マイル旅行券 手に入れ方。 貯めたANAマイルのおすすめ活用方法

AMC平会員のわたしがお盆の特典航空券羽田フランクフルト線ファーストクラスビジネスクラスを確保できた理由

マイル旅行券 手に入れ方

そもそもマイルって何? マイルとは航空会社が顧客向けに提供しているポイント制度のことです。 マイルという特別な名称がついているからややこしいだけで、実際にはマイル=ポイントと考えれば決して難しいことはありません。 マイルは航空会社が顧客向けに提供しているポイント制度のことで、同様にマイレージといった言葉も存在しますが、これは「マイレージサービス」という言葉を省略したのが、 マイルということで、これらは同義語です。 飛行機に乗るたびに、乗った距離に応じたポイントが貯まります。 ポイントが一定額に達すると、無料航空券などに交換できます。 そして航空会社が用意をしているマイルを貯めることが出来る制度のことをマイレージプログラムと呼びます。 マイルは、大手航空会社のポイントサービスで、飛行機に乗るたびにマイルという名のポイントが貯まります。 貯まったポイントを無料航空券などに交換できます。 例えば、東京~沖縄なら984マイル、東京~大阪なら280マイルの距離です。 航空会社のマイルは飛行機に乗らなくても貯めることができます。 最近ではクレジットカードを使用してそのポイントをマイルに交換して貯める人も多いです。 JALマイルとANAマイルの違い クレジットカードには各社それぞれ違ったポイント制度があるように、マイルにも航空会社によってその種類は異なります。 日本国内で有名で人気なマイルとしては日本航空が提供している JALマイル、全日空提供の ANAマイルの2つが主流です。 そのため、海外に頻繁に出張で行くという方ではない限り、これら2つのマイレージプログラムを抑えておけば問題ないでしょう。 海外旅行を頻繁にする方なら、世界の航空会社は大きく分けて3つのマイレージサービスのグループがあります。 「スターアライアンス」、「ワンワールド」、「スカイチーム」の3つです。 このうち、ANAがスターアライアンス、JALがワンワールドに属しています。 残るスカイチームに属している日本の航空会社はありません。 スカイチームでもっとも有力な航空会社はデルタ航空ですので、もし、JAL、ANA以外のマイレージサービスに入るなら、デルタ航空にするといいでしょう。 JAL、ANA、デルタの3つのマイレージサービスに入っておけば万全です。 ちなみに、JALマイル、ANAマイルともに、それぞれ正式名称は別にあります。 たまに見かけることもあると思いますので記憶の片隅にでも留めておきましょう。 JALマイル=JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)• ANAマイル=ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ) それぞれJMB、AMCと略されることが多いので、これらをしっかり覚えておくと間違えることもないでしょう。 マイルでできること 飛行機に無料で乗れる マイルを貯めて使える特典の代表は、無料で飛行機に乗れることでしょう。 たとえば沖縄旅行を目的とした羽田空港から那覇空港までの移動が無料になったり、成田空港から仕事で仙台空港まで行く、という場合にも無料に出来たりします。 もちろんどの路線にいつ乗るかについても自分で選ぶことが出来ます。 定員数が決まっているので早めに予約して席は抑えておく必要性はありますが、原則好きな飛行機にいつでも乗れると思って間違いありません。 また日本国内だけでなく、マイルを貯めれば海外にも無料で旅行可能です。 韓国、台湾、上海といった近場のアジアから、ハワイ、バリ、モルジブといった遠方のビーチリゾート、そしてアメリカやブラジル、ヨーロッパといった遠方の海外旅行まで、無料で行くことが出来ます。 なお、海外への渡航については燃油サーチャージや空港利用税などが別途かかってしまうため、正確には、マイルを使っても完全無料にはなりませんが、少なくとも飛行機代は無料にすることが出来るので、海外旅行代を劇的に安くすることが出来ます。 飛行機の席をアップグレードできる マイルを貯めれば飛行機の座席アップグレードにも利用できます。 エコノミークラスの席を確保している方は更に上のビジネスクラスに、ビジネスクラスを抑えている方は最上級の ファーストクラスに変えてもらう、といったようにすでに購入した航空券の質を高めることもマイルなら可能です。 特典商品と交換できる マイルを航空会社が予め用意しているアイテムリストの中の商品と交換することも可能です。 お肉や地方の特産品などのグルメセット、食器やワイングラスなどなど、多彩な商品と交換できるこの仕組みではありますが、こちらも交換効率がよくないものなので、優先してここに振り分けるのは あまりおすすめはできません。 まとめると、いろいろな商品やサービスに交換することができるマイルですが、やっぱり 特典航空券に交換するのが一番良さそうです。 それ以外の電子マネーへの交換やアイテムリストからの選択については、マイルをわざわざ貯めてまで交換するものではありません。 つまり、飛行機に乗って旅行や出張に行く予定がないという方や飛行機がそもそも嫌いで乗りたくないという方はマイルを貯める必要性はほとんどありません。 その代わりに、他のポイントが貯まりやすいクレジットカードを使ったほうが数倍お得だと言えるでしょう。 逆に、とにかくお得に旅行に行きたい人や飛行機代に乗るのが好きという方にとっては、マイルは家計節約の救世主になりえる存在。 高額な飛行機代を0円に出来るのはかなり魅力的ですよね。 マイルの効率のいい貯め方 ここまででマイルを貯めると様々なことが出来ることは紹介しました。 でも実際には飛行機に乗る、以外のメリットはあまりありませんが笑。 ではマイルを貯めるにはどうすれば良いのか。 ここからはマイルを貯めるためにはどうすれば良いのかについて、引き続き解説していってみたいと思います。 マイルを貯めるといっても下記のように多岐に渡る方法があるので、マイルを余すことなく貯めたいのであればしっかりと認識するところから始めてみてください。 飛行機に乗る マイルを貯める一番楽な方法は、 飛行機にたくさん乗ることです。 JALマイルであれば日本航空の飛行機に乗ればマイルが貯まりますし、ANAマイルであれば全日空の飛行機に乗ればOK。 たったそれだけでマイルがどんどん貯まっていきます。 提携航空会社の利用でもマイルは貯まります。 そして、対象範囲は日本航空や全日空のみではありません。 JALマイルであれば日本航空と提携している航空会社の利用であってもJALマイルが貯まる仕組みになっています。 ANAマイルも同様に全日空と提携している航空会社を利用すればどんどんマイルが貯まります。 たとえば日本航空は現在、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、エールフランス、マレーシア航空、スリランカ航空、キャセイパシフィック航空、カタール航空などと提携しているので、これらの航空会社利用時にもJALマイルが貯まります。 同様に全日空もユナイテッド航空、タイ国際航空、ルフトハンザドイツ航空、エアカナダ、シンガポール航空などと提携しているので、こちらでもANAマイルを貯めることは出来ます。 クレジットカードを使って貯める あまり旅行に行かないという人や普段から出張などをしないという人はなかなかマイルが貯まらないと思いますが、そんな人には、クレジットカードで買い物をしてマイルを貯める方法がベストです。 マイルが貯まりやすいクレジットカードを利用すれば、スーパーマーケットやデパートといった場所での支払いでどんどんマイルを貯めることが出来るようになるので、これだけで1年に1度くらいのペースで特典航空券を貰うことが可能です。 私も飛行機に乗る機会はあまり多くないのですが、日々のクレジットカードのポイントでも結構なマイルが貯まります。 あなたが仮に飛行機に乗らないでマイルを貯めようとしても、それは決して無茶な試みではありません。 安心してマイルを貯めてもらえればと思います。 提携ホテルに宿泊してマイルを貯める 日航ホテルやインターコンチネンタルホテル、そしてプリンスホテルなど、航空会社と提携している様々なホテルに宿泊するとマイルが貯まる場合もあります。 ANAの場合、提携のホテルを利用することでマイルを貯める事が出来る宿泊サイトがいくつかあります。 例えば• じゃらん• 楽天トラベル• Yahooトラベル• HOtels. com• 一休 と言ったものがあり、普段使っているサイトもあるのではないでしょうか。 例えば宿泊費12,000円でプラスマイル400マイルが付くホテルでに泊まったとすると• ホテル宿泊通常マイル : 120マイル• ホテル宿泊プラスマイル:400 マイル• 宿泊費をカード決済: 120マイル ANAカードで10マイルコースの場合 合計で、 640ものマイルが貯まるのです。 普通にホテルを予約していたら、120マイルしか貯まらなかったところをANA@ホテルを利用すればかなりの量のマイルを手に入れることができます。 ANA@ホテルを探すには、ANAホームページにログインして、ANAマイレージクラブの左メニューからホテルをクリックしリストの中から探します。 ホテル宿泊費としては最安値ではないかもしれませんが、貯まるマイル数から考えるとお得度が高いと思います。 会社の出張で泊まれる予算内で泊まれる場合などは検索して宿泊してみてはいかがでしょうか。 プラスマイルは数百マイル程から2,000マイルと幅がありますが、1,000マイル~1,500マイルのプラスマイルが付くホテルに10,000円以下で宿泊できるのを見つけたらラッキーです。 これまで利用していない人はこれを機に是非この方法を使ってマイルを貯めてみてはいかがでしょうか。 どのくらいのマイルがあれば、特典航空券をもらえるのか まだこの肝心な部分を解説してこなかったので、このどのくらいマイルを貯めれば特典航空券が無料で貰えるのか、についての説明をしていきたいと思います。 もはや言うまでもありませんが、マイルをよりお得に使うには、航空券に交換することが必要です。 実際、マイルを航空券に交換できるようになるまでに、どれくらい頑張らないといけないのか。 つまり、、マイルをお得に使うには、 最低12,000マイルは貯める必要があります。 やはり、効果的にマイルでの特典航空券を狙うには、クレジットカードでのマイル加算を併用することが重要になります。 普通のカードだと100円の利用で1マイルですから、一見効果が小さいように見えますが、この積み重ねが大きなマイルを築くのです。 12,000マイル貯めるには120万円分のクレジットカード利用をする必要があります。 しかし、コンビニからスーパーマーケットでの支払い、そしてデパートやドラッグストアといった日々の支払いにすべてクレジットカードを使うようにすれば、それだけで月額少なくとも5万円程度の利用は可能でしょう。 加えて電気料金やガス料金、携帯電話料金などの支払いもマイルが貯まりやすいクレジットカードに切り替えれば、通常1年や2年で12,000マイルを獲得することはそんなに難しくないでしょう。 1カ月に5万円使えば2年、10万円使えば1年で貯まります。 生活費のほとんどをカードで支払えば達成できる数字ですから、生活しているだけで毎年航空券ゲットできるとも言えます。 また、国外なら韓国に行くことができます。 マイルでファーストクラスにも乗れる 飛行機の席のクラスは、国際線では、主に次のようなクラスに区分されています。 ファーストクラス• ビジネスクラス• プレミアムエコノミー• エコノミークラス 国内線では、上記の4つのような形ではなく、航空会社ごとにさまざまな切り方をしています。 クラスの違いによって、航空券の料金が変わり、追加料金を支払って上のクラスのシートに変更すると、座席やサービスの内容が変わります。 エコノミーとは料金自体が違うビジネスクラスとファーストクラスは、飛行機に乗る前からさまざまな面で優遇されます。 まず空港のチェックインカウンターで並ぶ列が違います。 エコノミーが混んでいるときも、ビジネス・ファースト専用レーンを使ってチェックインでき、こちらはほとんど待つことがありません。 また、航空会社ごとに空港専用ラウンジがあります。 このラウンジはビジネスクラスとファーストクラスのチケットを持っている人のほか、航空会社発行のクレジットカードを所有するゴールドカード会員が利用することができます。 ラウンジにはフードバーがあってあらゆる食事が食べ放題で、ゆったりしたソファで寛ぎながら搭乗時間を待つことができます。 このラウンジを利用したいがために、かなり早い時間から空港にくる人も珍しくありません。 海外旅行に行くとき、ちょっと奮発してビジネスクラスというお話は聞きますが、ファーストクラスとなると次元が変わってきます。 たとえば、日本とパリやロンドンなどの往復だと200万円以上の航空券代がかかる計算になります。 基本的にファーストクラスは、割引料金などの設定が行われることはありません。 なので、ファーストクラスに搭乗するならこれだけのお金を払う必要があるわけです。 一方で、マイルを貯めればファーストクラスに乗ることも可能です。 たとえば、ANAならヨーロッパファーストクラスの旅がたったの 18万マイルで可能なんです。 一方で、そんなマイルの価値はファーストクラス搭乗の運賃から逆算するととんでもないことになります。 1マイル当たりの価値を考えるとこの使い方は非常にメリットが大きな使い方といえます。 基本ファーストクラスは値引き販売されることはないので、マイルを利用するのであればファーストクラスで利用するというのはかなり賢い利用方法だといえます エコノミー、ビジネス、ファーストと飛行機のシートにはそれぞれクラスがありますが、料金と座席の広さ以外にもサービスに差があります。 搭乗する前の出発空港のチェックインやラウンジのほか、機内食、CAのサービス、そして飛行機を降りた後も流れてくる荷物の順番など、ファーストクラスやビジネスクラスの利用者は優遇され、手厚いサービスを受けられます。 マイルを貯めて、さまざまな空港・航空会社の各クラスを使ってみるチャンスを手に入れましょう。 カテゴリ• 103• 378• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

【あつ森】マイル旅行券に秘められた価値と最高効率の集め方【時間操作あり】 | 万物同サイズの法則

マイル旅行券 手に入れ方

使わなくなったマイルや余ったマイルを友達や彼女に譲ることはできるのか? これは・・・ できません。 ANAマイルを譲ることができるのは、あなたから2親等までの家族のみ。 また、家族で譲る場合でも「ANAカードファミリーマイル」に登録をする手続きが必要となるので覚えておくと良いでしょう。 (参考:) ANAマイルで友達の分の航空券も手に入れられる? では、ANAマイルで友達や恋人の分も航空券を手に入れられるのか? これも、、、 できません。 もちろん、他人名義で航空券を取ることもできません。 ANAマイルで特典航空券に交換できるのも、生計を同一にしかつ同居する配偶者及び一親等以内の家族のみ。 ANAマイルをANAご利用券やSKYコインに換えた場合でも友達の分の航空券は手に入れることはできません。 海外の航空会社のマイレージサービスであれば、お金を払えばマイルを譲ったり、友人や恋人の航空券も取ることができるんですけどね。。。 しかし!諦めるにはまだ早い!!! 実は あなたのマイルを使って友達と旅行に行く方法が3つあります。 それが以下の3つ。 「いっしょにマイル割」を使う• ANAマイルをEdyに交換して、航空券代を支払う• 楽天スーパーポイントに変えて楽天トラベルで使う それぞれの方法について説明しますね。 1.「いっしょにマイル割」を使う/国内線限定 ANAが提供している正式なサービスです。 このサービスは、 あなたは10,000マイルを支払い往復の航空券を手に入れることができ、なおかつ、一緒に行く人の航空券の値段が安くなる画期的なサービスなんです。 ANAの公式HPでは以下のように説明されています。 会員の方はシーズン関係なく、普通にマイルで特典航空券を手に入れるよりも少ないマイルで旅先に行くことができ、なおかつ友達も普通より安い飛行機代で旅行に行くことができます!これはお得! ただし、この「いっしょにマイル割」にもデメリットがあります。 まず 「いっしょにマイル割」を使えるのは2区間&単純往復が条件です。 どこかの空港を経由することはできません。 例えば、東京-帯広の往復はOKですが、大阪-羽田-帯広はダメということ。 また旅行できる期間・空路も決められているため、このサービスで必ず行きたい場所に行けるというわけでもありません。 友達の分はマイルではなく実費で支払わないといけないですしね。 とはいえ、低マイル・低コストで旅行に行くことはできるので、自分はマイルを持っていて、友人や恋人は実費でも良いという人に超お得なサービスといえますね。 (参考:いっしょにマイル割は超お得!) 2.ANAマイルをEdyに交換して、航空券代を支払う/国内&国際線OK 完全にANAマイルだけで旅行に行きたいのであれば、 マイルをEdyと交換して、航空券代を支払うという裏技があります。 まずはANAマイルを楽天Edyと交換してください。 10,000マイル=10,000円分の楽天Edyと交換できます。 次に友達の分とあわせて航空券を申込んでください。 このときに 支払い方法をANA国内線空港カウンターにしてください。 (帯広空港、北九州空港、壱岐空港ならびに東京(羽田)第1ターミナルでは利用できません) 国際線の航空券を手に入れたい場合は、東京(成田・羽田)、名古屋(中部)、大阪(関西)の各空港の国際線発券カウンターのみとなるので要注意。 これで準備は整いました。 あとは支払期日までに各空港のカウンターに行き、マイルから交換したEdyで支払えばOK。 ちなみにEdyで支払うと200円につき1マイルが積算されちゃいますw この手順であれば、マイルだけで友達の分の航空券が手に入ります。 ただし! Edyで支払うときには以下の3つに気をつけなければいけません。 支払期日までに空港カウンターまで行かなければいけない• 1枚のEdyカードのチャージ限度額は50,000円までなので、複数のEdyカードが必要(楽天カー• ANAマイレージクラブカードなど)• 1回(1日1来店)での決済額は上限20万円まで 名古屋に住んでいるあなっさんの場合は、中部国際空港(セントレア)までわざわざ行かないといけないのは、かなり大変だと思っています。 福岡空港など市街地から近い場所にある空港なら良いんですけどね。 セントレアは陸の孤島ですからね(苦笑) また支払う金額が高い国際線の航空券を手に入れるのにはハードルが高いですね。 Edyを使って航空券を手に入れるのであれば、国内線の航空券を狙うのがオススメですね。 3.楽天スーパーポイントに変えて楽天トラベルで使う 最後にANAマイルを楽天スーパーポイントに換えて使う方法です。 ANAマイルは 10,000マイル=10,000ポイントで楽天スーパーポイントに交換することができ、そのポイントを楽天トラベルで使えば、友達の分の航空券・旅費を支払うことができます。 ただし!!!楽天トラベルでポイントが使えるのにも条件があります。 楽天トラベルでポイントを使い申し込めるサービス ポイントが使えるサービス 使えるポイントの単位• 国内宿泊予約• 国内日帰り・デイユース• 国内レンタカー予約 100ポイント以上100ポイント単位• ANA楽パック(航空券+宿泊)• JAL楽パック(航空券+宿泊)• JR東日本+宿泊(びゅう)• JR九州+宿泊• 楽パック+JR北海道• 高速バス予約• 宿泊+レンタカー• 海外航空券予約 100ポイント以上1ポイント単位 楽天スーパーポイントが利用できないサービス• 電話による国内宿泊、ANA楽パック、レンタカー• 電話による海外宿泊、海外楽パック予約、海外航空券• 国内航空券予約• ペットホテル予約• 海外ホテル予約• 海外レンタカー予約• 英語サイト、中国語サイト(繁体字・簡体字)、 韓国語サイトでの予約• 旅行損害保険予約• 海外携帯電話レンタル つまり、 国内線の航空券だけを楽天スーパーポイントで手に入れることはできません。 手に入れたいのであれば、ANA楽パック(航空券+宿泊)で申し込まなければいけないので、既に宿が決まっている人には無駄なコストがかかってしまいます。 また、以下の2つのルールもあります。 1回の予約時に利用できるのは最高30,000ポイントまで。 1ヵ月に利用できるのは、最高100,000ポイントまで。 1回で30,000円までってことは、少し遠い距離の航空券を手に入れたい場合は、旅費の補助としてでしか使うことができないということ。 また友達の分も申し込もうと思うと何度か操作をしなければいけないので、それにも手間がかかってしまうということですね。 まぁ、マイルを旅費の一部に充てられだけでも嬉しいんですけどね。 ANAマイルを友人のために使うのはハードルが高い! 結論、自分が持っている ANAマイルを友人や恋人のために使うのはとてもハードルが高いです。 航空券を手に入れるためには一手間も二手間もかかります。 しかも、それでも全額支払えない可能性が高い。 とはいえ、ANAマイルを無駄にしたくなかったり、どうしても友達や恋人とお金の負担を少なくして旅行に行きたいのであれば、これらの方法にチャレンジしてみてくださいね。

次の

【海外旅行が無料?】陸マイラーのマイル旅行が実はお得じゃない4つの理由。真にお得なマイルの貯め方とは

マイル旅行券 手に入れ方

一般的に言っても 「マイル=飛行機に乗る人しか貯まらない」というイメージがまだまだあります。 しかし、 一切飛行機に乗らずとも、マイルはふだんの生活の中で簡単に貯めることができます。 その カギとなるのがクレジットカードの活用です。 クレジットカードを使うことでカード会社のポイントを貯め、そのポイントをマイルに交換することでマイルを獲得するというカラクリです。 ふだんの買い物をはじめ、旅行やネットショッピング、水道光熱費、税金など、 カード払いできるものをカード払いにすることでマイルは勝手に貯まっていきます。 クレジットカードはマイルを貯めるのにとても大切なので、ぜひ自分自身にぴったりの1枚を見つけてください。 マイルが貯まるシミュレーション ところで マイルを貯めるカードとしては、100円支払うごとに1マイル貯まるカード ポイント還元率1. 当サイトでおすすめしているクレジットカードは、すべて効率よくマイルが貯まるカードです(マイル還元率1. 自分自身の支出を計算しましょう ところで、実際にどのくらいのマイルを貯められるか?というのは気になりますよね。 自分自身のある程度の支出が分かると、おおまかに貯まるマイル数が算出できます。 以下の表を活用して計算してみてください(家族をお持ちの場合は、ひと家庭で計算してみてください)。 100万円: 10,000マイル〜15,000マイル• 200万円: 20,000マイル〜30,000マイル• 300万円: 30,000マイル〜45,000マイル たとえば 10,000マイルあれば、国内の往復分の航空券と交換でき、40,000マイルあればハワイ往復分の航空券と交換できます。 たった1年でこれだけ貯まるので、 2年間貯めていれば、家族旅行でも2名分ほどの航空券代は浮くことになり得ます・・・! 場合によっては ビジネスクラスで優雅に旅行したり、家族旅行がお得に出来るようになる可能性を秘めているのに、やることは現金払いをやめてカード払いをするだけなのです。 ふだんの生活の支払いをクレカに集中させるだけで、思っている以上にマイルを貯められますので、ぜひピッタリのカードを手に入れてください。 カード払いをするときは、 家計簿アプリ 無料 と紐付けると「一目でなににいくら使ったか」などが分かるので、ぜひ一緒に取り入れてみていただきたいです! 気づかぬうちに使い過ぎてた!なんてことを予防できたり、手数料を余分にとられることも起きなくなります。 マイルでハワイ旅行も夢ではない マイルを貯めることで、航空券を無料にすることができ、お得に旅行することができます。 また、旅行先は国内の近場だけでなく、 ハワイやヨーロッパなどのような海外も射程範囲内に入ってきます。 さらにはグレードもエコノミークラスに限らず、 ビジネスクラスやファーストクラスにも乗ることも可能です! ビジネスクラスやファーストクラスとなるとハードルが高そうに思えるかもしれません。 しかし、 エコノミークラスのチケットと交換に必要なマイル数と比較すると、ビジネスクラスで1. やはり 飛行機にたくさん乗る出張族や、カードをたくさん使うお金持ちや社長さんの方がマイルを貯めやすいのは現実です。 しかし、 一般人でも毎年旅行に行けるくらいは貯められるので「よくわかんない... 」や「難しそう... 」で片付けず、マイルのことを知ってみるところから始めてみてください。 マイルはややこしいですが、誰でも貯められます。 お得に旅行できるのはもちろん、ビジネスクラスなどの貴重な体験もできる可能性も秘めています。 再三お伝えしていますが、 マイルを貯めるにはどんな方もクレジットカードがカギになります。 正直 マイルのことを全然知らなくても、マイルが貯まるカードを使っていれば、勝手にマイルは貯まってお得に旅行できます。 逆にいくらマイルの知識があってもマイルを貯める行動をしなければ貯められません。 なので「マイルを貯めたい!」と思っている今のうちに、マイルが貯まりやすいカードを見つけてみてください。 【無料】LINEにてマイル・カードなどの相談が可能です もしも 「絶対カード選びを失敗したくない!」という場合には、当サイトの無料LINE相談をご活用ください。 \友達追加して相談する/ 基本スペック 年会費 基本 7,700円 割引 なし 国際 ブランド AMEX マイル 還元率 基本 1. それが ポイントサイト お小遣いサイト の活用です。 「ポイントサイトってなんか怪しい・・・」 「ほんとうにマイルが爆発的に貯まるの?」 もしかすると、このように思うかもしれません。 爆発的に貯められるなら、ぜひやりたい!という方はもちろん、不安や疑問がある方でも知るだけ知ってみてください。 もしポイントサイトへの考え方が変わったら「 1年後にはマイルを使って家族でハワイに行ける」なんてことも現実的なので・・・! ポイントサイトは ちょこちょことポイントを集めるイメージがあるため面倒がる人が多いですが、 面倒くさいで片付けるのは勿体無すぎるほど、ポイントサイトでは大量のマイルを貯めることができます。 具体的なやり方は後ほど説明しますが、 1年間で10万マイル、20万マイルを貯めることが現実的に可能なのが、ポイントサイトのすごいところです。 僕はこの1年で16万マイル( ハワイ4往復分)ほど貯めましたが、これはポイントサイトも活用したからこそです。 6万マイルほどは大好きな宮古島に3回ほど行って使いました。 ちなみに10万マイルあると、以下のように旅行ができます。 東京〜沖縄:5往復• 東京〜ハワイ:2. 5往復• 東京〜NY:ビジネスクラスで1往復• 東京〜ロシア:ファーストクラスで1往復 これが20万マイルになったら・・・すごいことになると想像できますよね! ポイントサイトでマイルを大量に貯められる理由は? 企業が商品やサービスの宣伝をしており、ポイントサイトから商品やサービスを購入したりすることで僕ら利用者はポイントを獲得できます。 ポイントサイトにある商品やサービスはかなり幅広くあります。 中には、 1マイル相当のポイントしか得られないようなものもあれば、10,000マイル相当のポイントがもらえるものもあります。 クレジットカードの発行だと1枚でだいたい5,000マイル相当のポイントがもらえて多ければ20,000マイル相当のポイントをもらえることもあります。 この差はなんなのか? 難しいことだったり、リスクが高いわけではなく、ズバリ企業側の予算です。 予算が出ればたくさんポイントをもらうことができます。 詳しい解説はここでは割愛します。 まとめ:マイルでお得に旅行をしよう! マイルはややこしく、取っつきにくさがあります。 ですが ちょっとした工夫でマイルは貯めることができ、航空券を無料にしてお得に旅行できます。 なので当サイトでは 「マイルについて知ることで、少しでもお得に旅行する人が増えて欲しい」という想いで運営させていただいております。 少しでもお力になれたら幸いです。 ところで当WEBサイト「マイルの聖書」は、カード会社からの広告収益で成り立っています。 しかし、闇雲にカードの申込を推奨するのではなく、読者の方がマイルを貯めるのに最もオススメであるカードの提案を心がけていきますので、引き続き応援よろしくお願い致します。 LINEにてマイルの相談を受付中 当サイトではLINEにて質問を受け付けています。 マイルやクレジットカード、航空会社などのことで質問等があればお気軽にご相談ください。 今までマイルで取った航空券は以下の通りです。 ANA:名古屋〜沖縄• ANA:名古屋〜宮古島(3回)• JAL:東京〜長崎• JAL:東京〜鹿児島• ANA 193,829マイル JAL 78,915マイル シンガポール航空 200,600マイル ブリティッシュエア 25,000マイル これだけのマイルがあれば、まだまだたくさん旅行ができそうです。 基本的にはクレジットカードを使ってコツコツとマイルを貯めつつ、ポイントサイトの活用で貯めました。 最初からお伝えしていることですが、毎年のようにマイルで旅行できるほどマイルを貯めることは可能です。 当サイトが「マイルを貯めてお得に旅行する手助け」になったら嬉しい限りです。

次の