲しいとプロポーズしたが、梅は突然の話であったことに加え、幼稚園を辞めるわけにはいかないとしてこれを拒否している。 アニメ「風間くんと入れ替わっちゃったゾ」2019年3月1日放送• 原作6巻、アニメでは「こまってる人を助けるゾ」(放送)• アニメ「婦警さんと一緒だゾ」(1992年12月7日放送)• アニメ「お花見は楽しいゾ」(1993年3月29日放送)• 『Weekly漫画アクション』1990年10月9日号、p. 242• 『まんがタウン』2007年12月号。 アニメ「トイレに閉じこめられたゾ」(1995年8月28日放送)• アニメ「おためし英会話だゾ」(2006年6月23日放送)• アニメ「新そばをたべに行くゾ」(2017年9月8日放送)、「オラんちでグランピングだゾ」(2018年5月11日放送)など• アニメ「コツメカワウソのドーヤくんだゾ」(2019年3月8日放送)• 原作43巻、アニメ「ひまわりをあずけるゾ」(2009年6月5日放送)• 「節約はオラにおまかせだゾ」• 原作13巻、アニメでは「オラの本気の恋だゾ」。 アニメ「ストーカーは許さないゾ」(1997年7月4日放送)。 アニメ「フィットネス父ちゃんだゾ」(2010年5月14日放送)• 初登場の原作41巻・アニメ「オラをスキーに連れてってだゾ」(2006年1月27日放送)• 伊倉の体調不良により一時的に交代• 原作36巻の50ページのお銀の台詞「でも竜子 歌 うまいじゃん」より• アニメ「フツーの女子高生タイムだゾ」(2011年6月24日放送)• アニメ「カスカベ大連合だゾ」(2010年2月5日放送)• 「メールは一日にしてならずだゾ」(2009年2月27日放送)• アニメ「オラが写真のモデルだゾ」(1993年1月25日放送)• アニメ「今度こそ本当にキレイにするゾ」(2002年6月22日放送)• アニメ「結婚衣装を見に行くゾ」(1993年6月21日放送)• アニメ「結婚パーティーだゾ」(1993年6月28日放送)• アニメ「新婚さんちへ行くゾ」(1993年10月25日放送)• アニメ「小学生とクリスマス会だゾ」(1996年12月20日放送)• アニメ「父ちゃんの忘れ物をお届けするゾ」(1997年3月7日放送)• アニメ「会社の保養所は楽しいゾ」(2000年4月14日放送)• アニメ「お届け途中で迷子になったゾ」(1997年3月7日放送)• 「お化粧は楽しいゾ」(1994年3月21日放送)• 原作5巻。 原作5巻。 アニメ「またまた本屋さんだゾ」(1992年10月12日放送)• アニメ「オラの本はベストセラーだゾ」(1993年5月17日放送)• niftyニュース. 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 アニメ「遠足でまたまた迷子になったゾ」(1997年10月17日放送)• アニメ「保険のセールスも大変だゾ」(1998年2月20日放送)• アニメ「おとまり保育だゾ」(1993年2月15日放送)• 2001年8月31日放送『シロを連れてきちゃったゾ』より• 原作30巻で、野原一家と『』を見ていた時に判明。 アニメでは2001年6月29日放送「お隣とつつぬけだゾ」で判明。 「屈底母娘の家出だゾ」より• 「屈底母娘の家出だゾ」より• 「屈底母娘の家出だゾ」より• 『嵐を呼ぶジャングル』で郷がしんのすけと顔を合わせた際に「やぁ、しんのすけくん」と挨拶している。 アニメ「アクション仮面スペシャルだゾ」(1992年12月28日放送)• アニメ「アクション仮面に会うゾ」(1992年8月24日放送)• アニメ「カゼの予防はウガイだゾ」(1992年11月16日放送)• 「風間君の好きなアニメキャラだゾ」(1998年10月30日放送)• 「婦警さんと一緒だゾ」(1992年12月7日放送)• 「ケーサツへ行くゾ」(1993年8月30日放送)• 「女子大生バイトはつらいゾ」(1992年10月26日放送)、「たい焼きを買いに行くゾ」(1993年2月15日放送)、「ガソリンスタンドへ行くゾ」(1993年8月16日放送)、「お化粧は楽しいゾ」(1994年3月21日放送)、「忘年会で盛り上がるゾ」(1994年12月26日放送(年末スペシャル))。 アニメ「オラの七五三だゾ」(1992年11月9日放送)• アニメ「遠足へ出発だゾ」(1993年5月10日放送)• 「クレヨンしんちゃん」公式サイト. 2017年12月9日閲覧。 「ローラー初すべりだゾ」、「ローラーで対決だゾ」(1996年2月12日放送)• アニメ「祝!! ナント!青春の旅立ちだゾ」より。 サンリオ 2019年4月26日. 2019年5月1日閲覧。 テレビ朝日 2019年4月26日. 2019年5月1日閲覧。 当初は10月12日に放送を予定していたが、「緊急報道特番 台風19号が直撃」を急遽放送することになったため、10月月19日に延期となった。

次の