インスタ タグ付けとメンションの違い。 【Instagram】インスタストーリー「MENTIONS」(メンション)の使い方・通知について

企業Instagram担当者が知っておきたい「タグ付け」の基本

インスタ タグ付けとメンションの違い

みなさんはSNSやLINEでメンションを使っていますか? 実は使い方をよく知らないという方は多いのではないでしょうか? いまさら人に聞けないというのもあるかと思います。 そこで本記事では、メンションの正しい使い方を分かりやすく解説します! 5分もあれば覚えられる内容ですので、メンションの使い方を知りたい方はこの機会にぜひ覚えてください。 メンションとは? メンションは「名前を挙げる」や「言及する」といった意味の英単語です。 TwitterやFacebookなどのSNSやコミュニケーションアプリのLINEなどでよく使われている機能名でもありますが、意外と使い方を知らない方は多いのではないかと思います。 SNSにおけるメンションは、メッセージを読んでほしい相手を指定する機能です。 複数のユーザーがいる中で「あなたあてのメッセージですよ」と通知するのがメンションだと考えてください。 「個別にメッセージを送ればいいだけでは?」と疑問に感じるかと思いますが、それだとメンションの役割がなくなってしまいます。 特定の人にメッセージを通知すると同時に、グループ内やフォロワー内の他のユーザーにもメッセージが表示させるという使い方ができるのがメンションという機能です。 メンションの使い方 メンションは、「 (ユーザー名)」というようにメッセージを送りたい相手のユーザー名の前に「 (アットマーク)」に付けて使います。 TwitterでもLINEでもこの使い方は同じです。 「 」をつけてメンションをすると、「 」を含めてユーザー名の色が変わります。 通常は青色に変わるので、ひと目でメンションだと分かるでしょう。 Twitterのリプライとメンションの違い では個別のメッセージとメンションはどう違うのか、Twitterを例に解説していきましょう。 Twitterにはリプライ(返信)という機能があります。 これは特定のユーザー宛てのメッセージで、当人たち以外に送った側と送られた側を両方フォローしているユーザーのタイムラインには表示されますが、片方のみしかフォローしていないユーザーのタイムラインには表示されません。 一方、 メンションはフォロワー全員のタイムラインに表示されます。 メンションは通常のツイートと同じようにフォロワーのタイムラインに表示されるため、リプライとは役割が異なるのです。 また、リプライとメンションでは使い方が少し異なります。 リプライはツイートの先頭に必ず「 (ユーザー名)」を付けるのがルールです。 メンションの場合も「 (ユーザー名)」を使いますが、ツイートの先頭以外であればどこに付けても構いません。 たとえば、リプライとメンションは以下のように使い分けます。 『リプライ』 XXXXXさん、今日のブログはとても面白かったです。 『メンション』 今日の XXXXXさんのブログがとても面白かったです。 上記の例であれば、リプライは XXXXXさんに今日のブログが面白かったという感想を個別に送りたい時に使います。 一方、メンションを使うと XXXXXさんにブログが面白かったと感想を伝えると同時に、フォロワー全員に XXXXXさんのブログが面白かったことを伝えられます。 LINEでのメンションの使い方 LINEではグループトークでメンションを使います。 グループトークでは誰宛てのメッセージかが分かりにくいですが、メッセージ内に「 (アカウント名)」を加えることで相手を指定することができます。 グループトークでメンションを使っても他のユーザーにもメッセージが表示されるため、その点は注意してください。 個別のやり取りなら個別トークで行ったほうがいいですが、グループ内の話題で相手を指定してメッセージを送りたい時にメンションを使います。 グループトークでメンションが使われると、相手に「メンションされました」というプッシュ通知が届きます。 これによってグループトークでもメンションを受けた側はすぐに気づく、というわけです。 Facebookの「Messenger」でのメンションの使い方 Facebookの「Messenger」では、2017年3月にメンション機能が追加されました。 使い方はTwitterやLINEと同じで、メッセージに「 (ユーザー名)」を加えるだけです。 グループスレッド内で特定のユーザーにメッセージを送りたい時にメンションを使います。 メンションの内容はグループ内のメンバー全員が閲覧できます。 メンションの通知を受けるには、お知らせ機能をオンにしておいてください。 メンションは使い方を覚えるととても便利な機能 グループ内でのチャットやトークで相手を指定してメッセージを送りたい時はメンションを使ってみましょう。 メンションを使わずメッセージに名前を入れるだけでも相手を指定できますが、 メンションを使えば相手に通知が届きますし、「 」を含めたユーザ名の色が変わるので視覚的にも伝わりやすいです。 メンションは「 XXXXの予定は?」などグループ内で特定のユーザーに参加を確認する時などに重宝します。 ただし、上述したようにメンションは他のユーザーもメッセージを閲覧できるため、他の人にメッセージの内容を知られたくない時は個別にメッセージを送るようにしましょう。 おわりに メンションの使い方はとても簡単で、「 (ユーザー名)」とするだけで相手を指定してメッセージを送信できます。 基本的にグループ内やフォロワー内で特定の相手にメッセージを送るために使うわけですが、他のユーザーにも閲覧されても問題ない時に使うのがメンションの正しい使い方です。 他のユーザーに知られたくない内容のメッセージなら、Twitterだとリプライ、LINEだと個別トークを使えば済みます。 メンションと個別メッセージの使い分けを覚えれば、SNSやLINEでのコミュニケーションがよりスムーズになるでしょう。

次の

インスタグラムで変なメンションをされないようにする設定

インスタ タグ付けとメンションの違い

「タグ付け」とは まず初めに 「タグ付け」とはどういった機能なのかについて簡単に解説しておきます。 インスタグラムにおいて 「タグ付け」と言うのは、投稿した写真上にユーザー名を貼り付けることができる機能です。 文字だといまいちピンと来ないかと思いますが、 投稿された写真をタップした際に映っている人の名前がヒョコっと出現した記憶ってありませんか? この 「ヒョコっと出現する名前」と言うのが 「タグ付け」による表示なんです。 投稿時に 「タグ付け」しておくことで、閲覧者に対して一緒に映っている人を端的に紹介することができます。 「ハッシュタグ」との違いについて 「タグ付け」と聞いてよく起こりがちな勘違いが、 「ハッシュタグ」機能との混同です。 また機能に関しても全く別物で、 「ハッシュタグ」では、 投稿内容に関連するキーワードを投稿者が自由に添付することができます。 そうしておくことで、インスタ内でキーワード検索を行った際にその検索ワードに沿った 「ハッシュタグ」が付いている投稿内容のみを表示することができると言った効果があります。 このように、 同じタグでも全く使い方や機能が違いますので、注意してください。 インスタグラムの「タグ付け」の方法 では実際に、 インスタグラムで「タグ付け」を行う方法についてもご紹介しておきたいと思います。 手順は以下の通りです。 「Instagram」を起動する。 下のメニューから 「+(新規投稿)」をタップする。 投稿する写真を選択して 「次へ」をタップする。。 写真の加工を済まして 「次へ」をタップする。 「新規投稿」画面にて 「タグ付けする」をタップする。 タグを付けたい場所をタップしてユーザーを選択する。 「完了」をタップする。 これで 「タグ付け」はできましたので、あとは 他の位置情報やキャプションなどを入力してから「シェア」すればOKです。 また、 すでに投稿済みの写真に関しても後から「タグ付け」することができます。 手順としては、自分の投稿内容を表示した上でメニューから 「編集」をタップすることで、 「タグ付けする」と言うボタンが表示されますので、あとは通常の手順と一緒なので覚えておいてください。 「タグ付け」すると通知される? 「タグ付け」が投稿内容に他のユーザーの名前を表示する機能と言うことは分かりましたが、そうなると気になるのが 「通知」に関する問題でしょう。 これに関しては、 タグ付けをした状態で写真を投稿した際に自動的に相手にも通知が届くようになっています。 まぁ勝手にユーザー名を添付できてしまうわけですから、当然と言えば当然ですよね。 基本的に 「タグ付け」する場合は、 事前に相手にも許可を取っておくべきかと思います。 他の人に「タグ付け」されたらどうなる? 逆に 自分が他のユーザーに「タグ付け」された場合についても簡単に解説しておきます。 通知が届くことは上でご紹介しましたが、それ以外にも自分がタグ付けされた投稿がある場合は、 自分のプロフィール画面の「タグ付け」欄にて一覧で表示することもできます。 もし勝手に自分がタグ付けされていた場合でも、この項目を確認することで確実に把握することができます。 付けられた「タグ」を削除する方法 自分の名前が他のユーザーの投稿に 「タグ付け」されてしまっている際に、もしその内容が不快だったり、 名前の表示を消したい場合には、そのタグ付けを削除することが可能です。 特に 投稿者の許可なども必要ありませんので、必要に応じて確実に消すことができます。 手順としては以下の通りです。

次の

【インスタ】フォロワー増加に欠かせない『インプレッション機能』とは?

インスタ タグ付けとメンションの違い

もくじ• インスタグラムでのメンションとは インスタグラム において 「メンション(mention)」「メンションをつける」とは、投稿やストーリーズで自分以外のユーザーをタグ付けすることを指します。 名前を文字で入力するのではなく、 「@~」のアカウント名をタグ付けすることにより、 その相手をフォロワーに紹介することができたり、通知を飛ばすことができますので、 「誰かの投稿で自分のことが話題になっている!」といち早く気づく・知ることが出来ます。 また、何かの意見を投稿する時でも、 「誰に対しての意見なのか」をメンションを付けることによって明確にすることができます。 ストーリーズでメンションを付ける方法 まずは、ストーリーズでメンションをつける方法を見ていきましょう。 テキストでの文字入れでメンションする方法 まずは、最もオーソドックスな 「文字入れ」でメンションを行う方法です。 画像内をドラッグして調整します。 最初のアルファベットを入力するとアカウント名の候補が出てきます。 動画のストーリーズ投稿時に対象を追従できる機能 動画のストーリーズを作成時にスタンプでのメンションを貼り付けると、動く動画内の特定の場所に メンションスタンプを固定させることが出来ます。 これで動画を撮ってストーリーズでタグ付けする際も 「誰がどのアカウントの人物か」を分かりやすく表現することが出来ます。 ストーリーズでメンションする時・された時、気をつけること メンションは 自分だけで完結するものではなく、メンションする相手ユーザーにも影響します。 そこで、メンションする方・された側としてどのようなことが起きるかをご紹介します。 公開/非公開、フォロー済み/未フォロー関係なくメンション出来る メンションは「@」マークから続く文字列を、対象とするアカウント名にすればメンションを行うことができ、そのアカウントが 非公開であっても、フォロー関係にあるかどうかも関係なく、メンションを行うことが出来ます。 それ故に、 全く関係ないユーザーもメンションすることができてしまいますので、 注意が必要です。 自分が付けられたメンションは外すことはできない する 「タグ付け」は 自分でそれを削除することが出来ますが、ストーリーズに付けられたメンション(テキスト・スタンプ)は 自分でそのメンションを外すことができません。 もし、自分がメンションされたくないストーリーズに掲載されていたら、 そのユーザーに直接ストーリーズの削除をお願いする他無いでしょう。 投稿でメンションを付ける方法 通常の投稿でも特定のユーザーに対してメンションすることが出来ます。 ストーリーズの時と同じように最初のアルファベットを入力すると挿入候補のアカウントが表示されます。 タップするとメンションを付けた相手のプロフィール画面に飛ぶことができます。 タグ付けで実質的な「メンション」を行う方法 キャプションでユーザーをメンションする方法が最もシンプルな「メンション方法」ですが、 通常投稿には「タグ付け」という機能があり、こちらも 実質「メンション」的な使い方をすることが出来ます。 「メンション」と「タグ付け」はどう違う? このようにキャプションで「@」から始まるメンションとタグ付はほとんど同じもののように見えますが、この2つの機能の相違点を確認してみると、• 投稿でのメンション• キャプションでユーザー名が記載される• 付けられた側が削除できない• タグ付け• 画像上でユーザー名が表示される• 付けられた側で削除が可能 という違いがあります。 投稿でのメンションがどちらかと言うと会話の一部(呼びかけ)的なものであることに対して、タグ付けは、投稿内容への情報追加・通知の役割を担っています。 まとめ 今回はインスタグラムで メンションを付ける方法を「ストーリーズ」「投稿」の両方で解説いたしました。 写真に一緒に写っている人物にメンション・タグ付けすることで友だちや仕事仲間の紹介、思い出・旅の共有などが格段に行いやすくなります。 ただし、メンションを行うと、そのユーザーに通知・DMとかなりの量の通知表示が行われますので、あまり頻繁に使いすぎることは禁物です。 メンションを使用して友だちなどその他のユーザーとのコミュニケーションのきっかけに使ってみて下さいませ!.

次の