電気代 単価。 電気代・電気料金の計算

電気料金の計算方法

電気代 単価

電気供給約款にもとづく各ご契約の電気料金単価表は,以下のとおりです。 各ご契約の詳細については,をご確認ください。 契約種別 料金種別 単位 料金単価(円) 低圧電力 基本料金 1kW 1,111. 00 電力量料金 夏季 1kWh 15. 04 その他季 1kWh 13. 75 臨時電力 定額制供給 5kW以下 1kW1日 197. 09 従量制供給 5kW超過 基本料金 低圧電力の該当料金の20%割増し 電力量料金 夏季 1kWh 17. 88 その他季 1kWh 16. 40 農 事 用 電 力 農事用電力A かんがい排水 基本料金 1kW 770. 00 電力量料金 夏季 1kWh 10. 85 その他季 1kWh 9. 92 農事用電力B 脱穀調整 定額制供給 5kW以下 最初の30日まで 0. 5kW 1契約 3,727. 90 1kW 1契約 5,360. 30 2kW 1契約 8,701. 11 3kW 1契約 12,070. 41 4kW 1契約 14,405. 71 5kW 1契約 16,752. 01 30日超過の1日につき 0. 5kW 1契約 34. 87 1kW 1契約 52. 55 2kW 1契約 115. 80 3kW 1契約 176. 94 4kW 1契約 245. 61 5kW 1契約 311. 06 従量制供給 5kW超過 低圧電力の該当料金(使用する場合の料金)の10%割増し 農事用電力C 育苗栽培 定額制供給 5kW以下 最初の30日まで 1kW 6,340. 29 30日超過の1日につき 1kW 211. 34 従量制供給 5kW超過 低圧電力の該当料金(使用する場合の料金)の10%割増し 注• 上記単価は,消費税等相当額を含みます。 上記一覧表の基本料金等は,電気機器の容量に応じて申し受けます。 燃料費調整を行う場合の電気料金は,額を加算または減算したものとします。 料金は,を加えたものとします。 電気料金にはが含まれております。 原則として,料金単価はひと月あたりとし,料金の算定期間は前月の検針日から当月の検針日の前日までの期間とします。 料金の算定期間に「夏季」「その他季」が含まれる場合の使用電力量は,原則として,必要に応じてそのつど計量値の確認をいたします。 ただし,計量値の確認ができない場合は,それぞれの日数の比であん分します。

次の

電気代・電気料金の計算

電気代 単価

(税込、円) 単位 料金単価 基本料金 最初の10kWまで 1契約 2,200. 00 10kWをこえる1kWにつき 1kW 396. 00 電力量料金 デイタイム(昼間時間) 夏季 1kWh 34. 95 その他季 31. 77 リビングタイム(生活時間) 23. 47 ナイトタイム(夜間時間) 10. 70 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引いたします。 マイコン型 1kVA 132. 00 5時間通電機器 1kVA 143. なお、休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日をいいます。 2015年3月31日時点でご加入いただいているお客さまが転宅等により契約を廃止される場合または「はぴeタイム」以外のご契約メニューへ変更される場合は、割引の適用は終了いたします。 2016年3月31日時点でご加入いただいているお客さまが転宅等により契約を廃止される場合または「はぴeタイム」以外のご契約メニューへ変更される場合は、割引の適用は終了いたします。 (税込、円) 単位 料金単価 基本料金 最初の10kWまで 1契約 2,200. 00 10kWをこえる1kWにつき 1kW 396. 00 電力量料金 デイタイム(昼間時間) 夏季 1kWh 28. 96 その他季 26. 33 リビングタイム(生活時間) 22. 89 ナイトタイム(夜間時間) 15. なお、休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日をいいます。 (税込、円) 単位 料金単価 基本料金 最初の6kWまで 1契約 1,210. 00 6kWをこえる1kWにつき 1kW 396. 00 電力量料金 デイタイム(昼間時間) 1kWh 38. 62 リビングタイム(生活時間) 夏季 30. 20 その他季 27. 45 ナイトタイム(夜間時間) 15. ただし、夏季における平日は、午前8時~午後1時および午後4時~午後10時の時間をいいます。 (税込、円) 単位 料金単価 基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,210. 00 10kWをこえる1kWにつき 1kW 396. 00 電力量料金 昼間時間 最初90kWhまで 第1段階 1kWh 21. 66 90kWhをこえ 230kWhまで 第2段階 27. 95 230kWh超過分 第3段階 32. 00 夜間時間 10. 70 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引いたします。 マイコン型 1kVA 132. 00 5時間通電機器 1kVA 143. 2016年3月31日時点でご加入いただいているお客さまが転宅等により契約を廃止される場合または「時間帯別電灯」以外のご契約メニューへ変更される場合は、割引の適用は終了いたします。 ただし、2019年3月31日時点で、総容量が原則として1kVA以上の夜間蓄熱式機器(エコキュートや電気温水器等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ給湯機等)を設置している需要場所において、お引越し等で新たに電気をご使用されるお客さまお客さまは2019年4月1日以降も本メニューを適用いたします。 (税込、円) 単位 料金単価 基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,210. 00 10kWをこえる1kWにつき 1kW 396. 00 電力量料金 ピーク時間 1kWh 54. 22 オフピーク時間 最初90kWhまで 第1段階 20. 90 90kWhをこえ 230kWhまで 第2段階 26. 97 230kWh超過分 第3段階 30. 88 夜間時間 10. 70 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引いたします。 マイコン型 1kVA 132. 00 5時間通電機器 1kVA 143. 2016年3月31日時点でご加入いただいているお客さまが転宅等により契約を廃止される場合または「季時別電灯PS」以外のご契約メニューへ変更される場合は、割引の適用は終了いたします。

次の

タイ 在宅勤務で電気代高騰!?タイ政府の施策は?

電気代 単価

「実費より高い電気料金を請求された」として宮崎市のテナントビルに入居する企業が、ビルの家主を相手取り、過払い金の返還を求めた訴訟で、東京地裁が9月、実費を超えて支払った計約257万円の返還を命じる判決を言い渡した。 訴訟では「電気料金」として請求されていた金額の中に、電気設備の維持費などが含まれていたことが判明。 家主側は維持費などを上乗せすることは「商慣習」だとしたが、地裁はこの主張を退けた。 一方、テナントビルをめぐっては各地で類似の請求例があり、ビル業界に詳しい関係者は「気付かずに実費以上を払っている事業者は多い」と指摘する。 「以前のビルよりだいぶ高い」。 移転前の営業所より面積は広くなったが、電気料金が予想以上に跳ね上がっていたという。 一般的にテナントビルは電力会社から一括で電力の供給を受け、受変電設備を通じて各テナントに電力を供給している。 このため電力会社と個々の世帯が直接契約を結ぶマンションなどと違い、家主が電力会社と一括契約した上でまとめて料金の支払いを済ませ、家主が各テナントに料金を請求する。 家主から高額な請求が続いたため、企業側が九州電力の料金表を基に計算すると、どの月の請求額も実費の3~4倍に上っていた。 家主に理由を尋ねると「うちはその分、他のビルと比べて賃料を安く設定している」と告げられた。 結局、納得のいく回答は得られないまま、27年2月から29年4月までに計約358万円を支払ったという。

次の