引越し アルバイト。 引越しのアルバイト体験記・評判

引越しのアルバイト体験記・評判

引越し アルバイト

体を使う仕事、きつい仕事は昔から給料が高いといわれています。 引越しもそのひとつで、運送業の中でもっとも過酷な重労働ともいわれるほどです。 その代わり給料が高いのも事実で、アルバイトには日払いをする引越し業者も多くあります。 多くの引越し業者では通年アルバイトを募集しており、引越し作業員として働くフリーター、学生アルバイトも多いです。 引越し作業員として働いてきた私の経験をもとに、引越しのアルバイトについてお話します。 引越しのアルバイト 私の働いていた会社は大手とまではいきませんが、関東では名の知られた引越し業者です。 正社員よりもアルバイト作業員の比率が高く、アルバイトだけで構成される作業グループというのも普通です。 アルバイトとはいってもほぼ毎日引越し作業をする常勤のベテランがほとんどで、仕事ができる、できないは正社員もアルバイトも関係ありません。 現場での経験の積み重ねがものを言う世界です。 未経験でも大丈夫 もしも引越しのアルバイトをしようかどうか迷っている方がいたら、全然心配しなくて大丈夫だと私は言います。 まったくの未経験でこの世界に飛び込んでも、先輩方がみっちり教育してくれます。 自分もまったくの未経験から引越しという世界に飛び込みました。 引越しのアルバイトに応募してきた未経験者に、いきなり「タンスを運べ。 」、「冷蔵庫を持て。 」というふうにはなりません。 やれと言われてもできないでしょう。 同じ現場の作業員として、仕事の仕方を知らない新人に家具を落としたり、引きずられたりしたら洒落になりません。 最初は横持ち 引越し屋さんのアルバイトで最初に与えられるポジションは 横持ちです。 部屋とトラックの間をただひたすらに往復する係で、当然ダンボール箱や何かしらの荷物を持たされます。 荷物を置いて「ふう~。 」と言っている暇はないでしょう。 引越し作業の基本は時間短縮。 荷物を置いたらダッシュで次の荷物を取りに行くのが引越し作業の基本です。 体がキツくて歩いてしまうこともあるかもしれません。 時に荒っぽい口調で先輩方に怒鳴られることがあっても、そこは仕事です。 むかつくことがあったとしても、「すいやせ~ん。 」とがんばってほしいところです。 引越しは共同作業 新人アルバイトのデビューがエレベータ付きのマンションで、しかも台車が使えるような優しい現場であれば超ラッキーです。 初日が5階エレベーターなしなんて現場だと、次の日から来なくなってしまう新人アルバイトも珍しくありません。 バックレは当然クビということになります。 修業期間の横持ちをやっている間は、部屋の中でお客さんと談笑しながら作業を進めるベテラン作業員が楽をしているように見えるかもしれません。 また、トラックの荷台で積み込みをする作業員が楽をしているように見えるかもしれません。 しかし、横持ちがいなければ部屋の中の作業員はトラックまで行くことになります。 トラックで積み込みをしている作業員も部屋まで行くことになるでしょう。 横持ちあっての引越し作業、そして効率よく荷物を運び出したり、荷崩れしないよう車両に積み込むには経験が必要です。 普段あまり体を動かしていない入ったばかりの新人アルバイトが、気分を悪くして動けなくなってしまうこともあります。 無理をしろとまでは言いませんが、自分が楽をした分は誰かが苦労をすることになると覚えておいてほしいのです。 そう、引越しは作業員全員で成り立つ共同作業なんです。 休憩、お昼について 引越し作業中、入りたての新人アルバイトが自分から「休憩したい。 」なんて言うのは許されない世界です。 時にはのどの渇きや「休みたい。 」という自分の気持ちとの戦いになるかもしれません。 作業中の休憩やお昼といった作業員の行動については、作業グループのリーダーがすべての決定権を持っています。 バリバリ体育会系リーダーの作業グループにあたってしまうと、つらいアルバイトになってしまうかもしれません。 私の会社では昼食も午前便を終えてからの夕方になることが多く、休憩らしい休憩を取らないで1日を終えることも少なくありませんでした。 3~4月の引越し繁忙期には、とにかく件数が多すぎて作業が追いつかず、食事や休憩は移動するトラックの中で済ませるしかなかった記憶があります。 日払い可で高収入が魅力 アルバイトに日払いで給料を支払う引越し業者は多く、よほどの閑散期でなければすぐに働けるのが引越しアルバイトの魅力です。 また他のサービス業などと比べて、時給や日給が高いのも引越しアルバイトの魅力ではないでしょうか。 朝営業所を出発してから、作業を終えて営業所へ帰ってくるまでの時間にも手当てがつくところなどもあり、引越しのアルバイトで日給1万円以上を稼ぐことは珍しくありません。 女性でもできる? 男性引越し作業員に混じって遜色なく作業をする頼もしい女性引越し作業員もたくさんいます。 また、女性専用の引越しプランを提供しているアート引越センターやSGムービングなど、女性スタッフのみをアルバイトで募集しているところもあります。 女性には部屋の中での荷造り、荷ほどきといった女性ならではの細やかな心配りを生かす引越し作業もあります。 引越し作業員として支払われる給料に男性、女性の差はありません。 私の経験上、女性作業員をどのような現場に向かわせるかは配車担当が心配りをしているように感じました。 階段5階から階段5階への現場など、あまりにきつい現場で女性作業員が作業するようなことは少なかったと思います。 まとめ 現場によってはお客さんからお弁当代などといったご祝儀が出ることもあり、現場から現場への移動中はドライバー以外長い時間休めることもあります。 個人的には体育会系色の非常に濃い業種だと感じますが、達成感や協調性をこれほど感じられる仕事は他にはなかなかないと思っています。 若い方にはぜひ一度は体験していただきたいと思います。 よろしければ、もご覧になってみませんか? 以上、『引越し作業員が語る引越し屋さんのアルバイトの現実』を最後までお読みいただきありがとうございました。 このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!.

次の

引越しのアルバイト体験記・評判

引越し アルバイト

引越し会社はアルバイトが重要 引越し業界にいた方でしか分からない事ですが引越しは年間通じて行われているのです。 毎日引越しの作業があり、引越しの行われない日は無いと言っても良いでしょう。 小さな地元中心の引越し業者のことは分かりませんが「大手」と呼ばれる引越し業者にとって引越し作業がゼロの日はありません。 ただし年間を通じて平均的に引越し作業はありませんので必要な人員には大きな高低差が発生します。 つまりアルバイトによって必要人員の調整を行う必要があるのです。 このような事はサービス業に多く見られることで「アルバイト」の存在は最重要と言えるのです。 繁忙期は通常時期の2倍以上人員が必要 引越しが込み合う時期は簡単に考えて長期休暇の時です。 春休みや夏休みなどの時期は引越しの依頼も爆発的に増えます。 特に春休みの期間は卒業・入学・転勤・入社・新築の入居などが重なり年間でも一番のピークとなります。 その数の増大は凄まじい物があり月間の売上は平常時期の3倍~4倍ほどになります。 料金的に高くなる事は当然ですが引越しの件数が爆発的に増える事が要因となります。 当然の事ですが人員に関しては通常時期の2倍以上は最低限必要になります。 アルバイトの休暇などを考えると通常の時期の3倍ほどの人員を集めておかないと繁忙期の引越しは対応が出来ません。 By: はっきり言って大丈夫ではありません。 特に繁忙期となる長期休暇の時に働くアルバイトは学生が殆どです、それこそ 高校生も動員しなくては間に合わないほどの忙しさです。 しかし学生アルバイトの目的は何でしょうか?お客様に喜んで貰うことを目的に仕事を選ぶ事はありません。 一番の目的は「 賃金の高さ」です、そして「楽しい」と言うことが学生アルバイトの求める最重要な選考要素となります。 引越しは想像以上に大変 アルバイトとして入社した学生はスグに辞めます、引越しは大人数で楽しく和気あいあいとするイメージを持っていますが実際のことそんな生易しいものではありません。 殺伐としていて体力的にも日頃の部活動よりも苦しく上下関係も凄まじいものがあります、ここは軍隊かと思うほど厳しい上下関係があるのは肉体労働では普通の事ですが、学生たちには入社前からそんな事は分かるはずは無いのです。 入社したアルバイトは数日間は死んだ目で帰ってきます、その想像以上の体力の消費と精神をすり減らすことに初めて肉体労働の社会に出ると言う苦しみを味わうのです。 学生アルバイトは早い者で入社初日の途中でギブアップをして帰ってしまう者もいます、嘘の様な本当の話しです。 苦しい状況で「お客様」の為に働くか? 答えは「 NO」です、当然の事と言えるでしょう。 学生アルバイトの殆どの者はこんなに厳しい仕事とは思っていません、実際にところ引越し作業だけでなく他の仕事でもそうですが「お客様」目線で仕事をしている学生アルバイトは僅かです。 特に春休みなど長期の休みに関してはその時期だけ働くアルバイトが殆どの為に質が著しく落ちるのです。 実際のところ引越しのを見ても社員は良かったがアルバイトの態度が悪かったというものが多く見受けられました。 特に破損に関しては意識が低く、破損を出さない事よりも作業をこなす事で精一杯となっているので結果的には破損が発生するのです。 不慣れなアルバイトは信じられないところで破損を出します。 それこそダンボールを手に持って運んでいるだけで落としてしまう事もあります。 荷物を乗せた台車を押しているだけで荷物を落とすこともあるのです。 本当に信じられない不備を起こすのが短期間で募集した学生アルバイトに多いのは引越し会社としても悩みどころですが、忙しい時期に学生アルバイト無くしては引越し作業が成り立たないのも事実です。 アルバイト求人は「引越し会社」で埋め尽くされている アルバイト求人サイトで「引越し」を探すとかなり多くの引越し業者が求人広告を出しています。 アルバイト求人ので確認するだけでもすごい数が確認できます。 他の求人サイトも合わせると凄い数になるのが分かると思います。 引越し業者としては人員確保が最重要項目になります、高校生の募集もありますのでどれだけ引越し業界がその場しのぎの人員が欲しいか分かるのではないでしょうか。 アルバイト求人広告 出典: 短期の学生アルバイトで品質が良くなる事はない 当たり前の事ですが品質は上がらないと言えます。 人間的に否定しているわけではありません、人間的に言えば学生アルバイトの方が真面目な方が多いので仕事に慣れて貰えば非常に良い戦力になります。 しかし 学生アルバイトで長期間を引越しのアルバイトをしてくれる方は少ないことが現実です。 学生は学校が優先であり試験や友人との付き合いなどがあればそちらを優先します。 多くの日数を働く必要はない 特に引越しのアルバイトは時給単価も高く短期で稼ぐことが可能のため、無理をして多くの日数をアルバイトにあてる事はしないのです。 学生からすると必要なお金が稼ぐことが出来た時点で趣味などに時間を使いたいのです、毎日をアルバイトに費やしたいと言う学生アルバイトは少く、その事が質の良いアルバイトが少ない要因のひとつとも言えるのです。 引越しのアルバイトは仕事が少ない時も多くあり必要な日にちにムラがありますシフトを組みにくいと言うデメリットがあるため、多くの学生アルバイトとしてはシフトが安定している他の業種のアルバイトに移ってしまうのです。 オススメ ベテランが少ない作業は品質が劣る 当たり前の事すぎるのですが「 ベテラン」がいない引越し作業は品質が良くなるはずはありません。 この事は引越し業界の永遠のテーマであり一番の問題点と言えるのです。 それでは繁忙期と呼ばれる3月~4月にかけての引越しはどうかと考えると自ずと答えは出ると思います。 質の低い作業員が必ず居ると認識する 引越しを依頼する側で出来ることは正直ありません、全員正社員でお願いしても無駄な事です。 それこそ「 我が社はすべて社員です」と応える営業マンが居ることは事実ですが、大手引越し会社で全員社員で来ることはあり得ません。 あるとすれば新人社員にベテランが着いてた場合や、当日の引越し作業が突然無くなって社員が余ってしまう為に時給が掛かるアルバイトと差し替えて社員が来るなどの特殊な場合のみとなるでしょう。 基本的にはそのようなイレギュラーはありませんので各自で対策を練るしかないのです。 しかし対策と言っても良く見ているしかありません。 経験の乏しいアルバイトはスグに見分けが付きます、そのアルバイトを徹底的にマークして監視するしか客としての立場では出来ることは無いと言えます。 目を光らせれば作業員も注意して作業します、 間違っても作業を見ない事をしてはダメです必ず隅々まで見て回る事で引越し作業員は「 この客は要注意」と認識するのです。 嫌な話ですが引越し作業員は「 子供」であると考えましょう、子供は目を離すとスグに適当な事をします。 それこそ分からなければ良いだろうと思い不適切な事をするのです。 中には素晴らしい引越し作業員も多くいますが学生アルバイトやフリーター、派遣までいますので気を抜かないようにしましょう。 これだけクレームが多くても成り立つ商売 By: を見ていただいても分かると思いますが利用者からクレームや不満が多い業界です。 それでも成り立つのは不思議とも言えますがなぜでしょうか? それほど年間を通じて使う機会がないので成り立っていると言えるでしょう、 生活に密着している商売であればこれだけのクレームが発生しても成り立つ事はありえません。 飲食店やスーパーで例えるのなら頻繁に食中毒を出しているくらいのクレームは日常茶飯事で起きています、しかし飲食店やスーパーではありませんので大きく問題になる機会もありません、飲食店であればすでに潰れているでしょう。 まとめ 引越し業界はお客様の大切な荷物を運ぶと認識した人材が少ないことが一番の問題点です。 しかし従業員個人の問題では無く雇用に対する問題点が大きくあると言えるのです。 莫大な人件費に対してこれだけ薄利多売になれば利益もあまり出ません。 その為に無理な行程での引越しや1日に請け負う引越し作業の数を増やさなくてはならないのです。 1日1件の引越し作業では赤字になるため1日に2件~4件の引越しをすることを余儀なくされています。 作業員は疲弊するだけで良い引越しをする時間さえないのがホンネの部分と言えるでしょう。 その状況下では今後引越し業界で頑張っていこうと考える社員以外にとって、日々の引越しをこなす事で精一杯になり学生アルバイトでは気持ちなど入れる余裕は無いのです。 この当たり前の図式を理解して頂ければ引越し作業を監視する必要性はご理解頂けると思います。 非常に残念な事ですがこれが引越し業界の現実であるのです。

次の

引越しのバイトはきつい?引っ越しの日払いのバイトを上手に探すコツ

引越し アルバイト

引越しのアルバイトってどんな事をするの? 引越しのアルバイトは基本的に3~4人で行動します。 作業の流れですが、• 梱包(大きめの家財や電化製品を扱う)• 搬出(部屋から家財をトラックに積む)• 移動(トラックに乗って移動、場合によっては電車移動あり)• 搬入(トラックから家財を引越し先へ運ぶ) となっています。 手作業で荷物を搬出、搬入するので腰に負担がかかります。 細かい家財だけでなく、重量のあるタンスやテーブル、洗濯機や冷蔵庫などの家電製品も運搬するので肉体的な疲労は結構なものです。 更に、引越し作業で最も過酷な現場が、「 エレベーターの無いマンション」での引越し作業です。 中には5階建てなのにエレベーターが無い住宅も存在しますので、階段での荷物の運搬は想像以上に過酷でしょう。 あまりの過酷さに作業途中に逃げ出すアルバイトも これは引越しアルバイト経験のある友人に聞いた話ですが、 あまりの過酷さに作業途中に逃げ出すアルバイトもいるようです。 それも結構頻繁にいるらしく、逃げ出したら応援のスタッフが現場に来る事になるそうです。 しかし、応援が来る間は一人少ない状態で作業しなければなりませんし、スタッフの都合がつかずにそのままの人員で作業を進めた事もあったとか。 友人はアルバイトが逃げ出すと現場が辛くなるので、出来る限り新人のアルバイトには優しく接するようにしていたそうです。 腕力に自信がある人でない限り、やはり引越し作業は厳しいのでしょう・・・。 それでも引越しアルバイトの人気は高い 確かに引越しアルバイトは過酷なのですが、それでも学生には人気のアルバイトです。 人気の一番の理由は、やはり給料が高い事でしょう。 日払いのアルバイトも多く、日給で一万円を超える求人も沢山見つける事が出来ます。 また、勤務日の融通が効きやすいというのも学生に人気の理由だと思います。 更に、引越しアルバイト特有の利点があるのですが、 現場でお客さんから差し入れやチップ(心付け)を貰える事もあります。 差し入れはジュースやお弁当などが多いですが、チップ(心付け)の場合はお客さん次第にもなるので、想像以上の金額を貰える現場もあるとか。 参考: 1日に複数の現場で作業する事もありますので、こういった所も引越しアルバイトが人気の理由にもなっているのでしょう。 引越しのアルバイトはどこで探せば良い? 引越しのアルバイトは、ネットのアルバイト求人を探せば簡単に見つかります。 大手で言えば、「」や「」などが求人数も多く探しやすいです。 引越しアルバイトの選び方ですが、「 中小業者よりも大手業者を選ぶ事」がポイントです。 CMで良く耳にするような引越し業者であれば、マニュアルもしっかりしていて、現場に配置する作業員の数も十分ですし、楽しくアルバイトを過ごす事が出来るでしょう。 一方、中小業者ですが、大手業者よりも知名度が低いので、引越し料金を安くしたりして大手と対抗するしかありません。 そうなってくると、どこが一番削りやすいかというと、やはり人件費となります。 引越し現場に対して少ない作業員でなんとかしようとしたり、正社員を長時間労働させているという可能性もありえます。 もちろん、労働環境もしっかりしていてマニュアルもばっちり作られている中小業者もありますが、大手業者の方が安心して働ける確率は高くなります。 以前、「」という記事を書いていますが、ここに書かれているような業者なら安心して働けるでしょう。 顧客の満足度が高いという事は、従業員の労働環境がしっかりしているという事に繋がります。 皆さんも経験があるとは思いますが、仕事に何か不満を抱えていると、良いパフォーマンスは出来ません。 お客さんの前でもそういった態度が出てしまうという人も少なからずいますし、多くのお客さんに支持されている引越し業者は楽しく仕事を出来ている可能性が高いのです。 どうせ働くなら楽しい職場が良いはずですから、ここら辺のポイントも抑えて、求人情報を探してみてください。

次の