明月院 紫陽花 開花状況。 明月院のあじさい2019!開花状況と見頃や混雑回避する方法は?

明月院のあじさい2019開花満開状況!見頃や混雑、行き方、口コミ評判

明月院 紫陽花 開花状況

明月院ブルー 明月院のあじさいは「姫あじさい」という日本古来の品種です。 「明月院ブルー」と呼ばれるように鮮やかな青で彩られています。 なぜ鮮やかな青のあじさいが咲くかというと、あじさいは土の質によって咲く花の色が大きく変わります。 土の質が酸性の場合は「青」のあじさいが咲き、一方でアルカリ性の場合は「ピンク」のあじさいが咲きます。 明月院のあじさいは濃く、鮮やかな青のあじさいが多いので酸性の強い土であると言えますね。 開花の時期は6月上旬~7月の上旬までとなります。 6月の後半に見頃としてのピークを迎えますが、そのぶん多くの観光客で賑わうことになります。 悟りの窓 見てもらえば分かるように、丸窓から本堂裏の庭園を眺めることができます。 あじさいの時期だけではなく、丸窓からは四季折々でいろんな顔を見せてくれます。 あじさいの時期にはハナショウブの庭園が見えますし、冬には雪化粧で覆われた庭園が別の顔を見せてくれます。 季節限定公開の本堂後庭園 広々とした庭に約 3, 000株のハナショウブが一面に広がっています。 「悟りの窓」から見える庭園が「本堂後庭園」です。 普段は非公開となっていますが、 花菖蒲開花時期(6月上旬)・紅葉期(12月上旬)に限り季節限定で公開されています。 「本堂後庭園」に入園するには明月院の拝観料とは別に入園料として 500円が必要になりますが、一見の価値はあります。 マップを見て分かるように、本堂が真ん中に位置し、明月院の上半分は「本堂後庭園」になります。 赤地蔵と青地蔵も「本堂後庭園」が公開されている時期にしか見ることができません。 明月院の混雑を回避するには 電車の乗車位置 JR北鎌倉駅の改札は南側にあります。 あじさい開花ピーク時は駅から出るだけでも一苦労です。 スムーズに改札を抜けるためにも、横浜方面から来る場合は先頭車両、横須賀方面から来る場合は最後尾に乗るのがオススメです! ピークの時期をずらして行く 6月下旬のピーク時はどこぞのテーマパークかと思えるほど、行列ができます。 ピーク時期をずらした 6月上旬、 7月上旬はまだ比較的混雑はしていません。 さらに雨の日などは人の足も遠くなります。 朝一番、開門時間にあわせて行く 6月のあじさいの時期は通常より 30分早い 8時 30分に開門されます。 とはいえ、開門時間にはそれなりに列が出来ています。 朝に強い人はさらに 30分ほど前の時間、 8時頃から並ぶと混雑のストレスに悩まされずにすみます。 さらに あじさい、ハナショウブの鑑賞に専念するのが良いと思います。 「悟りの窓」の撮影、「御朱印(ごしゅいん)」集めは別の季節でも出来るので、花を見ることに専念して行動すれば行列の待ち時間もなくスムーズに鑑賞できます。 なかなか前に進まないな、と思ったらいつのまにか「悟りの窓」の撮影待ちの行列に紛れ込んでいたりするので気をつけてください。 参考までに 「悟りの窓」の撮影 6月上旬の午前中、比較的空いている時期でしたが、悟りの窓を撮影するには 1時間以上並んでやっとできました。 「御朱印集め」 悟りの窓の撮影ほどではありませんが、御朱印をいただくのも 30分以上並びます。 まとめ 鎌倉のあじさいといえば「明月院」と言われるように、花の鮮やかさと鎌倉の風情がマッチしていて観る価値は充分にあります。 ただし、名所といわれるだけあって多くの観光客で混雑必至の人気スポットです。 今回ご紹介した混雑回避の方法などを駆使して、ストレスなく鑑賞できると良いですね!.

次の

2020北鎌倉:明月院のアジサイ情報〜神秘の青・明月院ブルー〜

明月院 紫陽花 開花状況

明月院のあじさいの中心は日本古来種のヒメアジサイ。 『明月院ブルー』とも呼ばれる鮮やかな青色は、透明感があって明るく癒やされる色合いです。 明け方、夕方、そして雨の日のあじさいはとても美しく、6月には朝早くから多くの人が訪れます。 梅雨の季節は思わず気分も沈みがちになりますが、そんな気持ちを晴れやかにしてくれるほど美しいあじさいが、明月院にはたくさん咲き誇るんですよ。 総門から山門への参道沿いに咲くヒメアジサイは、株数も色合いも実に見事。 花々の下をくぐると、まるで仏様に頭を下げているような感覚になり、どことなく心清められるような気もして不思議ですね。 今回は、 明月院のあじさい2020年の見頃時期や見どころ、おすすめ散策コースなどについてご紹介します。 拝観料:大人(高校生以上)500円、小・中学生 300円 拝観時間:(6月)08:30~17:00(普段は09:00~16:00) 花ショウブも楽しめる あじさいの満開時より早い時期に行くと、 花ショウブとあじさいを両方楽しむことができます。 明月院には約3,000株の花ショウブが植えられていて、年々見事さを増しています。 花ショウブの見ごろは 5月下旬から6月上旬。 花ショウブは、本堂の裏にある「本堂後庭園」で観賞することができます。 ちなみに本堂後庭園は普段は非公開で入れません。 有名な「悟りの窓」という丸窓から見るための庭園で、花ショウブが咲く 6月と11月の紅葉の時期だけ特別開園されます。 明月院ブルーに絞って出かけるか、混雑する時期を外して花菖蒲と両方を楽しみに行くか、これは悩みどころですね。 せっかくですから、 普段は入れない庭園で華やかに咲き広がる花菖蒲と咲き始めの可憐なあじさいを見るのもおすすめですよ。 Sponsored Link 明月院おすすめ散策コースは? せっかく明月院を訪れるのなら、周辺のお寺も巡ってはいかがでしょうか。 おすすめ散策コースを選んでみました。 目安として所要時間をあげていますが、 待ち時間は含まれていないのでご了承ください。 ・ 開門の08:30頃にはすでに50~100人前後の待ち行列ができます。 ・ 10:00前後より入場制限がかかります。 ・ 入場するまでに2時間くらい待つことがあります。 ・ 11:00頃になると北鎌倉駅から明月院まで行列になってるのかと思われるくらい、ぞろぞろと歩いている人が全て明月院に向かいます。 ・ 院内でゆっくり立ち止まって写真を撮る余裕がほぼありません。 ・ 週末の明月院近辺は、車両が通行止めになります。 平日でもかなりの人出で、10:00~13:00ごろには入場制限がかかることがあります。 また入場まで1~2時間待ちの可能性もあり、08:30以前からの開門前待ちの人も結構います。 午前中から午後イチあたりは混雑する可能性が高いので、時間に余裕があるならできるだけ遅い時間のほうが人も少なくなりますよ。 平日の15:00過ぎから閉門の17:00までが狙い目の時間帯かもしれません。 明月院周辺のおすすめランチは? 明月院のあじさいはヒメアジサイといわれる品種が植栽されています。 おすすめランチをご紹介しますね。 タケル クインディチ 古民家風のお洒落なランチスポット! 美味しいイタリアンが食べられますよ。 ランチだけでなくディナーも評判ですよ。 予約が取れない時には割と空いている平日を選びましょう。

次の

鎌倉明月院のあじさいの見どころ!2019年の開花時期や見頃は?

明月院 紫陽花 開花状況

明月院ブルー 明月院のあじさいは「姫あじさい」という日本古来の品種です。 「明月院ブルー」と呼ばれるように鮮やかな青で彩られています。 なぜ鮮やかな青のあじさいが咲くかというと、あじさいは土の質によって咲く花の色が大きく変わります。 土の質が酸性の場合は「青」のあじさいが咲き、一方でアルカリ性の場合は「ピンク」のあじさいが咲きます。 明月院のあじさいは濃く、鮮やかな青のあじさいが多いので酸性の強い土であると言えますね。 開花の時期は6月上旬~7月の上旬までとなります。 6月の後半に見頃としてのピークを迎えますが、そのぶん多くの観光客で賑わうことになります。 悟りの窓 見てもらえば分かるように、丸窓から本堂裏の庭園を眺めることができます。 あじさいの時期だけではなく、丸窓からは四季折々でいろんな顔を見せてくれます。 あじさいの時期にはハナショウブの庭園が見えますし、冬には雪化粧で覆われた庭園が別の顔を見せてくれます。 季節限定公開の本堂後庭園 広々とした庭に約 3, 000株のハナショウブが一面に広がっています。 「悟りの窓」から見える庭園が「本堂後庭園」です。 普段は非公開となっていますが、 花菖蒲開花時期(6月上旬)・紅葉期(12月上旬)に限り季節限定で公開されています。 「本堂後庭園」に入園するには明月院の拝観料とは別に入園料として 500円が必要になりますが、一見の価値はあります。 マップを見て分かるように、本堂が真ん中に位置し、明月院の上半分は「本堂後庭園」になります。 赤地蔵と青地蔵も「本堂後庭園」が公開されている時期にしか見ることができません。 明月院の混雑を回避するには 電車の乗車位置 JR北鎌倉駅の改札は南側にあります。 あじさい開花ピーク時は駅から出るだけでも一苦労です。 スムーズに改札を抜けるためにも、横浜方面から来る場合は先頭車両、横須賀方面から来る場合は最後尾に乗るのがオススメです! ピークの時期をずらして行く 6月下旬のピーク時はどこぞのテーマパークかと思えるほど、行列ができます。 ピーク時期をずらした 6月上旬、 7月上旬はまだ比較的混雑はしていません。 さらに雨の日などは人の足も遠くなります。 朝一番、開門時間にあわせて行く 6月のあじさいの時期は通常より 30分早い 8時 30分に開門されます。 とはいえ、開門時間にはそれなりに列が出来ています。 朝に強い人はさらに 30分ほど前の時間、 8時頃から並ぶと混雑のストレスに悩まされずにすみます。 さらに あじさい、ハナショウブの鑑賞に専念するのが良いと思います。 「悟りの窓」の撮影、「御朱印(ごしゅいん)」集めは別の季節でも出来るので、花を見ることに専念して行動すれば行列の待ち時間もなくスムーズに鑑賞できます。 なかなか前に進まないな、と思ったらいつのまにか「悟りの窓」の撮影待ちの行列に紛れ込んでいたりするので気をつけてください。 参考までに 「悟りの窓」の撮影 6月上旬の午前中、比較的空いている時期でしたが、悟りの窓を撮影するには 1時間以上並んでやっとできました。 「御朱印集め」 悟りの窓の撮影ほどではありませんが、御朱印をいただくのも 30分以上並びます。 まとめ 鎌倉のあじさいといえば「明月院」と言われるように、花の鮮やかさと鎌倉の風情がマッチしていて観る価値は充分にあります。 ただし、名所といわれるだけあって多くの観光客で混雑必至の人気スポットです。 今回ご紹介した混雑回避の方法などを駆使して、ストレスなく鑑賞できると良いですね!.

次の