パスワードカード 三井住友 アプリ。 三井住友銀行、パスワードカード(スマホアプリ版)提供

三井住友銀行、パスワードカード(スマホアプリ版)提供

パスワードカード 三井住友 アプリ

三井住友銀行が提供する公式アプリです。 インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の一部機能を 簡単かつ安全にご利用いただけます。 アプリ限定の新機能も搭載し、より便利になりました。 smbc. 下記ページの「アプリのバックアップ方法」を、ご確認ください。 smbc. smbc. smbc. html また、My通帳機能を利用している場合、入出金明細がアプリに保存されます。 スマートフォン本体の紛失等には十分ご注意いただき、紛失時にはSMBCダイレクトおよび登録サービスの利用停止手続を行ってください。 自分が望むリクエストを見るにはどこを辿ればよいか、どのボタンをタップすればよいかが、直感的にわかる。 なので、シームレスにストレスフリーで管理や手続きができる。 他行と比較しても、SMBCのシステム設計はとても心地よい。 SEさんたちの努力の賜物だと思う。 感謝しかない。 気になるところは、特にない。 個人的な意見だけど、本当にない。 強いて言うならば、アプリと関係ない不満だが、問い合わせなどした際に感じることで、DB上のSQLでUPDATEがうまくかかっていない時があるように感じる。 書類の重複送付なんかは多分それだと思う。 フラグをわかりやすいように付けたりするとそういう齟齬や不具合ミスは軽減できるんじゃないかなと思う。 以前までは、アプリからスムーズに振込が行え、とても便利で愛用していたが、 年度が変わってから、振込をしようとするとエラーメッセージが出て振込出来なくなってしまい、とても不便。 ほんのこの間まで普通に振込が行えていて、パスワードカードもアプリのほうで有効化していたにも関わらず、 突然「パスワードカードが有効化されていないので、振込が出来ない」と言った主旨のエラーメッセージが出、アプリからの振込ができなくなってしまった。 それでは、とパスワードカードのページを開くと、有効化は既にされている事になっている。 それでも、再度振込のページに戻ると、「パスワードカードが有効化されていない」と言われる。 なんなのか。 思い立ったらすぐに振込が行えるところが気に入っていたのに、これではストレスが溜まるばかり。 夜にさっと振込ができて、本当に助かっていたのに。 なんなんでしょう。 三井住友のホームページのヘルプを見て作業してみようともしましたが、 何せ、アプリのパスワードカードのページでは「有効化」がされていることになっていて、「有効化」のボタンが押せなくなってしまっているので、もうどうしようもありません。 アンインストールして、店舗から手続きし直そうと思います。 正直、パスワードカードのアプリが別にあった時のほうが、全体的にバグが少なかったような気もします。 一体化は改悪なのでは。 This is inexplicably excessive and intrusive. Has there been some sort of data breach that Mitsui Sumitomo customers are not being made aware of? This uncertainty and sudden excessive concern with security makes me worry about the safety of my funds, not because of what third-parties might do, but rather due to common sense security lapses in the SMBC IT department. 互換性 iOS 9. 0およびwatchOS 2. 0以降が必要です。 9インチiPad Pro、12. 7インチiPad Pro、9. 9インチiPad Pro(第2世代)、12. 5インチiPad Pro、10. 9インチiPad Pro(第3世代)、12. 9インチiPad Pro(第4世代)、12.

次の

三井住友カード「Vpassアプリ」が不正アクセス被害、1万6,756 件の情報閲覧か

パスワードカード 三井住友 アプリ

ポイントが最大20倍貯まるショッピングモール「ポイントUPモール」が利用可能• 利用状況照会(利用明細)を確認できる• WEB明細書サービスに登録できる• ポイントの確認・ポイントの交換ができる• 利用可能枠や支払い方法の変更ができる• サービスの申し込み・変更ができる• キャッシングサービスが利用可能• お届け内容の変更ができる それぞれのサービス内容を詳しく見ていきましょう。 ポイントが最大20倍貯まるショッピングモール「ポイントUPモール」が利用可能 三井住友カードのポイントの貯め方としておすすめなのが、ポイントUPモールの利用です。 サイトを経由していつも通りにネットショッピングするだけで、2倍~最大20倍のポイントが貯まります。 ポイントUPモールにはAmazonや楽天市場などの人気ショップも多数出店しているので、使い勝手も抜群です。 ポイントUPモールを利用する際にはVpassへのログインが求められるので、三井住友カードを作ったらVpassへの会員登録も忘れずにしておきましょう。 利用状況照会(利用明細)を確認できる 三井住友カードの利用状況を確認したい時もVpassなら手軽に過去15か月分の明細をチェックできます。 インターネットの利用明細はプリンターで印刷したり、CSV形式でダウンロードしてExcelで開くことも可能です。 WEB明細書サービスに登録できる 三井住友カードの年会費を節約したいという時は「カードご利用代金WEB明細書サービス」へ登録しましょう。 一部のカードでは、WEB明細に登録することにより年会費が最大1,000円割引になるサービスがあります。 また、明細書が不要になった際にシュレッダーをかけて処分する手間が省ける点もメリットです。 WEB明細への切り替えもVpassから簡単に行えます。 ポイントの確認・ポイントの交換ができる 三井住友カードの利用で貯まったポイントを交換したい時にもVpassは便利です。 ポイント(Vポイント)の交換や保有ポイント数の確認のほか、ポイントの交換履歴やポイントのお得な貯め方などのコンテンツも提供されています。 ポイントをお得に貯める方法として紹介されている「ココイコ!」の利用にもVpassへの登録が必要です。 利用可能枠や支払い方法の変更ができる 三井住友カードの利用可能枠(限度額)を引き上げたい場合や、支払い方法を変更したい場合もVpassから手続きができます。 限度額の引き上げは「継続的な引き上げ」と「一時的な引き上げ」の2種類から選ぶことができますが、インターネットで手続きできるのは学生を除く満20歳以上の方のみとなっているので注意してください。 支払い方法の変更であれば、例えば1回払い・2回払い・ボーナス一括払いで買い物した際の代金を後からリボ払いに変更できる「あとからリボ」が利用できます。 リボ払いは金利手数料が発生するので、その点には気を付けて上手に利用しましょう。 サービスの申し込み・変更ができる ETCカードや家族カード、電子マネーの「iD」専用カードなど、追加カードを発行したい場合もVpassから申し込みができます。 お持ちのカードによって申し込めるカードや年会費などの条件は異なりますが、家族カードなら無料で発行できるものもあり、支払いやポイントは本会員とまとめられるので家計の管理にも役立つでしょう。 キャッシングサービスが利用可能 クレジットカードでお金を借りられるキャッシングサービスは、海外旅行の時にATMで現地通貨を調達したいという時にも便利です。 国内でキャッシングを利用する場合は「キャッシングリボ」から設定や増枠ができ、海外でキャッシングを利用する場合は「海外キャッシュサービス」から同様の手続きができます。 海外キャッシュサービスなら、返済シミュレーションも確認できるので利用前にチェックしておきましょう。 国内・海外の利用のいずれもキャッシングは金利手数料が発生する点には気を付けてください。 お届け内容の変更ができる カードを申し込んだ後に引っ越して住所や電話番号が変わったら、Vpassからお届け内容の変更を行ってください。 Vpassでは、以下の変更や照会ができます。 住所や勤務先などの照会と変更• 名前の変更• 暗証番号照会・変更• 支払い口座の変更• 支払い日の変更 三井住友カードは、支払日を10日または26日のいずれかから選べるカードです。 現在10日に設定している場合は26日に、現在26日に設定している場合は10日に変更できます。 Vpassの会員登録方法 Vpassに登録したい場合は、から会員登録手続きを行ってください。 Vpassへの登録は無料で、料金はかかりません。 Vpassへは、三井住友カードの本会員と家族会員が登録できます。 登録の際にはクレジットカードと、支払い口座番号の下4桁が必要です。 上記のページ内にある「VpassID・パスワードの登録」の「お申込みはこちら」という緑色のボタンから会員登録に進んでください。 カード番号や有効期限・セキュリティコード・生年月日などの会員情報を入力して確認を行い、登録が完了すると自動的にVpassにログインした状態となりサービスを利用できます。 三井住友カードを複数枚持っている場合は「おまとめログインサービス」を利用すると、一度のログインで各カードの照会や手続きが可能です。 Vpassに登録する際の電話番号はカード会社に届出の番号を入力する Vpassに登録できない場合は申し込みの際に入力した電話番号が原因のエラーが考えられます。 Vpassに登録する際に入力する電話番号は、カード会社に届出の電話番号を入力してください。 カード会社に届出の電話番号と異なる電話番号では登録できないので注意しましょう。 届出の電話番号と異なる電話番号を繰り返し入力するとアカウントロックがかかってしまいます。 電話番号の確認やアカウントロックの解除は手続きが必要となるので、カードの裏面に記載されている電話番号に連絡しなくてはいけません。 Vpassにログインする方法 インターネットの場合• 三井住友カード公式サイトにアクセス• 「カード会員の方Vpassログイン」をクリック• IDとパスワードを入力してパズル認証を行い「ログイン」 インターネットでVpassにログインしたい時は、三井住友カード公式サイトのトップページ上部右側にある「カード会員の方Vpassログイン」というオレンジ色のメニューからログインできます。 IDとパスワードを入力して、パズル認証を行ってください。 IDとパスワードの入力欄の下にあるパズルのピースを、パズル画像の抜けている部分に合わせることで認証が行えます。 ピース画像の上でクリック(タップ)して、クリックしたまま抜けている部分まで動かしてボタンを離すことによりピース画像の移動が可能です。 その次に「ログイン」を押すとログインできます。 スマホアプリの場合(Vpassアプリ) スマホアプリでVpassにログインしたい場合は、最初にアプリをダウンロードしてカード情報やログイン方法などの設定を行う必要があります。 なお、スマートフォンの対応OSは以下の通りです。 指紋認証・顔認証でログイン• パスコードでログイン• オートログイン• ID・パスワードでログイン 申し込み時に選んだログイン方法は、ログイン後のメニュー画面内にある「ログイン設定」でいつでも変更できます。 指紋認証はiOSのTouch IDやAndroidの指紋認証、顔認証はFace IDに対応していて、パスコードでログインを選んだ場合は4桁の数字を設定してください。 自動的にログインを行うオートログインは、端末を共有する場合や端末の紛失時にリスクがあるので、セキュリティ面では別のログイン方法をおすすめします。 Vpassにログインできない時の対処法 IDやパスワードを入力するとエラーになりログインできない IDやパスワードを入力するとエラーになりログインできない場合は以下の項目をチェックしてください。 対処法を試してみて、それでもログインできなければIDやパスワードの再登録を行う必要が出てきます。 大文字・小文字・半角が正しく入力されていない• ブラウザの自動入力機能で過去のIDやパスワードが入力されている• パズル認証が正しく行われていない 大文字・小文字・半角は正しく入力してください。 CAPSLOCKキーやNUMLOCKキーがオンになっていないか確認しましょう。 自動入力機能(オートコンプリート)で過去のIDが入力されている場合は、ブラウザの設定から機能をオフにしたり、保存されたIDやパスワードを削除してください。 パズル認証の画像が表示されない場合はページの再読み込みを行い、パズル画像を変更したい時は画像右下の矢印マークをクリック(タップ)すると画像が再読み込みされて新しいパズル画像が表示されます。 IDやパスワードが分からずログインできない IDやパスワードが分からずVpassにログインできない場合は再登録を行う必要があります。 カード会社に問い合わせてIDやパスワードを教えてもらうことはできないので注意しましょう。 ID・パスワードの再登録方法 ID・パスワードの再登録を行う際には以下のものが必要です。 今までのIDが8桁以上の場合:再登録可能• 今までのIDが7桁の場合:新規登録を行う• 今までのIDの桁数が分からない場合:新規登録を行う 今までのIDが8桁以上の場合のみ再登録が可能となっていて、7桁や桁数が分からない場合は新規登録を行ってください。 ID・パスワードを忘れた場合の再登録は以下のページから手続きができます。 パズルが表示されないためログインできない パズルが表示されないためログインできない場合、パズル認証を行わなくてもVpassIDとパスワードの入力のみでログインすることができます。 パズルが表示されないためログインできないのではなく、前述のようにIDやパスワードを正しく入力していないなど別の原因がある可能性が高いので確認してみましょう。 Vpassアプリでログインできない場合 「ログイン認証に失敗しました」といったエラー表示が出てVpassアプリでログインできない場合は、VpassIDを入力し直しましょう。 それでもVpassアプリにログインできない場合は、アプリを一度アンインストール(削除)してからもう一度ダウンロードし、IDとパスワードの入力を行いましょう。 再ダウンロードを行っても解決しない場合は、カード裏面に記載の電話番号に問い合わせてください。 Vpassで「エラーコード001」が表示される 「エラーコード001」が表示されてVpassを利用できない場合は、クレジットカードそのものが使えなくなっている恐れがあるため、カード名義人本人がカード会社に連絡する必要があります。 電話番号はカード裏面に記載されているので、手元にカードを用意して連絡しましょう。

次の

三井住友カード「Vpassアプリ」が不正アクセス被害、1万6,756 件の情報閲覧か

パスワードカード 三井住友 アプリ

三井住友銀行 SMBC アプリが3月からかなりパワーアップしています。 これまで、三井住友銀行のパスワードカードアプリは単独でしたが、今後は三井住友銀行アプリに統合されます。 さらに、デビットカードやクレジットカードの明細照会ができたり、家計管理やポイント紹介などの機能が追加され、単独アプリとして豊富な機能を持つようになりした。 このエントリーでは、三井住友銀行アプリのインストール方法を紹介したいと思います。 三井住友銀行 SMBC アプリのインストール方法 まず、アプリストアにアクセスします。 アンドロイド版とアイフォン版があります。 アプリストアのトップページです。 (アイフォン版です。 ) タイトル下のアイコンをタップします。 位置情報、通知などの許可画面が続きます。 許可画面の次の画面です。 三井住友銀行アプリのひとつの重要な機能のひとつが、ワンタイムパスワードの発生機能を備えていることなんですが、以前から単独でワンタイムパスワードを使用されている方はこれまでの登録情報を移行できます。 ワンタイムパスワードを使用されていない方は、右上のログインをタップします。 (ワンタイムパスワードの設定は、新たに設定しなおすこともできます。 ) ログインをタップします。 ログイン画面です。 銀行口座の通帳に書いてあります店番号と口座番号、第1暗証番号(ATMで使う暗証番号)を入力して、ログインします。 利用上の同意が続き、初期設定の画面になります。 初期設定の重要項目としては、お知らせの設定とタッチIDの設定、パスワードカードの設定があります。 このアプリは、ログインの度に、支店番号、口座番号、暗証番号を入力する仕組みであるため、タッチIDを設定しますと、指紋認証だけでログインできます。 振込などの機能を使うためには、パスワードカードの利用登録が必要になりますが、残高を見たりするだけならば、このままの状態で使えます。 初期設定は後でもできますので、とりあえず、「今すぐはじめる」をタップします。 (「次回から表示しない」にチェックを入れなければ、ログインの度にこの画面は出ます。 ) ログイン後のメイン画面(ホーム画面)です。 画面の上のパネルには、自分の口座番号や残高が表示されていることが分かります。 これでログイン完了です。 基本的な操作は、画面下のパネルで行います。 設定関係のメニューは右端になります。 最近は、スマホアプリによるQRコード決済の利用もひろがってきおり、QRコード決済への銀行口座登録には、ワンタイムパスワードが必要になるケースが多いです。 そのため、ワンタイムパスワードの設定がおすすめになります。 パスワードカードの設定方法 ワンタイムパスワードは、パスワードカードの設定で出せるようになります。 ホーム画面右下の「メニュー」をタップします。 メニュー画面です。 メニューの中から「パスワードカード」をタップします。 次の画面です。 現在、パスワードカードを使っているかどうかについての案内画面になります。 パスワードカードを現在利用していない場合も「続ける」をタップします。 次の画面です。 この画面から実際のパスワードカードの有効化の手続きとなります。 この画面の後にも、有効化する口座番号の確認があり、以前からアプリ版のパスワードカードを使っている方向けの注意画面が出ます。 このアプリで設定するパスワードカード(アプリ版)が正になりますので、以前のパスワードカードアプリは削除してもいいですよという内容です。 「はい」をタップすると、同意画面となり、次の画面となります。 この画面以降は、本人確認になります。 具体的には、銀行口座登録で届けた電話番号とスマホの保有者が一致しているかの手続きになります。 行う作業としては、画面の手順で、届け出の電話番号に、自動音声で電話をかけることができますので、この次の画面に表示される数字を、手順通りに入力して完了です。 電話認証した後の最後の画面です。 ログイン方法の案内になります。 基本は、第1暗証番号(ATMで使う暗証番号)でのログインになります。 注意書きとして、テレホンバンキングを使わない場合で、セキュリティを高めるためログインにパスワードカードを使う場合の設定方法が書かれています。 (三井住友のインターネットバンキングは、テレホンバンキングが使えます。 ) 通常のケースは、第1暗証番号のログインでもいいかと思います。 登録実行をタップしますと、登録完了の案内が出て完了です。 パスワードカードの出し方 登録後は、パスワードカードの出し方は簡単です。 ホーム画面右下のメニューをタップして、出たメニューの中から「パスワードカード」をタップするだけです。 パスワードカードの画面です。 中央の数字がワンタイムパスワードです。 ワンタイムパスワードですので、有効時間があり、外側のリングで残り時間が表現されています。 残り時間がなくなった場合は、もう一度パスワードカードを出します。 また、ログイン前の画面からでも、左下の「パスワードカード」アイコンをタップすることで、パスワードカードを出すことができます。 関連記事 スポンサーリンク nobujirou.

次の