君が好きだ ほんとに好きだ 歌詞。 ケラケラ 好きなご飯も君と 歌詞

心から君が好き〜マリアージュ〜 DEEN 歌詞情報

君が好きだ ほんとに好きだ 歌詞

『「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」』は、 2003年7月2日にリリースされたRADWIMPSの1stアルバム 「RADWIMPS」の11曲目に収録された曲です。 「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」は会話をそのまま タイトルにしたような曲名ですが、どのような意味があるのでしょうか。 歌詞の紹介と合わせて、意味や解釈の解説をしていきます。 以下、歌詞全文です。 スポンサーリンク ラッドウィンプス「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」の歌詞 野田洋次郎作詞 「思い出とはなんですか?」 とあなたに聞かれた僕 あったかくて 懐かしくて 優しいものと答える僕 けどきれいなものに流されて 思い出の中ばかり生きる それじゃなんのための今なの? 思い出に浸るための今なの? 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ 「永遠とはなんですか?」 とあなたに聞かれた僕 悲しくて 悲しくて 言葉が出なくなっちゃう僕 いつまでも いつまでも 生きてゆくことだと言う僕 そんな悲しい思いはしたくないという君 永遠など信じちゃえば 信じちゃうほど悲しくなるのは分かっているけど 君との別れなど時の軸から遥か彼方のどこかへ飛ばしたくなる どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ 永遠なんて ありもしないのに 人は皆 永遠を望むんだね でも限られた時の中で生きてるから 君は「美しい」 と呼ばれるんだね 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ いつまでも… 君となら… いつまでも… 君と二人… スポンサーリンク RADWIMPS「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」歌詞の意味解釈・解説 『きれいなものに流されて 思い出の中ばかり生きる それじゃなんのための今なの? 思い出に浸るための今なの?』 思い出というのは、美化されていくものです。 でもそれは過去のこと。 「今」を見ようとしないことに疑問を抱く「僕」。 「君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ」 愛情は移ろいやすいもの。 いつか別れる時が来るかもしれない。 わかっていても「君」にそれを求めてしまう。 もしも「永遠」が約束されるなら、「僕」もずっと好きでいたい。 そんなずるいことを考えてしまうのでしょう。 『「永遠とはなんですか?」』 『いつまでも いつまでも 生きてゆくことだと言う僕』 『そんな悲しい思いはしたくないという君』 永遠とは何か、と問う「君」。 永遠を知らない=永遠なんて無いということ。 だから「僕」は愛情に永遠なんて無いことを感じて 悲しい気持ちになってしまう。 「いつまでも生きてゆく」は、不老不死になるということでしょうか。 不老不死が悲しいことだという「君」は 自分だけが生き長らえる孤独を思い描いているから。 「君との別れなど時の軸から遥か彼方のどこかへ飛ばしたくなる」 「君」への強い気持ちが表れています。 「時よ二人の愛を運んでくれよ 「別れが来るなんて忘れさせてよ」 時間を経るほどに冷める愛情ではなくて、 深まっていく愛情を求めているのでしょう。 『でも限られた時の中で生きてるから君は「美しい」』 人の命は限りがあるもの。 美しく感じるのはそれが一瞬の輝きを放つから。 永遠になればその輝きを失ってしまうだろう。 「いつまでも… 君となら… いつまでも… 君と二人…」 「僕」と「君」もいつかは別れる時がくるだろう。 それでも、いま「君」と過ごす時間がいつまでも続いてほしいと 願わずにいられないんだ。 曲名の「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」という会話文は 「ほんと?」というところに 永遠なんて無いと知っている二人の心情が表れています。 別れを恐れながら、ずっとこのときが続いてほしいと永遠を 願う人の心を歌った曲です。

次の

心から君が好き〜マリアージュ〜 DEEN 歌詞情報

君が好きだ ほんとに好きだ 歌詞

初めてこんなブログ?みたいなやつ書きます(笑)語彙力ないのバレるけど、してみたかったので、 やっちゃいま〜〜す!! 私は歌のメロディーより先に歌詞を一通り見て、この歌は自分の好みかを決める?タイプなので、今日はいくつか、聴いていて私の胸がキューーン!ってなるキスマイの曲をワンフレーズ紹介します! では早速 ・ダイスキデス 「 叶わない願いなど無いと 思っている 君への想いは 一直線 空翔る 」 あの、やばくないですか?こんなストレートな歌詞思いつくんだなって。 この主人公の男の人は、彼女への愛で満ち溢れてる人なんだなぁって後の歌詞をみてでも思います。 冒頭がこの歌詞で始まるので、ど直球ラブソングだなって思いながら聴いてます。 ・最後もやっぱり君 「 理由はなにもないよ 根拠は もっとないよ ただただずっとずっと一緒に 過ごしたいだけ 」 理由も根拠も何にもない。 ただずっとキミと一緒に過ごしたい。 ってどんな可愛すぎる彼氏だよ好き。 この彼氏の直感ですよね。 直感だけど自分の気持ちが一番正しいと思っててそれを言うこの感じが好きすぎてたまらない。 あと 過ごしたいだけっていうのが私的にヤバい ・My Love 「 ねぇ 君に出会って僕は 本当の優しさを知った 」 やばい……これ初めて聴いた瞬間私の中で衝撃が走ったんです。 今まで、好きになった人はいたけど本当の愛だったりとかがどこかわからずに恋愛していて。 でも君に出会ってはじめて、本当の優しさ、愛されることや愛すことを知ったってこの彼氏言ってるんです。。 はじめから 君に出会って〜 って歌うとしてもいいとは思うんですけど、ここの良さは何せはじめの 「ねぇ」です。 優しく彼女に言うように、これはたぶん彼女の寝顔を見ながら彼氏が言ってそうですよね。 (妄想癖がひどい)My Love 好きすぎて長くなりすぎました終わります ・Good-bye, Thank you 「 新しい恋をしても 胸の中に残るでしょう 」 サラーっと歌い上げるこの歌詞に切なさが詰まりすぎてて私はここから動けませんでした。 大好きだったと胸を張って言える人に出会えたことが伝わるこの文章。 たとえ次に好きな人が現れて恋をしても、この恋は胸の中には残っているでしょうって切ない。 切ないところが好き。 ・君のいる街 「 その手だけを取って どこまでも 歩いていこう 」 「 誰より君のことが愛しいから 」 好きすぎてワンフレーズじゃないんですけど許してください、、まずその手だけを〜のほう、その手を取ってじゃないんです。 ここヤバくないですか???次のこれは、さっきのフレーズのその手だけを〜でも感じられますが、メチャクチャにこの人自分の彼女のこと大事にしてます。 最高の彼氏です。 彼女しか見えてません。 これキスマイに歌わせた人天才ありがとう ・Flamingo 「片足立ち 拙いけど」 いやっ、これ玉森さんが歌ってるんですけど、 さいっっっこう!!!ここ玉森さんじゃなきゃこの歌詞の良さ引き立たないんです。 これほんとすごいんです(語彙力死んだ)タイトル通りフラミンゴの特性、片足立ちを複雑な恋愛に置き換えるとこうも魅力的に切なく儚く表現できるのか、、ってはじめて聴いた時圧倒されました。 アルバム発売前この曲を早くフルで聴きたいって何度思ったことか、、!! 両足立ちではなく、片足で体制はしんどいけど、それでも、 君だけを目指して飛べって。 余程の想いですよね。 とにかくこれ聴いたら心しんみりする。 ・Mother Moon 「 いつも いつでも 君を想うことでしょう 」 藤ヶ谷さんの綺麗な声によって歌われるこの歌詞。 歌い方が神。 君を想ってる歌い方するから聴いてるほうめっちゃしんどくなる。 いつもって言った後にそれじゃ足りないと言わんばかりに、 いつでもって歌うところが好きだし、想うことでしょうって優しい。 でしょうって優しい(二回目) ・MU-CHU-DE 恋してる 「 キラキラの恋しよう まるごとしりたいよ全部 」 か、かわいい〜〜!!キラキラの恋ってなに、具体的には分からないけどなにそれ楽しそうーーってなる。 聴いてて楽しいし、盛り上がる。 この曲聴いてたら北山くんの顔ばっかり出てくるんですよねなんでかな?キラキラの恋してるからかな?(?) まるごとって表現もかわいい。 この曲はとにかくかわいい。 知らない人は聴いてみてください ・今ナニヲ想ウノ 「 あの日から僕の針は 止まっているのに 」 そろそろ長すぎるので、最後は 自担のソロ曲で締めます。 最近、今ナニヲ想ウノを聴くことが多くて、聴きながらいつも苦しいんですけど、この歌詞がほんっっとに切なくて辛いんです。 北山くんの気持ち考えてたら死にたくなるんです。 たぶん北山くん、彼女にフラれましたよね、、大好きだった彼女に別れを告げられて忘れようって思えばおもうほど、やっぱり忘れられなくて、そのままでいい?って彼女は側にいないのに聞いちゃうのつらい。。。 私が北山くんを支える。。 幸せにする。。 (決意) 北山くんだけ時が止まっているのが切な好きすぎてほんとにこの歌詞好き、、そろそろ好きしか言えなくなってきたのでやめる。 今回改めてみるとバラード好きすぎマンみたいになったけど、好きな歌詞にバラードがたまたま多いだけで、キスマイらしいゴリゴリオラオラの曲もだいだいだいすきです!!最終ただ北山くん大好きbotになりましたが、暖かい目で見てやってください! おわり。

次の

ケラケラ 好きなご飯も君と 歌詞

君が好きだ ほんとに好きだ 歌詞

『「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」』は、 2003年7月2日にリリースされたRADWIMPSの1stアルバム 「RADWIMPS」の11曲目に収録された曲です。 「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」は会話をそのまま タイトルにしたような曲名ですが、どのような意味があるのでしょうか。 歌詞の紹介と合わせて、意味や解釈の解説をしていきます。 以下、歌詞全文です。 スポンサーリンク ラッドウィンプス「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」の歌詞 野田洋次郎作詞 「思い出とはなんですか?」 とあなたに聞かれた僕 あったかくて 懐かしくて 優しいものと答える僕 けどきれいなものに流されて 思い出の中ばかり生きる それじゃなんのための今なの? 思い出に浸るための今なの? 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ 「永遠とはなんですか?」 とあなたに聞かれた僕 悲しくて 悲しくて 言葉が出なくなっちゃう僕 いつまでも いつまでも 生きてゆくことだと言う僕 そんな悲しい思いはしたくないという君 永遠など信じちゃえば 信じちゃうほど悲しくなるのは分かっているけど 君との別れなど時の軸から遥か彼方のどこかへ飛ばしたくなる どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ 永遠なんて ありもしないのに 人は皆 永遠を望むんだね でも限られた時の中で生きてるから 君は「美しい」 と呼ばれるんだね 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ どうか どうか 時よ二人の愛を運んでくれよ いつか いつか 別れが来るなんて忘れさせてよ 君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ いつまでも… 君となら… いつまでも… 君と二人… スポンサーリンク RADWIMPS「「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」」歌詞の意味解釈・解説 『きれいなものに流されて 思い出の中ばかり生きる それじゃなんのための今なの? 思い出に浸るための今なの?』 思い出というのは、美化されていくものです。 でもそれは過去のこと。 「今」を見ようとしないことに疑問を抱く「僕」。 「君が僕をいつまでも好きでいてくれると言うのなら こんな歌はいつまでも歌わずにすむのになぁ 君が僕といつまでも一緒にいれると言うのなら ほんとに僕はいつまでも君を好きでいられるのになぁ」 愛情は移ろいやすいもの。 いつか別れる時が来るかもしれない。 わかっていても「君」にそれを求めてしまう。 もしも「永遠」が約束されるなら、「僕」もずっと好きでいたい。 そんなずるいことを考えてしまうのでしょう。 『「永遠とはなんですか?」』 『いつまでも いつまでも 生きてゆくことだと言う僕』 『そんな悲しい思いはしたくないという君』 永遠とは何か、と問う「君」。 永遠を知らない=永遠なんて無いということ。 だから「僕」は愛情に永遠なんて無いことを感じて 悲しい気持ちになってしまう。 「いつまでも生きてゆく」は、不老不死になるということでしょうか。 不老不死が悲しいことだという「君」は 自分だけが生き長らえる孤独を思い描いているから。 「君との別れなど時の軸から遥か彼方のどこかへ飛ばしたくなる」 「君」への強い気持ちが表れています。 「時よ二人の愛を運んでくれよ 「別れが来るなんて忘れさせてよ」 時間を経るほどに冷める愛情ではなくて、 深まっていく愛情を求めているのでしょう。 『でも限られた時の中で生きてるから君は「美しい」』 人の命は限りがあるもの。 美しく感じるのはそれが一瞬の輝きを放つから。 永遠になればその輝きを失ってしまうだろう。 「いつまでも… 君となら… いつまでも… 君と二人…」 「僕」と「君」もいつかは別れる時がくるだろう。 それでも、いま「君」と過ごす時間がいつまでも続いてほしいと 願わずにいられないんだ。 曲名の「ずっと大好きだよ」「ほんと?…」という会話文は 「ほんと?」というところに 永遠なんて無いと知っている二人の心情が表れています。 別れを恐れながら、ずっとこのときが続いてほしいと永遠を 願う人の心を歌った曲です。

次の