パン屋の仕事。 フランスでのパン職人の仕事

おしゃれでカワイイ!?パン屋の仕事。本当のところは?【その1】

パン屋の仕事

窯(オーブン)仕事 パン屋に入るとだいたいオーブンのことを窯と言ってますね。 ですので、ここでも窯と呼びますね。 窯の電源がついているか確認 前日に予め、タイマーで窯の電源が入るようにセットしておく。 これはかなり重要となります。 窯の電源を入れてもすぐに温まりませんよね。 家庭のオーブンは小型なので、それほど温まるまで時間はかかりませんが、 業務用の場合は、設定温度や外気温度によって違いがありますが、庫内が大きい分10~30分ほどかかります。 なんで重要なのかといいますと、 管理人ヒロが使っていた窯は… デッキオーブンの2段窯で下にホイロがついてる電気タイプ 真冬の場合にタイマーセットがされてなく、出勤してみたらなんと電源がついてない。 慌てて手動でつけたけど、お店も冷え切っていて なかなか窯の温度が上がらない。 そうなると、最初に入れなくてはいけない生地が入れられず、どんどん順番待ちのパンが増えて混雑渋滞に。 最悪は、最後尾のパンが待ち疲れて窯に入っても、伸び上がらない。 この状態だと、発酵しすぎたパンとして焼きあがってしまうため、 荒っぽくスカスカした感じに… 味もぬけ、全く美味しいとはいえない仕上がりとなり、当然お店に出せません。 このように電源が入ってないだけで、ロスパンができてしまう危険があります。 なので、窯の電源はかなり重要。 窯入れのタイミング さて、電源が入っていたら、 パンの発酵順に窯に入れていきます。 これはお店によってパンの入れる順番が違うので覚えましょう。 窯に入れる際ですが、ちょうどいい発酵状態を見極める必要があります。 この見極めができるようになれば、パン職人への一歩となるでしょう。 これはやっていくしかありません。 この状態がベストっていうのがわかるようになると、楽しくなってきますよ! 窯の設定 パンには、ハード系、フランスパン、菓子パン系、食パン、デニッシュ系などその種類によって温度が違います。 さらに、上火、下火といったように上と下の温度も違ったりします。 また、パンの種類や大きさによって焼き時間が違います。 例えば、食パンなどの大きいパンは20~30分ほどかかりますが、 あんぱんやジャムパンなどの小型パンは10分前後で焼きあがります。 フランスパンは、外側をパリッとさせるために蒸気をかけますが、この蒸気を閉じ込め、逃がす操作をするんです。 その装置をダンパーといいます。 普段は閉めた状態ですが、 例えば、フランスパンを焼く場合、蒸気をかけてます。 この時、ダンパは閉まった状態です。 焼き上がりの最後に蒸気逃してパリッとさせるためにダンパを開けるといった、操作をします。 このように、ひとつひとつ覚え頭に入れておきます。 はじめは、時間、温度を覚えるのが大変ですが、覚えてしまえば勝手に体が動いてしまうもんですよ。 パリパリっという焼きあがったパンの音を一番近くで聞けて触れる仕事なんて、いいと思いませんか? 窯に入れる前のドレスアップ パン生地を窯に入れる前には、種類によっていろいろな作業をしてから窯に入れてあげます。 例えば、 菓子パン系には、焼き上がりの艶を出すため、刷毛で溶いた卵を全体に塗ります。 これを塗卵と言っています。 他には、フランスパンですと、ナイフでカットします。 これをクープと言います。 また、チョコペンで模様をかいたり、ケシの実をかけたり、シュガーをかけたり、マヨネーズを絞ったり…と 華やかに飾ってあげます。 仕上げ パンが焼きあがったら素早く出し、最後の仕上げがあるものはしてあげます。 例えばメープルシロップを塗ってつややかにしてあげたり、 パセリや香辛料をふりかけて、ワンランクアップに見栄え良くします。 こんな感じで、パンを素敵に仕上げる仕事となります。 自分の芸術センスが発見できる場かもしれませんね。

次の

フランスでのパン職人の仕事

パン屋の仕事

のつらいこと・大変なこと 朝が早い パン屋は早朝7~8時には開店しているところが多いです。 早朝は、朝食に並べるために焼きたてパンを求めるお客さまのほか、通勤・通学途中にお店に立ち寄るお客さまもいます。 そのため、パン職人は開店時間に間に合うように食パン、フランスパン、惣菜パンなど数十種類のパンをつくり、並べる必要があります。 粉からの仕込み作業、成形、焼き上げなど、パン製造の工程はいろいろとあり、出勤時間は夜中や明け方といった店も少なくありません。 毎日早く起きなければいけないことは、パン職人にとって当たり前のことですが、慣れないうちはつらいことのひとつです。 体力的にハード お客さまは焼きたてパンを好むため、どの時間帯にきても何か焼きたてのパンがあるという状態が理想です。 そのため、パン職人は開店してからもたくさんのパンを作り、一日中何度も焼き上げては販売しなくてはいけません。 立ちっぱなしで数々の作業をこなしていくという、体力的にハードな仕事でもあります。 長い時間働ける体力と、コツコツ作り続ける気力が求められます。 最近では女性のパン職人も増えてきていますが、重い粉などを運ぶ作業や力を込めてこねる作業などがあるため、全体としては男性が多い体育会系の仕事となっています。 長時間労働になりがち 店頭に華やかに並ぶパンですが、これらをひとつずつ地道に作り上げていくためには、裏方の仕事や地味な仕事もたくさんあります。 多くの街のベーカリーでは、少ない人数で協力しながら仕込みから焼き上げ、接客までパン販売の数多くの作業をこなします。 1日の終わりが近づくと、翌日の準備や掃除などがおこなわれますが、残業が多くなって長時間労働にもなりがちです。 また多くのパン屋が土日や世の中の連休期間も営業しているため、長期休みが取りにくく、仕事一色の日々になるケースも珍しくありません。 パン職人の悩み 肉体的疲労 パン作りにはパンをこねる作業があり、よくこねるためには力がいります。 またパン職人の仕事では粉をはじめ、重い食材や調理器具を運ぶことも多いです。 一つひとつは軽いパンですが、大量に焼いたパンがのった鉄板は重くて、片手で持てない人もいるほどです。 そのため、腰痛や肩こりなどに悩むパン職人が多く、日ごろからの体のケアや体力作りはパン職人にとって大切になってきます。 やけど 高温で焼き上げる釜の中は意外と奥に長く、取り出しにくいものです。 とくに開店前は一番焼き上げが忙しい時間帯で、鉄板には大量にパンが並ぶため、重さもあり、釜だし作業の際にやけどを負うこともあります。 何も載っていない鉄板は冷めている鉄板と区別しにくく、熱い状態と気が付かず、うっかり触ってしまうケースもあります。 大きな事故になることはまれですが、やけどをすれば痛みが続きますし、とくに女性パン職人にとっては見た目的にも気になるようです。 夏は暑い パン屋の厨房内は常に火がある状態です。 火傷防止のため、パン職人の厨房ユニフォームは長袖で覆われていることが多いため、夏場はとくに熱く感じられます。 店内は冷房がきいているにもかかわらず、パン職人は汗がふきだしていることも珍しくありません。 さらに長時間労働のため、夏場の仕事終わりはぐったりして、熱中症のような状態になることもあります。 パン職人を辞める理由で多いものは? 下積み時代が大変 パン職人の下積みは厳しいことが多いです。 その理由には、朝の早さや体力的なハードさに加え、技術の習得や感覚・センスを磨くことの大変さが挙げられます。 下積み時代は見習いのため、誰よりも早く出勤して掃除などをこなし、また営業終了後は最後まで残り、片付けなどを行う必要があります。 技術職だけに、生地や焼き具合、成型など、教える側の立場からも説明だけでは伝えきれないことがたくさんあります。 師となる先輩も忙しく、手取り足取り教えてくれるというよりは、技術を盗むように体で覚えていくものです。 そのため、ペースに慣れるまでは厳しく感じてしまう期間もあるかもしれません。 また下積みのパン職人は、新商品開発などの華やかな仕事ではなく、計量など裏方の業務で同じ作業を繰り返し続ける時期もあります。 肉体的な大変さと、単調な仕事にうんざりして、道半ばで辞めてしまう人も少なくありません。 体力・待遇面の厳しさ 素材や調理器具などの重いものを一日中運ぶ疲れ、熱い釜などを扱う危険性、労働時間の長さなどを負担に感じ、体力面で限界を感じてパン職人を辞めてしまう人は多くいます。 また、プライベートの時間がない、土日祝は休みがない、早起きがつらいなどの要因から、「思っていたよりきつい」「イメージと違っていた」と感じる人も多いでしょう。 パン職人は基本的に仕事場にいる時間が長く、重労働でもありますので、体力が持続せず、続けたくても諦めざるを得なくなってしまう場合もあります。 たとえば女性の場合では、結婚や出産などを機に生活スタイルが変わり、パン職人として十分な労働時間が取れなくなってしまったため離職するといったこともよくあることです。 労働環境に対して、給与や待遇が見合わないという声もよく聞きます。 人間関係の悩み 他の職人たちと長く同じ時間を過ごし、共同作業も重要になってくるのがパン職人の世界です。 「職人気質」とも言われるように、周囲にもストイックなパン職人がいる職場も少なくありません。 修業中は厳しく教育されることが珍しくはなく、心身ともにラクではない日々が続くこともあります。 密な人間関係の中で生まれる「現場の雰囲気が悪い」「コミュニケーションがうまくいかない」といったような、実際のパン作り以外の人間関係の悩みも多く見られます。 パンづくり以外の仕事が苦手 大手チェーンのパン屋では、厨房のパン職人と が分けられることが多いです。 そのため、パン職人はパンを作ることのみに集中できます。 しかし、個人経営のパン屋や小規模なパン屋では人員が少なく、パン職人が品出しのほか、接客、レジ打ちなどを行うこともあります。 さらに最近はパン屋がイートインコーナーをもち、ドリンクなどの提供を行うこともあります。 パン職人のなかには、接客業務ではお客さまの声が直に聞けて楽しいという人もいますが、逆に接客を苦に退職してしまう人もいます。 パンづくりは好きというのであれば、勤務先を慎重に選び、ミスマッチが起こらない工夫が必要です。

次の

パン屋のバイトはきつい?経験者が語る販売・製造スタッフのリアルな事情|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

パン屋の仕事

パン屋のアルバイトとは?仕事内容、時給、勤務時間やメリット・デメリットを解説 こんがり焼けたパンのいい匂いを嗅ぎながら仕事ができるパン屋さん。 パン好きにはたまらない魅力です。 なんとなく楽しそうな雰囲気はありますが、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。 そこで、メリットだけではなくデメリットについても、パン屋のアルバイトについて紹介します。 【目次】 パン屋のバイトってどんな業務なの? パン屋の仕事内容は大きく分けると販売と製造に別れます。 販売はレジや接客、パンの品出し、パン棚の整理、店内清掃などがあります。 明るい笑顔と清潔感が販売スタッフには必要です。 製造についてはパン屋によって内容が異なります。 大手メーカーの工場であればシステマチックな流れ作業になることもありますが、店内で手作りをしているパン屋であれば、経験を積めば、生地作りからやらせてもらえる場合もあります。 時給や勤務時間は? 時給は、店舗や地域によって差がありますが、900~1,000円程度が相場になります。 製造などで早朝から働くのであれば、時間帯によって割増料金がつくこともあります。 勤務時間は、朝10時頃から夕方までのところが多いですが、駅構内や駅近の店舗では、朝食向けや、通勤時間に買っていくお客さま向けに朝7時から営業しているところも多くあります。 パン屋での1日の流れ パン屋でのバイトの1日の流れですが、製造を担当する場合は早朝から業務開始です。 開店が8時だとすると、4時ごろから仕込みを開始する店舗もあります。 販売スタッフは、朝出勤したら、まずは片付けをしてからパンの陳列をします。 陳列は、おすすめ商品の並びなども考える場合もあります。 営業時間中はお客さんに対してのレジ打ちはもちろん、焼きあがったパンを売り場にどんどん出していかなくてはなりません。 空き時間ができた際にはレジ袋の補充なども行います。 店が閉まった後は掃除をして、業務完了です。 パン屋で働くメリット・デメリット パン屋で働くメリットは夜遅くまで働く可能性が低いところです。 シフトの時間帯によっては午前中で仕事を終わらせ、午後からの時間を有効活用できます。 またお店によっては値引き価格でパンを購入できたり、試作品をいち早く食べたりすることができるところもあります。 朝早くからオープンするパン屋が多いので、早起きが苦手な人にとっては、それがデメリットになるかもしれません。 夜遅くまで勤務できないので、1日中働いて稼ぎたい人にとっては、思うように稼げない場合もあります。 実際に働いた人の体験談 パン屋でバイトしている人に「良かったこと」、「つらかったこと」を聞いてみました。 パン好きにはたまらない!パン屋でバイトしていて良かったエピソード ・焼きたてのパンの香りがたまりません。 (女性/30代/主婦) ・パン作りの技術を得ることができました!今でも抜群においしいパンが作れます。 (男性/30代/会社員) ・好きなパンを食べることができます。 私のバイト先では、閉店後に、売れ残ったパンの持ち帰りができました。 (男性/40代/派遣社員) 意外と重労働?パン屋でバイトしていて辛かったエピソード ・パンを焼く時の熱気がきつかったです。 水分補給しても汗が止まりません。 (男性/50代/フリーター) ・砂糖や小麦粉が1袋30kg入っているものを、頻繁に持ち運びするのがつらかったです。 (女性/30代/フリーター) ・パンの種類が多かったので、値段を覚えるのが大変で覚えてもすぐに新作が出てきます。 かなりの量を記憶することになりました。 (女性/30代/主婦) 自分でパンを作れるようになったり、あまったパンをもらえたりするのはパン好きにはうれしいところですね。 つらいエピソードでは、重い物を持つなど、体力を消耗する場合があることもわかったので、パン屋でバイトしたい人は面接の時に聞いてみるといいかもしれませんね。 パン屋のバイトは辛い?楽?経験者の意見は? パン屋のアルバイトについて、想像よりも楽だったのか辛かったのかを経験者100人に調査してみました。 結果は、思っていたよりも辛かったと感じた人が74人と全体の7割以上。 逆に、思っていたよりも楽だったと感じた人は26人という結果に。 さっそく具体的なコメントを見ていきましょう。 【思っていたよりも辛かった】 ・毎回ではありませんでしたが仕込みからの仕事の時は朝が早くとても辛かったです。 (男性/40代/正社員) ・材料の小麦粉を運んだり、バターを運んだりするのがかなり重労働で、慢性腰痛になりました。 (男性/40代/個人事業主・フリーランス) ・パンの値段を覚えなくてはいけなかったので、最初の内は全く覚えることができずに辛かったです。 (女性/30代/パート・アルバイト) ・パンの焼ける香りで、胸焼けしてしまったのは、誤算だった。 好きな匂いのはずなのに、気持ちが悪くなってしまった。 (女性/30代/個人事業主・フリーランス) ・食べ物を売る仕事なため手洗いなどかなり徹底しており衛生面に対して面倒くさがり屋な自分は慣れるまで大変でした。 (男性/20代/正社員) 【思っていたよりも楽だった】 ・楽しかったです。 少しできの悪いパンは自由に食べることができました。 (男性/50代/公務員) ・商品名や値段を覚えたりするのが大変だと聞いていたのですが、自分自身がパン屋さんを利用する機会が多かったので、思っていたより簡単だと感じました。 (女性/40代/専業主婦 主夫 ) ・主婦が多く、そんなに困った客はいなかったから。 ほかのアルバイトに比べて迷惑な客は少なく感じた。 それから、まだ食べられるけれども売り物としては廃棄になってしまったパンをもらえたのも嬉しかった。 (女性/20代/学生) ・レジと焼きあがったパンを並べるのみの対応だったため、それほど苦労はなかった。 また、営業時間も短かったため楽だった。 (男性/20代/正社員) 思ったよりも辛かった人の意見として、力仕事・立ち仕事であるため体に負担がかかる、シフトが早朝だと起きるのが辛い、パンの値段や種類を覚えるのが大変といった内容が目立ちました。 明るくさわやかなイメージがあるパン屋ですが、実際には体力も集中力も使う場面が多いようです。 逆に、思ったよりも楽だった人の意見としては、仕事内容が限定されている、お店の客層が良いなどが挙げられます。 「仕事が楽」というよりも「楽しんで働ける」という回答が多い傾向が。 もともとパンや接客が好きな人なら、パン屋のバイトもそれほど苦に思わないのでしょう。 結構やっている?パン屋のバイトでの失敗談 どんな仕事にもミスはつきものです。 パン屋のアルバイトで多い失敗談とは何か、さまざまなコメントを聞くことができました。 経験者から寄せられたエピソードの数々を紹介します。 ・持っていたメロンパンのトレーを落としてしまい、メロンパン30個をぶちまけたときはやってしまった!と思いました。 とにかく謝りまくりました。 (女性/20代/学生) ・「ありがとうございました」とお客さんに言うところを、「ごちそうさまでした」と言ってしまったこと。 (女性/40代/専業主婦 主夫 ) ・パンを作っているときに、パンを焼く時間を間違えてしまい、大量に失敗してしまったことです。 (男性/30代/正社員) 回答を見るとパン屋ではさまざまな失敗談があるようですが、「パンを落とした」「レジ打ち中に言い間違えた」「パンがうまく焼けなかった」の3種類が多いようです。 特にパンを落とした失敗談はとても多く、あわただしく働いている仕事風景が想像できますね。 食品なので、もちろん床に落としてしまったパンは売り物になりません。 忙しい中でも落ち着いた行動は保ちたいところです。 パン屋のバイトはどんな人におすすめ? パン屋でバイトをするなら、パンに対する愛情や熱意がある人が良いでしょう。 おいしいパンをお客さんに提供して喜ぶ姿を見たい人なら長く続けられるかもしれません。 接客に興味があるかどうかも重要なポイントです。 また、朝の通勤時間に買っていく人も多いため、爽やかな笑顔とテキパキとした対応も必要です。 パン作りの技術に興味がある方にもおすすめですね。 食べ物をあつかう仕事ですので、清潔感が重視されます。 バイト中でも、ネイルやルーズな髪型、濃いメイクをしたいという人にはあまり向いてないと言えるでしょう。 どんなスキルが身につく? たくさんのお客さまに接客をすることで、コミュニケーション能力が培われます。 忙しい時間帯はレジがすごく混みますので、最初はあせることもあるかと思いますが、慣れてくると冷静に対処できるようになってきます。 確かな接客が身につくことで、他の飲食店でも応用できるようになるでしょう。 製造は限られた時間内で必要なパンを作成しなければならないので、経験を積むことで正確な仕事をこなせるようになります。 パンの製造方法を知ることで、家でもおいしいパンが作れるようにもなるかもしれません。 パンが焼けるようになる?パン屋のバイトで身に付くスキル パン屋で身につくスキルといえば、「パンの焼き方」だけではありません。 アンケートを取ってみると、多種多様なスキルを学べるバイトだとわかりました。 ・コミュニケーション能力とパンの置き方や見せ方を考える能力が身に付きました。 (女性/30代/正社員) ・厳しい上司がいるバイトだったのでメンタルが強くなりました。 また、パンの種類や値段を覚える暗記力、レジ打ちの速さ、辛くても笑顔でいられるようになりました。 (女性/30代/パート・アルバイト) ・自宅でも美味しいものを作れるようになった。 台所の整理整頓の癖が付いた。 (女性/40代/専業主婦 主夫 ) 身につくスキルでもっとも多かったコメントは、「コミュニケーション能力」でした。 笑顔で良い印象を与える接客スキルが身につくため、就活前の学生にもおすすめのバイトといえるでしょう。 また、商品の名前と値段を言いながらレジを打つので、マルチタスク能力が鍛えられたという意見も挙がっています。 もちろん、おいしいパンを作れるようになったという意見も複数寄せられました。 完璧に作れなくても、材料やパンを焼く工程などを把握でき、料理が好きになった人もいるようです。 料理のバリエーションが増えるのは、独り暮らしや主婦にとって嬉しいスキルだといえるでしょう。 まとめ 重い物を運んだり、朝も早かったりと、パン屋でバイトすることは楽しいことばかりではありませんが、おいしいパンをお客さんに届けて、うれしそうな顔を見ることができるのはやりがいのひとつ。 パン屋のバイトは、パン好きにはたまらない魅力が詰まっている仕事ですのでパンが大好きな方はぜひチャレンジしてみてください。

次の