嫌われ ss ヤンデレ。 #1 提督「一体どうしてこうなった?」

アイマスSSまとめ:モバP「嫌われた?」

嫌われ ss ヤンデレ

54 ID:maG39Gk30 貴音「……」ズルズル 亜美「お姫ちん、さっきから食べてばっかだね」 真美「まだお昼にもなってないのにね」 伊織「空のカップが三十個以上山積みって……」 響「自分の家族みんな合わせても貴音の食欲に勝てそうにないぞ」 真「食費だけで破産しそうだけど、大丈夫なの?」 貴音「問題ありません。 お仕事が増えましたので」ズルズル あずさ「確かに、一年前に比べたら本当に変わったわね~」 亜美「チョー忙しくなったねー」 美希「全くなの。 94 ID:maG39Gk30 やよい「でも、おかげですっごく助かってますー」 千早「こう言っては何だけど、高槻さんはあまり変わったようには見えないのだけど」 伊織「そうね。 やよい、無理してない?」 やよい「そんな事ないですよ。 28 ID:maG39Gk30 律子「ふぅ……プロデューサー殿がいないと、静かに作業できますね」カタカタ 小鳥「向こうは賑やかですけどね」カタカタ 雪歩「律子さん、お茶のお代わりはいかがですかぁ」 律子「ありがと。 頂くわ」カタカタ 小鳥「雪歩ちゃん、私にも貰える?」カタカタ 雪歩「あ、はい。 01 ID:maG39Gk30 律子「ちょっと春香、雪歩、大丈夫!?」 亜美「うわぁ、はるるんまたハデにやったねー」 真美「ゆきぴょんまで巻き込んじゃってるよ」 春香「いたた……雪歩、ごめんね。 大丈夫?」 雪歩「あ、はい。 大丈夫ですぅ」 あずさ「良かったわ~。 09 ID:maG39Gk30 真「プロデューサーのお陰でボクたちの仕事も増えてきたのに」 美希「ハニーの評価が低すぎなの。 許せないの」 やよい「うー。 20 ID:maG39Gk30 亜美「うわぁ」 真美「ピヨちゃん……」 伊織「最低ね」 美希「小鳥は庭でミミズでも食べてればいいって思うな」 小鳥「美希ちゃんが辛辣ピヨ」シクシク 貴音「……そういえば私も」モグモグ 千早「四条さんも何か?」 亜美「っていうかお姫ちんまだ食べてるんだ」 真美「さっすがお姫ちん、ブレないね」 春香「あ、私の持ってきたクッキーだよ。 73 ID:maG39Gk30 律子「ちょ、貴音!?」 貴音「ぷろでゅうさぁの事など考えもせず……私は……私は……なんと愚かなっ」ポロポロ 亜美「うあうあ~! お姫ちんが泣いちったよー!」 真美「お、落ち着きなよ。 32 ID:maG39Gk30 春香「……あのね、その奢ってもらったラーメン屋さんなんだけど」 真「結構高級志向だったんだよね」 律子「高級って、具体的には?」 響「……一杯2000円だったぞ」 あずさ「あ、あらあら~」 亜美「……やっぱ当分はピヨちゃんスープのラーメンで」 真美「お姫ちんは我慢した方が良さそうだね」 貴音「はい……麺は私が用意いたします。 28 ID:maG39Gk30 伊織「ともかく、これで先月分の約二割が使われた事になるわね」 千早「……そもそも」 雪歩「?」 千早「私たち、ずっとプロデューサーに助けられてるのよね」 春香「そうだね。 お金が絡む事だけじゃなくて、色んな事で」 真「何気ない差し入れとかも結構多いよね」 美希「ミキもよくおにぎりもらうの」 伊織「あのバカ、毎月私たちにどんだけ使ってるのかしら」 響「一体、どうやって生活してるんだ?」 雪歩「すっごく大変なはずですぅ」 春香「……やっぱり納得できないよ!」バン! 07 ID:maG39Gk30 美希「春香の言うとおりなの! みんなで社長に抗議しよ!」 真「うん! これは許せないよね!」 律子「ちょ、ちょっと皆落ち着きなさい!」 響「律子はプロデューサーが可哀想じゃないのか!?」 雪歩「そうですぅ! いざとなったら私が社長を穴n」 真「雪歩、それ以上は言っちゃダメだよ。 34 ID:maG39Gk30 亜美「おおっと、やよいっちたちだけにいいカッコはさせないぜー」 真美「真美たちだってにーちゃんの味方だもんね!」 律子「ストップ!!」 律子以外「っ!?」 律子「私だって皆と同じ気持ちよ」 美希「律子……さん」 律子「けど、冷静になって。 56 ID:maG39Gk30 春香「わっほい!? びびびびっくりするじゃないですか! プロデューサーさん!」 P「おう、春香、みんなもおはよう。 75 ID:maG39Gk30 雪歩「あの、これですぅ」 P「給与明細……俺のだな」 律子「すみません。 16 ID:maG39Gk30 小鳥「え、違うんですか?」 響「あ、ぴよ子が復活したぞ」 雪歩「でも日付は確かに先月の……」 P「これ、一年前のだよ。 02 ID:maG39Gk30 P「ははは、皆して勘違いか? せっかちだなぁ」 春香「……良かったぁ」 美希「よく考えたらとーぜんなの。 ハニーの価値がこれっぽっちなんてありえないの」 響「美希はぴよ子に謝っといた方がいいと思うぞ」 小鳥「ほんっとーに良かったですよぉぉぉ」ポロポロ 貴音「小鳥嬢、私も同じ気持ちです」ガシッ 律子「まったく、人騒がせな」 真「いいじゃないですか。 皆心配しますから」 P「ありがとな。 でも大丈夫だよ」 P「ちゃんと今は、それの二割増も貰ってるから」 P以外「…………え?」 終わり。 46 ID:nZfnjeJDo ブラックとかいうレベルではないな。 vip2ch.

次の

ヤンデレ艦娘とひ弱提督/安価

嫌われ ss ヤンデレ

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

ヤンこれ、まとめました

嫌われ ss ヤンデレ

」 提督「しょ、書類仕事なんて、ぽいぽいぽーい」 ………………。 お茶だよ」 提督「ああ、ありがとう」お茶ズズーッと コンコンコン ガチャ 木曾「入るぜ」 提督「おう!木曾か!早いな」 木曾「第一艦隊の出撃報告書だぜ」 提督「どれどれ」 ………………。 感謝してるぜ!」 提督「さすが木曾!見た目だけでなく心までイケメンだな!」 他の鎮守府は知らんけど俺の鎮守府の木曾はなぜかアニキと呼んでくる 木曾「止せよ……アニキには負けるさ。 」 木曾「何故だ?」 提督「アイツいつも……Hey テートクゥー!とか言って飛びついて来るだろ?」 木曾「ああ、そうだな……」 提督「体の小さい駆逐艦の子ならまだしもアイツ戦艦だぞ?体のデカイさ……」 木曾「…………。 木曾は艦これにてイケメン!だったね」 天龍「そうじゃねーよ!」 提督「じゃあどうなのが正しいんだよ?」 天龍「んな事どうでもいいんだよ!それよりほら!遠征の報告書だよ!」 提督「そうか。 どれどれ」 ………………。 天龍「……ところで木曾」 木曾「何だ?」 天龍「コイツの事なんでアニキって呼んでるんだ?聞かせろよ」 時雨「それ、僕も聞きたいかな……」 提督「実は俺も気になったりする」 木曾「ああ、そんな事か。 いいぜ?話してやるよ。 ……何処から話せばいいかな……」 天龍「…………。 」 多摩「木曾もおやすみにゃ。 」 北上「大井っち何さー。 ……なんだ、木曾か。 」 大井「やっと会えたわね木曾!ところで、北上さんはどこかしら?!」 木曾「ってな感じなんだ……」 提督「あいつ等、実力はあるんだけどなぁ……」 木曾「たしかに実力もあって頼りになるし、姉達に会えた事は喜ばしかった! でも……なぜか俺は孤独を感じていたんだ……」 提督「あの時はよく一人で港に居たよな?」 木曾「ああ、アニキの言う通り俺はよく一人で港に居た、海を眺めていたんだ。 もちろん最初はお互い口数も少なかったけど、段々と色々な話をするようになったんだ」 提督 あの時は何を話せばいいかとか、ヘタに変な事言わないようにしようとか考えてたっけ…… 木曾「そして、いつの間にか俺は、自分の悩みを打ち明けるようになっていたんだ」 提督 あの時は嬉しかったな。 提督になって初めて頼られたからな 木曾「アニキは自分の事のように解決法を考えてくれた。 あの時は嬉しかったぜアニキ!」 提督「まあ部下の悩みを解決するのは当然の事だからな!」 木曾「二人で話し合った結果、強くなれば解決するのでは?という結論になった! そして、悩みを打ち明けた次の日から二人で、毎日基本的なトレーニングをするようになった。 」 天龍「腕立てやランニングってとこか?」 木曾「ああ、そうだ。 提督「天龍……すまなかったな……」 天龍「……俺こそ……ごめん……」グスッ 提督「ああ、もういいよ。 それよりハンカチ使えよ。 何でだろ?」 時雨「さあ?僕にもわからないや」 提督「じゃあ本人に聞いてみるか!睦月に連絡を頼む!」 時雨「わかった」 ………………。 」 時雨「…………。 木曾も天龍も可愛いですね。 コメント一覧 27• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 22:50• ジャックがついに就職したのか!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 22:58• いや、まじでおしりの毛を剃ると快感だから!世界が変わる感じwww ただ、カミソリで剃らないといけないから、たまに傷つけたりして痛いんだよね。 これは慣れればスイスイできる。 本当にツルツルになったおしりをさわるのって気持ち良いんだよ。 ずーっとさわっていたくなる。 おまえらも試してみなwwww• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:00• すまんm誤爆• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:04• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:06• なんか毛って剃るとかえって濃くならない? 昔それで失敗したんだが• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:11• 米5 毛は剃ると切り口が斜めになっているせいで、剃ってしばらくは濃く見えるらしい だからあんまり気にしなくてもいいとどこかで見たような気がする• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:13• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:14• (なにこのコメント欄…)• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:16• けつ毛が濃い俺はどうしたらいいんだ?詳しくレクチャーしてくれや。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:17• お前らそんな頻繁にケツを見せる相手がいるのか...... 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:30• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:32• また毛の話してる……• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:40• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:50• 俺は抜いてるな……いてーけどしばらく剃らんんでいいから楽なんだ……• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月18日 23:57• 剃るのが面倒、フフ怖な人には除毛クリームがいいと思うぞ ひとまず毛がない自分を手軽に体験してみたいならオヌヌヌ 個人的にはヴィートのバスタイム敏感肌用がいいかと• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 00:08• この時雨はほかの時雨より子供体型で 何故か片目の仮面つけてて顔面左半分が宇宙になってたりするのか• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 00:25• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 00:41• つまり艦娘もパイパンがベストと言うこと。 スミカry• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 01:00• 今日ですべてが終わるさ 今日ですべてが変わる 今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるさ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 01:00• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 01:35• ワイ将、まだちんまりとしたケツ毛が鬱陶しくなりそるが、剃ったまま放置していたら後日ケツの3分の1を覆う剛毛に育った模様。 誰か助けて• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 03:53• 誤爆も何もどこに爆撃するつもりだったのか… 困惑• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 04:10• ケツ毛剃るの難しいし面倒だからパイパンにするわ ついでにワキや胸も脱毛しよっと• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 16:19• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月19日 19:07• ケツ毛そんなに気になるのかwww 銀魂のノリでよかった、艦これのゴールは提督王になる事か グランドライン海域解放されないかなぁ 錯乱• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年05月21日 16:12• なんでコメ欄がケツ毛の話題で埋まってんだw• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年07月03日 21:39• コメ欄がほぼケツ毛の話で埋まっていた・・・・.

次の