ホース フィルター。 【楽天市場】【在庫あり!】東芝洗濯機用のふろ水給水ホース用フィルター★1個【TOSHIBA 42044562】【純正品・新品】【60】:でん吉

【楽天市場】ケルヒャー 自吸用ホース+フィルターセット 2643

ホース フィルター

0 250 4 0. 2 50 45~75cm (40~114L) 3. 0 440 5 1. 5 50 60~90cm (57~157L) 4. 0 500 9 1. 8 90~150cm (101~345L) 6. 0 1,000 24 2. 0 500 8 1. 6 500 6 1. 3 50 60~75cm (57~114L) 2. 4 500 6 1. 3 50 75~90cm (114~157L) 3. 2 600 9 1. 5 1,000 10 1. 7 75~90cm (114~157L) 4. 5 1,150 12 1. 0 90~150cm (157~345L) 6. 5 1,150 12 1. 5 1,950 25 2.

次の

ホース&フィルター|ハーレーパーツの通販

ホース フィルター

0 250 4 0. 2 50 45~75cm (40~114L) 3. 0 440 5 1. 5 50 60~90cm (57~157L) 4. 0 500 9 1. 8 90~150cm (101~345L) 6. 0 1,000 24 2. 0 500 8 1. 6 500 6 1. 3 50 60~75cm (57~114L) 2. 4 500 6 1. 3 50 75~90cm (114~157L) 3. 2 600 9 1. 5 1,000 10 1. 7 75~90cm (114~157L) 4. 5 1,150 12 1. 0 90~150cm (157~345L) 6. 5 1,150 12 1. 5 1,950 25 2.

次の

硬くなると危険です!!外部フィルターのホース・タップを交換しよう!

ホース フィルター

店長の声 ケルヒャーの上位機種の高圧洗浄機では、サクションホースと、フィルター(2642-7940)を併用して、バケツなどに溜めた水を吸い上げる機能が付いています。 お手持ちの高圧洗浄機の取扱説明書をご確認下さい。 00、K2. 01など)には使用できません。 サクションホースと、フィルターは、近くに水道がない場合などに非常に便利で、売れ筋の商品です。 ケルヒャー以外のメーカーでは、溜め水の吸い上げができないメーカーが多いため、溜め水の吸い上げをしたい方は、ケルヒャーの高圧洗浄機を購入し、一緒にサクションホースとフィルターをお買い上げいただくことが多いです。 取り付け方のイメージとしては、本体とフィルターを接続し、フィルターにサクションホースを取付けます。 本体とサクションホースの間にフィルターを取り付けます。 サクションホースの商品写真にある白い網になっている側を、溜め水に入れて水を吸い上げますが、この白い網の部分は、かなり粗い網になっていて、細かいごみは一緒に通して吸い上げてしまいます。 吸い上げた水は、高圧洗浄機の本体を通り、ノズルの細かい穴から噴射されるので、小さなゴミや、砂、石などを一緒に吸い上げてしまうと、高圧洗浄機本体の故障、ノズルのつまりの原因となってしまいます。 そこで、吸い上げた水を本体側に取り付けたフィルターに通して、細かいごみが本体に入るのを防ぎます。 また、ケルヒャーの説明書では、呼び水をしたほうが吸い上げがスムーズと書いてありますが、作業の度に呼び水をするのは、けっこう手間です。 かといって、呼び水をせずに吸い上げをすると、吸い上げが悪く、高圧洗浄機にもっともよくない空まわしの状態が長く続いてしまいます。 通常、30秒程度でもモーターに悪影響があるといわれています。 呼び水をせずにスムーズに吸い上げるコツがあるのですが、これは当店でご購入いただいた方の特典として、動画でご説明させて頂いております。 水を溜めておく容器ですが、高圧洗浄機は、1分間に5〜6リットルの水を噴射します。 10分間連続噴射するには、50〜60リットルの水が必要になります。 バケツに入れた水を吸い上げると、容量が20リットル程度なので、3分程度で空になってしまいます。 移動が不便でなければ、ごみ用の大きなポリバケツに水を溜めるのが便利です。 大きさも45、70、90、120リットルと様々あり価格も手ごろです。 例えば、70リットルなら、10分から12分程度噴射が可能です。 短いようにも思えますが、連続して、10分から12分はかなり長く感じます。 実際には、水を噴射したり止めたりして作業しますので、思っているより水は長持ちする印象です。 また、圧力ですが、ケルヒャーでは、「吸い上げて噴射する場合も、水道直結での噴射でも圧力が変わらない。 」と言っていますが、実際に作業した感想では、吸い上げての作業では圧力が若干下がるような感覚です。

次の