ファースト ピアス キャッチ。 ファーストピアスを外すのNG期間はいつまで?ケア方法も合わせてご紹介!

ファーストピアスの外し方【画像付き】ホールを傷つけずに外すアイテムとは?

ファースト ピアス キャッチ

ファーストピアスとは言っても綺麗なストーンや18金メッキのもあって見た目は普通のピアスと変わりません。 ここではファーストピアスについて詳しくまとめていきます。 ファーストピアスとは?• 医療器具として厚労省の認可を受けていて完全滅菌され、アレルギーの原因にならない医療用ステンレスやチタンで出来ている。 スタッドピアスというシンプルで安全なデザイン。 ピアスヘッドは大きめで皮膚に埋め込む心配はない。 普通のピアスの軸は約0. 6ミリであるのに対し、ファーストピアスは1. 2ミリ(16ゲージ)で、2倍の太さがある。 1~2ヶ月つけっぱなしになるのでキャッチが固く外れにくくなっている。 ピアスの開け方 自分で開ける?病院に行く? ファーストピアスを外す時は上手に外れなかったりキャッチが固いので引っ張って痛い!という事もあります。 そこで無理に引っ張るとなおさら痛いので石鹸などで外れやすくしてから外すと良いですよ。 どうしてもお風呂でピアスを回して洗わなかったりすると皮膚がくっついてしまうのでこまめに清潔な手でピアスを動かしておくと痛みも半減しますのでちょっとした痛みは我慢してちょっとずつ動かしておきましょう。 ファーストピアスを外すと出血するの? 自分でピアスを開けると気づくと血がにじんでいたという経験ありませんか?筆者は初めてピアスを開けた時にファーストピアスの存在を知らずにピアッサーを引き抜いて新たにピアスを入れようとしたら痛みと出血で大混乱しました。 ピアスホールが未完成の場合 ピアスホールが完成・安定するまでは傷と同じなので完成前に外すと出血する事はあります。 それがピアッシングをしてから数週間後に血が出る事もありますし、寝ている時にそちら側を下にしていたりすると血がにじむ事もあります。 ファーストピアスを外してOKな時期は? ピアスのファーストピアス卒業期間は人によって、場所によって変わってきます。 皆さんはなんとなくいいかな?と思ったり、血が出なかったりある程度すればファーストピアスを外して新しいものに付け替えていると思います。 そもそもファーストピアスを外してOKな時期はいつからなんでしょうか。 ファーストピアスを付けてから、外す時期まではどのくらいかかるのでしょう? 1ヶ月が目安、できれば3ヶ月。 ファーストピアスをずっと付けているとピアスホールが徐々に完成していきます。 ただピアスホールは傷と一緒なので完成していないのに外すとすぐに穴が塞がってしまいます。 皆さんも経験があるのでは? なのでファーストピアスを外ず時期になるまでは長い時間と忍耐力が必要になるのです。 ファーストピアスをできるだけ長い期間付けておけばピアスホールがしっかり完成して安定し、トラブルが起きにくいという利点もあります。 基準としては1ヶ月まではファーストピアスを外さないようにした方が良いでしょう。 人によってはそれ以上~半年程度かかる場合もありますのでこれが基準として覚えておいてくださいね。 1ヶ月はピアスホール完成の最低期間です。 出来ることなら3ヶ月はそのままにしておいて欲しいとお医者さんは話しています。 どうしてもピアスを変えねばならないという事情がない限り1ヶ月~3ヶ月が妥当です。 ピアスホールが完成するまでに気を付けること 1ヶ月は最低期間で、本当は3ヶ月はそのままが好ましいです。 完全にホールが安定するのが半年程とされていますので1ヶ月はとても短い期間ですし、その期間でもしっかりホールが安定する人もいればまだまだな人もいるわけです。 ホットソークとは、ミネラルを含んだ塩水を使用するので、自己治癒力を高めて傷の回復を早める方法です。 ホットソークのやり方と準備するものを見ていきましょう。 ホットソークで準備するもの• 人肌のお湯(38度程度)• ピアスホールがつかる程度の洗浄した容器• 天然の塩(ミネラルを含んだ塩) ホットソークのやり方• まずお湯を人肌に温めて容器に温めたお湯を注いで100ccに対し0. 9gの塩を入れます。 塩が全体に混ざるまでかき混ぜたら痛みや腫れを感じる部分を10~15分ほど浸します。 綺麗に水で洗い流して終了です。 ホットソークの際はピアスは外さないでOKです。 そしてお湯の温度は冷たくても熱すぎてもNGなのでご注意を。 自己治癒力を高める温度が人肌程度だからという理由があります。 ファーストピアスを外すとセカンドピアス!どんなピアスがいいの? ついにピアスホールが完成!次のピアス、セカンドピアスはどんなピアスがお勧めなのかご紹介します。 刺激を与えない肌に優しい素材 ホールが完成したとはいえ、派手なデザインや髪や服に引っかかりやすいものはお勧めできません。 デザインよりも素材を重視したものを着用しましょう。 おすすめの素材はチタンやプラチナがお勧めで理由はアレルギーに反応しにくいからです。 そして夏場はアレルギーを持っていなくても暑さや蒸れ、汗で金属アレルギーになりやすいのでこちらの素材のピアスを着用しておくとトラブルを防ぎやすくなります。 ピアスホールがすこし安定してきたら、いろいろな可愛いピアスで楽しんでください。 まとめ 初めてのピアス、ドキドキとワクワクで胸はいっぱいです!開ける時には病院が安全ですから出来れば病院へ。 ですが最近ではピアススタジオと言ってピアスを専門にして開けてくれる場所もあります。 それでもトラブルがないわけではないので安心したいのなら病院が無難です。 デザインだけでなく素材を重視も忘れずに!ピアスのファーストピアスをするべき期間は最低1ヶ月~3ヶ月ですからそれまでは出来るだけ外さないようにしてくださいね。 確かに今は可愛いデザインがありますが、むやみに外してトラブルになったら元も子もないですからね。 しっかりホールを完成・安定させたら好きなデザインのピアスをしてるんるんで外へお出かけしましょう!その日が待ち遠しいですね。

次の

ピアスのキャッチ、なくした時の代用品とパールキャッチの作り方|mamagirl [ママガール]

ファースト ピアス キャッチ

金属の質の良いものを選びましょう。 18金、プラチナ、チタンがトラブルが少なくオススメ。 デパートやアクセサリーショップで買いましょう。 デザイン、つけやすさなどいろいろアドバイスしてもらえますよ。 安いからと言ってネット通販で買うのは止めましょう。 18金と表示されてても質の悪い製品が沢山あるのをご存じですか?また、道ばたで売っているようなアクセサリーは金属の質が悪くニッケル、コバルト、クロムなどが多く含まれ、かぶれの原因になりますので要注意です。 軸が長いものを選びましょう。 ピアスは試着や返品ができないことが多いので買ってきた後でピアスがきついのに気がついても遅いんです。 慎重に選びましょう。 耳たぶが厚め(6mm以上)の方は普通のピアスではきついことが多く、トラブルの元なので有効軸長(耳たぶが通過する部分の軸の長さ)が8mmあると安心です。 スタッドピアス、キャッチピアスというファーストピアスと同じ構造のシンプルなものがおすすめ。 種類も豊富で選ぶのも楽しいですよ! ちっちゃなピアス、ひかえめでカワイイですよね。 でもヘッドが極端に小さいピアスは皮膚に埋まりやすいので避けましょう。 埋まって取れなくなってしまった場合は病院で取り出してもらう必要があります。 振り子の様に揺れるフックタイプ・チェーンタイプのピアスも大人っぽくて素敵ですよね。 でもこのタイプや極端に重いピアスはつけ続けると穴が伸びたり、裂けたりすることがありますのでセカンドピアスには不向き。 ピアス穴が安定する1年以降とし、それ以降も毎日つけないように。 一度伸びた穴は手術以外の方法では戻せないんです。 沢山開けない!ピアスは数が増えるほどアレルギーのリスクがたかまります。 あたらしく別の位置に開けたくなっても最低一年間は待ちましょう ピアスの付け方の注意点 何度も繰り返しになりますが、ピアス穴が完成し、その後安定するまでには1年くらいかかります。 それまではピアス穴が狭くなりやすいので、1週間以上ピアスを外したままにしないでください。 ピアスを外す時間を毎日少しずつ長くしていくと良いと思います。 そして、毎日耳とピアスをよくすすいで清潔に保ちましょう。 また慣れないうちは、ピアスの付け外しは鏡を見ながらゆっくり落ち着いて。 出かける直前など慌てた状態でつけようとしてピアス穴を傷つけるトラブルがよくあります。 ピアス穴にしこりや出血などが続くようであれば、ピアスを開けてもらった病院で相談することをお勧めします。 長くなりましたが、トラブルなくピアスを楽しみたいものですね。 セカンドピアスの選び方、付け方.

次の

ファーストピアスとは?種類や選び方を詳しく紹介!

ファースト ピアス キャッチ

ピアスキャッチをなくした時に代用できるものは? ピアスキャッチをなくしてしまっても心配いりません。 身近にあるものを、ピアスキャッチの代用品として使うことができます。 消しゴム ピアスキャッチの代用品として使える身近なもの、それは 消しゴムです。 消しゴムを小さくカットしてピアスキャッチとして使えます。 どんな太さのピアスにも使えて、消しゴムはピアスキャッチを無くした時の救世主。 小さくカットすれば意外と目立ちません。 私も一度ピアスキャッチをなくしてしまい、消しゴムを代用した経験があります。 その時は1日落ちることもなく、しっかりキャッチとして機能してくれましたよ。 他のピアスのキャッチ ピアスのキャッチをなくした時は、 他のピアスのキャッチでも代用できます。 ただ、ピアス形や太さが違うとうまくはまらないものもあります。 なので、使う前にはピアスとキャッチが しっかりとはまるか確認が必要ですね。 キャッチがゆるくてしっかりと固定されていないと、またキャッチをなくしてしまいます。 スポンサーリンク ファーストピアスのキャッチをなくした時の対処法 セルフでピアッシングした場合は、ピアスキャッチがうまくはまっていなくて、外れてなくなってしまったということもよくあります。 キャッチがない状態でピアスをつけていると、ピアスもすぐ外れて無くなってしまいます。 ファーストピアスはホールが安定するまでの間 (3〜6ヶ月程度)、ずっとつけていないといけないので、ファーストピアスが外れるのは避けたい事態。 ファーストピアスのキャッチがなくなってしまった場合は、先ほどご紹介したようなピアスキャッチを購入することをおすすめします。 素材は、ファーストピアス同様に 医療用ステンレスや チタンの金属アレルギー対応のものを選びましょう。 ピアスキャッチは、寝ている時やシャワーの時に家の中で無くすことが多いです。 なので、家に帰って来たらすぐに外してきちんと収納しておくといいですね。 ピアスの収納におすすめなのが アクセサリートレー。 デザインも可愛く、お部屋のデコレーションとしても使えますね。 ピアスを収納する時は、ピアスとピアスキャッチを一緒にくっつけた状態で保管しておくと、「キャッチだけなくなった!」という事態を防げます。 ファーストピアスのキャッチを使う ファーストピアスはホールが安定するまでずっと付けっ放しにしておくものです。 なので、 ファーストピアスのキャッチはきつく落ちにくくなっています。 私は普段はファーストピアスを付けっ放しにして生活していますが、寝ている時もシャワーの時も外れたことはありませんよ。 無くしたくないピアスをつける時や、ピアスをいつも付けっ放しにしておきたい時は ファーストピアスのキャッチを使うのがおすすめです。 キャッチのないリング状のピアスを選ぶ キャッチのない リング状のピアスを選ぶというのも、キャッチを無くさない対策のひとつです。 小ぶりなもので、耳たぶにフィットするデザインのものだと、服や髪の毛に引っかかりにくいです。 海外では生まれてすぐの赤ちゃんにピアスを開ける国もありますが、引っかかりにくいリングピアスを使う場合もあるようです。 私も小さいリングピアスを付けっ放しにしていますが、普段邪魔になることもなく、無くしてしまったこともありません。

次の