多肉 植物 地 植え。 多肉植物の育て方とは?水やりと肥料のポイントを正しく理解しよう!

多肉植物は雑草対策にも効果的!グランドカバーのセダムで黄金のプチガーデン!

多肉 植物 地 植え

スポンサーリンク グランドカバーに使えるセダムがとってもキレイ! 先ほども、ちらっとお話しましたが、地面を覆うように広がったり、地面を覆うために植える植物を「グランドカバー」と表現することがあります。 グランドカバー用の植物は、とても根性と生命力にあふれていて、日当たりのよい場所でも育ちますし、多少、日当たりが悪い場所でも育つものが多いです。 積極的には試さないでほしいのですが、ちょっとくらいなら踏まれても、またそのうちふっくらしてくるものも多いです。 笑 グランドカバー用の多肉植物でのおすすめは、やっぱり「セダム」ですね。 ガーデニング用の苗コーナーに並んでいる「万年草」(マンネンクサ)と名前のついているものは、まさにこれにあたります。 屋外用の多肉植物で、とくにグランドカバーに用いられるものは、育てるというか、芝生と同じような感覚で植えていきます。 生命力や繁殖力が強いものが多いですから、雑草が出てこないくらいに地面を占拠してくれることもあります。 少量であれば、 寄せ植えなんかにつかってもキレイだし、すき間を埋めるのにもおすすめです。 グランドカバー用セダムの彩りがキレイな種類を紹介! グランドカバーに使えるセダムは、ひとつひとつがとても小さいものが多いです。 だけど、しっかり者の集団ですから大丈夫! 店頭に並ぶときには、ポリポットの中にギュッと詰まっていますから、ほぐしながら、広げるように植え付けていきます。 紅葉するものもありますから、季節の中での色の変化を楽しむこともできますよ! ゴールデンカーペット -多肉植物セダム属- ちっちゃな粒々がお花のように集まった多肉植物「ゴールデンカーペット」です。 この子は大好きな多肉ちゃんのひとつです。 1ポットだけだとさみしいのですが、数ポット分を広げてあげると、まさに、黄金カーペットな感じがします。 緑色が強いものもあるのですが、黄色っぽい感じのものを選んで楽しんでいましたw ミルキーウェイ -多肉植物セダム属- ミルキーウェイって名前の多肉植物です。 とってもロマンチックなネーミングですよね。 たしかに、白っぽい色でもあるのですが、うっすらとピンク色が入ったような感じです。 この子は、比較的よく見かけるのではないかと思います。 ガッツリ植えてあることもありますが、花壇や鉢植えの隅っこなんかに群生していたりします。 マンネンクサと名前が付くものは、まさに、万年草の名に恥じぬような生命力の持ち主だと思っていますw わたしの実感では、繁殖力も旺盛だと感じています。 ドラゴンズブラッド-多肉植物セダム属- ドラゴンズブラッドという多肉植物です。 この子は大きく育って、小さな鉢で売られていることもあります。 だけど、基本的には地面に広がっていくような育ち方をするのだと思っています。 ・・・ちがうのかなぁ?汗 ドラゴンズブラドは紅葉するタイプの多肉植物で、季節によっては緑色になっています。 だけど、真っ赤に染まった姿で一面に広がると、とってもキレイなお庭になるんですよ! サルサヴェルデ-多肉植物セダム属- サルサヴェルデって名前の多肉植物です。 この子は、先日作った寄せ植えに入っていたんですよ?笑 まっ黒な姿がとっても印象的で、よーくみると、黒法師のちっこい版みたいな感じしません? それがとっても気に入ったのですねw この子はつるが伸びるように広がっていきます。 わたしは、1ポット分の苗を2つに割って使っていますが、いたって健康にそだっておりまっすw グランドカバー用で絶対に選んではいけない苗がある! グランドカバー用の苗は、小さな苗がギュット集められた状態で店頭に並びます。 そのときは、黒いポリポットに入ったような感じになることが多いと思うのですね。 だからこそ、絶対に選んではいけない苗があるのです。 まずは、 ぱっと見て、間延びしたような苗を選ばない方がよいです。 管理の仕方によっては、グランドカバー用といえども、徒長してしまうのですね。 この子たちの場合は、仕立て直しとかというレベルの話ではなくなりますから、ギュット身の締まった子を選びましょう! それから、ポットの中をよくよくよーーーーーく見てください! グランドカバー用の苗は、 株元にカビが生えていることがあります。 汗 これは、ちょっとの次元でなく、完全に蔓延っているくらいに繁殖していることがあるのですね。 ポリポットはとっても蒸れやすいですから、仕方ないのもわかります。 だけど、せっかく購入するのであれば、健康な状態のものをえらびたいですね。 購入する前に、必ず、株元をチェックしてくださいね! ということで、今回はグランドカバー用の多肉植物をいくつが紹介してみました。 もちろん、これ以外にもたっくさんの多肉ちゃんが店頭にならびます。 いつも紹介しているような多肉ちゃんとは、まったく違ったものになりますが、とっても魅力的な世界があるのですね。 プランターや鉢植えのすき間や寄せ植えに使ってみても楽しいと思います。 これからの季節は、屋外の園芸コーナーで店頭に並ぶと思います。 是非、探してみてくださいね!.

次の

意外に知らない!多肉植物の植え替えに適した土って?

多肉 植物 地 植え

原種の中には実生できる品種もありますが、一般的には苗から育てます。 鉢植えで育てる以外に、地植えしてグランドカバーに利用することもできます。 ただ、洋種は日本の気候と合わない場合もあるので地植えにする場合は日本原産の品種を用いると安心です。 いずれの植え方でも、3~4月が植えどきです。 鉢植えの方法 基本的に丈夫な植物なので、鉢植えにする場合は底に穴の空いているものであればどんな容器に植え付けてもかまいません。 まず、鉢底にネットを敷き、その上に軽石を敷いて排水性を確保します。 そして、根が落ち着くまでの4日~1週間は水やりを行わず日陰に置いて休ませます。 日陰でも育ちますが、基本的には日光を好むので、根が定着したら日当たりのいいところで管理しましょう。 地植えの方法 セダムは、耐暑性・耐寒性があり、丈夫な植物です。 日光がよくあたり、風通しがいい環境であれば元気に育ってくれます。 ただ、多肉植物で、葉に水を貯めこむ性質があることから、過湿を嫌います。 水はけのいい用土を準備してあげましょう。 植え付ける場所を決めたら、10cm程度の深さに庭土を掘り起こし、苗の根をほぐしながら植え付けていきます。 鉢植え同様、根が落ち着く4日~1週間のうちは水やりをひかえるようにしてください。 セダムの育て方!水やり、肥料の与え方は? 水やり セダムは葉に水を貯めこむ性質があり、過湿の環境を苦手とします。 鉢植えの場合は、3~6月と9~11月の生育期は、2~3日に一度くらいの頻度で、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 逆に冬は生育が衰えるので、月に1~4回、霧吹きで水を与える程度でかまいません。 庭植えの場合は、基本的に水やりの必要はありません。 梅雨の時期は、むしろ水が多い状態になってしまうので雨除けカバーなどで対策をしましょう。 日本固有種はまだ日本の環境に適応できますが、洋種は弱ってしまうものが多いので注意してください。 暑さがピークに達する7~9月下旬までは水やりの回数を極力減らし、雨に当てすぎないようにするのがポイントです。 肥料の与え方 葉や茎に水分や栄養分を蓄えるため、肥料をほとんど必要としません。 植え付けや植え替えのときに腐葉土を混ぜておけば十分です。 生育が悪いからといって肥料を与えてしまうと、肥料焼けを起こして枯れてしまうことがあります。 そもそも生育が悪くなってしまう原因は、気候や根詰まり、過湿なので、育ちやすい環境を整えてあげることが大切です。 セダムの注意する病気や害虫は? 4~6月の雨の多い季節は黒点病に注意が必要です。 一度感染した葉は元に戻せないので、被害が拡大しないうちにすべて取り除いてください。 黒点病は雨水や昆虫によって広がる感染病なので、予防は難しいのですが、泥はねが原因で菌が付着することもあります。 水やりをするときは、散水ノズルや霧吹きを利用するなどして、泥はねを防ぐことができますよ。 また、節間の狭い品種は風通しが悪くなりやすいので、アブラムシ、ヨトウムシ、カイガラムシ、ナメクジなどの害虫を引き寄せやすいです。 大きな虫は割り箸などで捕獲するか、歯ブラシなどでこすり落としましょう。 小さな虫が大量に発生した場合は、スプレータイプの殺虫剤を使用して駆除していきます。 特にナメクジは、通り道に置き型の薬剤をまいておくか、ビールや発泡酒を使った罠をしかけるといいですよ。 セダムの植え替え時期と方法は?.

次の

多肉植物の育て方とは?水やりと肥料のポイントを正しく理解しよう!

多肉 植物 地 植え

原種の中には実生できる品種もありますが、一般的には苗から育てます。 鉢植えで育てる以外に、地植えしてグランドカバーに利用することもできます。 ただ、洋種は日本の気候と合わない場合もあるので地植えにする場合は日本原産の品種を用いると安心です。 いずれの植え方でも、3~4月が植えどきです。 鉢植えの方法 基本的に丈夫な植物なので、鉢植えにする場合は底に穴の空いているものであればどんな容器に植え付けてもかまいません。 まず、鉢底にネットを敷き、その上に軽石を敷いて排水性を確保します。 そして、根が落ち着くまでの4日~1週間は水やりを行わず日陰に置いて休ませます。 日陰でも育ちますが、基本的には日光を好むので、根が定着したら日当たりのいいところで管理しましょう。 地植えの方法 セダムは、耐暑性・耐寒性があり、丈夫な植物です。 日光がよくあたり、風通しがいい環境であれば元気に育ってくれます。 ただ、多肉植物で、葉に水を貯めこむ性質があることから、過湿を嫌います。 水はけのいい用土を準備してあげましょう。 植え付ける場所を決めたら、10cm程度の深さに庭土を掘り起こし、苗の根をほぐしながら植え付けていきます。 鉢植え同様、根が落ち着く4日~1週間のうちは水やりをひかえるようにしてください。 セダムの育て方!水やり、肥料の与え方は? 水やり セダムは葉に水を貯めこむ性質があり、過湿の環境を苦手とします。 鉢植えの場合は、3~6月と9~11月の生育期は、2~3日に一度くらいの頻度で、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。 逆に冬は生育が衰えるので、月に1~4回、霧吹きで水を与える程度でかまいません。 庭植えの場合は、基本的に水やりの必要はありません。 梅雨の時期は、むしろ水が多い状態になってしまうので雨除けカバーなどで対策をしましょう。 日本固有種はまだ日本の環境に適応できますが、洋種は弱ってしまうものが多いので注意してください。 暑さがピークに達する7~9月下旬までは水やりの回数を極力減らし、雨に当てすぎないようにするのがポイントです。 肥料の与え方 葉や茎に水分や栄養分を蓄えるため、肥料をほとんど必要としません。 植え付けや植え替えのときに腐葉土を混ぜておけば十分です。 生育が悪いからといって肥料を与えてしまうと、肥料焼けを起こして枯れてしまうことがあります。 そもそも生育が悪くなってしまう原因は、気候や根詰まり、過湿なので、育ちやすい環境を整えてあげることが大切です。 セダムの注意する病気や害虫は? 4~6月の雨の多い季節は黒点病に注意が必要です。 一度感染した葉は元に戻せないので、被害が拡大しないうちにすべて取り除いてください。 黒点病は雨水や昆虫によって広がる感染病なので、予防は難しいのですが、泥はねが原因で菌が付着することもあります。 水やりをするときは、散水ノズルや霧吹きを利用するなどして、泥はねを防ぐことができますよ。 また、節間の狭い品種は風通しが悪くなりやすいので、アブラムシ、ヨトウムシ、カイガラムシ、ナメクジなどの害虫を引き寄せやすいです。 大きな虫は割り箸などで捕獲するか、歯ブラシなどでこすり落としましょう。 小さな虫が大量に発生した場合は、スプレータイプの殺虫剤を使用して駆除していきます。 特にナメクジは、通り道に置き型の薬剤をまいておくか、ビールや発泡酒を使った罠をしかけるといいですよ。 セダムの植え替え時期と方法は?.

次の