アジア料理 デリバリー。 【デリバリーOK!】福岡でおすすめの南アジア料理をご紹介!

“タクシーデリバリー”で楽しむ名店の朝食、フレンチ、台湾料理をご紹介

アジア料理 デリバリー

グルメ• フランス料理• アメリカ料理• 焼き鳥• タピオカ ティー• ファースト フード• デザート• 中華料理• 韓国料理• 日本料理• ハンバーガー• ヘルシー• インド料理• 丼もの• タイ料理• コーヒーとお茶• サラダ• アジア料理• イタリア料理• インドカレー• ジュースとスムージー• ベーカリー• チキン• 海鮮料理• ベトナム料理• カフェ• サンドイッチ• トルコ料理• 家庭料理• スペイン料理• フィッシュ アンド チップス• ハワイ料理• ベジタリアン• グルメ• ジャマイカ料理• ビリヤニ• イギリス料理• お子様連れを歓迎• 広東料理• スリランカ料理• ダイナー• 英国料理• ドイツ料理• インドネシア料理• ネパール料理.

次の

【デリバリーOK!】福岡でおすすめの南アジア料理をご紹介!

アジア料理 デリバリー

メニュー一覧のイメージ サイトを実際に操作してみると、単純でわかりやすいが、正直なところまだ不完全な印象を受ける。 選べるメニューも少ないし、デリバリーエリアも限定的で、前日までの注文というのもやや面倒だ。 この新しいサービスへの需要はどういったところにあるのだろうか。 そこで、サービスを運営するYumcious Technologiesの共同創設者 兼 CEOであるElyas Zabidi氏に直接聞いた。 Elyas氏によれば、Yumciousの役割は、主婦など料理が得意な「料理パートナー」「グルメな人々」、そして「配達業者」を結びつけるプラットフォームで、やがてはお互いに料理を注文し合うような、コミュニティマーケットプレイスを目指しているのだという。 Yumcious Technologiesは、Elyas氏を含むIT業界出身の3人によって創設された。 友人だった3人がYumciousのビジネスアイデアを思いついたきっかけは、ともすればありがちな会話からだった。 知人が料理を作って販売していたが、家庭の事情で家を空けられなくなり商売を続けられなくなったという。 Yumcious Technologies Sdn. Bhd. の共同創設者兼CEOのElyas Zabidi氏 かくして、Yumciousが誕生した。 実は、現在の状態は、まだニーズを探るべくテスト的に開設したMVP(Minimum Viable Product)、つまり実行可能な最小限のサイトだという。 ところが市場の反応は驚くほど早く、スタートするや否や注文が殺到。 現在、同社のチームスタッフはたったの8人。 需要にとても追いついていない状況で、まだ広告活動もできていないというから、いかに潜在的ニーズが高いかが伺える。 資金提供してくれるパートナーを募集中で、資金が集まり次第、順次サービスの対応地域を拡大し、同時に広告活動にも力を入れていく予定だ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

【デリバリーOK!】福岡でおすすめの南アジア料理をご紹介!

アジア料理 デリバリー

メニュー一覧のイメージ サイトを実際に操作してみると、単純でわかりやすいが、正直なところまだ不完全な印象を受ける。 選べるメニューも少ないし、デリバリーエリアも限定的で、前日までの注文というのもやや面倒だ。 この新しいサービスへの需要はどういったところにあるのだろうか。 そこで、サービスを運営するYumcious Technologiesの共同創設者 兼 CEOであるElyas Zabidi氏に直接聞いた。 Elyas氏によれば、Yumciousの役割は、主婦など料理が得意な「料理パートナー」「グルメな人々」、そして「配達業者」を結びつけるプラットフォームで、やがてはお互いに料理を注文し合うような、コミュニティマーケットプレイスを目指しているのだという。 Yumcious Technologiesは、Elyas氏を含むIT業界出身の3人によって創設された。 友人だった3人がYumciousのビジネスアイデアを思いついたきっかけは、ともすればありがちな会話からだった。 知人が料理を作って販売していたが、家庭の事情で家を空けられなくなり商売を続けられなくなったという。 Yumcious Technologies Sdn. Bhd. の共同創設者兼CEOのElyas Zabidi氏 かくして、Yumciousが誕生した。 実は、現在の状態は、まだニーズを探るべくテスト的に開設したMVP(Minimum Viable Product)、つまり実行可能な最小限のサイトだという。 ところが市場の反応は驚くほど早く、スタートするや否や注文が殺到。 現在、同社のチームスタッフはたったの8人。 需要にとても追いついていない状況で、まだ広告活動もできていないというから、いかに潜在的ニーズが高いかが伺える。 資金提供してくれるパートナーを募集中で、資金が集まり次第、順次サービスの対応地域を拡大し、同時に広告活動にも力を入れていく予定だ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の