ドル ウォン。 【警告】大幅ウォン安「1ドル=1,260ウォン」、第3四半期「1,300ウォン」の予測が出る!

韓国 ウォン に対する 米 ドル の為替レートのグラフ: 過去の為替レート (180 日グラフ)

ドル ウォン

スポンサーリンク ドルウォンレート推移 こちら2019年からのドルウォンレートの推移のグラフです。 2019年9月ぐらいまではきれいな右肩上がりでウォン安進行。 その後、10月に一旦ウォン安トレンドが終了したかにも見えました。 その後、2019年の年末はアメリカと中国の貿易戦争が一段落ということで1155近辺までウォン高に。 安心感が広がりました。 そうして2020年は1155ぐらいからのスタートでしたが、新型肺炎の影響で再び1200を超す展開になっています(かなり急激にウォン安になっています)。 その他の要因としては世界経済が不安定になると安全で信用のある通貨である円は買われ、ウォンのような不安定な通貨は売られます。 これがウォンという通貨の本当の実力と言えます。 日付 ドルウォンレート概要 2020年4月2日 ドル不足か?ウォン安進行で1230超え 2020年3月27日 市場が少しずつ落ち着いてきた1210までウォン高 2020年3月23日 再び1280までウォン安進行やばい 2020年3月19日 韓米通貨スワップで1260までウォン高 2020年3月19日 1280超えやばい! 2020年3月18日 1260超えやばい! 2020年3月17日 一時1240超え 2020年3月16日 1230超え 2020年3月13日 1220超えで危険状態 2020年3月3日 1180までウオン高、一旦落ち着く 2020年2月24日 1220手前までウォン安 2020年2月21日 1210を突破 2020年2月20日 1200近辺までウォン安 2020年2月12日 1180までウォン高 2020年2月8日 再び1195水準に 2020年2月4日 新型肺炎の危機薄れ1180付近までウォン高 2020年2月1日 1197付近でスタート。 com) 2019年のウォン安について 2019年に入ってアメリカ中国の貿易戦争が本格化。 中国元の下落と共に韓国ウォンも下落しています。 2019年4月~5月に急激にウォン安へ 2018年のドルウォンレートは比較的安定していました。 1070~1100ぐらいということで少しウォン高という感じでしょうか? おそらく韓国としてはウォンドルレート1100~1150ぐらいが一番良いレベルだと思います。 ウォンが強すぎると輸出がふるわなくなり、逆にウォンが弱すぎると外国への借金が返せないということで難しい状況です。 そのウォンドルレートが2019年4月から急激にウォン安に触れ心地よいレートから外れてきました。 2019年5月17日には1195までウォン安が進行。 その後は1200を手前に一進一退の状況です。 2019年6月~7月はやや戻す その後2019年6月~7月はややウォン高にふれています。 1160までウォン高に。 アメリカ中国の貿易戦争が一息ついたという情報もあったのでリスク選好の形になったのでしょう。 2019年8月にウォン安へ その後、2019年8月に再びウォン安になり1220近辺までウォン安が進行しています。 9月に入ってやや落ち着いていますが危険な水域と言えるでしょう。 2019年10月~11月中旬にウォン高 その後、10月~11月中旬はアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということでウォン高進行。 1160近辺までウォン高が進んでいます。 2019年11月中旬以降 11月中旬以降は再びウォン安に。 一時1160付近までウォン高になりましたがそこからウォンが売られて1180を超えてました。 再び1200に近づき、1200を超す展開が2019年内にあるかもしれません。 ただし韓国がGSOMIA破棄を撤回したのでしばらく落ち着く可能性もあります。 (参考:) 韓国株価指数下落もウォン安要因 韓国の株価指数下落もウォン安要因になります。 株価は韓国企業の業績を反映しているので当然と言えば当然。 (ただし日本の場合は通貨が強いので日本の株価が下落しても円安にはならない。 逆に株安でも信頼できる円が人気になり円高になることも多い) 株価は2000を切ると危険と言われていますが個人的には1900ぐらいが危険なラインと思います。 そして2018年以降は株価も通貨も少しずつ危険水域に接近しています。 株価が暴落すればウォン安が一気に進行する可能性があるし、逆にウォン安が進行することで株価が暴落することもあり得ます。 どちらも韓国にとては考えたくないシナリオですが十分にあり得ます。 韓国の株価指数も要チェックです。 (参考:) まとめ 2019年4月以降、ウォンが売られて通貨安の状況。 1200や1250が1つの防衛線とも言われているので注目していきたいと思います。 (個人的には1300ぐらいまでは全然大丈夫だとは思っていますけどね) 人気記事ランキング• ゴールデンレイ号についての最新情報が出てきました。 今後も情報が出てきたら追記していきます。 記事「ク... 双龍自動車が倒産のピンチのようです。 韓国政府に支援要請を出しているようですがどうなるのか?それでは記事の内容な... 韓国から日本に対して外国人参政権付与を求める声があります。 その理由に韓国人でも外国人参政権を認めているから。 韓国マスコミが日本の輸出管理強化で日本の損失が韓国の2倍になったと報じています。 記事「「自ら不利な手打った... 韓国は過去に何度か通過危機が起こっています。 その度に日本は支援していますが韓国からは感謝されるどころか「支援が... イランが韓国に原油代7兆ウォン支払えと要求したようです。 記事「イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国... 2019年12月16日の記者会見において菅官房長官は「日本の輸出管理は相手国との協議対象ではない」と述べていま... 韓国の自動車生産台数が年々、減少を重ねています。 2019年は最低ラインとされる400万台を切る可能性があると指... 2021年からソウル市内すべての小・中・高校で「オーガニック無償給食」にするとのことです(記事は昨年のもの)。... 2019年12月18日に日韓サッカーの対決がありました。 残念ながら日本は敗北しています。 ここで注目した...

次の

韓国ウォン両替レート:ドル、円リアルタイムチャート推移

ドル ウォン

詳しくはありませんが、 海外投資家と呼ばれる人たちがいます。 海外投資家は、韓国でお金を貸して、その利息で儲けようとしています。 これを投資資金の運用と言います。 韓国で貸すお金はウォンなので、海外投資家は手持ちのドルをウォンに替え、そのウォンを貸します。 そして得られる利息はウォンなので、ドルに替えないと自分のところでは使えません。 ウォンが安くなると、少しのドルにしか替えられなくなります。 儲けが目減りするのです。 儲けが少なくなって、投資資金の運用の旨味がなくなるのが、1ドル1200ウォンと言われているのです。 ウォンが1ドル1200ウォンより安くなって、投資資金の運用の旨味がなくなれば、海外投資家は、お金を貸すのを止めます。 このとき、返してもらったお金はウォンなので、これもドルに替えなければなりません。 ウォンが安くなると、初めに持っていたドルよりも少ないドルにしか替えられなくなります。 つまり、赤字です。 だから、ウォンが安くなる前に、貸したお金を返してもらって、ドルに替えなければなりません。 これを、海外投資資金の流出と言います。 ウォンが1ドル1200ウォンより安くなると、一斉に海外投資資金の流出が起こるのではないかと心配されているのです。 皆んながウォンをドルに替えようとすると、さらにウォンは安くなります。 市場原理と呼ばれるものです。 なので、一斉に海外投資資金の流出が起こると、急激にウォンが安くなります。 これをウォンの暴落と言います。 ウォンが暴落して、ウォンが非常に安くなると、韓国で海外からの物を買うのに多くのウォンが必要になります。 つまり、輸入品の値段が上がるのです。 これをインフレと言います。 ものすごい勢いで、物の値段が上がるのを、ハイパーインフレと言います。 ウォンが暴落すると、ハイパーインフレになります。 今、ハイパーインフレが起こっている国に、ベネズエラがあります。 韓国のベネズエラ化とはこのような状態になることです。 簡単に言うと貨幣価値が落ちたってことですね。 例えば韓国の人がアメリカに旅行に行く場合、通貨をウォンからドルに交換しないといけないですよね? その場合、1000ウォンを1ドルと交換するのと、1200ウォンを1ドルと交換するのではどちらがお得でしょうか? 1000ウォンを1ドルと交換できた方がお得ですよね。 今韓国ではこのウォンの価値がどんどん下がっていて、ほんの数ヶ月前まで1ドルが1125ウォンくらいだったのが今は1ドルが1200ウォンまで価値が下がっていて更に1ドルに対して1300、1400ウォンと下がってしまう可能性があります。 そうなると韓国の人がアメリカに旅行に行く場合、より多くのお金が必要になるんです。 これが海外から物を輸入している企業規模になると更に莫大な金額になるわけです。 今までアメリカで1ドルの商品を1125ウォンで買えてた物が1200ウォン払わないと買えなくなっているわけですから。 これにより、中国の輸出がさらに減り、経済が冷え込むことが予想されます。 韓国は輸出に頼っている国で、なおかつ輸出先の多くは中国向け(対中国向け26%、対香港向け7. 6%の合計33. 米中貿易戦争のわりをもっとも食う国なのです。 普通は通貨が安くなれば、輸出品が多く売れるようになるというメリットがありますが、上述のように韓国の主要輸出先の中国は、安くても不景気で買えません。 食料品や石油などの輸入品が今までより少なくしか買えないというデメリットしかなくなります。

次の

ウォンドルは、順調に1200を維持していますね。

ドル ウォン

まぁ、面倒くさいことにはなるんだよ。 大体キリが良いところで企業は為替レートを想定して経営計画を建てるのよ。 1200ウォンなら大丈夫って思っていたらそのあたりに為替予約入れてたりするの。 でも、これを抜けると損をしてもその予約したレートで取引をしないといけない。 *銀行とかがね。 だから、それを抜けられないようにあの手この手を尽くすんだけど、それがダメだったら、損が膨らむし、そうなる前に損失を回避しようとするとどんどんレートがズレていくんだよ。 これまで1200を抜けさせまいとウォンを買っていたのに、それを手放さなければならない。 だとすると余計に勢いがついて1250、1300とまで行くかもしれない。 そうなると、割とシャレにならない事態になる。 その節目の一つが1200じゃないかって予測したのがいたってこと。 実際にはドルウォンがどんな状況になっていたのか知らないけど、割と伺う機会が長かったからとっくに危険ラインを1250とかに下がっていたりすると急激には動かないかもしれないけどね。 まぁ、経済学者とかアナリストが言うことは程々に聞くことだね。 外れたら何も言わない、あたったらドヤ顔する人種だから。 1,200じゃ崩壊はしない。 1つの(心理的)防衛ラインではあるけど、そこを突破されても第2段の防衛ライン1,500を超えられるくらいまでは大丈夫じゃないかな。 1997年のIMF通貨危機と比べても韓国経済自体が強くなっているし、外貨準備も増えているのでね。 韓国に投資している額の順番からいうと、アメリカ、EU、日本の順になるが、EUは日和見で儲かるとなれば投資額を増やすが、ちょっとでも危ないと一番に逃げ出す。 3番目の日本だけが、投資を減らしても韓国経済が崩壊するということがない。 1位のアメリカと3位の日本が韓国を逃げ出し、それを見て2位のEUが逃げ出すという状況になることが必要。 若しくは、アメリカがにげだしただけで、EUが逃げ出すということもあり得るが。

次の