最適 化 され た バッテリー 充電 オフ。 【iPhone】バッテリーを長持ちさせるiOS13『最適化充電』!!

iPhoneの充電残量が80%から増えない。iOS13の最適化されたバッテリー充電について

最適 化 され た バッテリー 充電 オフ

20%以下になったタイミングで充電をするのが、バッテリーに一番負担がかからないということは、お分かりいただけたでしょうか。 さて次は、「なら何%まで充電していいの?」となった方のために説明していきます。 100%までバッテリーを充電してしまうとバッテリーに負担がかかってしまうので、80%程度をオススメします。 80%であればバッテリーに負担になるようなこともありません。 100%に近い数値になる度に負荷がどんどん高くなっていくので、まだ充電が少し足りないくらいで充電をやめておくのがオススメです。 そして、充電が終わったらなるべく早く充電ケーブルを抜きましょう。 充電中にスマホを使用すると、劣化の原因になりますので、なるべくスマホを充電中のタイミングで使用することは控えましょう。 スマホを1年以上使っていて、バッテリーのことや、充電のタイミングなんて気にしてなかった、なんて人も多いはずです。 そういう方の場合、劣化が進んでいてすぐスマホの充電が切れてしまうことに悩んでいませんか。 スマホの充電を80%までにしてしまうと一日持たないからとタイミングを無視して、100%まで充電してしまうのは、劣化が進んでいるバッテリーをさらに劣化させてしまいます。 その場合、充電のタイミングに気を付ける前に、まず確認してほしいのはスマホの設定です。 スマホは、アプリが実は起動したままだったり、不必要な通信が行われていたりとバックグラウンドでは、無駄な充電の消費をしています。 その設定を変えることによって、充電の持ちが良くなる場合があります。 スマホのバッテリーは、充電回数によって少しずつ劣化していきます。 既に劣化したバッテリーは元どおりにすることはできないので、これ以上悪化させないためにも充電のタイミングが重要です。 充電するタイミングを間違えてしまえば、バッテリーの寿命がどんどん短くなっていき、スマホが満足に使用できなくなってしまいます。 ですので、なるべくスマホを20%~80%の状態に保つことができるタイミングで充電をするようにしましょう。 そして20%~80%を保っていたとしても、スマホを使用するタイミングで充電をしてしまうのもとてももったいないです。 途中で充電をしたくなる気持ちは分かりますが、ここはぐっとこらえてスマホを使用するか、充電をするか、どちらかにしましょう。 我慢をすることでよりバッテリーが長持ちするようになります。

次の

【iOS13】iPhoneが熱い、発熱する時は最適化されたバッテリー充電のオフを試す

最適 化 され た バッテリー 充電 オフ

iPhoneで充電をする際に、大抵の場合が100%の状態を目指しているのではないでしょうか。 確かに100%充電しているほうが長時間iPhoneの操作もできるので、外出時などは安心できますね。 実はiOS13~「最適化されたバッテリー充電」の機能が追加になりました。 iPhoneの最適化されたバッテリー充電の機能とは フル充電になると、iPhone本体への負荷が大きくなり電池の劣化なども起こりやすくなります。 この問題を解消するために追加になった機能です。 この機能をオンにしていると、80%の状態を目指して充電し、ユーザーがiPhoneをどう使っているのかを学習していきます。 使うと想定される直前に100%になるように充電してくれます。 とはいってもなかには充電の状態を維持したい!人もいますよね。 イレギュラーなシーンもありますし、平日の仕事のときと週末のお休みとでは、スケジュールも違います。 充電が100%にしておきたいときもあるからこそ、通常はこの機能をオフ(白)に設定しておくと安心です。 まずは設定をタップします 2. 次にバッテリーを選択します 3. バッテリーの状態を選択して「最適化されたバッテリーを充電」をオフ(白)にして完了です。 必要に応じて、見直してみてくださいね!.

次の

【iPhone iOS13 新機能】「最適化されたバッテリー充電」に設定するとどうなる?使い方と設定方法まとめ

最適 化 され た バッテリー 充電 オフ

20%以下になったタイミングで充電をするのが、バッテリーに一番負担がかからないということは、お分かりいただけたでしょうか。 さて次は、「なら何%まで充電していいの?」となった方のために説明していきます。 100%までバッテリーを充電してしまうとバッテリーに負担がかかってしまうので、80%程度をオススメします。 80%であればバッテリーに負担になるようなこともありません。 100%に近い数値になる度に負荷がどんどん高くなっていくので、まだ充電が少し足りないくらいで充電をやめておくのがオススメです。 そして、充電が終わったらなるべく早く充電ケーブルを抜きましょう。 充電中にスマホを使用すると、劣化の原因になりますので、なるべくスマホを充電中のタイミングで使用することは控えましょう。 スマホを1年以上使っていて、バッテリーのことや、充電のタイミングなんて気にしてなかった、なんて人も多いはずです。 そういう方の場合、劣化が進んでいてすぐスマホの充電が切れてしまうことに悩んでいませんか。 スマホの充電を80%までにしてしまうと一日持たないからとタイミングを無視して、100%まで充電してしまうのは、劣化が進んでいるバッテリーをさらに劣化させてしまいます。 その場合、充電のタイミングに気を付ける前に、まず確認してほしいのはスマホの設定です。 スマホは、アプリが実は起動したままだったり、不必要な通信が行われていたりとバックグラウンドでは、無駄な充電の消費をしています。 その設定を変えることによって、充電の持ちが良くなる場合があります。 スマホのバッテリーは、充電回数によって少しずつ劣化していきます。 既に劣化したバッテリーは元どおりにすることはできないので、これ以上悪化させないためにも充電のタイミングが重要です。 充電するタイミングを間違えてしまえば、バッテリーの寿命がどんどん短くなっていき、スマホが満足に使用できなくなってしまいます。 ですので、なるべくスマホを20%~80%の状態に保つことができるタイミングで充電をするようにしましょう。 そして20%~80%を保っていたとしても、スマホを使用するタイミングで充電をしてしまうのもとてももったいないです。 途中で充電をしたくなる気持ちは分かりますが、ここはぐっとこらえてスマホを使用するか、充電をするか、どちらかにしましょう。 我慢をすることでよりバッテリーが長持ちするようになります。

次の