硫酸 事故。 自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

〔グロ〕塩酸タンクに転落、2人死亡

硫酸 事故

化学物質名 別名 CAS番号 SDS情報へ 災害事例 亜鉛• 亜塩素酸ナトリウム• アクリルアミド• アクリル酸• アクリロニトリル• アジ化水素• アジ化リチウム -• 亜硝酸ナトリウム (亜硝酸ソーダ)• アセチレン• アセトニトリル• アセトン• アニリン• 亜硫酸水素ナトリウム• アルゴン• アルミニウム• アントラセン• アンモニア• イソブタン (2-メチルプロパン、ブタン)• イソブチルアルコール (2-メチル-1-プロパノール、ブタノール)• イソプロピルアルコール (2-プロパノール、プロピルアルコール)• 一酸化炭素• インデン• ウレタン (ウレタンフォーム等) -• エタノール• エタン• エチルベンゼン• エチレン• エチレンオキシド (酸化エチレン)• 塩化アルミニウム• 塩化水素 (塩酸)• 塩化鉄• 塩化銅• 塩化ビニルモノマー• 塩化ベンゼンジアゾニウム 100-34-5• 塩化ホスホリル (オキシ塩化リン)• 黄りん• オルト-クロロアニリン• オルト-クロロニトロベンゼン (2-クロロニトロベンゼン)• オルト-トリジン• 過塩素酸カリウム (過塩素酸カリ)• 過酢酸• 過酸化水素• ガソリン• カーバム (N-メチルジチオカルバミン酸)• 火薬 -• 希苛性ソーダ -• キシレン• クレオソート油• クロム酸 -• クロロ酢酸 (モノクロロ酢酸)• クロロ酢酸エチル (モノクロロ酢酸エチル)• クロロホルム• クロロメタン (塩化メチル)• コークス炉ガス -• コバルト• 五硫化りん (硫化りん)• 酢酸エチル• 酢酸ブチル• 酢酸メチル• 酸化亜鉛• 酸化アルミニウム• 酸化カルシウム• 酸化チタン• 酸化鉄• 酸化プロピレン• 酸素(酸素欠乏関係)• 酸素(硫化水素関係)• 酸素(一酸化炭素関係)• 酸素(その他)• 次亜塩素酸ナトリウム (次亜塩素酸ソーダ)• シアン化臭素 506-68-3• シアン化水素• シアン化ナトリウム• 1,3-ジイソプロピルカルボジイミド• 1,4-ジオキサン• シクロヘキサン• ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム• 1,2-ジクロロエタン (エチレンジクロライド、ジクロロエタン)• 1,1-ジクロロエチレン (ジクロロエチレン)• ジクロロメタン (二塩化メチレン、二塩化メタン)• 四酸化三鉛 (酸化鉛)• ジシクロヘキシルカルボジイミド• ジチオりん酸O,O-ジエチル-S- 2-エチルチオエチル (ジスルホトン、エチルチオメトン)• ジメチルエーテル• ジメチルチオホスホリルクロライド -• 臭化メチル• しゅう酸• シラン (モノシラン)• シリカ (二酸化けい素)• シリコン (けい素)• シリコンゴム -• 水酸化カリウム• 水酸化カルシウム (消石灰)• 水酸化ナトリウム• 水素化ナトリウム• スチレン• 石油エーテル (ナフサ)• 赤りん• セメント -• 炭酸ナトリウム (炭酸ソーダ)• 窒素酸化物 一酸化窒素 二酸化窒素• 鉄 7439-89-6• テトラクロロエチレン (パークロルエチレン)• テトラヒドロフラン• テトラフルオロエチレン (四フッ化エチレン)• トリアジド化合物 -• トリエタノールアミン• 1,1,1-トリクロロエタン• トリクロロエチレン• 1,1,2-トリクロロ-1,2,2-トリフルオロエタン (トリクロロトリフルオロエタン)• トリクロロフルオロメタン (CFC-11)• トリニトロトルエン (TNT)• トリメチルインジウム 3385-78-2• トリレンジイソシアネート• トルエン• ナフタレン• ニコチン• 二酸化硫黄 (亜硫酸ガス)• 二酸化塩素• 二酸化炭素• ニッケル• ニトログリセリン• ニトロセルローズ• 二硫化炭素• ノルマルヘキサン (n-ヘキサン、ヘキサン)• ノルマルヘプタン (ヘプタン)• パラ-クロロアニリン (PCA)• パラホルムアルデヒド• ヒドロキシルアミン• 3-ビニル [1、4] ベンゾジオキシノ [2、3-c] ピリダジン -• ピロール• フェニルヒドラジン• フェニレンジアミン (オルト-フェニレンジアミン、メタ-フェニレンジアミン、パラ-フェニレンジアミン) オルト体 メタ体 パラ体• フェノール• 1,3-ブタジエン• 1-ブタノール (ブタノール)• ブタン• tert-ブチルパーオキシ-2-エチルヘキサノエート -• 弗化カリウム (フッ化カリウム)• 弗化カルボニル (フッ化カルボニル)• 弗化水素 (フッ化水素)• 弗化炭素 (フッ化炭素)• 弗素 (フッ素)• フッ素系ポリマー -• プロパン (液化石油ガス(LPG、LPガス))• プロピレン• 1-ブロモプロパン• フロン -• 1-ヘキセン• ベンジルクロロホーメート• ベンゼン• ホスゲン• ポリ塩化アルミニウム 1327-41-9• ホルムアルデヒド• マグネシウム• マンガン• ミネラルスピリット• 無水酢酸• 無水フタル酸• メタけい酸ナトリウム (メタけい酸ソーダ)• メタノール• メタン• メタンスルホン酸2-[2- 2,2,2-トリフルオロエトキシ フェノキシ]エチル -• メチルイソブチルケトン• メチルエチルケトン• N-メチルカルバミン酸2-イソプロピルオキシフェニル (プロポキスル)• N-メチルカルバミン酸2-セカンダリ-ブチルフェニル (フェノブカルブ)• ラウロラクタム -• リグニンスルホン酸塩 -• 硫化亜鉛 1314-98-3• 硫化水素• 硫化水素ナトリウム• 硫化鉄 -• 硫化ナトリウム• 硫化ニッケル• 硫酸亜鉛• 硫酸アルミニウム 10043-01-3• 硫酸銅• りん化水素• りん酸• 六弗化硫黄 (六フッ化硫黄)• その他 -•

次の

安達太良山火山ガス遭難事故

硫酸 事故

水質汚濁防止法では、施設の破損などの事故が発生し、有害物質等が河川等の公共用水域や地下に排出されたことにより、人の健康や生活環境に被害を生ずるおそれがあるときには、事故時の措置(応急の措置を講じるとともに、その事故の状況等を都道府県知事等に届け出る)をとることを義務付けています。 大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成22年法律第31号)により水質汚濁防止法が改正され、平成23年4月から新たに指定物質についても事故時の措置が必要になりました。 事故時措置 Q1 事故時の措置を講じる必要がある人はだれですか。 A1 これまでは、[1]と[3]の方が対象でしたが、新たに[2]の方が対象となります。 A2 [1]有害物質(A3参照)を貯蔵又は使用している施設、[2]指定物質(A3参照)を製造、貯蔵、使用又は処理する施設が指定施設になります。 Q3 有害物質と指定物質はどのようなものがあるのですか。 A3 有害物質は、カドミウムなどの人の健康に被害を生ずるおそれがある物質として28種類あります(表1)。 指定物質は、有害物質や油を除き、公共用水域に多量に排出されることにより人の健康や生活環境に被害を生ずるおそれがある物質として56種類あります(表2)。 表1 有害物質一覧 有害物質 CAS番号 1 カドミウム及びその化合物 2 シアン化合物 3 有機燐化合物(ジエチルパラニトロフエニルチオホスフエイト(別名パラチオン)、ジメチルパラニトロフエニルチオホスフエイト(別名メチルパラチオン)、ジメチルエチルメルカプトエチルチオホスフエイト(別名メチルジメトン)及びエチルパラニトロフエニルチオノベンゼンホスホネイト(別名EPN)に限る。 ) 51 マンガン及びその化合物 52 鉄及びその化合物 53 銅及びその化合物 54 亜鉛及びその化合物 55 フェノール類及びその塩類 56 1,3,5,7-テトラアザトリシクロ[3. 13,7]デカン 別名ヘキサメチレンテトラミン 100-97-0 Q4 指定施設の設置者はどのようなときに届出を行うのですか。 A4 施設の破損などの事故が発生し、施設から有害物質を含む水や指定物質を含む水が河川などの公共用水域か地下に排出され、人の健康や生活環境に被害を生ずるおそれがあるときに、都道府県知事(又は水濁法施行令で定める市の長)に届出を行う必要があります。 Q5 事前の届出は必要ですか。 A5 有害物質貯蔵指定施設の設置者は、都道府県知事等に対し事前の届出が必要です。 () Q6 どれくらいの量の物質が漏れたときには措置と届出を行うというような、基準はないのですか。 A6 事故時において、排出先の河川等の水量や排出された物質の濃度や量を量っている余裕はないと考えられるため、Q4の回答を踏まえ、対応していただくことになります。 「人の健康や生活環境に被害を生ずるおそれ」があるかどうかについても、事業者の方において判断していただくこととなります。 Q7 指定物質をごく微量しか扱っていない施設、固体や気体でしか扱っていない施設も、対象施設となりますか。 A7 なります。 ただし、応急措置や届出を行っていただくのはA4のようなときに限ります。

次の

化学実験における事故例と安全/2013.4.

硫酸 事故

24午前9時35分ごろ、千葉県船橋市西浦の金属製品製造会社「日鉄住金鋼板」船橋製造所で、塩酸が入った強化プラスチック製タンク(高さ約5メートル、直径約3メートル)に男性作業員2人が転落した。 駆け付けた救急隊員らがタンク内の塩酸を抜いて2人を救出したが、昼すぎに現場で死亡が確認された。 製造所によると、2人は、埼玉県内の下請けの配管工事会社から派遣されたSさん(42)とGさん(43)とみられる。 船橋署は、遺体の損傷が激しいことから、DNA鑑定などで身元を確認するとともに、事故原因を調べる。 事故当時は塩酸約七トンが入っていた。 人が上ると危険なため「作業前にタンクに上ってはいけないと指導していた」(同社担当者)という。 二人は鉄製はしごを使って上り、配管を外す作業中だった。 タンク上部は人が乗って作業することが想定された構造になっていないという。 同製造所は「タンクの上部に乗る作業は今回は予定されていなかった」としている。 もう一件の類似の事故! 2002. 27というから、相当前の事故だけれど、東京都北区の中外製薬浮間工場内で、上部FRPを突き破って塩酸タンク内に転落して死亡 -今回の日鉄住金鋼板と類似の災害が起こっているようだ。 2件の事故から得られる情報として、 塩酸タンクは、設置当初の強度は別として、塩酸蒸気等にさらされることによる強度の劣化が生じて、上部に人が乗るだけの強度が維持されていない可能性がある。 同僚の男性5人がタンクの胴体部分を切断して救出したが、山崎さんは全身に塩酸による化学やけどを負っており、間もなく死亡した。 男性5人も塩酸を浴びて軽傷。 タンクは高さ約3メートル、直径約2メートルの円筒形で強化プラスチック製。 山崎さんらは中外製薬の委託で、この日午前8時ごろからタンクを交換するためタンク内の塩酸を抜き取る作業をしていた。 山崎さんはタンク上部の開口部からホースを入れるため、タンクの上に上がっていたという。 タンク上部が破損し転落した可能性もあり、同署が詳しい原因を調べている。

次の