プリコネ スタミナ 回復。 【プリコネR】スタミナ消費が早い!足りない!ジュエル消費以外の回復手段について

私がプリコネRのガチャを回さない理由と賢いジュエルの使い方

プリコネ スタミナ 回復

プリコネRのスタミナ消費は早い 最初は無限に遊べるかと思っていたスタミナですが、ゲーム開始後3時間も遊べばスタミナ不足に陥ります。 ダンジョンや探索などのスタミナを使わないで遊べるコンテンツもありますが、回数制限があるので自然回復を待つ時間が長い長い。 スタミナを1自然回復させるのにかかる時間は6分! メインクエストの1-1でスタミナを6消費するのにプレイヤーLvを上げても増える上限は微々たるものです。 また、クエストに必要なスタミナが足りないと、クエストで消費するスタミナを確認する事すら出来ない為、いちいち覚えておかないとどのくらい休憩したらいいのかも分かりません。 スタミナ消費が早いのにスキップチケットを配られても中々使い所が… スタミナを回復する方法 プレイヤーLvを上げたり、メインクエストを進めると何かしら回復手段が増えるかもしれませんが、今の所スタミナ回復手段は3つだけ確認できました。 プレイヤーLvが上がるとスタミナ最大値が増え、残りのスタミナが1以上あった状態なら上限を超えて回復します。 スポンサーリンク ジュエルで回復 ジュエル40個消費してスタミナを回復させることができます。 1日30回まで使用可能となっており、1回で120のスタミナを回復します。 現在のスタミナにそのままプラスされるため、スタミナが無駄になることはありません。 消費ジュエルは段階的に増えていくため、無課金の人は1日3回程度にしておきましょう。 ギルドハウスで回復 ギルドハウスに初期から配置されている「おやつテーブル」がスタミナを生産してくれます。 レベルを上げるたびに生産が4、保管が6づつ上昇していくようです。 生産にかかる時間は長いですが、保管できるスタミナは仕事中や寝てる時にはありがたい機能なので、優先的にLvを上げるのが良さそうです。 ダンジョン初回クリア時に特別な家具がゲット可能で、設置するとスタミナ生産の効果があります。 クランでいいね クランの団員に「いいね」をすると回復します。 回復量は10でした。 「いいね」は1日1回のみ利用可能なので、毎日忘れずにやっておきましょう。 「いいね」されたメンバーにはマナが500送られます。 まとめ 序盤は結構な量のジュエルが貰えるため、 スタミナ回復はジュエルに頼るのがおすすめです。 プレイヤーLv55でスタミナ上限が113でした。 育成に必要なマナや装備集めでひたすら周回するので、自然回復に頼るだけではひたすらスキップチケットを押す作業になります。 まずは機能解放のためにメインクエストをガンガン進めていき、ガチャも良いですけど、スタミナへ積極的にジュエルを使わないと一向に遊べません。 あくまでさっさと進めてコンテンツ解放したい人はですが。

次の

プリコネR スタミナ回復ジュエルの変更詳細とスタミナ貯金廃止のお知らせ | なにかの奮闘記

プリコネ スタミナ 回復

Contents• 1日のスタミナ回復回数の上限がアップ 大きく変更されるのは今まで1日にスタミナ回復が30回しか出来なかったのが 40回まで回復可能になりました!変更が適応されるのは 2019年10月14日 月 05:00~となります。 運営の人しかデータは見えませんが、おそらく100ジュエルのスタミナ交換までは行う人が多いけど、150個になると止める人が多いということなんでしょうね。 言われてみれば自分もよっぽどじゃない限り、100個交換までしかやってなかった気がします。 仮に今まで150ジュエル分まで交換(12回目)していた場合だと、 150個もジュエルがお得になります。 単価が150個に切り替わる14回目まで交換した場合になると、 310個もお得になる計算です! いつもフルまでスタミナを交換していた騎士くんにとっては、 1日あたり1140個もお得になるみたいです!運営さん、大丈夫か!?(お目ぐるぐる) 改正でどうなる? 今まで通りの購入をする場合と、狙い目について分けます お得になる人 ざっくりまとめると• 10回以上交換していた人にとっては少なからずお得になるようです。 特にフルで交換していた騎士くんは1000個以上浮くので 当然ながら多く交換していた人ほどお得になるみたいです。 また、言うのがためらわれますが、30回で満足していなかった人にとっても当然喜ばしい変更ですね。 自分があまり目にしないだけなのか、上級騎士ともなると30回交換は当たり前なんだろうか? とかく、レベル上限引き上げ時などで、いち早くレベリングするなど、用途は多そうですね 狙い目 個人的には 100ジュエルでの回復回数が増えたの 14回目まで をしっかり利用するのが狙い目だと思います。 150個(1ジュエルが1スタミナを切る割合)がなんとなく購入をためらわせていたのか、たしかに150個からが購入の引き時を感じさせていましたが、そこの引き下げ分はかなり利用しやすくなったと思います。 ハードドロップ2倍時などは180個まで割っていた自分にとってはなかなかの朗報。 まとめ 公式ツイッターのリプ欄にもありましたが、たしかに回復単価を増やしたり、もっと変更してほしい部分も多くありますが、10月に入ってからの増税なんかが入った後に、こういう部分での割安変更は、いろいろ考えがあっての変更なんだと思います。 スタミナでのジュエル交換を行っているユーザーも少なくないと思いますが、利用者の動きもみて今回の変更が入っていると思いますし、お得になった部分をしっかりと把握して、長く遊べるように工夫しましょう!.

次の

【プリコネRe:Dive】ジュエルの効率の良い集め方と貯め方のポイント

プリコネ スタミナ 回復

毎日プリコネをやっているんですが、あなたはスタミナ回復していますか? プリコネはスタミナで一日の行動回数が決まっているのでスタミナ回復にジュエルを割くのは他プレイヤーと差をつけるためにも重要です。 スタミナにジュエルを大量投下する人も多いでしょう。 もちろん僕もスタミナ回復のために毎日ジュエルを使っています。 ただ、毎日使っていると数量もバカになりません。 スタミナは一日のうち、回復する回数に比例して値段も上がっていきますから。 スタミナは一日最高30回まで回復できます。 一度回復するごとに120スタミナがもらえて消費するジュエル数は次の通りです。 僕もドロップ2倍キャンペーン中なんかは100ジュエル消費でも割っているのでちょっと驚きでした。 笑 まあ、普段は60を3回割るぐらいまで回復しています。 結局どこまでスタミナ回復するのがベストなのか? スタミナ回復する回数ですが、結論的に言うと「割れば割るほどいい」というのが僕の考えです。 割れるのであれば一日に30回全部割ったほうがいいです。 しかしそうすると、ガチャを引くためのジュエルが無くなってしまうので、結局みんなスタミナにそんなジュエルを割けないわけです。 僕も毎日30回スタミナ回復できるならとっくにやっています。 とっくにやっていますが、プリコネに使える資金力はそんなにありません。 大事なのは毎月の上限額から計算することです。 たとえば、ひと月に2万円の課金額を用意できると仮定します。 2万円ということは毎月更新の7500ジュエルを二回買うことができて、月々15000ジュエルが手元に入ります。 それだけあれば100連分のガチャが引けますね。 さらに無償ジュエルがイベントやクランバトルも加味して月に平均10000ジュエル前後はもらえるでしょう。 合わせると月に使えるジュエル数は計25000という計算になります。 全てガチャに使ってもいいですが、ガチャばかり引いていても次に育成が追い付きません。 25000ジュエル、あなたはどうやって使いますか? ガチャ100連分を毎月使う計算であれば、残りジュエルは10000です。 10000ジュエルなら30日で計9000ジュエル使うことになる6回のスタミナ回復がお勧めです。 またガチャを毎月150回引きたいのであれば、スタミナ回復は毎日1~2回が限度になります。 逆にまったくガチャを引かなくていいどいうのなら毎日10~11回までスタミナ回復してもいいということになります。 これはひと月2万円の課金を仮定にした計算なので、課金額を変えても構いません。 大事なのは、 毎月突っ込める課金額のうち、どんな配分でジュエルを使えばいいのか計算してみることです。 ちなみに僕は毎月5万円の課金額でジュエルを消費しています。 ちょっと課金しすぎてると思われるかもしれませんが、ブログやYouTubeで情報発信をしたいためなのでこれは仕方ありません。 普通に遊ぶ分にはもっと低くてもいいと思います。 ただ、プリコネは資金力とゲーム内の成績がイコールで結ばれるので、たくさん課金すればするほどライバルと差をつけられるのは確かです。 ガチでやりたいのであれば僕以上に課金する必要もあるでしょう。 無課金でも一日3回は回復したほうがいい プリコネをスムーズに攻略していくのであれば、せめて毎日3回はスタミナ回復したほうがいいです。 つまり一日120ジュエルをスタミナ回復に割っていくということ。 まあ、無課金の場合はガチャは半分あきらめて、ガチャに中途半端に手を出すならスタミナ回復を優先しましょう。 ストーリーを楽しむぐらいなら初期キャラを育てるだけでもいけると思います。 もちろん、クリアするのに遠回りになりますが、スタミナ回復を捨てて無償ジュエルを全部ガチャに投入してもいいです。 ゲームの楽しみ方は人それぞれなので。 毎月の使えるジュエルを算出して、納得のいくジュエルの使い方を探してみてください。

次の