セダイウォーズ 1話 見逃し。 VR空間内で世代バトル!ドラマ「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」1話ネタバレ!

SEDAI WARS(セダイウォーズ)の見逃し配信や再放送はいつ?動画配信サービスで視聴できる?

セダイウォーズ 1話 見逃し

【前回のあらすじ】悟と修は、セダイウォーズが開催されることになった経緯を知るために安藤の秘書だった藤原に会いに行く。 2人が行くと彼女は、悟達と同じ疑問を持っていて協力してくれる。 哲也と優子にも手伝ってもらい資料や会議の様子を確認すると、セダイウォーズが決まった会議ではいつもネトマイの女神ステージが関係していることが分かった。 悟が女神ステージを体験し確認すると、個人それぞれに対応した女神がいることが分かる。 第2回のセダイウォーズ当日、麻美と団塊世代を除いた全員が集まった。 悟は翔太に、すべてが彼の仕業ではないかと尋ねた。 翔太はあっさりと認め、この国を老害から守るためにやっていると答える。 彼はネトマイの開発者で、女神ステージを使って国民を洗脳しコントロールしようとしていた。 なんといってもアダルト関係の本数が多いですかです。 見放題でみることができる作品集が多く、大変満足しています。 有料は今までに一回も利用してません。 月額料金は高いと感じる人がもいると思いますが、月に一回付与されるポイントで映画館で映画をみたり、有料の雑誌や動画を公認したりと多岐にわたります。 また、子供がいる家庭では機関車トーマスやアンパンマンなどの作品も、無料でたくさんありますので楽しんでいただけると思います。 お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。 自己責任でご視聴ください。 黒幕は、悟(演:山田裕貴)をはじめとする「SEDAI WARS」参加者たちを、強制的にVR世界へと転送。 そのまま彼らを、この世界に閉じ込めてしまおうとする。 だが悟は、黒幕のアバターである「NTMY(ネトマイ)」のマスコットキャラクター・GEN(声:高山みなみ)を倒せば、自分たちがVR世界から脱出できることに気がつく。 巨大化し、暴れ回るGENに、必死で反撃する悟たち。 NTMYの女神ステージを使って、人々を洗脳してSEDAYWARSを開催させたのは翔太だったのだ。 話の途中で、皆はVR世代に飛ばされてしまった。 そこで萌は、女神にだったことを白状した。 「駄目な大人に左右されない自由な世界をつくるしかない」と翔太は言った。 巨大化したGENに、SEDAIWARSのメンバーは次々と必殺技を繰り出すが、歯が立たなかった。 その時、優子がお腹が痛いと言い出した。 香織が「陣痛かも」と言い皆は焦ってしまう。 悟はGENに1対1の勝負を申し込んだ。 そして、皆の応援が力になり、悟が出した必殺技でGENを倒すことができた。 そして無事に現実世界に戻ることができた。 優子の陣痛が激しさを増し、官邸で出産することになった。 香織に促されて、翔太は優子の手を握り、皆に見守られて優子は無事に出産することができた。

次の

セダイウォーズ(ドラマ)最終回7話を無料動画で見逃し配信で視聴! あらすじは?

セダイウォーズ 1話 見逃し

・動画の画質、音質が悪い ・広告が多い ・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見るのは難しい ・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある とリスクやストレス感じる場合が多いでしょう。 動画共有サイトを利用する場合は、自己責任でご視聴ください。 移りゆく時代の中、国民の間で、世代間のわだかまりと不満が充満し、社会の機能が著しく低下。 経済は衰退し、崩壊の一途を辿っていた…。 焼け跡、団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、ミレニアル…。 各世代が、不幸と不運を全て他の世代のせいにして生きている…。 それが当然の事となり、人々は誰かを信じる気持ちを、思いやりを失った。 そんな中、時の総理大臣・安藤直樹は、日本の時代をどの世代に委ねるのかをバトルで決める大統領決戦「SEDAI WRAS」の開催を宣言。 SEDAI WARS出場者である「SEDAI(セダイ)」に選ばれたゆとり世代の主人公・柏木悟は、各世代の思いが渦巻く戦いに、流されるがまま参加するのであった。 SEDAI WARS 第2話 「SEDAI WARS」とは、各世代から選ばれた10人がVRフィールドで戦うというものだった。 この10人から「初代大統領」が決まるとあって、否が応にも全国民の関心が集まる中、ついに「SEDAI WARS」が開始される。 VRフィールドでのバトルで勝敗を分けるのは、それぞれの気合いと集中力。 当初、10人は戸惑いを隠せなかったが、やがて一人、また一人と「覚醒」し、独自の技を繰り出していく。 各世代の誇りと、他の世代への不満が、彼らの心に火をつけたのだ。 SEDAI WARS 第3話 各世代から選ばれた10人による「SEDAI WARS」が始まり、間もなく4人が敗退。 残った6人によって、3日後に後半戦が行われることになった。 6人は一躍「時の人」となり、注目を浴びるが、敗退者たちには、「世代の期待を裏切った」として、厳しい現実が待っていた。 また、勝ち残った6人にも、喜んでいる余裕はなかった。 ミレニアル世代のグラビアアイドル・西條萌(演:浅川梨奈)は通っている高校でいじめに遭っており、ロスジェネ世代の独身OL・白井優子(演:真飛聖)は、仕事と介護に明け暮れる生活に疲れきっていた。 SEDAI WARS 第4話 「SEDAI WARS」の後半戦が始まり、6人の出場者がVRフィールドに集まった。 前半戦の戦いで要領を得た出場者たちは、「初代大統領」の座をかけて、前半戦を超える激闘を繰り広げる。 だが、6人の中で唯一、柏木悟(演:山田裕貴)だけは戦いに積極的ではなく、「みんな仲良く」ではダメなのかと提案する。 そんな悟の思いも虚しく、敗退者が続出。 そして、ついに「SEDAI WARS」の優勝者が決定する! 彼らの戦いを見届け、自らの役目が終わったことを確認した安藤直樹首相(演:大友康平)は……。 SEDAI WARS 第5話 「SEDAI WARS」の結果を受けて、団塊世代の山尾茂(演:西岡德馬)が日本国の初代大統領となってから、半年が経過した。 茂は世代の誇りにかけて、モーレツに働く日本人の復活を目指すが、休みの無い日々に国民の不満が爆発。 「SEDAI WARS」は日本に新しい時代をもたらすはずだったが、茂はあっけなく失脚してしまう。 ほどなく、もう一度「SEDAI WARS」をやり直すことが発表される。 このニュースに国民は大喜び。 しかし、ゆとり世代の悟(演:山田裕貴)は一つの疑問を抱いていた。 二度目の開催を決めたのは、いったい誰なのか…? SEDAI WARS 第6話 悟(演:山田裕貴)はバブル世代の大谷修(演:岡田浩暉)の協力を得て、安藤直樹元首相(演:大友康平)の秘書だった藤原愛(演:長澤奈央)と接触することに成功する。 愛もまた、悟と同じく、誰が二度目の「SEDAI WARS」の開催を決めたのかを疑問に思っており、悟たちに情報を提供することにした。 記録映像をチェックした結果、「SEDAI WARS」開催が決議された際、議員たちがVR式SNSアプリ「NTMY(ネトマイ)」の「女神ステージ」をプレイしていたことが判明。 さらに、その「女神」の姿は、ある人物に酷似していた。 SEDAI WARS 最終回 「SEDAI WARS」計画の背後で、糸を引いていた黒幕の正体が明らかになった。 黒幕は、悟(演:山田裕貴)をはじめとする「SEDAI WARS」参加者たちを、強制的にVR世界へと転送。 そのまま彼らを、この世界に閉じ込めてしまおうとする。 だが悟は、黒幕のアバターである「NTMY(ネトマイ)」のマスコットキャラクター・GEN(声:高山みなみ)を倒せば、自分たちがVR世界から脱出できることに気がつく。 巨大化し、暴れ回るGENに、必死で反撃する悟たち。 果たして彼らはGENを倒し、現実世界へと戻ることができるのだろうか……? SEDAI WARS セダイウォーズ のキャストは? 柏木 悟 (山田裕貴) ゆとり・さとり世代。 旅行代理店勤務。 何事に対しても受け身な性格。 大谷 修 (岡田浩暉) バブル世代。 当時のハイテンションを引きずる「俺様」勘違い男。 白井 優子 (真飛 聖) ロスジェネ世代の独身OL。 派遣で働きながら親の介護を行っている。 西條 萌 (浅川梨奈) ミレニアル世代の女子高生。 ジュニアアイドルを経て、現在はグラビアアイドル。 筧 翔太 (池田優斗) ミレニアル世代の中学一年生。 普段は無口で、SEDAIのメンバーともほとんど会話しない。 鈴木 香織 (横山めぐみ) バブル世代の主婦。 引きこもりの娘と、だらしない夫を持ち、自らのパート収入で家計を支えている。 黒田 哲也 (出合正幸) ロスジェネ世代の肉体派土木作業員。 無骨な体育会系のルックスではあるが、誰にも打ち明けられない秘密を抱えている。 玉川 麻美 (奥山かずさ) ゆとり・さとり世代。 小川 清 (鈴木正幸) 団塊世代。 下町で印刷所を営んでいる。 いわゆるスーダラ系の親父で、愛想はいいが調子もよく、軽薄な人物。 山尾 茂 (西岡德馬) 商店街の会長を務める団塊世代。 典型的な、精神論と根性論が全ての頑固親父タイプ。 安藤 直樹 (大友康平) 内閣総理大臣。 表向きには厳格な人物であり、「NTMY」にのめり込んでいる日本の世情を嘆くが、実は自分もドハマリしている。 藤原 愛 (長澤奈央) ロスジェネ世代。 内閣総理大臣・安藤直樹の秘書を務める女性。 就職氷河期まっただ中を経験しており、安定のために公務員となった。 後藤田 勝 (坂本長利) 焼け跡世代。 悟が働く旅行代理店の清掃員のお爺さん。 GEN (高山みなみ)声の出演 「NTMY」アプリ内でナビゲートを行ってくれるマスコットキャラクター。 【SEDAI WARS セダイウォーズ 】の感想は?.

次の

ドラマ「SEDAI WARS(セダイウォーズ)」の無料動画・見逃し配信は?1話~最終回まで!

セダイウォーズ 1話 見逃し

どんな話? 山田裕貴主演の深夜ドラマで、1話30分でサクッと楽しめます。 近未来の日本を描いたストーリーで次世代の日本を担う世代を決める戦いを各世代で争います。 原作はなくオリジナルの話です。 脚本は横手美智子。 キャスト 役者名 役名 山田裕貴 柏木 悟 岡田浩暉 大谷 修 真飛 聖 白井 優子 浅川梨奈 西條 萌 池田優斗 筧 翔太 横山めぐみ 鈴木 香織 出合正幸 黒田 哲也 奥山かずさ 玉川 麻美 鈴木正幸 小川 清 西岡德馬 山尾 茂 大友康平 安藤 直樹 スタッフ 監督 坂本 浩一 脚本 横手 美智子 制作 ロボット 製作 「SEDAI WARS」製作委員会 MBS セダイウォーズの主題歌 セダイウォーズの主題歌(オープニングテーマとエンディングテーマ)を紹介します。 オープニングテーマ セダイウォーズのオープニングテーマはBlue Vintageの「SEDAI WARS」 2020年1月8日発売のデジタルシングルです。 近未来の日本で起こりえるストーリーのドラマですが、経済は衰退して、社会の機能が悪くなって崩壊してしまっている状況を見て、もしこんな風に日本がなってしまったらどうなるんだろう?と怖くなりました。 そして国民の95%が利用しているというアプリにみんなが洗脳されていく姿にも恐怖感を感じました。 しかも総理大臣までそのアプリの信者みたいになっている姿は怖すぎると思いました。 そのアプリで作り上げられた女神に影響を受けた総理大臣が日本初の大統領を選ぶために、各世代の候補者たちが選ばれて競わせるのは、怖いとしか言いようがありません。 現実味のないストーリー展開ですが、それなりに面白いですし、主役の山田裕貴さんのナヨナヨぶりが可愛くて面白いので、もうちょっと見てみたいと思っています。

次の