日能研 日吉。 皆様の教室の室長はどうですか?(ID:2110270)

日吉校と菊名校について(ID:111871)

日能研 日吉

日吉校からのメッセージ 夏休みは、新しいことに挑戦できる絶好のチャンス。 日能研の夏期講習は、皆さまのチャレンジをバックアップします。 小学校とは一味違った「学ぶ楽しさ」を感じられるような、 そして中学入試にむけてもしっかり準備をしていけるような、 さまざまなコースを用意しました。 このチャンネルは、2分程度にまとめたさまざまなジャンルの「ちょっとした学び」の玉手箱です。 例えば、日能研の先生がこっそり教える学びの工夫、、計算の工夫、私学の先生オススメの「親子でいっしょに遊びながら学べる内容」など、期間限定で公開します! YouTubeのチャンネルですので、どなたでもご覧いただくことができます。 ぜひご覧ください! ようこそ日吉校へ! 目標はその子にとっての一流校合格です。 子どもの小さな可能性を信じ、開花させる機会を与えてあげたい。 そしてもっと伸ばしてあげたい。 それが日吉校の願いであり、役割です。 日吉校は中学受験を目指すすべての子どもたちを応援します! 【日吉校の特長】 ・習熟度別集団授業(活気と熱気と元気に溢れた授業) ・難関校から地域人気校まで幅広い! ・自習室完備(自立した学習者を目指す) ・個別質問対応(学習フォロー) ・保護者様とのコミュニケーション(保護者会・説明会・面談等) ・開校46年(地域で一番伝統のある中学受験専門塾) ガウディアは幼児・小学生のための算数・国語のプリント型学習教室です。 中学受験の準備はもちろん、中学、高校、大学、社会人になっても「使える力」を、自分のペース(無学年式)でじっくり取り組みながら、お子さまの考えるチカラを育みます。 詳しくはをクリック。 写真をクリックすると大きなサイズをご覧頂けます。

次の

中学受験 4年生から「日能研」に通わせると、どんな毎日になる? | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

日能研 日吉

2004年までは日能研の中でもかなり良かったようです。 9年連続日能研? 1合格実績と謳っていましたから。 でも今年はそのフレーズがなくなっていました。 苦肉の策か菊名校との合算で実績表示したりしていました。 規模は、Mクラスが2〜3クラス、Aクラスが5〜7クラス(学年による)です。 一クラスは25〜30名程度。 大きな違いは、菊名校は本部系、日吉校は関東系です。 本部系・関東系については別スレをご参照ください。 でも通塾に近い方がいいと思いますけど・・・。 日能研についてよくわかる用語集もご参照ください。 infoseek. cgi?

次の

中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

日能研 日吉

日能研3つのポイント• 思考力養成を重視したカリキュラム• 中堅中学に対する合格実績の高さ• 万全なフォロー体制を保護者に提供 思考力養成を重視したカリキュラム 授業やテキストにおいて、「なぜ、その解法になるのか」という理論や考察を中心に学習が行われます。 他塾に比べ演習量は少なく、その分一問一問と向き合い、じっくりと解法を考えるというのが特徴としてあげられます。 そのため、解法を習得するだけでなく、根本から理解することに喜びを感じる子にとっては魅力的な学習環境です。 また、6年生までは、学習ペースが比較的遅いため、他塾のペースについていくことが難しい子にとっても適した学習環境です。 中堅中学に対する合格実績の高さ 日能研の魅力は難関・中堅中学共に合格者が多い事です。 長年の実績から各地域で各中学の傾向を分析して行う受験対策、成績データを見ながら最適な志望校を選定する能力があるので、常に高い合格率を誇っています。 数年前から、名門と呼ばれる超難関中学の合格者数はサピックスが1強となっていますが、難関~中堅中学であれば大手塾の実力は拮抗しているといってよいでしょう。 料金が安い分、日能研はコストパフォーマンスが高いという評価を受けています。 万全なフォロー体制を保護者に提供 中学入試動向や入試問題分析など入試情報を提供する「講演会」、さまざまな私学の先生に直接質問ができる「私学フェア」、日能研の教室で私学の先生が学校を紹介する「私学のナカミを知る会」などを開催しています。 教室では定期的に「保護者会」を開催し、時期に応じて必要な学習・受験情報を伝えるほか、保護者の疑問・質問に答え、保護者同士でお話しできる「懇談会」、希望により随時行う「個別面談」などがあります。 このように 日能研は授業だけをして満足、という塾ではなく、情報の提供や質問できる機会の提供など、保護者の不安を解消するために様々なフォロー体制をしいているにしている塾です。 日能研の教育方針 日能研の教育方針は「未来へ〜学びをつくり、育てていく6年間〜」です。 日能研は、小学生のための中学受験塾として約束された使命として、「志望校合格の支援」を行なっています。 ただそれだけでなく、同時に 「子ども達の学びと成長を応援する塾」 としての理想も追い求めています。 なぜなら、それが「高等教育へつながる学び」だと日能研は考えているからです。 日能研での学びは中学受験突破のために大切ですが、それだけでなく高等教育につながっている教育です。 そのため、日能研の教育方針は合格のためにただ知識を詰め込むだけのものではなく、 「自分の頭で考える能力を伸ばす」ものとなっています。 初めての塾通い 子どもの安全対策は万全ですか? 日能研の懸念点 ここまで日能研の特徴、教育方針をお伝えしてきました。 自分の頭で考える能力を伸ばせるテキストや保護者の方へのフォローが手厚い塾と言えます。 しかしどんな塾にも懸念点はあり、それは日能研も同じです。 それでは日能研の懸念点を見ていきましょう。 毎週のようにある学習力育成テスト 日能研では学習力育成テスト(旧:カリキュラムテスト)があり、学年にもよりますが、ほぼ毎週あります。 このテストで、その週で習ったことがどの程度定着しているか、単元別に細かく見ることができます。 しかし きちんとした学習サイクルがないと、十分な復習ができないままテストに追われることになってしまいます。 そのため4・5年生のうちに1週間の学習サイクルを身につけられるかが重要です。 テスト前に慌てて勉強を始める子や計画的な学習計画が立てられない子は、テスト直しやテストに向けての勉強ができないため、成績向上には繋がりにくいでしょう。 問題数が少ない 日能研のテキストは幅広い層を対象にしているため、単元の導入に工夫を凝らし興味を抱きやすくしています。 しかし 同じ問題を繰り返し何度も考えさせるので、問題量が多いわけではありません。 問題のレベルもさほど難しくなく、基礎問題の数が多いです。 基礎からじっくり考える子に向いていますが、難関校を目指していたり成績上位だったりすると少し物足りないと感じてしまうかもしれません。 日能研で成績が伸び悩んだ子には ここまで日能研の懸念点をお伝えしてきました。 ここからは日能研に通塾したものの、伸び悩んだ子とその保護者がとるべき行動についてまとめました。 またこれから通おうとしている方もぜひ参考にしてみてください。 3つのとるべき行動• 学習サイクルを作る 新学力育成テストに追われて十分な復習ができていないのではありませんか?記憶の定着や深い理解の為にも何回も復習することが必要です。 そのためにも学習サイクルを作りましょう。 まずは1週間でいいので1日づつ何をどのくらいやるのか計画・実践して見てください。 今日やるべきことが分かりやすくなって、心に余裕が出やすくなるでしょう。 他の教材を使用し演習量を多くする 特徴1でも述べたように、日能研のカリキュラムは思考力養成を重要視しているので問題数が少なくなっています。 問題を多く解いてコツ・感覚を掴む子や復習をたくさんしたい子には、もの足りないとも言えます。 そのような時は、他教材を使用して演習量を多くしましょう。 解説が多く掲載されている、簡単すぎず難しすぎないものを選ぶのがベストです。 集団塾に転塾 「集団指導は競争意識が芽生えていいけど、塾の雰囲気が合わない」など講師や塾に問題がある場合は集団塾に転塾しましょう。 また集団塾といっても大手と個人で雰囲気や合格実績は大きく異なることがあるので、要注意です。 伸び悩んだ方には上記の3つの行動をおすすめします。 しかし「成績が伸び悩んだから」という理由だけで塾を頻繁に変えても成績は向上しません。 なぜ伸び悩んだのか、という原因究明が最も重要です。 塾の雰囲気が合わないのか、問題量が少くて飽きてしまうのか、など原因により対策は大きく変わっていきます。 初めての塾通い 子どもの安全対策は万全ですか? 日能研のコース さて、日能研が難関校へ数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。 では、実際に日能研では、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。 日能研は子ども達が系統学習の中で人類の叡智を学ぶときに先人の知恵や知識に縛られて、動けなくなってはいけないという考えをもっています。 そのために知識と知識のつながりをつくる方法を学び、学習項目という束縛から解き放たれて、「知識と知識のつながりをつくる方法=思考技法」を身につけるためことが大切であると考えており、その考え方を基にした〈学習プロフィシエンシーシステム〉で動かす系統学習を行なっています。 「6年生後期」では、志望校合格に特化した学習を行います。 子ども達が入試本番で学力を活かしきる「合格力」の完成が最大のテーマで、保護者の方も面談や出願など、入試まであっという間のこの時期。 「合格」のその日に向けて、ラスト6ヶ月を走りきるためのカリキュラムになっています。 それでは、日能研のコースについて確認してみましょう。 小学1・2年生• 小学1年生・2年生コース(ユーリカ!きっず わくわくステップ・ふむふむステップ) 体験的な学びに取り組む「わくわくステップ」、知識へとつなげる「ふむふむステップ」。 知識の要素は ことば・論理・数・図形・自然・社会生活 の6つのカテゴリーに分かれており、 将来的に4教科へとつながる内容がプログラムされています。 小学3年生• ステージI(予科教室)出会う 国語や算数の基礎的な学習がスタートします。 国語は「言葉を使って学び進むための準備」がテーマで、言葉の使い方や自然の表現などについて学習します。 算数は「身近にある数や形を題材として考えることの楽しさを知る」がテーマで、量と数、数え方の工夫などについて学習します。 小学4年生 前期• ステージII 親しむ いよいよ系統学習がスタートします。 単体の知識を覚えるだけでなく、知識と知識をつなぐ「線」を見ること、また「線」をつくることを意識して学習します。 知識と知識がどうつながっているのかに着目し、他者と共有したり、再現したりできる「つながり」すわなち「論理」を学びます。 また、国語算数に加えて理科と社会の学習もスタートします。 小学4年生 後期 小学5年生 前期• ステージ III 広げる ステージIIでは点と点を線でつなぎ「つながり」すなわち「論理」を見つけるという学習をしました。 ステージIIIではさらに、その「線」つまり論理同士のつながりを学び、様々な論理の集合体、すわなち「面」として見るための学習をします。 つまり知識と知識をネットワーク構造でつなげていく学びをします。 1つの点から出る「つながり」が増えるほど、大切になるのは、そのつながり方です。 新しい知識と出会ったときに、知識と知識のつながりに気づきやすくなるための「思考技法」を学びます。 小学5年生 後期 小学6年生 前期• ステージ IV 深める 「点」と「線」でつくられた「面=ネットワーク」を再構築できるようになることを学びます。 すなわち、ある知識と知識のつながり方は、別の場面でも使えることに気づき、実際に使えるようになるよう学びます。 「思考技法」と「素材」を意図的に切り離すことができると、状況に応じて「思考技法」を使えるように、自分のネットワークを客観的に、俯瞰して見る視点を得ることを目標とします。 小学6年生 後期• ステージ V 合格力を鍛える 「全てを合格のために」をテーマに、志望校合格に向けて学力別編成のクラスで行われる合格力完成教室、効果的に学力を伸ばすために行われる志望校特別講座といった授業が行われます。 また同時進行で、合格判定テスト、合格力実践テストといった模擬試験も数多く行い、志望校合格に向けた対策を万全のものとします。 日能研の料金 日能研の料金は一般的な中学受験学習塾と比較すると 「平均的」であると言えます。 子どもの思考力を伸ばすための独自のカリキュラムと、志望校対策に向けた授業が用意されていることを考慮すると、安価とは言えないものの妥当な料金と言えるでしょう。 では、日能研の料金について学年とコース別に紹介をしたいと思います。 *別途入会金、テスト代、教材費が発生します。 初めての塾通い 子どもの安全対策は万全ですか? 日能研の分析結果のまとめ 日能研がなぜ難関中学に多数の合格者を輩出できるのか?「特徴」、「教育方針」、「コース」から分析を行いました。 結論、 受験勉強に留まらず総合的に子どもの思考力を育むことに重点を置いた指導法が、結果的に子ども一人一人の志望校への合格に繋がっていると言えます。 料金面は決して安価ではありませんし、低学年のうちに学習サイクルを確立することが鍵となります。 それでも子どもの将来を決める難関校への合格を目指すならば日能研に入塾させることは非常に的確な一手と言えるでしょう。 また他の中学受験塾について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

次の