ハスラー 乗り 心地。 ハスラーの乗り心地は悪いの?足回りを改善する方法を伝授!

ハスラー乗り心地改善

ハスラー 乗り 心地

先日、スズキから発売されている 新型ハスラー Hustler を 友人から借りて少しだけ運転させてもらいました。 私が今回運転したのは、ハスラー Hustler の ノンターボ車のXグレード。 今回は郊外の一般道を運転させてもらったのですが、 ちょっと気になったのは乗り心地。 ハスラー Hustler は私はサスペンションが効いていて しっとりとした乗り心地は気に入っているのですが、 運転をしていてちょっと気になる事があります。 それは、路面の状況によって時々 上下に揺れる 弾む ような感じがする事です。 特に路面がデコボコしている時はちょっと気になりました。 最初はSUVらしくて良いな〜っと思っていたのですが、 この上下の揺れの影響で子供が車酔いに・・・。 この乗り心地は車に酔いやすいお子さんがいる ご家庭にはちょっと欠点かも・・・。 この上下の揺れにはハスラー Hustler のタイヤが大きく 影響しているみたいですね。 ハスラー Hustler のは悪路や雪道でも運転しやすいように 他の軽自動車に比べて大きなタイヤを装備しています。 また、色々と調べてみたところ、 それ以外にもタイヤの空気圧も影響しているみたいです。 ハスラー Hustler は燃費向上のためにタイヤの転がり抵抗を 抑えるためにタイヤ指定空気圧を 250kPAまで高めているようです。 ちなみに通常のタイヤタイヤ気圧は210kPA 前後のようです。 このような事が影響して、 ハスラー Hustler は上下のユレが大きいようです。 ちょっとクルマがはねるような感じがするので、 車の酔いしやすいお子さんがいるご家庭はちょっと注意が 必要かもしれませんね。

次の

ハスラー乗り心地改善

ハスラー 乗り 心地

ハスラーのインテリアとエクステリア(外観と内装) 独特のデザインで話題のハスラー。 カラーバリエーションも豊富で、顔つきも可愛らしい。 好き嫌いはあるでしょうが、この外観に一目惚れしてしまう方も多いのではないでしょうか? 正面からパチリ(クリックで大きくなります) 横からパチリ 今回はブルーとホワイトのツートンカラー。 内装にも白が使ってあって、嫁さんは「かわいいぃぃぃ!」と大絶賛。 ダッシュボードやナビの回りが白くなっています。 カラーバリエーションはグレードAは5色からグレードGとXは11色から選べます。 グレードAのカラーバリエーション グレードG・Xのカラーバリエーション カラーバリエーションが豊富なのはいいのですが、色によって2~6万円ほど別途料金がかかるそうです。 内装も外装もとてもオシャレに作られています。 オシャレだけじゃなく利便性にも優れていると感じました。 荷室は濡れたり汚れたりしてもサッと拭けるようにプラスチックのような素材になっています。 サーフィンやスノボなどアウトドアスポーツをする方にはうれしいですね。 また、助手席と後部席を倒せば長いものも積めるようになります。 スキーをする人もバッチリですね! 私は結婚前までウィンタースポーツをしていました。 スキーもスノボーも両方やっていたのですが、スキーは結構長さがあるので車に積み込むのが大変でした。 スノボーは雪が多くつくのでしっかり落としてこないと濡れるし。 その当時にハスラーに乗っていたらかなり便利だったんだろうなぁと妄想してしまいました^^ 収納もバッチリで、助手席の座面の下やダッシュボードに小物を入れるスペースがあります。 ダッシュボードには2つの収納が備わっているのですが、上部の部分にCDなどを入れられるとのこと。 しかし、意外と奥行きがなくてCDなら立てて入れないと入りません。 微妙な大きさの収納です(笑) そんな感じで、ハスラーの内装、倍増はなかなかのものでした! お洒落な車、軽自動車っぽくない車が欲しいなら候補に入れてくださいね! さてお次は試乗に行きましたので走行性などのレポートを。 ハスラーは安定しているパワーもあるよ ハスラーにも、スズキの代名詞とも言えるエネチャージとエコクールが搭載されています。 真夏や真冬にアイドリングストップした時にエアコンが送風に変わると結構寒かったり暑かったりなどが解消されています。 試乗したのが秋だったのでその恩恵はわかりませんでしたが・・・。 ハスラーに乗ってまず感じたのがパワーです。 ディーラーを出ると少し上り坂になっていたのですが、少しアクセルを踏み込むだけで登って行きました。 ハスラーの前に乗ったスペーシアは結構べた踏みでエンジンも唸っていました。 馬力は52馬力と変わらないので、車体の重さなどの影響なのかな? 車内も広くて、運転していて圧迫感を感じません。 フロントガラスは垂直気味に起きているので視界も良好です。 走行性も非常に安定していて、軽自動車とは思えないです。 エンジンが高回転になると、少しうるさいですが、普通に走っているとかなり静かで静粛性もあります。 実際の燃費はどうなの? ハスラーの実燃費は平均19. 試乗車のメーターの平均燃費を調べてみると・・・。 ちょっとがっかりな数字ですが、試乗車ということもあり、あまり信用性がない数字です。 と思いました。 室内も広く、パワーもあってオシャレな車なのですが、子供を乗せるためにチャイルドシートをつけるとなると一気に狭くなってしまいます。 うちの子はまだ2歳ということもあり、やはり軽自動車を選ぶならスライドドア付きのスペーシア、NBOX、タントあたりがベストだという話になりました。 じゃ、ハスラーはどんな人に向いている車なのか? ハスラーはアウトドア向きの車です。 独身でスポーツ大好きな方にはかなり重宝する車でしょう。 燃費もいいので、通勤用と趣味と兼ねて使うのもありです。 また、オシャレな車なので、一目惚れしてしまう方もいるでしょう。 ということで、ハスラーは 「2人以下で乗る事が多く、オシャレな車が欲しい方、アウトドアスポーツをよくする方」 におすすめしたい車です。 ハスラーの納車は2~3ヶ月かかる ハスラーは現在非常に人気が高く、生産が追い付いていないとのことです。 2014年9月現在のハスラーの納車は2~3ヶ月かかるとのことです。 もし、軽自動車税増税の前にハスラーを購入したいと考えているなら、なるべく早めに行動したほうがいいでしょう。 2015年4月から軽自動車税が増税されるので、それまでに納車してもらわないと(正確には登録日ですが)行けません。 納車が遅れることも考えて12月~1月には契約を済ませておきたいところです。

次の

欠点は上下の揺れ!?

ハスラー 乗り 心地

ハスラーのインテリアとエクステリア(外観と内装) 独特のデザインで話題のハスラー。 カラーバリエーションも豊富で、顔つきも可愛らしい。 好き嫌いはあるでしょうが、この外観に一目惚れしてしまう方も多いのではないでしょうか? 正面からパチリ(クリックで大きくなります) 横からパチリ 今回はブルーとホワイトのツートンカラー。 内装にも白が使ってあって、嫁さんは「かわいいぃぃぃ!」と大絶賛。 ダッシュボードやナビの回りが白くなっています。 カラーバリエーションはグレードAは5色からグレードGとXは11色から選べます。 グレードAのカラーバリエーション グレードG・Xのカラーバリエーション カラーバリエーションが豊富なのはいいのですが、色によって2~6万円ほど別途料金がかかるそうです。 内装も外装もとてもオシャレに作られています。 オシャレだけじゃなく利便性にも優れていると感じました。 荷室は濡れたり汚れたりしてもサッと拭けるようにプラスチックのような素材になっています。 サーフィンやスノボなどアウトドアスポーツをする方にはうれしいですね。 また、助手席と後部席を倒せば長いものも積めるようになります。 スキーをする人もバッチリですね! 私は結婚前までウィンタースポーツをしていました。 スキーもスノボーも両方やっていたのですが、スキーは結構長さがあるので車に積み込むのが大変でした。 スノボーは雪が多くつくのでしっかり落としてこないと濡れるし。 その当時にハスラーに乗っていたらかなり便利だったんだろうなぁと妄想してしまいました^^ 収納もバッチリで、助手席の座面の下やダッシュボードに小物を入れるスペースがあります。 ダッシュボードには2つの収納が備わっているのですが、上部の部分にCDなどを入れられるとのこと。 しかし、意外と奥行きがなくてCDなら立てて入れないと入りません。 微妙な大きさの収納です(笑) そんな感じで、ハスラーの内装、倍増はなかなかのものでした! お洒落な車、軽自動車っぽくない車が欲しいなら候補に入れてくださいね! さてお次は試乗に行きましたので走行性などのレポートを。 ハスラーは安定しているパワーもあるよ ハスラーにも、スズキの代名詞とも言えるエネチャージとエコクールが搭載されています。 真夏や真冬にアイドリングストップした時にエアコンが送風に変わると結構寒かったり暑かったりなどが解消されています。 試乗したのが秋だったのでその恩恵はわかりませんでしたが・・・。 ハスラーに乗ってまず感じたのがパワーです。 ディーラーを出ると少し上り坂になっていたのですが、少しアクセルを踏み込むだけで登って行きました。 ハスラーの前に乗ったスペーシアは結構べた踏みでエンジンも唸っていました。 馬力は52馬力と変わらないので、車体の重さなどの影響なのかな? 車内も広くて、運転していて圧迫感を感じません。 フロントガラスは垂直気味に起きているので視界も良好です。 走行性も非常に安定していて、軽自動車とは思えないです。 エンジンが高回転になると、少しうるさいですが、普通に走っているとかなり静かで静粛性もあります。 実際の燃費はどうなの? ハスラーの実燃費は平均19. 試乗車のメーターの平均燃費を調べてみると・・・。 ちょっとがっかりな数字ですが、試乗車ということもあり、あまり信用性がない数字です。 と思いました。 室内も広く、パワーもあってオシャレな車なのですが、子供を乗せるためにチャイルドシートをつけるとなると一気に狭くなってしまいます。 うちの子はまだ2歳ということもあり、やはり軽自動車を選ぶならスライドドア付きのスペーシア、NBOX、タントあたりがベストだという話になりました。 じゃ、ハスラーはどんな人に向いている車なのか? ハスラーはアウトドア向きの車です。 独身でスポーツ大好きな方にはかなり重宝する車でしょう。 燃費もいいので、通勤用と趣味と兼ねて使うのもありです。 また、オシャレな車なので、一目惚れしてしまう方もいるでしょう。 ということで、ハスラーは 「2人以下で乗る事が多く、オシャレな車が欲しい方、アウトドアスポーツをよくする方」 におすすめしたい車です。 ハスラーの納車は2~3ヶ月かかる ハスラーは現在非常に人気が高く、生産が追い付いていないとのことです。 2014年9月現在のハスラーの納車は2~3ヶ月かかるとのことです。 もし、軽自動車税増税の前にハスラーを購入したいと考えているなら、なるべく早めに行動したほうがいいでしょう。 2015年4月から軽自動車税が増税されるので、それまでに納車してもらわないと(正確には登録日ですが)行けません。 納車が遅れることも考えて12月~1月には契約を済ませておきたいところです。

次の