ソラチカカード visa。 陸マイラー必須ANA VISA Suicaカードのススメ

ソラチカカードの時代終了!今後はワイドゴールドとANA TOKYUカードの2枚持ちがポイント!

ソラチカカード visa

年会費無料• 高還元率• 即日発行• 初めての1枚• 高ステータス• マイル重視• キャンペーン• 旅行保険• ETC発行• ANAマイレージクラブ、メトロポイント、定期券機能、PASMO、クレジットカードの5つが集約された陸マイラーなら要チェックの1枚。 ANA一般カードがベースとなっているのでANAカード会員優待やANAマイルプラスなどのサービスも利用可! TOPIC• ANAソラチカカードは、こんな人におすすめ ANAソラチカカード(正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」)は、ANA一般カードのスペックをベースとして、東京メトロでの利用価値、そしてPASMO機能を搭載させてより日常での使い勝手を充実させたANAカードです。 そんなANAソラチカカードのおすすめポイントと合わせて、ANAソラチカカードをおすすめできる人はどんな人なのか? についても探っていきます。 東京メトロを頻繁に利用していてANAマイルも貯めている方にANAソラチカカードがおすすめ! ANAソラチカカードを絶対的におすすめできるのは、ANAマイルを貯めていて、かつ日常的に東京メトロを利用している人です。 東京メトロを利用していないならANA一般カードでも十分です。 ANAソラチカカードの魅力はメトロポイントを貯めることができる上にメトロポイントを移行率0. つまり、日常的に東京メトロを利用しているANAマイラーなら、マイルの効果的な貯め方ができるレアな1枚なのです。 多機能な上にマイルの貯まりやすいカードですので、陸マイラーなら要チェックの1枚です。 PASMO利用者でANAマイラーならANAソラチカカードがおすすめ!オートチャージ対応でポイントもしっかり貯まる PASMO搭載のANAソラチカカードなら、PASMOのオートチャージにも対応しており、チャージした分のポイントもしっかり貯まります。 日常的にも利用頻度の高いPASMOですから、ポイントの獲得漏れも心配せずに利用できるのは魅力です。 しかも、ANAソラチカカードなら東京メトロ以外にも東急、京急、東武、相模、京王の各定期券機能も搭載できます。 ANAマイルを貯めやすく普段遣いのメインカードを探している方はANAソラチカカードを要チェック ANAカードはANAマイラーにとっては非常にマイルの貯めやすいカードですが、ANAソラチカカードはそれに加えて東京メトロやPASMOでもANAマイルを貯めやすい秀逸なカードです。 もちろん、ANAマイルプラスの特約店で利用すれば直接ANAマイルを貯めることができますし、JCBのOkiDokiランドやANAのマイレージモールでも高還元率で通販を楽しむこともできます。 普段使いのメインカードとしての利用価値は非常に高いです。 ANA ソラチカカードは5つの機能を1枚に凝縮したクレジットカード!電子マネー追加可能 ANAソラチカカードには、ANAマイレージクラブ、メトロポイント、PASMO、定期券機能、そしてクレジットカード機能の5つが凝縮されています。 もちろん、JCB発行のクレジットカードですので、で、後払い式電子マネーのQUICPayも搭載できますし、PiTaPaも搭載可能です。 上記条件を全て満たした上で年間維持費もお得にしたい方!ANAソラチカカードは年会費初年度無料 ANAソラチカカードのベースはANAカードですので、まずはANAマイルを貯めている人、その上で、東京メトロやPASMOを利用しているという条件を満たしているなら、ANAソラチカカードを利用しない手はありません。 しかもこれだけの多機能でありながら年会費はANA一般カードと同じ2,000円(初年度無料)です。 毎年の継続ボーナスが1,000マイルですから、1マイル=2円で考えればそれほど負担も大きくありませんし、年会費分の元が取れます。 年間維持費をなるべく抑えたいという人にもおすすめできます。 ANAソラチカカードの紹介まとめ ANA一般カードにメトロポイントがプラスされ、ANAカードとしては初めてPASMO機能が搭載されたことでも話題になったANAソラチカカード。 メトロポイントとOkiDokiポイントの二重取りが可能で、メトロポイントからANAマイルへの移行も0. もちろん、ANA一般カードにも付帯されている最高1,000万円の海外旅行傷害保険やショッピング保険(海外)も付帯しています。 ANAマイレージクラブ、メトロポイント、PASMO、定期券機能、クレジットカード、電子マネーといった使い分けができる高機能性を有していながら、リーズナブルな維持費で多機能かつ豊富な付帯特典を利用できるのが特徴です。 CHECK ANAソラチカカードの概要• 年会費は初年度無料!2年目以降も2,000円の年会費!継続ボーナスマイルで相殺できる• メトロポイント、PASMO、定期券機能、クレジットカード、電子マネー搭載で多機能!• メトロポイントとOkiDokiポイントの二重取りができる!特約店でマイルも直接貯まる• メトロポイントとANAマイルの相互移行ができる!メトロポイントからの移行なら移行率0. 一般カードクラスでも最高1,000万円の海外旅行傷害保険やショッピング保険が付帯!• ポイントプログラムはマルチポイントコースとマイル自動移行コースの2種類から選べる!• マルチポイントコースで貯めたOkiDokiポイントはギフト券や共通ポイントなど多彩な交換先を選べる• ベースはANA一般カード!空港施設や免税店、機内販売などANAカード会員特典を利用できる! 初年度無料の年会費に加えて、毎年の継続ボーナスで2年目以降の年会費もほぼ相殺可能です。 1マイルあたりの価値は特典航空券への交換なら2円以上になりますので、継続ボーナス1,000マイルならほぼほぼ相殺可能な数字です。 さらに、東京メトロ利用者ならメトロポイントとOkiDokiポイントの二重取りが可能ですし、ANA関連の特典も付帯するなど陸マイラーにとっては非常に大きな魅力を秘めたカードになっています。 ANAソラチカカードの特徴 それでは、ここからは実際にANAソラチカカードの特徴について、その詳細を解説していくことにしましょう。 ANA ソラチカカードとANA TOKYU POINT CLUB Q MasterCardの比較 ANAソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)とよく似たカードに、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードというクレジットカードがあります。 どちらもANA一般カードをベースに鉄道でもお得に利用できるANAカードです。 ANAソラチカカードの特徴を解説する前に、この両者を比較しておきましょう。 マルチポイントコース 2. マイル自動移行コース 【ワールドプレゼント】 1. 応募方式 2. ANAマイラーで東京メトロ利用者なら必携 東急百貨店などTOKYU POINT加盟店で利用するとワールドプレゼントとTOKYU POINTの二重取りが可能 どちらも、他のANAカードに搭載されている楽天Edyは利用できません。 その代わりにPASMOが搭載されているのが特徴です。 ANAソラチカカードは東京メトロとの提携でメトロポイントとOkiDokiポイントを二重取りできます。 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードは東急電鉄や東急百貨店など東急グループとの提携で、TOKYU POINTとワールドプレゼントの二重取りができます。 普段利用する路線によってどちらを選ぶべきかがハッキリしているのが特徴です。 どちらも、提携先のポイント(メトロポイントやTOKYU POINT)をANAマイルと相互交換することができますが、ANAソラチカカードのメトロポイントは移行率0. 一方のANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカードのTOKYU POINTは、ANAマイルへの移行レートが0. 75%と、やや魅力に欠けるレートです。 ANA ソラチカカードのポイント還元率は0. 1,000ごとの利用で1ポイントが付与され、基本還元率は0. ただし、ANAソラチカカードは東京メトロの定期券購入などでメトロポイントとの二重取りも可能なので、両方を合わせると実質的な還元率はアップします。 OkiDokiポイントの0. 貯めたメトロポイントは移行レート0. メトロポイントポインPlusに登録すれば東京メトロ利用のたびにメトロポイントが貯まる! さらに、ANAソラチカカードなら東京メトロ利用のたびにメトロポイントを貯めることができます。 「メトロポイントPlus」というサービスに登録(登録料・手数料等なし)し、あとはANAソラチカカード搭載のPASMOで乗車すれば、東京メトロ利用のたびにメトロポイントが貯まります。 ちなみにメトロポイントの有効期限は2年間あるので、余裕を持って貯め込むことができます。 メトロポイントの付与率は曜日によって異なり、平日なら乗車ごとに5ポイント、土日や祝日なら乗車ごとに15ポイント貯まります。 仮に、行きと帰りの2回乗車すれば、平日なら10ポイント、土日や祝日なら30ポイント貯まります。 ポイントプログラムは2通り!ANA ソラチカカードはANAマイルとメトロポイントで相互移行ができる! ANAソラチカカードは2通りのポイントプログラムがあります。 マルチポイントコース JCBのOkiDokiポイントが貯まる。 貯まったポイントはメトロポイントへの移行もOK マイル自動移行コース 通常のANAカードと同様に5マイルコースを10マイルコースを選べる。 一方、マイル自動移行コースを選択すると、貯めたOkiDokiポイントは自動的にANAマイルへの移行となります。 その場合は、通常のANAカードと同じように5マイルコースと10マイルコースのどちらかからお好きなコースを選択できます。 マイル自動移行コースを選ぶとOkiDokiポイントからメトロポイントへの交換はできなくなりますが、ANAマイルからメトロポイントへの移行は可能です。 ANAマイル10,000マイル=10,000メトロポイントへの移行が可能です。 移行率も1:1なので、こちらも効率的な移行が可能です。 ANAソラチカカードは東京メトロやPASMO利用の陸マイラーにおすすめ!秀逸すぎるマイルカード! ANAソラチカカードは、東京メトロでの乗車やPASMOチャージでANAマイルを貯めることができるので、陸マイラーにとっては非常に使い勝手の高いANAカードです。 秀逸すぎるANAカードとして、その人気も非常に高いのが特徴です。 ANA ソラチカカードは定期券機能も搭載できる!通勤でも利用価値が高い! ANAソラチカカードには定期券機能も搭載できます。 東京メトロほか、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄の定期券を利用できます。 ちなみの東京メトロの定期券であれば、ANAソラチカカードで購入することでOkiDokiポイントとメトロポイントの二重取りが可能です。 OkiDokiは1,000円ごとに1ポイント、メトロポイントは1,000円ごとに5ポイント貯まります。 東京メトロ以外の定期券の場合は、OkiDokiポイントしか貯まりませんので注意しましょう。 ANA ソラチカカードなら入会&継続で1,000マイルのボーナスマイルが貯まる! 先にも述べましたが、ANAソラチカカードのベースはANA一般カードです。 そのため、ANA一般カードで付与されるボーナスマイルもANAソラチカカードで受け取ることができます。 1マイルあたりの価値はおよそ1円~2円前後、特典航空券によっては3円ほどになると言われていますので、ボーナスマイルで年会費分の元が取れてしまう計算です。 マイル移行手数料こそかかってしまいますが、5マイルコースを選ぶよりも10マイルコースの方が効果的にマイルを貯められます。 マイル移行手数料は5,000円ですが、1,000円ごとに10マイルなので1マイル2円で計算すれば年間250,000円の利用で移行手数料の元が取れます。 仮に年間500,000円だとしても1ヶ月あたり4万円ちょっとですから、光熱費や食費、通信費、ガソリン代などをANAソラチカカードへ集約すれば簡単にクリアできる数字です。 メインカードとしての利用なら年間100万円くらいは十分に到達できます。 ただし、ANAソラチカカードをメインカードとして利用することのない人なら5マイルコースでも十分です。 ANAソラチカカードの威力を発揮するのはメトロポイントとなりますので、メトロポイントをANAマイルへ移行することをメインに考えるのが自然な流れです。 その場合はANAソラチカカードで10マイルコースを選択する必要がありませんので、移行手数料無料の5マイルコースで十分です。 ボーナス分に関しては還元率0. マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得し、このボーナスポイントを、GポイントからLINEポイントへ、そしてLINEポイントからメトロポイントへと移行すれば0. 05マイルへとアップできます。 通勤などを踏まえた日常的に活用できるメインカードとしてANAソラチカカード1枚でも十分であればそれはそれで全然OKな話ですし、少しでも効率よく還元率アップを考えたいということであれば、こうした方法を試してみるのがおすすめです。 PASMO定期券搭載OK!ANA ソラチカカードがあればお財布もスッキリ ANAソラチカカードなら、PASMOも定期券機能も1枚に集約できますので、お財布の中身のスッキリします。 東京メトロで取り扱っている定期券をANAソラチカカードで購入すれば、OkiDokiポイントとメトロポイントを二重取りできるのも先にご説明したとおりです。 ANA ソラチカカードに搭載できる定期券の種類 ANAソラチカカードに搭載できる定期券は、東京メトロ、東急電鉄、東武鉄道、京急電鉄、相模鉄道、京王電鉄です。 ただし、西武鉄道と東武鉄道との特殊連絡定期券は搭載することができませんので注意しましょう。 ANA ソラチカカードはPASMOのオートチャージでもANAマイルが貯まる! PASMO搭載のANAソラチカカードはPASMOのオートチャージにも対応しています。 文字どおり、自動券売機でわざわざチャージする手間が省ける便利な機能です。 あらかじめ指定した金額を下回ると、ANAソラチカカードから自動的にPASMOへとチャージしてくれるわけですが、こうしたオートチャージ機能を備えたクレジットカードというのはあまり多くはありません。 それだけに、せっかくANAソラチカカードを持つのであれば、積極的に活用したい機能です。 さらに、オートチャージ分の金額も1,000円ごとに1ポイントのOkiDokiポイントが貯まりますので、現金チャージよりも遥かにお得です。 ANAソラチカカードならJCBスターメンバーズで還元率最大1. ボーナスポイントの場合は1ポイントにつき3マイルでの移行となるため、移行率は0. ANA ソラチカカードならANAカードマイルプラスを利用できる!加盟店で還元率2倍 ANAソラチカカードはJCBとANA、そして東京メトロの提携カードですが、先にもご説明したようにそのベースはANA一般カードです。 したがって、ANA一般カードで利用できる「ANAカードマイルプラス」の対象カードとなります。 ANAカードマイルプラスは、特約店(加盟店)で利用すると100円もしくは200円ごとに1マイルが付与されます。 マイルはOkiDokiポイントを経由せずに直接貯まります。 もちろん、OkiDokiポイントも貯まりますので、こちらもANAマイルとOkiDokiポイントの二重取りが可能です。 OkiDokiポイントの還元率0. 搭乗時もラクラク!ANA ソラチカカードはスキップサービスも利用できる ANAソラチカカードでも「スキップサービス」を利用することができます。 チェックインカウンターをスルーして保安検査でANAソラチカカードを読み取り機にタッチし、そのまま搭乗することができます。 ANA ソラチカカードだって立派なANAカード!会員優待も利用できる 再三再四の繰り返しとなりますが、ANAソラチカカードのベースはANA一般カードですから、ANA一般カードに付帯されているANAカード会員優待を利用できます。 空港施設や機内販売などを割引価格で利用できますので、フライトで利用する際もお得度がグッとアップします。 ANA ソラチカカードでレンタカーや提携ホテルなどを割引価格で利用できる! スキップサービス以外では、提携ホテル宿泊割引、レンタカー割引といったサービスを利用できるほか、ANAカード会員優待として以下の特典を利用できます。 成田空港パーキング割引• 一般カードクラスで海外旅行傷害保険が付帯しているのは魅力となりますが、残念ながら補償内容はまったく魅力ないものになっています。 補償されるのは傷害死亡と後遺障害、そして救援者費用だけです。 もっとも肝心な疾病治療費や傷害治療費、携行品損害の補償はありません。 「最高1,000万円の海外旅行傷害保険付帯」と堂々と謳ってはいますが、ほとんどおまけで付帯されているような補償内容ですので、この点には注意が必要です。 海外へ行く際には、ANAソラチカカードだけではいざという時に何の役にも立ちません。 海外旅行傷害保険の充実したクレジットカードを一緒に携行していくようにしましょう。 ANAソラチカカードの注意点・デメリット ANAソラチカカードのデメリットを挙げるとすると、上でご紹介した海外旅行傷害保険です。 ANAマイルを貯めるには非常に威力のあるカードですが、海外旅行向けではありません。

次の

陸マイラー必須ANA VISA Suicaカードのススメ

ソラチカカード visa

悲報!ソラチカルートが2019年12月27日に終了することがわかりました。 ソラチカルート終了後の代替案については、以下の記事をご参照ください。 新ソラチカルート(LINEルート)を徹底解説! 「ハピタスやモッピーからマイルには、ソラチカルートでどうやって交換するの?」 「ポイントサイトはどこを使ったらお得にマイルに交換できるの?」 といった疑問を解決します。 なら今後絶対押さえておくべき新ルートです。 さらに、 TOKYUルートや直接に交換できるポイントサイトも紹介するので、簡単&便利にマイルに交換したい人は必見です。 メトロポイントに交換できるのは、現在のみ。 ソラチカルート ハピタスなどの多くのポイントサイトは、画像のようにポイントを経由させるとまでは100%のレートで交換が可能です。 ソラチカ代替案に必要な「」とは 新ソラチカルートに欠かせないのが 「」です。 とは、が加盟している店舗やLINEの各種サービスなどで貯めることができる LINEが展開するポイントサービスです。 かメトロポイントには交換ができません。 ソラチカルートを利用したい人は、ポイントサイトで貯めたポイントをまずはに交換しましょう。 代替ルート「新ソラチカルート(LINEルート)」とは ソラチカルートが改悪されたことで新たに注目される代替ルートが、を利用した『新ソラチカルート(LINEルート)』です。 からメトロポイントへは、300、500、1,000ポイント単位で交換できます。 では、ポイントサイトからはどうやって交換をすればいいのでしょうか。 まずは、に直接交換できるポイントサイトからご紹介します。 に直接交換できるポイントサイト 現在、 にポイントを直接交換ができる主なポイントサイトは以下の3つになります。 (への交換率90. オススメは 外食モニター。 飲食店で覆面モニターをするだけで、謝礼として飲食の何割かがポイントでもらえます。 クレジットカードの発行には毎月の制限があるので、ゲットできるポイントには限りがあります。 そのため、 何度も繰り返し利用できるのはかなり高ポイント。 外食が多い方は、必ずポイントタウンでお店をチェックしてから出かけるようにしましょう。 外食モニターは毎月1日に募集が多くかかるようです。 人気店はすぐに埋まってしまうのでマメにチェックすることをお勧めします。 注:ポイントタウンからへの交換は1,000ポイントづつしかできないのでちょっと面倒です。 3万ポイントを移行させようとすると30回もかかります…。 この手間が面倒な方は次に紹介するGポイントがオススメです。 「」 ハピタスなどに直接交換できないポイントサイト利用者必須!! Gポイントからは5%の手数料がかかる は「1ポイント=1円」とわかりやすいことに加えて、ハピタスなど 他のポイントサイトで貯めたポイントをへと等価交換できるのが魅力。 ポイントタウンを利用していない方はGポイント経由でに交換することができます。 対象サービスはの利用やの口コミ投稿など、簡単にできるものばかり。 それほどまでハードルは高くありません。 その場では手数料が取られてしまいますが、このシステムを利用すれば後で手数料分は返ってくるので安心してください。 に直接交換できないポイントを持っている方は、必ずGポイントに登録して、ポイントを旋回させてマイルまで交換しましょう。 ガチャなどのゲーム利用でポイントが貯められるなど、遊び心もあり細かくポイントが貯められます。 ただし、モッピーからには直接交換することができますが、10%の手数料がかかるため等価交換はできません。 直接に交換して新ソラチカルートに乗せた場合は73. そのため、 モッピーも に一度交換してからへ交換する必要があります。 1・ のトップページ上部にある「ポイント交換」をクリック 2・「ポイントをつかう」の中にある「」をクリック 3・「交換する」をクリック 4・Gポイントから初めてに交換する場合は初回登録が必要です。 5・ LINEに登録済みの方は「交換したいサービス会員の方はこちら」をクリックしましょう。 6・LINEにログインをします。 7・交換したいポイントを入力します。 Gポイントからヘの交換日数は、約2〜3日。 マイル交換までの道のりがかなり遠く感じますが、ハピタスの高額案件で一気にマイルを貯めたい方にはソラチカルートは外せません。 次章からは、直接へ交換できないポイントサイトを『新ソラチカルート(LINEルート)』に乗せる方法についても解説します。 GetMoneyやECナビなど、ポイントタウンやGポイントに直接交換できないポイントは、 PeXと 三井住友のポイント を経由させることでソラチカルートに乗せられます。 【新ソラチカルートスケジュール(LINEルート)】それぞれのポイント交換締め日・反映日数 【新ソラチカスケジュール(LINEルート)】それぞれのポイント交換締め日・反映日数も確認しておきましょう。 TOKYUルートの交換レート TOKYUルートのメリットとデメリット TOKYUルートのメリットは、以下の通りです。 LINEルートよりもマイルまでの交換が簡単• マイルへの交換上限がない• 移行完了までがソラチカルートと比べて短い デメリットは、を使ったソラチカルートと比べるとマイルへの交換レートが少ない点です。 ただし、交換のシンプルさや交換上限がない点はかなり魅力的といえるでしょう。 TOKYUルートまでの交換ルート では、マイルへと75%の交換レートで交換できるTOKYUポイントはどのようにしてポイントサイトから交換すればいいのでしょうか。 TOKYUルート TOKYUポイントに交換するために中間地点となるのが『』です。 VISA (ニ)カードを経由させる「ニルート」です。 (ニ)カード基本情報• 年会費:2,000円(税抜) 初年度無料• 家族カード:1,000円(税抜) 初年度無料• マイルへの交換に上限がない• 約1週間でマイルに交換できる という大きなメリットがあります。 また、 ソラチカカードも必要ありません。 PeXやGポイントなどから等倍で交換ができ、ニからへは 0. 7倍で交換ができます。 ただし、(ニ)ルートにはマイル還元率が下がってしまう以外にも、大きな弱点があります。 それは、 福岡・大分・熊本・函館にあるポイント交換機でしかできないこと! オンラインでポイント交換ができないので、利用出来る方はかなり制限されてしまいます。 このエリアに行くことが年に1回でもある方は、貯めたポイントをまとめて交換するのもアリだと思います。 カードをポイントサイト経由で発行する場合(2019年6月9日現在)• :1,200円相当のポイント• :1,000円相当のポイント• :1,000円相当のポイント 新ソラチカ(LINE)ルートでよくある疑問 新ソラチカ(LINE)ルートでよくある疑問をまとめました。 メトロポイントの交換上限(20,000)いっぱいに交換するためにははどのくらい貯めればいいの? 22,300ポイントです。 これで、毎月20,000ポイントをメトロポイントに交換できるので、今まで通り 1年間で最大216,000ANAマイルを貯めることができます。 ドットマネーは新ソラチカルートに使えるの!? これ、結構気になっている方も多いのではないでしょうか。 ハピタスユーザーはドットマネーを経由して今までソラチカルートを使っていた方が多いと思います。 ドットマネーに交換する場合、ドットマネーギフトコードが発行されるので、夫婦間でポイントの譲渡をすることができ、ソラチカカードのポイント交換上限を上手く回避することもできました。 Gポイントまでの交換レートは100%なので、上記で紹介したソラチカルートに乗せればマイルへの交換レートは81%です。 ただし、JRキューポからGポイントへの交換にはJQ CARDが必要になります。 Gポイントとポイントタウンどちらが新ソラチカルートでオススメ? Gポイントからラインポイントに交換すると、5パーセントの利用手数料がかかります。 指定のサービスを利用すれば後で返ってはきますが、時間差があるので「本当に戻ってくるの?」「いつ戻ってくるの?」と不安になる方もいるかもしれません。 一方で、ポイントタウンは利用手数料は無料ですが、20,000pt(1,000円分)ずつしかできない面倒さも…。 私は今の所ポイントタウンを利用していますが、何度もポイント移行をするのが面倒な人はGポイント経由がおススメです。 ソラチカルート閉鎖後はを利用した新ソラチカルートがおすすめ 今まで多くのが利用していたソラチカルートは残念ながら利用できなくなりましたが、を利用した新ソラチカルートを使えば 交換率0. 81倍でマイルへと交換することが可能です。 ハピタス経由のソラチカルートのオススメ度は変わらず マイルまでの交換の手間を考えると面倒ではありますが、私は引き続きがメインのポイントサイトになっています。 を利用した新ソラチカルートもいつ改悪されるかはわかりません。 メトロポイントからマイルの交換レートが悪くなる可能性も今後出てくるでしょう。 マイルを貯めているは、クレジットカードの利用を改めて見直すのもいいかもしれません。 クレジットカードの決済でマイルを貯めるなら、 還元率の高い VISAワイドゴールドカードがお勧めです。 私もメインのクレジットカードはこちらを利用しています。 さらに、 VISA ワイドゴールドカードは現在キャンペーン中で最大29,000マイル貯まるチャンスでもあります。 ポイントサイトだけでものマイルは沢山たまりますが、どうせなら普段のお買い物もマイルに効率よく交換しちゃいましょう。 ワイドゴールドカードの年会費の割引、マイル還元率を最大1. 新ソラチカルートにも対応しています。 また、2018年3月末にソラチカルートが完全に廃止された後の各ポイントサイトの争奪戦も一層激しくなることが予想されるので、今後の展開がとても気になるところです。 実際、この記事を書いた当初はワールドポイントはGポイントにしか交換できなかったので改善されています。 今後も引き続き、お得にマイルを紹介するための情報を発信していきたいと思いますので、よろしければお付き合いください!.

次の

【ニモカ】なぜ今ANA VISA nimocaカードが必要?ソラチカルートとの違いやメリット・デメリットを解説します

ソラチカカード visa

ANAワイドゴールドでマイルが貯まる特典• 【入会・継続ボーナス】毎年2,000マイルのボーナスマイルがもらえる• 【搭乗時ボーナス】搭乗時に、25%のボーナスマイルがもらえる• 【クレジット決済によるマイル】100円=1マイルの還元率でマイルが貯まる(普通カードだと200円=1マイルがデフォルトで、100円=1マイルにするには追加料金がかかる。 ) 特に3番。 クレジット決済でマイルを貯めるためにANAワイドゴールドカードを保有している人が多く、私もその1人です。 通常の倍のペースでマイルが貯まります。 「年会費、お高いんじゃないの?」 ゴールドカードと聞くと、高い年会費をイメージしますよね? はい、ANAワイドゴールドの年会費も残念ながらお安くはありません。 VISA・マスター・JCBのANAワイドゴールドの年会費は15,400円です。 額面だけ見ると、「高っ!そんなもん要るか!」って思われるかもしれませんが、 VISAのワイドゴールドカードの場合、割引特典を用いると10,450円まで下がります。 ANA VISAワイドゴールドの年会費は割引後でも10,450円。 いくら割引が適用されたとはいえ、額面では依然として安いとは言えません。 これを高いと見るか安いと見るかは価値観によって変わると思いますが、私は高いとは感じません。 普通カードと比べても十分年会費の差額は回収できていると考えます。 その理屈については、こちらの記事で詳しく解説しています。 決済での利用でおトク!ANAワイドゴールドカード決済でANAワイドゴールドカードを使うことで、おトクな還元率でマイルを貯められる! ANA TOKYUカードはポイントサイトで威力を発揮 陸マイラー必携のANA TOKYUカードとは 陸マイラーにとって必需品となるANAカードがこちらの• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード です。 カードの名前からお察しかもしれませんが、このANAカードはANAと東急が提携しているカードです。 最大のメリット【TOKYUルートの開通】 このカードの一番の特徴は、 【 ポイントサイトで獲得したポイントをおトクな交換率でANAマイルに交換することができる】 という点です。 どういうことか、ポイントサイトの中でも特に有力なハピタスを例に具体的に見ていきましょう。 例 30,000ハピタスポイントをANAマイルに交換 【通常ルート】ANA TOKYUカードを持っていなければ18,000マイル ハピタスについてはこちらの記事でも紹介しています。 陸マイラーが出費0円でマイルをゲットするために必要不可欠なポイントサイトです。 ハピタスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 私もハピタスとANA TOKYUカードのおかげで何十万マイルも獲得しました。 登録はこちらのリンクから可能です(このリンクからの登録で30ポイントがプレゼントされます)。 さて、仮にハピタスで30,000ポイントを獲得したとします(ハピタスを初めて使うユーザーであれば、それほど苦労なく貯められるポイント数です)。 このルートでポイントを交換していくと、ポイント数は以下のようになり、最終的なマイル獲得数は18,000マイルとなります。 (ポイ探による検索結果:) 【TOKYUルート】ANA TOKYUカードを持っていれば22,500マイル しかし、陸マイラーの多くが保有するANA TOKYUカードを利用すると、次のようになるのです。 先ほどの通常ルートの獲得マイル数18,000マイルに比べて4,500マイルも多く獲得できることになっています。 実質的な金銭価値もアップ!お得感がお分かりいただけると思います。 ANA TOKYUカード保有のメリット ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに交換する際に、高い交換率での交換が可能な「 TOKYUルート」が利用できる。 ANA TOKYUカードには年会費2,200円がかかりますが、• TOKYUルートが利用できる点• 毎年ボーナスマイルとして1,000マイルがプレゼントされる点(決済額10万円以上に相当するマイルが、毎年2,200円でもらえるんです。 を踏まえれば、 年会費以上のメリットを享受できるので、私を含む多くの陸マイラーにとって必携のカードです。 私も実践、TOKYUルートで毎月18,000マイル このTOKYUルートを利用すると、毎月最大18,000マイル加算が可能になります。 次の画像をご覧ください(ちょっと加工がダサいですが、自分の画面です)。 こんな感じで、毎月18,000マイルを獲得しています。 その甲斐あって、 現在は61万7,000マイルほど貯まっています!「ファーストクラスで世界一周」が現実になるマイル数です。 普通の暮らしをしている私でも、このように大量のマイルを獲得することが可能なのです。 このTOKYUルートの威力は強烈です。 ANA TOKYUとゴールドの2枚持ちが必要な理由 「ANA TOKYUカードにゴールドカードがなく、クレジット決済でおトクにマイルを貯めることが難しい」 ANA TOKYUカードは決済であまりマイルが貯まらない 先ほど紹介した• ANAワイドゴールドカード• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード) のうち、爆発的にマイルを貯めるためのツールは、「ANA TOKYUカード」のほうです。 ポイントサイトのポイントを超高交換率でマイルに替えることができます。 ところが このANA TOKYUカードにはゴールドカードがないので、クレジット決済ではマイルが貯まりにくいんです。 したがって、 多くの陸マイラー(飛行機に乗らずにマイルを貯める人)は、ANA TOKYUカードとは別に決済用のANAカードを保有しています。 それがANAワイドゴールドカードなんです。 いま保有しているANA TOKYUカードをSFCに切り替えることはできないので、新たにSFCを発行しなければならない ということです。 この画像をご覧ください。 これはANAワイドゴールドカードをSFCゴールドカードに切り替えたときに撮影したものです。 ANAゴールドの券面に「SUPER FLYERS」の文字が印字されていますよね。 こんなふうに、通常のANAカードであれば、保有しているカードをそのままスーパーフライヤーズカードに切り替えることができます。 ところが、ANA TOKYUカードにはスーパーフライヤーズカードの設定がないため、仮に修行を終えてSFCの発行資格を得たとしても、 ANA TOKYUカード とは別にスーパーフライヤーズカードを発行しなければならないということです。 どうせANA TOKYUカードがSFCに切り替えられないなら、たくさんのフライトをこなす修行の前に• スーパーフライヤーズに切替ができ、• かつ効率よくマイルが貯められる という2条件を満たすクレジットカードを保有しておくのが賢明です。 その有力候補が「ANAワイドゴールドカード」だというわけです。 (ちなみに、予めゴールドカードを発行しておけば、SFCゴールドへの切替も無審査なので、「せっかく修行を終えたのに、SFCゴールド発行時に審査落ちした!」という悲劇を防ぐことができます。 ) ANA TOKYUカードをSFCに切り替えることはできないANA TOKYUカードをスーパーフライヤーズカードに切り替えることはできないので、修行前にスーパーフライヤーズに切り替えることができるカードを用意しておくのが賢明。 その有力候補がANAワイドゴールドカードである。 申込は可能な限りポイントサイト経由で! クレジットカードの申込は、多くのポイントサイトに広告掲載されています。 クレジットカード会社の公式ページから申し込むより、ポイントサイト経由で申し込んだ方がお得です。 残念ながらANAカードはポイントサイトに広告が掲載されていない時期もありますが、申し込む前にまずはポイントサイトに広告がないか確認してください。 私がおすすめしているポイントサイトはハピタスです。 こちらのリンクからハピタスに登録いただくと、30ポイントがプレゼントされます。 最後までお読み頂きありがとうございました。 ねこさん、コメントありがとうございます!! 私の場合も、ワイドゴールドとソラチカのお客様番号は異なっています。 ただ、マイル口座は統合できます。 お客様番号が異なっていても、マイル口座を統合すれば <ゴールドカードで貯めたマイル>も<ソラチカカードで貯めたマイル>も 同じ口座に積算されていきます。 マイル口座が正しく統合されていれば、ANAのホームページにどちらのお客様番号でログインしても 同じマイル数が表示されます。 ソラチカを通す必要がありません。 (一方、ボーナスポイントはソラチカルートに乗せることで高交換率でマイルに交換できますが、 カード発行直後はボーナスポイントがそれほど貯まりませんので、 通常ポイントでマイルを貯めることを念頭に以下の説明を作成しています。 ) ワイドゴールドで月10万円利用だと、単純計算で毎月1000マイルが貯まることになります。 1年間で12,000マイルなので、(ハイシーズンでなければ)国内短距離路線往復分の特典航空券に交換できます。 (なお、ボーナスポイント獲得により還元率を上げる方法をで解説していますので、 よろしければご覧ください。 ) SFCを目指すとなるとANA便に多く搭乗する必要がありますが、その資金をマイルでまかなうとなると、 クレジット決済だけで得られるマイルだけでは全然足りません…。 (念のため…特典航空券ではSFC発行資格達成に必要なプレミアムポイントが得られませんので、 正確にはマイルから交換したSKYコインを資金にすることになります。 ) もしSFC修行に必要な資金をある程度まかなえるだけのマイルを貯めたい場合は、 クレジット決済だけではなく、ポイントサイトを利用するのが現実的ですので、あわせてご検討ください。

次の