バッタ 経路。 【バッタ大量発生】イランからパキスタンに侵入!最新と今後の予測分布はどこまで広がる? │ 防災の種

サバクトビバッタは食用で食べるのは無理?食べられない理由を調査!

バッタ 経路

2020年2月27日、中国メディアの観察者網は、で発生している蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。 記事は、パキスタン側の必要に基づき、中国政府はバッタ駆除専門家チームを結成してパキスタンにすでに派遣していると紹介。 これに続いて「10万羽のアヒルの軍隊が国を代表して出兵することになった」と伝えた。 記事によると、この「アヒルの軍隊」は浙江省紹興市のアヒルたちで、「まるでバッタ根絶界における奇才」なのだという。 なぜバッタ被害にアヒルが有効なのだろうか?記事は、バッタの根絶には薬物による方法と生物を用いた方法があるが、環境保護の観点からすると生物を用いたほうがずっと良いと指摘。 「薬物はコストが高いうえに農薬が残留する。 生物は環境を汚染しないだけでなく、食物連鎖を修復できて一挙両得だ」との専門家の意見を紹介した。 生物を用いた方法には、カエルや他の鳥類もあるが、その中でアヒルが用いられる理由について記事は、「カエルや他の鳥類は指定のエリアでしか任務を行わず、バッタが移動しても追いかけない。 すると新たな被災地に改めて投入しなければならず、コストがかかり、生物の種類によっては適さない場所もある」と説明した。 この点、「アヒルやニワトリの作戦能力は優れている」と記事は指摘。 中でもアヒルは「群居を好み、管理がニワトリより容易で、生命力、エサを探す能力、耐寒能力に優れ、屋外で生きるのに適している」という。 さらに「ニワトリ1匹で1日70匹のバッタを食べられるが、アヒルは200匹以上と約3倍の作戦能力を有している。 しかも絨毯方式で食べつくし、サナギも食べてくれる」と専門家は説明している。 このほか、「作戦終了後に退役したアヒルは、現地の食卓に上ってごちそうとなり、経済収入をもたらすことができるとの益もある」と記事は指摘。 2000年に新疆ウイグル自治区で発生した蝗害では、浙江省のアヒル10万羽が「派兵」され、バッタを根絶した実績もあると記事は伝えた。

次の

カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫・卵、どこから来る?【画像】

バッタ 経路

【AFP=時事】 「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ北東部で猛威を振るっているバッタの大群が9日、に襲来し、政府は緊急閣議を開いて対応を協議した。 北東部カラモジャ(Karamoja)地方の担当相によると、9日にケニアからバッタが襲来したのを確認したという。 大発生しているのはサバクトビバッタで、通常は群れをつくらない。 だが、幾つかの条件が重なると大量繁殖して巨大な群れとなり、農作物を荒らし、飢饉(ききん)の原因になる。 今回の大発生では既にケニア、エチオピア、ソマリアで食料難が起きており、ソマリアは今月、農作物が壊滅したとして国家非常事態を宣言した。 国連食糧農業機関(FAO)は、過去25年で最悪の状況だと指摘している。 バッタの群れは、エチオピア東部で発生し、ソマリア北部を通ってウガンダに襲来した。 FAOは、現時点では地域全体に影響を及ぼす「大発生」レベルだが、状況がさらに悪化し1年以上にわたって被害の拡大を食い止められなければ、「蝗害(こうがい)」になると警鐘を鳴らしている。 これまでにサバクトビバッタによる「蝗害」は20世紀に6回あったことが記録されており、前回は1987〜89年。 「大発生」は2003〜05年以来となる。

次の

中国にサバクトビバッタは侵入するのか?「十の災い」に似てるという意見も │ 防災の種

バッタ 経路

東アフリカで大発生したバッタの大群が、海を越えて中東、さらに中国やインドに迫っている• 国連の食糧農業機関はその大発生の規模を「70年に一度」のものとも表現している• これによって懸念される食糧不足は人道危機であるばかりか、新型コロナの影響を受ける日本のサプライチェーンをさらに揺さぶりかねない 新型コロナに揺れるアジア諸国にもう一つの危機が迫っている。 アフリカから飛来し、各地で農産物を食い荒らしてきたバッタの大群が、中国西部にまで接近しているのだ。 コロナ蔓延に続くバッタ来襲 中国政府は、地方政府にバッタの来襲に備えるよう通達した。 それに先立って、2月末からにも、バッタの大群による農作物などへの蝗害(こうがい)を防ぐための専門家チームを派遣している。 パキスタンは中国の「一帯一路」構想にとって最重要拠点の一つだ。 その意味で、この支援は不思議でない。 しかし、いうまでもなく中国政府は新型コロナ対応に追われている。 その中国を突き動かすバッタの大群とは、どのようなものか。 一口にいえば、このバッタの大群は 東アフリカで大発生し、アジアにまで飛んできたものだ。 このバッタは乾燥地帯に暮らすサバクトビバッタで、基本的に日本にはいない種類のものだ。 より詳しくは昆虫学者に譲るが、生息環境の変化などに応じてサバクトビバッタの外見や行動パターンには変化が生まれ、集団で行動するようになると、風に乗って1日に100~200キロも移動しながら、行く先々で穀物や果物を食い荒らす。 1平方キロメートルに集まるサイズの比較的小さな群でも、といわれる。 70年に一度の危機 その大発生は、新型コロナとほぼ時を同じくして始まった。 新型コロナが問題になり始めていた、東アフリカのソマリア政府はバッタの大量発生で食糧危機が発生しつつあると緊急事態を宣言。 これと前後して、バッタの被害は東アフリカ一帯に広がり、国連のはソマリアでは25年、隣国ケニアでは70年に一度の危機として緊急事態を宣言した。 (出所)FAOウェブサイト その後、バッタの大群は紅海を越えてアラビア半島に至り、さらにペルシア湾を超えてアジアにまで飛来するようになった。 段階で、FAOは東アフリカ8カ国、中東5カ国、南アジア2カ国(アフガニスタン、パキスタン)で新たな群を確認している。 このうち、パキスタンの北東には中国の新疆ウイグル自治区がある。 つまり、バッタの大群は西からの風に乗って中国にも押し寄せる可能性がある。 先述の中国のパキスタンに対する支援は、単に外交的な関係に基づくものではなく、いわば自己防衛のための水際対策でもあるのだ。 スーパーコンピューターを用いた駆除 サバクトビバッタはこれまでにもしばしば大発生してきたが、今回の場合、昨年末に東アフリカ一帯で雨量が多かったことが原因とみられている。 サバクトビバッタは雨量が多いと大量に発生しやすい。 ところで、東アフリカではサバクトビバッタの産卵シーズンだった昨年10月から11月にかけて、降雨量が例年のに達したといわれる。 これが地球温暖化の影響によるものかは、。 ともあれ、この大雨がサバクトビバッタの大発生を促したとみられるのだが、これに対して各国も無策というわけではない。 イギリスの支援で設立されたではを用いてバッタの行動範囲などを計算し、この情報に基づいて、時に軍隊まで動員しながら、アフリカ各国は効率的な駆除を試みている。 新型コロナに手を貸されるバッタ しかし、それでもバッタの大群は各地に飛散し続けており、それは大きな被害をもたらし得る。 2003年から2005年にかけても、アフリカや中東の20カ国以上でサバクトビバッタによる蝗害が広がった。 この時のによると、対策のためにかかった経費は総額4億ドルを上回り、西アフリカ6カ国だけで838万人が食糧不足などの影響を受けた。 今回、FAOは各国に約1億3800万ドルの資金協力を呼びかけている。 少なくとも現状で金額だけ比べると、15年前より規模は小さい。 しかし、今回の場合、タイミングが悪すぎる。 ただでさえアフリカの問題は各国の関心を集めにくいが、新型コロナで各国の景気は冷え込んでいる。 そのため、寄せられた支援は3月3日段階でにとどまる。 つまり、 前回より各国の手が回らない状況は、バッタの大群にとって勢力を広げやすくする要因になる。 いわば新型コロナがバッタに手を貸しているともいえる。 対応が間に合わなければ、その影響は各方面におよぶ。 アフリカから中東にかけてはテロが横行し、紛争の火の手が各地であがっているが、。 アジアに迫る影 そのうえ、今回はアジアも無縁ではない。 2003~2005年の場合、最終的にはサウジアラビアなどアラビア半島でもサバクトビバッタの来襲は確認されたが、それまでに1年以上の月日を費やした。 発生したのが西アフリカで、中東に達するまで距離と時間がかかったからだ。 しかし、今回は東アフリカが発生源のため、15年前より早くアラビア半島を通過し、すでにアジアにその影をみせ始めている。 アフリカと比べても人口過密なアジアでバッタが農作物を奪えば、食糧危機が発生するリスクはさらに高い。 そのため、例えばパキスタンと隣接するインドでは、政府が。 また、インドはもともとパキスタンとの間でカシミール地方の領有を巡って緊張が高まっていたが、バッタの来襲を受け、。 気候などの問題から、サバクトビバッタが日本にまで飛来してくる可能性は限りなく低いかもしれない。 しかし、今回の大発生は人道危機であるだけでなく、日本にも直接かかわり得る。 アジアは中東やアフリカと比べて日本経済により緊密に結びついており、この地域で生産が滞れば、ただでさえ新型コロナでダメージを受けている日本のサプライチェーンは今よりさらに停滞しかねない。 旧約聖書には、神の怒りに触れた古代エジプトで、病気の蔓延やバッタの大発生といった災禍が相次いだという記述がある(出エジプト記)。 これを踏まえて、欧米メディアのなかには「」といったセンセーショナルな見出しを煽るものさえある。 筆者はそこまで信心深くはない。 しかし、バッタの来襲で食糧事情が悪化すれば、新型コロナですでに高まっていた国家間の緊張がさらに高まることは想像に難くない。 少なくとも、バッタが日本にまで来なければ無関係、といえないことは確かなのである。

次の