チャレンジ1年生 赤ペン先生。 赤ペン先生からの【問題返却】

【口コミ】チャレンジ1年生の赤ペン先生ってどうなの?効果はある?

チャレンジ1年生 赤ペン先生

ちなみに赤ペン先生とは? 進研ゼミの添削問題を採点してくれる先生です。 赤ペン先生は 担任制になっており、毎回同じ先生が答案を採点してくれます。 赤ペン先生のもんだい 提出についての素朴な疑問 提出方法は? 基本的には、 毎号ごとに郵送で提出しますが、 まとめて提出することもできます。 ちなみに、 4年生~6年生は、赤ペン提出カメラというアプリを使って、ネットで提出することもできます。 ただしその場合は、ネット返却になります。 ネット提出では、約3日で返却されます。 早く採点結果がみたい方におすすめの提出方法となっています。 郵便料金は? 郵便料金は、 各家庭が負担します。 82円切手を常備しておくと、すぐにポストに投函できるので便利です。 まとめて提出する場合には、重さによって料金が変わってくるので注意が必要です。 25gまで82円• 期限はいつまで? 赤ペン先生の問題にある、提出目標日の部分に、その答案の採点期限が明記されています。 2018年6月号の採点期限、努力賞ポイントの付与期限は、2021年3月31日ゼミ受付分となっていました。 と説明がありました。 けっこう長めに設定されているものなんですね。 ただ、 提出目標日から1年以内をめやすに提出することを推奨しているようです。 いつ届く?返却までの日数 我が家の場合、赤ペン先生の問題をポストに投函してから、返却までに、4月号、5月号ともに 約2週間程かかりました。 ベネッセのお客様サポートページによると・・・ 提出日(投函日)から3週間を過ぎてもお手元に戻ってこない場合は、お手数をおかけいたしますが、会員向けお問い合わせ窓口にご連絡ください。 と説明がありました。 2週間だと、問題を解いた記憶が薄れるころに戻ってくるイメージなので、希望としては、 もう少し早く届いてくれると嬉しいのですが・・・ 先生が一枚一枚採点してくれていることを考えると、返却までに2週間というのは、妥当なラインなのかもしれませんね。 赤ペン先生とのコミュニケーション 赤ペン先生のやる気サポート伝言板 赤ペン先生のもんだいの表面、一番上の部分に「赤ペン先生のやる気サポート伝言板」という、 保護者向けのコーナーがあります。 4月号では、• お子さまの呼び方• チャレンジの入会時期• 赤ペン先生からの指導にご要望があれば教えてください という質問がありました。 我が家は、要望の欄には特に何も書きませんでしたが、少し厳しめにお願いしますとか、お子さんの性格に合わせて要望が出せるようですね。 5月号では、• お子さまの習い事や、ご家庭でがんばっていることを教えてください とありました。 赤ペン先生は、この伝言板で得た情報を、 指導の参考にしているようです。 赤ペン先生となかよくなろう! 同じく、赤ペン先生の問題、裏面の最後に、「赤ペン先生となかよくなろう!」という 子供向けのコーナーがあります。 ここでは、子供と赤ペン先生が交流できるようになっています。 好きな食べ物• 好きな遊び• 学校で楽しかったこと など、先生から子どもへの質問があったり、• 先生の誕生月• 先生の好きな色• 好きな動物 など、先生のことが少しずつ分かるようになっています。 答案の返却までに2週間かかる分、こういった 先生が身近に感じられるような仕組みがあるのは嬉しいですね。 口コミ。 チャレンジ1年生の赤ペン先生は優しい?厳しい? 4月号の問題が、初めて返却されてきた時の印象。 はなまるが多めで、とても和みました。 一年生になってから、ひらがなの字形などを先生に直されたりして、じゃっかんお疲れ気味だった娘ですが、 赤ペン先生の採点は甘めで、優しい印象を受けました。 ところどころに小さなはなまるがついており、 娘も答案をみて 嬉しそうにしていました。 先生も人間なので、多少の違いはあるとは思いますが、ベネッセとしては、 基本的には褒めて伸ばすスタンスなのだと思いました。 5月号の赤ペン先生の問題には、こらしょがこいのぼりを持っている絵が書かれていました。 「せんせい、こらしょ上手すぎ!」と娘が言っていました。 5月号の国語の問題で、一ヶ所間違えてしまいました。 娘は一瞬「あ~やっちゃった」って顔をしていましたが、これからテストで間違えるのにも慣れていかないといけないと思うので、 いい経験になったと思います。 赤ペン先生の効果アップ!その他のサービス 努力賞ポイント 何と言っても、この努力賞ポイントが、 子供のモチベーションアップにつながっていると思っています。 努力賞ポイントは、赤ペン先生のもんだいを提出するともらうことができます。 ポイントをためると、すきな賞品に交換することができます。 娘はすでに、少ないポイントでもらえる賞品に目星をつけていて、早々と賞品に交換する予定でいます。 賞品をもらえるハードルが、低くから設定されているのも良いですね。 やっぱり何か楽しみがないと、なかなかモチベーションってあがりませんからね。 こういうご褒美サービスが、あらかじめ用意されているところが、親として、とてもありがたいです。 赤ペンごほうびシール チャレンジ1年生の 4月号から7月号の赤ペン先生のもんだいを提出すると、「赤ペンごほうびシール」がもらえます。 シールは、返却された赤ペン先生のもんだいをしまうことができる「赤ペンファイル」の表紙に貼り付けられるようになっています。 4ヶ月連続1年生スタート応援プログラム 4月号から7月号まで、4ヶ月連続のプログラムです。 各号の赤ペン先生の問題を 決められた期日までに提出すると、 特別なプレゼントがもらえる仕組みになっています。 4月号では、 においけしゴムがもらえました。 赤いけしゴム「やるきのにおい」は、柑橘系の香り、 青いけしゴム「すっきりのにおい」は、ミント系の香りでした。 がんばれレターは希望した人だけがもらえる仕組みです。 私は、まだ希望をだしていないのですが、せっかくだから応募しようかなと思っています。 6月号では、 「うきうきにじめがね」&赤ペン先生から 「ほめほめはなまる」がもらえます。 7月号では、 特別なコラショのイラストと 表彰状がもらえるようです。 4月はとくに、入学したばかりでモチベーションが非常に低かったので、 「においけしゴムがもらえるよ~」と励ましつつ何とか乗り切る事ができた感じだったので、とても助かりました。 赤ペン先生通信 会員向けに赤ペン先生通信というサイトがあります。 赤ペン先生のもんだいが返却されると、ウェブで「赤ペン先生のふくしゅうばっちり!もんだい」に取り組むことができます。 赤ペン先生の問題が、100点だと応用問題ができるようです。 問題は、 国語と算数で各5問ずつありました。 まとめ• 問題は、基本的に毎月ごとに郵送するが、まとめて送ることもできる• 郵送料金は、各家庭が負担する。 問題の提出期限は結構長めに設定されている• 問題が返却されるまで、2週間程かかる• 赤ペン先生は基本的には優しい• 担任制の添削指導なので、一人ひとりにあったサポートが期待できる• 子供が目標をもって取り組めるように、努力賞ポイントや、特別プレゼントのサービスがある• 問題を提出すると、復習問題に取り組める 今回は、チャレンジ1年生の赤ペン先生のもんだいについてレポートしました。 私も小学生のころ、進研ゼミをやっていたことがあったのですが、 赤ペン先生は、今も昔も変わらないなぁと、懐かしく思い出しました。 機械でチャチャと採点するのとは違って、 手書きならではの温かみを感じることができました。 まだチャレンジ一年生を始めて3ヶ月目なので、これからどうなるか分かりませんが、せっかくなので、赤ペン先生を効果的に活用して、 子供のやる気アップにつなげていきたいと思っています。 入会をご検討中の方は、無料体験教材を取り寄せてみるのもおすすめです。

次の

【実録】チャレンジタッチ1年生の赤ペン先生はカメラ提出・ネット返却で切手不要だった

チャレンジ1年生 赤ペン先生

7月号の教材 ・メイン教材 ・わくわく発見Book ・保護者通信4年生 ・星と星座のヒミツBOOK メイン教材~保護者通信までは 毎月届く教材で、星と星座のヒミツBOOKは 今月だけの特別な教材です。 メイン教材 学習内容は、通っている地域の学校教科書に準拠した内容になっています。 説明は絵をおりまぜながら、1回の単元を 20分と設定しています。 なのでちょうどよいくらいの問題量ですね。 実力アップチャレンジを休日に親が確認しながらやることにしていますが、応用編はなかなか難しいな~と感じます。 赤ペン先生の問題 チャレンジの 最大のメリットだと思いますので、ちゃんと期日までには毎月提出しています。 メイン教材には「今日はここやりましょう」が子供にも一目でわかる、 1日1チャレカレンダーがあります。 この通り学習を進めていけば期日までには間に合うようになっています。 わくわく発見Book 今月は「未来びっくりフード革命」 というテーマでした。 古代から現代にいたるまでの食べ物の歴史や、30年後の未来の食べ物の予想などが書いてありました。 3Dフードプリンターで簡単に料理が作れる時代がくるかもしれませんね。 大人も読んでみるとおもしろいです。 毎月、星座占いのページもあるのですが、子供たちは楽しみにしているようです。 今年は夏休みあるのかわかりませんが、もうすぐ夏休み。 子供の 成長・自立につながる夏体験のコツが.

次の

進研ゼミのタブレット【チャレンジタッチ】新1年生が実際に使った感想

チャレンジ1年生 赤ペン先生

進研ゼミ チャンレジタッチ1年生4月号から入会したのですが、今回はじめて赤ペン先生の問題を 提出・ 返却をしました。 自分が小学生の頃にやっていた赤ペン先生は、封筒に切手を貼って問題用紙を郵送し、赤ペン先生が丸つけや回答を書いた用紙が再び郵送されてきたと記憶していますが、チャレンジタッチ1年生の赤ペン先生は、 提出も返却もタブレット上で完結します。 また、タブレット上の問題用紙では 赤ペンが目の前で自在に動きまわり、 まるで目の前で赤ペン先生が添削しているようなリアルさがありとても驚きました。 赤ペン先生の問題は添削後は タブレットや管理画面に登録されるので、問題用紙を保管しておく手間もありませんでした。 カメラ提出方法やネット返却方法などレビューしたいと思います。 詳しくは公式サイトでご確認ください。 進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生のカメラ提出方法 2020年 第1回の赤ペン先生の問題です。 この冊子に問題用紙がついていました。 チャレンジタッチの赤ペン先生は年に 3回、 国語のみです。 チャレンジ1ねんせい(紙のテキスト):月に1回• チャレンジタッチ1ねんせい(タブレット教材):年に3回 チャンレンジタッチの赤ペン先生が年に3回しかないのは、月末にタブレット教材内で「まとめの回」がありすぐに正誤判定ができるためです。 また、チャレンジタッチの赤ペン先生が「 国語のみ」なのは、算数は毎月の学習で理解状況をすぐに判定できるので、文字の書き方を添削してもらうことが大事な国語だけになっています。 郵送提出は用意されている封筒に答案用紙を入れて、 84円の切手を貼って提出します。 カメラ提出はスマホやiPadから「 赤ペン提出カメラ」というアプリを使って提出します。 切手代がおしかったので、答案用紙をカメラで撮影して提出しました。 赤ペン先生 カメラ提出方法 1.赤ペン先生 提出カメラのアプリをダウンロードしてインストールし、会員番号とパスワードを入力します。 >> >> 答案用紙に 会員番号シールを貼ったことを確認します(会員番号シールは赤ペン先生の問題用紙と一緒に送られてきました)。 答案用紙の角にある3つのマークをアプリのガイドに収まるように調整すると、 自動で撮影してくれます。 提出後、約3日でチャレンジパッドに返却されます。 進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生のネット返却方法 チャレンジタッチのメイン画面の ポストに手紙が届きます(赤い丸の部分)。 「赤ペン先生のもんだい」をタッチします。 「 受付日」にカメラ提出した日付が表示されています。 「赤ペン先生のもんだいを見る」をタッチします。 ステップ1、ステップ2、ステップ3があり、ステップ1の「 まるつけ」をタッチします。 自在に 動く赤ペンがあらわれ、どんどん 丸つけしていきます。 はなまるまで 動く赤ペンがつけてくれました。 ステップ2の「 見直し」をタッチします。 「この字がいちばん上手!」「正しく書けたね!」など、 添削や コメントを次々と目の前で赤ペンが書いてくれます。 ステップ3の「 おかわりもんだい」をタッチします。 復習問題が出題されるので、赤ペン先生の回答を見た上で再確認できます。 得点や 見直した日が追記されます。 まるつけ、 見直し、 おかわりもんだいは、何度でも見返すことができます。 進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生の結果はメールでも届く 赤ペン先生の問題が返却されると、登録している メールにも通知が届きます。 表示されているURLをクリックすると、「 おうえんネット」という 保護者用の管理画面が表示され、 赤ペン先生の問題の得点、 平均点、 受付日、 見直しを確認することができます。 「 おうえんネット」という 保護者用の管理画面では、赤ペン先生の問題も見ることができるので、タブレットが手元になくても内容を確認することができます。 進研ゼミ チャレンジタッチ1年生 赤ペン先生のまとめ 問題の返却はすでにまるつけやコメントが書かれたものが配信されるだけなのかなと思っていたのですが、目の前で赤いペンが動き出し、まるをつけ、はなまるをつけ、コメントまで書くので、目の前で採点されるような錯覚になりとても驚きました。 息子も先生がまるをつけてくれたような気持ちになり、とても喜んでまた頑張ろうと言っていました。 普段の学習も タブレットが採点してくれ、このような通信添削も タブレットが動く添削をしてくれ、改めてタブレット学習のすごさを感じた赤ペン先生でした。 詳しくは公式サイトをご確認ください。

次の