愛原実花 nhkから国民を守る党。 愛知県選挙区とは

対レイシスト行動集団とは

愛原実花 nhkから国民を守る党

略歴 [ ] 子供の頃から色々な舞台を鑑賞する機会はあったが、自分から積極的に観ていたわけではなかった。 中学3年生の時、進学予定のの文化祭で見た宝塚歌劇団同好会のパフォーマンスから宝塚に強い関心を持ち 、学校帰りにに通い当日券目当てに並ぶ熱心なファンとなる。 宝塚受験を決意してからは1年間レッスンを積み、、高校1年生修了後にの入学試験に1回目で合格し、同年4月に同校に入学()。 同期生には(元月組トップ娘役)や・などがいる。 、宝塚歌劇団入団(入団時の成績は2番)。 雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー! 』で初舞台を踏み、同年、雪組に配属された。 配属直後からショーのダンス場面や公演で目立つ役がつき、の初詣のポスターモデルやから1年間第5期スカイ・フェアリーズを務めた。 2006年度には愛宝会すみれ賞 を受賞。 、『君を愛してる』新人公演で初ヒロインに抜擢。 同年のバウホール公演『』で、バウホール初ヒロインを果たす。 、の後任として『』『RIO DE BRAVO!! 』より雪組トップ娘役に就任 、の相手役を務めた。 9月13日、雪組東京宝塚劇場公演『』『ロック・オン! 』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。 相手役の水と同時退団となった。 同年よりに所属。 8月、舞台『』で芸能活動を再開した。 には大河ドラマ『』でテレビドラマに初出演した。 人物 [ ] 幼稚園から高校まで、日本女子大学の付属校で学ぶ。 宝塚の同期で同じく雪組配属であったは、幼稚園入学時から一貫しての同級生である。 「愛の原っぱに、花が咲いて実るように」という意味が込められている。 劇作家のとつか主宰の劇団員であった生駒直子 の。 4歳からを習ってはいたもの、家庭の方針で父の芝居の稽古場や楽屋に出入りすることはなく 、演技を学んだのは宝塚入団後であった。 宝塚大劇場での退団公演中に父を亡くしたが、休演することなく舞台を務めた。 2015年に父と縁深かった とが33年ぶりに主演した『』で父の作品に初挑戦した。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台公演 [ ]• 2004年4月~7月、雪組『スサノオ/タカラヅカ・グローリー!』 雪組時代 [ ]• 2004年11月〜2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』新人公演:少年時代のフィンセント(本役・)• 2005年4月〜5月、バウホール公演WS『さすらいの果てに』クレア• 2005年6月〜10月、『/ワンダーランド』新人公演:エヴェリーナ(本役・)• 2005年11月、全国ツアー『/ワンダーランド』(全国ツアー)• 2006年2月〜5月、『-オスカル編』少年時代の、新人公演:ルイーズ(本役・)• 2006年6月、バウホール公演『やらずの雨』竹奴/お袖• 2006年9月〜12月、『/タランテラ! 』新人公演:グレフィル伯爵夫人(本役・)• 2007年2月、中日劇場公演 『/』おゆき• 2007年5月〜8月、『』黒天使(マデレーネ)、新人公演:ヘレネ(本役・)• 2007年10月、シアター・ドラマシティ他『シルバー・ローズ・クロニクル』ヴァージニア• 2008年1月〜3月、『君を愛してる-Je t' aime-/ミロワール』クレマンティーヌ、新人公演:マルキーズ(本役・) *新人公演初ヒロイン• 2008年5月〜6月、『』/アニス(役替わり) *バウホール公演初ヒロイン• 2008年8月〜11月、『ソロモンの指輪/』グロリア、新人公演:アリシア(本役・天勢いづる)• 2009年1月、バウホール・日本青年館公演『』金井静香• 2009年3月〜5月、『風の錦絵/』夜の稲妻、新人公演:ロリータ/レディゾロ(本役・白羽ゆり) *新人公演ヒロイン 雪組トップ娘役時代 [ ]• 2009年7月〜10月、『/RIO DE BRAVO!! 』イリーナ・クズネツォワ、新人公演:マトローナ(本役・) *トップ披露公演• 2009年11月〜12月、全国ツアー公演『/RIO DE BRAVO!! 』ロザリア・ジサント• 2010年2月〜4月、『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』アンリエット• 2010年6月〜9月、『/ロック・オン! 』レア *退団公演 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] 舞台 [ ]• 2011年8月、『』 /おしの ()• 2011年12月、『』()• 2012年1・2月、ミュージカル『』 アンヌ (・・)• 2012年5月、『土御門大路 陰陽師・安倍晴明と貴船の女 「」より 』 若菜 (・)• 2012年10月、リーディングドラマ『』 ジナイーダ ()• 2013年3・4月、オリジナル・ミュージカル『私のダーリン』 吉岡美咲/ラブリー (ほか巡演)• 2013年8月、「異聞『巴御前 女武者伝説』」 / ()• 2014年3月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 お文 ()• 2014年4・5月、ミュージカル『ザ・オダサク 愛と青春のデカダンス』 (神奈川芸術劇場・)• 2015年2・3月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・梅田芸術劇場)• 2015年4月、TOKYO七福神GEKIJO Speedy Shocking Surprised Live『SHUNPU Gaiden 〜春風外伝〜』 遊女お文 (博品館劇場)• 2015年4・5月、『』 薫 ()• 2015年10月、『 Japan Tour 2015』 ゲストボーカル ()• 2016年7月、ミュージカル『』 デイジー・ブキャナン (ほか巡演)• 2016年8月、ミュージカル『もしもしわたし』 山下ことは (高津市民館大ホール)• 2016年12月、『ナイスガイ in ニューヨーク』 ペギー・ エヴァンス (・シアタークリエ)• 2017年4月、『』 元内弥生(サンシャイン劇場・・)• 2017年6月、「おん・すてーじ『』双(ふたつ)」 ほか()• 2017年10月、『ポセイドンの牙』 豊玉エリー(紀伊國屋ホール)• 2018年3・4月、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 アンヌ (日生劇場・久留米シティプラザ・・梅田芸術劇場)• 2018年8月、『大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜』 お茶屋の女主人 ()• 2018年9月、コンサート『The Beginning Final Club Phoenix〜疲れたあなたにイケメンチャージ〜』 ()• 2018年10・11月、浪漫活劇『』 (・)• 2019年4月、『』 女郎おそめ ()• 2019年6月、朗読劇『』 麻子 他()• (2016年) - 石田君恵 テレビドラマ [ ]• 13 (2016年、) - 松下若菜• 第7話(2016年、) - 合コンの参加者• (2016年、テレビ朝日) - 相沢陽子• (2016年、テレビ朝日) - 村山里奈• 第7話 (2017年、) - コンビニの客• (2018年、日本テレビ) - 山口先生• 「映画公開記念!! 今日から俺は!! スペシャル」(2020年7月17日)• (2019年、) - 記者 テレビ [ ]• (2007年12月、)• (2010年、系5局)• (2009年12月、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年9月13日掲載、2019年4月24日閲覧 at the archived 2010年10月23日• 日刊スポーツ. 2011年7月24日. 2020年3月9日閲覧。 2010年6月14日掲載、2012年10月4日閲覧• 2014年11月6日掲載、2018年6月6日閲覧 at archived 2015年3月10日• 2010年5月号『波瀾爆笑!? 我が人生』掲載• 2008年5月19日掲載• 島崎今日子、2016年1月25日号、50頁、『「現代の肖像」女優 愛原実花 運命と歩む演劇の娘』、• つかこうへい『娘に語る祖国』、1998年、Kindle版。 2012年7月8日放送• SPICE(スパイス). 2015年12月11日. 2019年4月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (1930年退団) ・・ 初代(1933年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1955年退団) ・・ (1950年退団。 戦後春日野主演時代雪組の主演娘役) ・・ (1951年ころ。 主演した公演もあったがしばらく固定しなかった) ・・ (1952年ころ) ・・ (1956年~1960年の雪組公演の主演娘役は主に浜、1961年退団) ・・ (1961年~1968年) ・・ (1968年9月28日? ~1970年5月8日? ~1974年3月30日? ) - (1974年3月31日? ~1976年4月5日) ・・ (1976年9月28日? ~1979年3月25日) - 固定スター不在(1979年3月26日~1980年4月7日) - (1980年4月8日~1984年7月30日) - 固定スター不在(1984年7月31日~1985年4月30日) - (1985年5月1日~1988年11月29日) - (1988年11月30日~1991年12月26日) - (1991年12月27日~1994年3月28日) - (1994年3月29日~1997年12月31日) - (1998年1月1日~2002年2月11日) - (2002年2月12日~2002年9月23日) - (2002年9月24日~2006年12月24日) - (2006年12月25日~2009年5月31日) - (2009年6月1日~2010年9月12日) - 固定スター不在(2010年9月13日~2011年3月23日) - (2011年3月24日~2012年12月24日) - (2012年12月25日~2014年8月31日) - (2014年9月1日~2017年7月23日) - (2017年7月24日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。

次の

日曜版「しんぶん赤旗」

愛原実花 nhkから国民を守る党

私は早くこの悪夢から覚めたいです。 昨夜の選挙ステーション@テロ朝に出ていた原口総務相ですが、なかなか良かったのではなかろうか。 私は生理的に嫌いだし、電波利権死守の姿勢は、そもそも総務相失格だと思うし、郵政国有化に至っては訳解らん!? とても首相の器では無いので、9月の代表戦にオザーさんの指令で出馬なんて止めて欲しい)。 仕事をしない、可視化法案という民主党の看板公約を平然と反故にした挙げ句に、敵方が整えた公訴時効法案改正を自分の手柄にするヘビースモーカー。 何党であろうが、このような無定見で人権無視な政治家を二度と政治の表舞台に戻してはなりません。 この人は、選挙の中盤までは楽々当選圏内だったんですよね。 所がイラ菅が消費税発言でどんどん自分の首を絞める過程で危うくなった。 土曜のイラ菅の溝の口の演説も変なんですよ。 投票日前日に、総理が現職大臣の応援演説に入るなんて普通あり得ないでしょう。 それがもう一人の候補者の応援ならともかく。 陣営は、もっと早くイラ菅が来てくれれば、とか嘆いていたみたいですが、アホか! あんたらがすべきだったのは、このヘビースモーカーに、可視化法案で撃って出ろ! と背中を押すことでしょうが。 選挙に入る前に、そうすべきだった。 起きたのは深夜0時。 負けるだろうとは思っていたけれど、48、9は確保出来るのでは無かろうかと思っていました。 法相の落選は全くの想定外。 ひとまずは、参議院議長を決めなきゃならないのですが、そこで、どこと組むかですよね。 社共が自民と組むとは思えないので、自民から議長が出ることはほとんどないでしょう。 あとは公明さんに声を掛けて、公明から出すという形もあるけれど、いずれにせよ、民主から議長を出すのは難儀なことになりそうですね。 個人的には、イラ菅はあらゆる部分で資質を欠いているし、そのトンデモ経済政策は日本経済にトドメを刺すとしか思えないから一日も早く辞めて欲しいんですけれど、それは民主が政権を投げ出すに等しいから、ここはしばらくやらせるしか無いでしょう。 問題は、小沢さんがどう動くかで、今、小沢さんは全くのフリーハンドでしょう。 党を割って第3極だって作れる。 どこかとパーシャル連合するにしても、小沢さんが前面に出ないと、そういう腹芸が出来る人は他にいない。 ここでイラ菅や、枝野さんみたいな反小沢を鮮明にしている人のために小沢さんが汗掻いて恩を売るのか。 枝野さんは早晩責任を取って辞職でしょうから、小沢さんに近い人を幹事長にして、イラ菅が恭順の意を示すのか。 いずれにしても、9月の代表選挙まで党内はぎくしゃくしそうですね。 消費税が敗因として一番大きかったことは事実なれど、それだけじゃないんですよね。 普天間のドタバタ劇あり、イラ菅のトンデモ経済論あり、もちろん可視化法案の後退もあり。 何より、つい去年のマニフェストを、あまりにもぞんざいに扱ったことが、有権者の大きな不信を招いた。 その認識が内閣にも執行部にも無かった。 無論、2人擁立にこだわった小沢さんの責任も免れられるものではないけれど、少なくとも、菅政権誕生で、少しはリカバリーできたはずだったんですよ。 それをアホな執行部とイラ菅のオウンゴールで、みすみす失うことになった。 幹事長という立場にありながら、選挙に必要な手立てを一切講じずに戦略も戦術もなく、仕舞いには自ら所得税増税に踏み込んで傷口に塩を塗り込んだ。 まさに獅子身中の虫! 口先だけで何もできんパープリン幹事長だった。 相変わらず土建の国じゃん。 私は「 政権与党には投票しない」、という主義を貫徹して来たわけですが、民主が政権を取って以来、今回はそれを曲げるしかないな、と思って来たけれど、普天間問題で鳩ぽっぽが玉砕した時点で、もうミンスには投票しないことを決めていたので、ここは候補者も政党も、筋を通した 社民党に投票する。 社民は保坂さんも気の毒だった。 山あり谷ありの人ですが、次の選挙まで捲土重来頑張って欲しい。 滋賀県知事選は、新幹線駅を拒否った現職が当選。 まぁ順当なのかな。 次は長野か… こっちも大石センセイは興味深々のはずだけど。 大町出で、副知事現職のまま土建談合やってた刑事被告人と、霞が関出身でヤッシーと喧嘩判れして中田の副市長から舞い戻った 海千山千の仕分け人と、オヤジが共産党の大幹部で政治経験手腕皆無の若造で、なぜかヤッシーが推してるオボッチャマとの三つ巴。 コッチも、長野の民度が試される、と言ってみるテスト。 土建談合の総元締めがヤッシー御用達のブラックコンサル(第一設計)との 癒着で起こした刑事事件裁判抱えたまま知事自ら談合大ボスに成り上がるのか、共産党幹部の息子でヤッシーの子分が長野で知事を やれるのか、民主大敗で、民主ご推薦のレッテル貼られてる官僚出身者の行く末は。 さて、行く末はいかに。 投稿: 元システム屋 2010. 12 07:37 議席は自民が上回ったけど、実態は民主の独り負けとは言うものの、比例の得票数では400万票自民を上回っている。 「革新」の皆さんは、みんなも立ち枯れも改革も合わせれば、自民の方が多いジャンとは言うだろうけど、結局、一票の格差で上積みしたのは間違いない。 埼玉も東京も公明が2位通過で鉄板だったし、それも食い破れないのは、今後の議会運営に禍根を残す。 比例削減で、議員定数削減とは、どこも言い出せなくなった。 消費税もタブーになった。 今後の国会運営で、この2点を、政党の看板はともあれ、「民意」というスカートに隠れて、手を付けずに先送りされてしまうのは、子々孫々にマイナス。 個々の当落で言うと、一番当選して欲しかった、奈良の山田衆三さんが落ちたのは残念だった。 天然ガスを中心としたエネルギー安保の学者さん。 埼玉の大野さんは民主とは言うものの、良識の府である「らしい」参議院の良識の欠片として、ひげ@自民と手を取り合って、安保外交に見識を光らせて欲しい。 投稿: 2010. 12 07:55 主たる敗因は1人区の軽視ですかね。 消費税で勝負に打って出る作戦も,都市部ではそれなりに効果があったと思うんですが,農村部が多い1人区ではみごとに失敗した。 同じく消費税増税を掲げる自民党に敗れるというのが不思議なんですが,そこは地力の差なのでしょう。 もしかすると,これは小沢執行部時代からの問題で,そのときは単独過半数を目標としていたから,複数定数区への複数擁立に注目が集まっていた。 支持率低下を受けて,守りの選挙にならざるを得ないのに,その転換をする余裕がなかった。 新執行部に1人区が参院選の勝敗を分けるという意識が徹底していれば,消費税の打ち出しももっと抑制的になったか,あるいは参院選では触れないということになったかもしれない。 地域によって違う,こういう雰囲気的なものは,党内の風通しが良くないと執行部に十分に伝わらない。 党内議論の活性化があらためて課題になりそうですね。 投稿: やせ猫 2010. 12 09:13 >神奈川選挙区 小泉昭のロートル振りが目立ってたから、現職で落ちるのはコイツかと思ってたが。 千葉ウサ晴らしに大量死刑執行とかないかな。 >大野元裕氏 谷の他に今回民主の候補で一番驚いたのはこの人の擁立。 元々この人トルコ料理だかが好きで、それが高じて現地で食べ歩きとか続けているうちに気が付けば中東の専門家になったけど、今でも政治より料理の話をしている方が好きだと昔本人出演のラジオ番組で聞いた。 しかしなんで民主党だったんだろう。 TVではどう見ても自民中道って感じでしたが。 >民主が公明党と組むのは時間の問題。 みん党同様いかに自分を高く売るかしか考えていないから、今は果たして売り時かということになるでしょう。 >スペイン 5時15分に起きて見ていても間に合ったってどういう試合だ? ドイツの蛸にお礼に行かないと。 >つかこうへい 愛原実花が宝塚辞めるのは親を見取るのも理由の一つだったと思うのだけど、間に合わなかったね。 >有料版 昨日用事で立川に偶然立ち寄ったけど、人通りは横浜駅並にあるんだけど、上階がテナント入らずにすかすかなビルが多かった。 投稿: 剣 2010. 12 11:53 しかし小沢の夢=民主参院単独過半数は完全に潰えましたね。 これで3年後民主は例え70議席取っても参院単独過半数はありえません。 6年後じゃ民主党が本当に存在してるかどうかも怪しい。 もちろん自民がたとえ政権復帰しても事情は似たり寄ったりで、参院選は政権批判票が集まりやすいという構造上、2大政党制では衆参ねじれは普通のことになるでしょう。 実際欧州では上下両院のねじれはよくあることですし。 そういう意味では2大政党制での新しい議会ルールが必要なんですが、その場合、かつて55年体制の議会ルールで自民がしたように、「与党の側が譲る」事が一番大事なんですが、果たして民主党にそれが出来るかどうか… 投稿: 2010. 誰がなっても同じだと思います。 来年夏まで法務省の勉強会,秋に法制審議会,再来年の通常国会に提出というスケジュールを動かすことは難しいでしょう。 野党時代に民主党が提出していた法案を通せば,すぐに実現した。 それを多くの人が期待した。 しかし千葉さんは,内閣提出法案の一般的なスケジュールで作り直すことにしたわけです。 ただ,そこには自ずと限界があったということもあるのではないかと,それも感じます。 ただ,失望した人も多かった。 重大事件に限ってでもすぐに始められないかという声が民主党の議員からもあがっていましたからね。 投稿: やせ猫 2010. 12 15:29 世田谷区民さん 普天間や政治とカネの問題で批判を避ける「争点隠し」が意図的だったか,成り行きにすぎなかったのかについては判断保留のままです。 はじめは成り行きにすぎなくても,その状態を利用しようという意図が途中から働いたかもしれないですが,そこはよくわかりません。 したがって,私は確信的な「争点隠し戦術」論者というわけではないですね。 はっきりしているのは,菅さんに財政再建をしなければならないというせっぱ詰まった思いがあったことと,自民党の10%案を尊重する姿勢を示すことで自民党との間で増税に関する争点を無効化する意図があったのだろうということです。 いずれにしろ,菅さんが反省しているように唐突な感じは否めないわけで,それはおそらく民主党の人にとっても同じだった。 そこがあやういと有権者に思われた。 これは事実だろうと思います。 投稿: やせ猫 2010. しかし「増税に関する争点を無効化する意図」というのは、そもそも無意味ですよ。 自民党がどう言おうが、財政に対しての「せっぱ詰まった思い」が本気なら、争点もなにもないでしょ。 自分の頭で考え、自分の言葉で国民に語りかければよいだけであり、争点になりそうだから同じことを言って無効化しようだなんて姑息な考えであったとしたら、財政・税制改革を舐めてかかっていたということですよね。 到底、本気とは思えない。 正直言って、「争点隠し説」ってのは「なんでこんな大事な時に消費税なんて言い出したんだ?」って菅首相の言動を正当化したいが為の後知恵です。 投稿: 世田谷区民 2010. 12 16:33 選挙特番、NHK見ないでテレ東見ればよかったorz 期待を裏切らなかった池上彰の選挙特番 冒頭は「学べるニュース」と同じようにフリップを使って分かりやすく今回の選挙のポイントを説明しお茶の間を和ませたのも束の間、NHKや他の民放各局が決して触れない公明党と創価学会の関係や日教組について平然と切り込み、公明党の山口那津男代表を「創価学会員の皆さんが菅さんを嫌っているから連立組まないんですよね?」と挑発しムッとさせた。 開票早々に東京選挙区で当選を決めた民主党の蓮舫行政刷新担当相には、民主党が参院で第二党に転落したことと、蓮舫氏の事業仕分けでの名言を掛けて「一番じゃないとダメなんですか? の通り二番になりましたね」と言い放ちこれまたムッとさせた。 すると谷氏は一瞬言葉を失ったあげく、しどろもどろにまったく的外れのの答え。 リアルで見たかった・・・ 投稿: 2010. 少数の論点で対立軸を鮮明にしたいというマスメディアの特性が作用していると思います。 鳩山さんとの交代が6月初旬で,消費税増税を口にしなかった鳩山さんから財政再建を重視する菅さんに代わった。 菅さんとしては政府が選挙前に「財政運営戦略」などを発表するから有権者への説明としては十分と思ったんでしょうね。 しかし,国民には浸透しなかった。 それどころか党内にも浸透しなかった。 菅さんに代わったことで支持率はV字回復したけれども,野党は,方針の転換を民主党の「迷走」と主張した。 いろんなことがドタバタしたのはやむを得なかったかなと思います。 投稿: やせ猫 2010. 12 17:02 >仙谷さんが官房長官になって,だいぶ押さえはきいているように思いますが,本人が聞き入れるかどうかはまた別の話ですから。 菅さんは,小政党時代の行動様式がまだ払拭できていないのですかねえ。 投稿: やせ猫 2010. 12 15:50 たしか、 『仙谷氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。 仙谷氏の発言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。 』 これが、『思いつきで』でなく発言したのであれば、民主党の外交常識を疑いますよ。 ね、大石先生。 投稿: 2010. 12 17:27 横から割り込んですみません。 民主党の政策INDEXでは次のように書かれています。 むしろ,「思いつき」でないから産経新聞あたりが危険視しているのではないですか。 それがあなたの「外交常識」にかなうかどうかは見解の違いですから,具体的案件にそくして議論すればいいのではないかと思いますが。 投稿: やせ猫 2010. 12 17:43 悲しいお知らせ、日刊ゲンダイが・・・・ 民主惨敗 政権しがみつき困難 三日天下に終わりそうな民主党の負けっぷり まあ、見事なまでの民主党の惨敗だ。 50議席さえ確保できず、改選数を10も割り込む44議席。 参院で法案を成立させるのに必要な過半数に16議席も足りない。 何のために鳩山・小沢コンビを 取り換えたのか分からない最悪結果になってしまった。 これで民主党政権は八方ふさが りだから、党内に衝撃が走っている。 「とくに1人区は8勝21敗とひどい成績で、激戦区を全部落としてしまった。 安泰といわれていた栃 木や、仙谷官房長官の地元の徳島まで逆転負けです。 小泉内閣時代の郵政選挙以来の久々の屈 辱ですよ。 菅首相や枝野幹事長は進退は考えていないと続投を宣言したが、それで済むかどうか。 3年前の参院選で惨敗した安倍 首相は居直り続投したが、辞めろの大合唱で病気になってしまって総理を放り出した。 在りし日の日刊ゲンダイ 投稿: 2010. 12 18:02 民主党ってブーメランが好きですねw 自民苦しめた「直近の民意」、民主へブーメラン 参院選の予想以上の大敗により、菅首相の政権運営の展望は極めて描きにくくなった。 首相は12日朝、仙谷官房長官らと会談した際、「参院の議席数がこうなり、皆さん方に苦労をかける」と述べ、一致結束して難局を乗り切る考えを示した。 首相は未明の記者会見で、国会運営について、政策ごとに野党に連携を呼びかける考えを示した。 だが、民主党には今後、2007年参院選以降、自らがとってきた対応がブーメランのように戻ってくることが予想される。 当時、自民、公明連立与党は大敗、衆参はねじれ状態となった。 民主党は「直近の民意」を重視する姿勢を打ち出し、法案処理や同意人事などで、政府・与党と徹底的に争う姿勢を貫いた。 新テロ対策特別措置法の延長問題や日銀総裁の同意人事などで「拒否権」を連発したことは、政府・与党を追いつめ、安倍、福田両政権は短命に終わった。 投稿: 2010. 12 18:14 ま、ゲンダイは小沢新聞だからね。 12 18:19 結局、民主党はなんでも突然なんですよ。 鳩山の普天間も、管の消費税も、仙石の補償問題も、前原の八ツ場ダムも、 前後を考えないで、突然出てくる。 だから、消費税などは、国民が驚くだけじゃなくて、党内も驚いている。 その結果「争点隠し」などとうがったみかたまでされる。 そりゃ、政策集だかマニフェストだかには書いてあるのかもしれません。 しかし、消費税も普天間も補償も「何故今なの?」には答えられないでしょう? そして、落し所も無しで出してくるから、八ツ場や普天間みたいにうまく行かないとほったらかしになる。 これじゃね、国民は振り回されるだけです。 そして、本当にやってもらいたい政策「生活が第一」はどうなったんですか? 民主党政権はお子様政権としか思えません。 投稿: まも 2010. しかし,自民党は,政権にいたときにとうとうできなかった消費税増税を,野党になってから,なぜあんなに具体的に言い出したのですかね。 民主党マニフェストの財源批判をしていたせいで,それを言わないとまずいと思ったんでしょうか。 まじめというか,お人好しというか。 増税を匂わせるのが民主党だけなら,選挙戦はずいぶん有利に進められたでしょうに。 いずれにしても,気づいてみれば,自民党は民主党の財政強化策に反対できない。 消費税増税は民主党の公約にもなってしまいましたから,自民党が10%案を宣伝すればするほど,民主党の露払いになってしまう。 もともとは,財源に無頓着な民主党との差別化を図って,意気込んで提案したのでしょうけれども,なんともご愁傷さまなことだと思います。 投稿: やせ猫 2010. 12 19:10 失礼しました。 訂正です。 やせ猫さん >消費税増税を言い出したこと自体が敗因ではなく,それへの批判を民主党だけが引き受けてしまうような巡り合わせと民主党の力量に問題があったのだと思います。 >しかし,自民党は,政権にいたときにとうとうできなかった消費税増税を,野党になってから,なぜあんなに具体的に言い出したのですかね。 民主党マニフェストの財源批判をしていたせいで,それを言わないとまずいと思ったんでしょうか。 まじめというか,お人好しというか。 増税を匂わせるのが民主党だけなら,選挙戦はずいぶん有利に進められたでしょうに。 いずれにしても,気づいてみれば,自民党は民主党の財政強化策に反対できない。 消費税増税は民主党の公約にもなってしまいましたから,自民党が10%案を宣伝すればするほど,民主党の露払いになってしまう。 もともとは,財源に無頓着な民主党との差別化を図って,意気込んで提案したのでしょうけれども,なんともご愁傷さまなことだと思います。 投稿: やせ猫 2010. 22 11:58< 投稿: 世田谷区民 2010. 決して口当たりのいいことは言わず、ことさら毒づいてみせます。 でも、暖かい心の持ち主なのでしょう。 作品を読んでも、浪花節というか、琴線に触れるツボを心得ています。 大石様の小説でいうと、「第二次太平洋戦争」のラストです。 敵味方に分かれたかつての恋人が、高所から落ちるのを腕を掴んで支えるシーンです。 主人公のヘッドセットのカメラが恋人の姿を捉える中、戦いの空しさを互いに確認する様が、世界中に衛星で生中継されますね。 私、鼻の奥がツーンときました。 つかさんの書かれたものには、そういった泣かせどころがやたら多いものですから。 ご冥福をお祈りします。 投稿: ペンチ 2010. 12 19:26 やせ猫さん >その当時,私はそのように考えておりましたよ。 消費税で民主党がこんなに不利になるとは思っていませんでした。 < 結局、不利とか有利とかの選挙戦術でしかやせ猫さんは消費税問題を捉えてなかったのが明らかです。 その意味において、「争点隠し」説を言わざるを得なかったし、やせ猫さんにとって消費税なぞどうでもいいってこと(もしくは増税反対論)でしょう? 従って、このセンテンスも民主党の公式見解をなぞっているだけでしかなく、貴方にとっても後付の擁護論でしかありませんよ。 >菅さんが提唱した「強い経済,強い財政,強い社会保障」の1つのアイテムとして消費税があったわけですが< やせ猫さん、後追いの擁護論でなくそろそろ「民主党政権はどうあるべきか」って是々非々のコメントしていくのが良いと思いますが。 老婆心ながら。 投稿: 世田谷区民 2010. 12 20:00 落選の千葉法相は続投=首相方針 7月12日 月 11時32分配信 時事通信 菅直人首相は12日、参院選神奈川選挙区で落選した千葉景子法相を続投させる方針を決めた。 仙谷由人官房長官が同日午前、首相公邸で首相と協議した後、記者会見し、「行政の継続性の観点から(千葉法相が)続けていただくことが望ましい。 首相とも再確認した」と述べた。 民間からの大臣の登用が制度として許されている以上、可能性としてはないことないとは思ってましたが、まさか本当にやるとは。 ここまで、民意を踏みにじるというか、空気読めないというのか・・・ある意味感心します、というか、そこまでして自爆したいんでしょうか? 投稿: モチキセキセキ 2010. 増税して社会保障に回して経済成長すれば財政も経済も社会保障も一石三鳥、俺って頭良い!… ところでそれでもよくわからないのは、増税して経済成長、でも次の選挙まで消費税は上げません!…じゃあ次の選挙まで経済成長はさせないつもりなんですかね?それとも消費税以外の増税?少なくとも経済の疲弊した地方の人からしたら次の選挙まで経済は打つ手なしです、諦めてください、と聞こえたのでは。 こういった切羽詰まった地域に、次の選挙の後の話を訴える政治センスの無さは相当なものです。 そりゃ負けるはずです。 投稿: 2010. 12 20:32 橋本政権にしても、竹下政権にしても消費税増税を出したら選挙に負けている。 消費税論議なんて参議院後に出せばいいのに、参議院で出して大負けしたら、政権の運営自体が立ちゆかなくなることに考えが及んでいない時点でダメだと思う。 しかも、超党派の議論をすることを公約として断言したから、自民党を参加させないとならないが、自民党はこれを逆手にとって参加条件に無理難題をふっかけて政権を立ち往生させ衆議院解散を狙うだろうし。 ようするに危機管理とダメージコントロールができていない。 だめだなあ 小沢氏が「一人区が勝負所」と散々言っていたのにねえ。 打開策は菅が消費税増税を断念するしかないね。 投稿: 個人投資家 2010. 12 21:16 >民主党の二人擁立策は共倒れさえしなければ勝ちに含めて良いと >思います。 その効果もあったのか比例では自民12に対し >16議席獲得したわけですし。 >問題があったとしたら埼玉ですかね。 現職が落ちて新人が >勝っているので。 選挙戦略については素人なのでつっこみ大歓迎(笑)。 埼玉だけじゃなくて、神奈川も見事に法相不適格者が落選してますが・・・あ、どっちも現職ということですか。 二人擁立していなければ、民主党はリソース(=はっきり言えば、お金)をもっと一人区に注力できたんでしょうから、ここまでの一人区の惨敗はなかったのでは?その意味では、二人区が二議席取れなかったというのは、戦略失敗と言えるんじゃないでしょうか? それから、複数議席の地域で二人以上を擁立することが、比例の獲得議席数に好影響がある(かもしれない)とよく言われていますが、そんなことってあるんでしょうかねぇ? 是非、エキスパートの方のご意見をお聞かせ下さい。 投稿: モチキセキセキ 2010. 12 21:48 流れを切ってすいません。 >つかこうへい エッセイ(というのでしょうか)の大ファンでした。 (作品はあまり読んでませんが、、、) つかへい犯科帳とつかへい腹黒日記をまた買おうと思ってます。 実は、最初に先生の「ここは変だよ康夫ちゃん」を読んだとき、つか先生に通じるような雰囲気(毒というのでしょうか?うまく表現できませんが、、、)を受けました。 (九州出身だということで、もしかして同一人物?とかも思ってた時期もありました。 これは先生には怒られるのでしょうか?) こんな時に亡くなられて、ご本人はどんな感想を書かれるのか想像するだけで、私のワールドが広がってしまいます。 ご冥福をお祈りします。 投稿: 北のおじさん 2010. 12 22:25 >橋本政権にしても、竹下政権にしても消費税増税を出したら選挙に負けている。 菅さんも敗戦会見で消費税に関する自らの発言が有権者の十分な理解を得られなかったことを挙げたが、それなら、なぜ同じ消費税増税を明言している自民党が改選前から議席数を大幅に増やしたのかが分からない。 ネットの世論調査が、果たしてどれだけ本当の民意を反映しているのかという疑問はおおいにありますが、やほーの「みんなの政治」の「2010年7月11日に実施された参議院選挙では与党が過半数割れ。 「与党過半数割れ」の最大の原因は何だと思いますか?」というポールでは、「政権の10か月の実績が評価されなかった」が41%と、二位の「民主党党首の言動」の20%を倍以上も引き離し、トップの敗戦原因と指摘されています。 普通にみれば、やはりこの10ヶ月間のやりたい放題の政策を国民はちゃんと見ていた、ということだと思っています。 投稿: モチキセキセキ 2010. 12 22:28 >選挙特番、NHK見ないでテレ東見ればよかったorz >期待を裏切らなかった池上彰の選挙特番 jカスでも絶賛されてますね(www ようつべで拾い見しましたが、面白かった・・・というか、このくらいのつっこみが新鮮に思えるって言うのは、日本のマスコミのレベルの低さを物語ってると言うべきか。 しかし、一番おかしかったのは、谷のインタビューの回線がつながらず、まだ他の局のインタビューが続いている(自分の局の時間に食い込んでいる)のが分かった時のコメント。 「他の局の迷惑を考えずにインタビューを続けているひとがいるようですが」・・・で、犯人はテレ朝の古舘伊知郎(爆笑)。 うーーーん、池上さん、子供ニュース時代からのファンですが、GJです。 投稿: モチキセキセキ 2010. 衆議院でも同じだが破られた先例がある。 細川政権が成立した時、衆議院第一党は自民党だったが、議長になったのは野党会派第一位の社会党(ちなみに自民は223議席で社会党は70議席) なお、破った張本人は小沢一郎。 恒例のブーメラン。 >相変わらず土建の国じゃん 普天間代替移設問題と諫早湾問題で、民主党県連が犬塚を見放しまくった事実を知らんのかいな? ついでに言えば、ロクに実績のない人と実績のある人ならそりゃ後者選ぶでしょうよ。 相手が何処の党の候補だろうが。 基本的に議員は選挙区の利益の代弁者も兼ねているのに、そんなことそっちのけで、じゃあ外交や国防に力を入れているのかと言えば、変なことやっていたり、変なこと口走ったり、自陣営の統制も取れないことしかしていないんじゃあ、そりゃ落選するのが当たり前でしょうに。 投稿: 2010. しかし、個人的に一番ウケたのは、女子アナの天然ボケが産んだ強烈な一言でした。 池上氏と女子アナコンビで、選挙事務所巡礼の旅での一幕です。 これには先輩女子アナも池上氏も慌ててましたw もちろん民主議員は渋い顔。 で、これをそのまま放送しちゃうテレ東は神! 投稿: 2010. 12 23:45 >池上彰の選挙特番 これ、NHKのチェックしながら時々除いてましたけど、メチャクチャ面白かったですね。 巣鴨の一角で、縁日の日だから人が集まる、っていう状況で、高いビル上から党代表の演説の採点をヤルのが上手い!! これは上手いですよ。 暑い、って意識させたトタンに、じゃあ帰ろうか、ってひと出ますよ」 ってな調子。 もう至芸ですね、これ。 投稿: 元システム屋 2010. 私の関心の焦点はそこですから,そのとおりです。 消費税増税の可否についての関心は,それに比べれば小さい。 私の関心事は,まず政治に関係する人たちの行動を理解することです。 ネットの世界には民主党批判が満ちあふれていますから,コメントすれば,民主党擁護となり,信者といわれてしまう。 それだけで私にとっては十分すぎる分量になります。 私の周囲には民主党シンパが多いのですが,是々非々の非々については,そういう中では盛り上がります。 ネットではそういう気分になりにくい。 せっかくのご忠告ですが,しばらくは今のスタイルが続くのではないでしょうか。 投稿: やせ猫 2010. 政教分離でわれわれ政治サイドは別の考え方をもっています」 自民党の谷垣の街頭演説に対して 亀井が演説のツカミがあるのに対し 「つかみから入ってないんですよ。 自民党やみんなの党が票を伸ばしていることについてはどう解釈をしていますか?」 最後に「枝野さんが菅さんの身代わりになって責任をとると政界では見られていますが、いかがですか」 池上無双だなw 本来、ジャーナリストはこうでないと。 投稿: 2010. 13 06:09 >なぜ同じ消費税増税を明言している自民党が改選前から議席数を大幅に増やしたのかが分からない。 自民党が一人区でほぼ全勝したことから分かるように、自民党は支持団体の組織票固めをして歩いたから。 逆に浮動票が多い民主党は、消費税増税で浮動票が離れて、「みんなの党」に流れた。 これは比例区の得票数で、前回の参議院選挙より民主党が減らした分が、ほぼ全部「みんなの党」に流れたことから分かります。 「みんなの党」の「増税の前にやることがあるだろう」CMは効いたでしょう。 >やはりこの10ヶ月間のやりたい放題の政策を国民はちゃんと見ていた、ということだと思っています。 菅内閣が成立したときの支持率V字回復を説明できない。 ネットの世論調査は、サンプリングが偏らないようにする統計調査の基本がなってないから基本的にダメ。 きちんとサンプル調査をした世論調査では、Yahooより遙かにきちんとした結果が出ている。 投稿: 個人投資家 2010. 13 07:34.

次の

サンシャイン

愛原実花 nhkから国民を守る党

参院選(21日投開票)で41人もの候補者を立候補させている「NHKから国民を守る党」(立花孝志代表)の気になる政見放送の内容は? 立花氏は元NHK局員で、NHKを見たくない視聴者へのスクランブル放送化を公約に掲げている。 3年前に東京都知事選に出馬した際は、政見放送で「NHKをぶっ壊す」と連呼し、話題となった。 N国党は参院選で、立花氏を含め4人が比例代表、37人が選挙区から出馬し、自民党、立憲民主党に次ぐ数の候補者を擁立する一大勢力に成長。 NHKのニュースでもこれまでのように諸派扱いはできなくなった。 参院選では政見放送の枠も都知事選の6分から17分と拡大し、全国放送される。 その中身はNHK局員が耳をふさぎたくなる内容にパワーアップしている。 「冒頭、3年前にNHKのアナウンサー同士の不倫路上カーセックスの問題を4分近く話しました。 男性アナは局内に残って、女性アナは契約で切られた。 いまだに隠蔽していてパワハラでありセクハラ。 受信料不払いとスマホから課金しようとしている話などにも触れています」(立花氏) 今回は立花氏だけではない。 選挙区から出馬した37人が、それぞれのエリアで6分(経歴30秒、政見5分30秒)の枠で、NHK斬りしている。 大分選挙区から出馬している牧原慶一郎氏は5分30秒、何も話さず沈黙した。 立花氏は「私はカーセックス不倫問題を取り上げたが、ほかのNHKの不祥事を追及している候補者や、『NHKをぶっ壊す』だけを連呼しているだけの候補者もいる。 あとでユーチューブにまとめたときに、すごいインパクトになる」と語る。 4月の統一地方選で旋風を起こした実績から1議席確保かつ政党要件を満たせる可能性に自信をのぞかせるN国党。 立花氏の政見放送は10日朝の予定だ。 あわせて読みたい•

次の