チョイ さん の 沖縄 日記。 [B! 沖縄] 辺野古、私が船長の船にも海猿たちが乗り込み、暴力行為

[B!] NHK・Eテレ「イエスと歩む沖縄 平良修牧師」について

チョイ さん の 沖縄 日記

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 辺野古の海への土砂投入まで後一ヶ月。 何故、この重要な時期に県は埋立予定区域内に残っていた絶滅危惧種のサンゴの移植のための特別採捕許可を認めたのか! - チョイさんの沖縄日記はてなブックマーク - 辺野古の海への土砂投入まで後一ヶ月。 何故、この重要な時期に県は埋立予定区域内に残っていた絶滅危惧種のサンゴの移植のための特別採捕許可を認めたのか! - チョイさんの沖縄日記 プレビュー 辺野古の海への土砂投入まで後一ヶ月。 何故、この重要な時期に県は埋立予定区域内に残っていた絶滅危惧種のサンゴの移植のための特別採捕許可を認めたのか! - チョイさんの沖縄日記はてなブックマーク - 辺野古の海への土砂投入まで後一ヶ月。 何故、この重要な時期に県は埋立予定区域内に残っていた絶滅危惧種のサンゴの移植のための特別採捕許可を認めたのか! - チョイさんの沖縄日記 辺野古の海への土砂投入まで後一ヶ月。 何故、この重要な時期に県は埋立予定区域内に残っていた絶滅危惧種のサンゴの移植のための特別採捕許可を認めたのか! - チョイさんの沖縄日記 のとんでもないが明かとなり、と怒りを禁じ得ない。 出されていた埋立内に... 続きを表示 のとんでもないが明かとなり、と怒りを禁じ得ない。 出されていた埋立内に残るのオキナワハマののための採捕を、(13日・金)、がしてったのだ。 来月土砂投入が始まるというこのな時期に、いったい何ということか。 午後、として新と話しあった後、ある人偶然、、県が団に採捕を出すというがあったということを聞いた。 あわてて課に行きを。 やはり、中にを出すとのことだった。 途方に暮れて1Fに行くと、15日でのを求める座りこみを始めるがを終えててきた。 さん、伊波義安さん、仲宗根勇さんら人ほど。 この話しをすると皆、驚いて、すぐに課に行こうということとなった。 そのまま、午後7時半.

次の

チョイさんの沖縄日記:やんばる東村 高江の現状

チョイ さん の 沖縄 日記

辺野古・大浦湾のサンゴをめぐる 動きです。 沖縄防衛局は2019年までに約 39,000群体のサンゴの移植 について、県に対し採捕許可申請 を行いましたか、沖縄県は慎重な 検討が必要だとして許可を出さず にいます。 これに対し、農水大臣が速やかに 許可を出すようにとの是正指示を 行い、これを不服とした県は、国 地方係争処理委員会に持ち込みま した。 同委員会は2020年6月19日 に、農水大臣の是正指示は「違法 ではない」との結論を下しました。 今後、県が提訴し、裁判闘争に なる運びです。 係争処理委員会で県側は「許可を せよ」という指示は越権行為で違 法であるとしたうえで、許可を出 さないのは、軟弱地盤の件もあり 事業の実現可能性を含め慎重な判 断が必要なためだとし、さらに、 移植によりサンゴが死滅すれば元 に戻らず、移植の必要性について 慎重な判断が必要だとも指摘しま した。 この間、環境団体やサンゴが専門 の大久保奈弥さん、自然保護協会 の安部真理子さんらは、サンゴの 移植は死滅する可能性が高く保全 にはならない、移植を開発の免罪 符にしてはならないと繰り返し述 べてきましたが、これがようやく 県にも受け入れられたことになり ます。 県の姿勢は、国地方係争処理委員 会の通知を受けての知事コメント にも明確に記されています。 また、2020年5月に国会議員 が開いた懇談会では、農水省水産 庁が作成したサンゴ移植マニュア ルに「移植後4年の生存率は20 %」との記載があることが指摘さ れました。 移植が保全にならない ことは、農水省自身が作成した公 文書でも認められた事実なのです。 沖縄防衛局は、サンゴ採捕の追加 申請を行い、合わせて約74,0 00群体の移植の許可を求めてい ます。 これだけのサンゴの移植に どれだけの時間がかかるのでしょ うか。 移植の実現性も疑問です。 防衛局は2018年に希少種オキ ナワハマサンゴ9群体の移植を強 行しましたが、既に3群体の死滅 が確認されています。 しかも防衛局は移植対象を水深2 0メートルより浅いものに限定し ています。 水深30メートルの軟 弱地盤上に生息するコモチハナガ ササンゴなどの希少なサンゴは、 工事が始まればすべて土砂に埋ま ってしまいます。 ついでに言えば、軟弱地盤では4 メートルを超える巨大ナマコが観 測されています。 大浦湾に固有の ものもいます。 軟弱地盤は希少生 物の宝庫なのです。 こうした生き物たちを守らなけれ ばならないはずの環境監視等委員 会は防衛局の御用機関・追認機関 と化しています。 辺野古・大浦湾 の貴重な自然環境を守るためにも 工事の中止を迫っていきましょう。

次の

大嘘つき依田啓示逮捕される!!

チョイ さん の 沖縄 日記

辺野古・大浦湾のサンゴをめぐる 動きです。 沖縄防衛局は2019年までに約 39,000群体のサンゴの移植 について、県に対し採捕許可申請 を行いましたか、沖縄県は慎重な 検討が必要だとして許可を出さず にいます。 これに対し、農水大臣が速やかに 許可を出すようにとの是正指示を 行い、これを不服とした県は、国 地方係争処理委員会に持ち込みま した。 同委員会は2020年6月19日 に、農水大臣の是正指示は「違法 ではない」との結論を下しました。 今後、県が提訴し、裁判闘争に なる運びです。 係争処理委員会で県側は「許可を せよ」という指示は越権行為で違 法であるとしたうえで、許可を出 さないのは、軟弱地盤の件もあり 事業の実現可能性を含め慎重な判 断が必要なためだとし、さらに、 移植によりサンゴが死滅すれば元 に戻らず、移植の必要性について 慎重な判断が必要だとも指摘しま した。 この間、環境団体やサンゴが専門 の大久保奈弥さん、自然保護協会 の安部真理子さんらは、サンゴの 移植は死滅する可能性が高く保全 にはならない、移植を開発の免罪 符にしてはならないと繰り返し述 べてきましたが、これがようやく 県にも受け入れられたことになり ます。 県の姿勢は、国地方係争処理委員 会の通知を受けての知事コメント にも明確に記されています。 また、2020年5月に国会議員 が開いた懇談会では、農水省水産 庁が作成したサンゴ移植マニュア ルに「移植後4年の生存率は20 %」との記載があることが指摘さ れました。 移植が保全にならない ことは、農水省自身が作成した公 文書でも認められた事実なのです。 沖縄防衛局は、サンゴ採捕の追加 申請を行い、合わせて約74,0 00群体の移植の許可を求めてい ます。 これだけのサンゴの移植に どれだけの時間がかかるのでしょ うか。 移植の実現性も疑問です。 防衛局は2018年に希少種オキ ナワハマサンゴ9群体の移植を強 行しましたが、既に3群体の死滅 が確認されています。 しかも防衛局は移植対象を水深2 0メートルより浅いものに限定し ています。 水深30メートルの軟 弱地盤上に生息するコモチハナガ ササンゴなどの希少なサンゴは、 工事が始まればすべて土砂に埋ま ってしまいます。 ついでに言えば、軟弱地盤では4 メートルを超える巨大ナマコが観 測されています。 大浦湾に固有の ものもいます。 軟弱地盤は希少生 物の宝庫なのです。 こうした生き物たちを守らなけれ ばならないはずの環境監視等委員 会は防衛局の御用機関・追認機関 と化しています。 辺野古・大浦湾 の貴重な自然環境を守るためにも 工事の中止を迫っていきましょう。

次の