梅 なでしこ。 横浜なでしこ物語: 梅シロップと梅ジャム

Amazon

梅 なでしこ

青梅で作るとスッキリとした味わいに、完熟梅を使うと フルーティーなジュースらしい味わいになります。 一般的に梅ジュースを作る場合、青梅をすすめられます。 その理由は 完熟しすぎた梅を使うと 果肉が崩れて濁ってしまったり、傷があったりすると カビの原因になってしまうからです。 カビは梅ジュースを作るときの天敵です。 しかし完熟しすぎておらず、傷もない完熟梅ならば フルーティーな梅ジュースが出来上がります。 早く梅ジュースを飲みたいという人には 完熟梅で作ることをおすすめします。 青梅を砂糖漬けにすると完成までに10日ほどかかりますが、 完熟梅を煮て作れば1日ほどで出来上がります (青梅派には邪道と言われる方法ですが)。 作り方 前述した通り 煮て1日で梅ジュースを作る方法もありますが、 まず 王道の砂糖で漬ける方法をおすすめします。 まずは果実酒瓶やその他の道具を 熱湯もしくはアルコール消毒し、乾燥させます。 水気が残っていると梅ジュースが傷む原因になります。 梅と砂糖を同量用意します(梅1キロならば砂糖も1キロ、 砂糖はグラニュー糖か氷砂糖がおすすめです)。 青梅を使う場合はアク抜きをしますが、 完熟梅はアク抜きは不要です (水に漬けると梅が傷んでしまいます)。 水洗いをし、大きいキズのあるものや傷んだものを取り除き、 丁寧に水気をふき取ります。 しっかりと容器にフタをして、冷暗所で保管します。 砂糖が溶けるまで1日に数回容器を動かして 梅にシロップがかかるようにしますが、完熟梅は柔らかいので 実がくずれないように優しく容器をうごかしましょう。 砂糖が溶けたら完成です(10~15日程度)。 次に 完熟梅を使って 梅ジュースを1日で作る方法を紹介します。 作り方は簡単です。 梅を鍋で煮るだけです。 但し 梅は酸が強いのでアルミなどの鍋は煮るのに不向きです。 ガラス鍋もしくはフッ素加工の鍋を用意して下さい。 こちらも完熟梅と同量の砂糖を用意します。 完熟梅は事前に冷凍しておくことがおすすめです。 砂糖は何でも良いです。 鍋に梅・砂糖、そして水を一リットル入れて 1時間ほど弱火で煮ます。 残った梅の実は 梅ジャムにもなります。 保存方法 梅ジュースを長く楽しみたいけれど、 防腐剤を使っていないから 短期間で飲み終えなくちゃいけないと思っていませんか? 手間暇かけてせっかく作った梅ジュース、 長い間のんびりと楽しみたいですよね? そんな人に正しい保管方法を紹介します。 実は梅ジュース は正しく保管すれば 防腐剤が入ってなくても長くもつのです。 こちらの記事に詳しく記載してありますので参考にしてみて下さい。 他の材料を使った梅ジュースの作り方はこちら 残った梅で作れちゃう梅ジャムの作り方はこちら.

次の

梅の花通販本舗 梅あそび~ 手軽で美味しい梅の花のお取り寄せ ~

梅 なでしこ

対象 こんな方が対象です。 失敗しない梅シロップを作りたい(若干風味が落ちてでも)• 面倒なことは極力少なくしたい• さっさと飲みたい 発酵怖い 梅シロップを何度か作った方、発酵大丈夫でしたか? わざと発酵させて酵素ジュースとして飲むのであれば問題ないのですが、発酵してしまった梅シロップの独特の香りはどうしても好きにはなれません。 発酵にいち早く気づき 加熱で発酵を止めても、発酵臭を完全に取り除くことは難しいです。 過去、梅シロップは何度も作って来たのですが、いつも発酵だけはしないで欲しいと祈りながら作っていました。 発酵の原因は砂糖が溶けなかった(ゆすり足りなかった)、梅の時期(黄色いと発酵しやすい)、無農薬梅で表面についていた酵母が多かったなどがあります。 対策 発酵の原因となる事を避ければ、良くなるはずです。 具体的には、• 砂糖を早く溶かすために白砂糖を使用し少し酢を混ぜる&こまめにゆらす• 梅から早くエキスを出してしまうために梅を冷凍する• 青梅を使い、傷がついたり熟したものをできるだけ避ける などが良さそうです。 インターネットを見ていると「冷凍すると青梅独特の爽やかな風味が劣る」と言うのを見かけますが、個人的には発酵してしまうリスクよりは はるかに良いです。 横に置いて飲み比べると風味が違う事は認めますが、冷凍梅を使っても十分に美味しく感じています。 また、炊飯器を使い 一晩で作ってしまうレシピもありますが、比較記事を見ると「抽出できる梅エキス量は少なくなる」との事だったので、瓶で抽出しています(下記は炊飯器は使わないレシピとなっております)。 青梅 1kg(黄色いのは香りは良いのですが 発酵しやすいです)• 上白糖(白砂糖) or グラニュー糖 (氷砂糖でも可) 1kg• 酢(今回は米酢を使用) 50 cc程度 小物• 竹串 2,3本• 3リットル以上の保存びん(オーソドックスな口が広い瓶の方が何かと楽です)• 焼酎 or エタノール or 熱湯(消毒用)• 5kgづつ、4リットル瓶、酢50ccで作っています。 綺麗に取れると嬉しいですが、取れにくいとイライラします。 ヘタが多く残るとエグみが出るとのことですが、実際の所ホントなのかは分かりません。 梅干しの場合はヘタが残ると食べづらくなるので取るのは必須ですが、時間がなかったらとらなくても問題ないかと思います(最後に一度濾す必要がありますが、取っていないレシピも見かけます)。 この時、大きく傷があるもの、割れているものなどはごめんなさいしてしまいましょう。 エキスを出しやすくする為、実に穴を開けるレシピもありますが、経験的に実が痛むと発酵の原因になるため 穴はあけません。 こんな感じで砂糖が溶け始めます 瓶をゴロゴロ転がす 漬けはじめ最初の3日が肝心です。 砂糖がなるべく早く溶けるように、漬けた当日から1日に5、6回程度瓶を横にしてゆっくりとゴロゴロと転がします(あんまり液中にガバガバと空気が入らない程度に)。 内蓋がきっちりしまっていないと液が漏れてしまうので注意して下さい。 また、白砂糖の場合は溶けはじめると瓶の底に砂糖が沈殿してしまうと思います。 沈殿して固まってしまった砂糖はなかなか溶けませんので、裏返しにして少し放置しておくと流れ落ちると思います。 漬けて2日ほどで少しシワシワした梅が見えはじめ、3、4日ほどで砂糖がほぼ溶けたら成功です。 瓶自体は直射日光が当たらない、なるべく涼しい陰に置いておきます。 4,5日後の様子。 完全に砂糖は溶けました。 毎日転がす&完成 砂糖が全部溶けても1日に1度程度は軽くコロコロをくり返し、つけ始めから10日程度は漬けておきます。 シワシワ梅が多く、発酵していない(ごく少量の泡は瓶のフチや表面に出ます)ようであればしばらく放置しても大丈夫ですが、(この方法であれば発酵はしにくいはずですが)シワシワ梅が少なく、梅自体の周りに泡が沢山付き始めていたら発酵が怖いので液のみ取り出して15分程度火にかけてしまいましょう(こうなってしまった後は再度梅漬け込むことはできません)。 ちなみに1ヶ月程度放置してもシワシワにならない梅は、それ以上つけていてもシワシワにはなりません。 約1年常温で放置した梅シロップ。 爽やかさはありませんが香りが濃く、これはこれで好きです。 シワシワになった梅はジャム等に再利用するのが面倒(果肉が固く剥がすのがめんどくさい)ですが、シワシワにならなかった梅は果肉を剥ぎ取り、そのまま煮詰めてジャムにしたり、梅シロップの中に入れて崩して飲んでも美味しいです。 最後に 梅の香りと酸っぱさの混じったシロップ。 ほんと美味しいですよね。 皆さんのシロップも発酵しませんように! 黄色い梅で、昔ながらの梅干も作ってみませんか? 甘いシロップの次は酸っぱい梅干も作ってみませんか? 青梅の後に出てくる、少し黄色い梅で作ります。 市販品と比べ酸っぱく塩分も高いですが、しっかりした味で、くせになるお味です。 塩分濃度の計算機つき。

次の

Amazon

梅 なでしこ

2015年の【着色不良果】&【完熟落果】で破棄する 果実が全体の15%。 生産量増加に伴い、破棄する果実量も膨大になってくる… と 予想してます。 右の写真は、 【2015年】に試験的に漬け込みした南高梅です。 【沖縄の海水塩】を利用して、 南高梅の漬け具合&梅酢の状況確認の為に依頼を受けて 取り組みした際の写真です。 Instagramや、facebookにてご紹介した折、 【琉球】/【美ら】/【沖縄の原塩】という キーワードに対し、多くの反応がありました。 梅干し&梅酢の商品としても、 イイカタチで仕上がったと感じています。 沖縄県は、 全国的にも、梅干し消費量が上位【10位】の県です。 ちなみに、 琉球の方言では、 【梅】: 【塩】: 【塩漬け】: 【美しい】: と聞き覚えのある言葉も多くあります。 当園としては、【白干し】として商品製作し、 メーカーさんとコラボして、調味梅販売に繋げる方向に 発展させたい…と考えています。 『殻付きアーモンド』に加工する際に、 【塩漬け】の工程を入れてるところもあるようです。 県内でも、当園でしかできない商品開発に取り組み 商品販売することで、 様々な相乗効果が発生すると考えています。 アーモンド生産量は、未だ僅かな状況です。 収獲したモノを【サンプル】利用して、 商品化を図れるように、取り組みスタートしたい… と考えています。

次の