なか の ありさ。 仲田ありさ

プロ歴半年の中野ありさが優勝 女流モンドチャレンジマッチの出場権を獲得/ 第13期夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2019~個人戦決勝

なか の ありさ

女子プロレス団体のスターダムを運営するはブシロードファイトは20日、所属選手でワンダー・オブ・スターダム王者の星輝ありさ(24)がかねてからの首および頭部負傷のため引退することを発表した。 10度防衛中の同王座は返上となる。 同団体は「星輝選手の現在の負傷の状況、気持ちを考慮の上、話し合いを重ねた結果」と説明。 「興行を中止している状況のなか、星輝ありさ選手の試合を楽しみにされていらっしゃったお客様には突然の発表となり申し訳ございません」と謝罪した。 星輝はアマチュアのシュートボクサーを経て、11年1月にスターダムでプロレズデビュー。 12年6月には「学業への専念」を理由に休業後、引退を発表。 14年にはシュートボクシングでプロデビュー。 18年11月にはスターダムで女子プロレスに復帰。 今年3月8日の大会を頭部などの不調により当日に欠場を発表してからは、表舞台に姿を見せないでいた。 【星輝ありさのコメント】 スターダムファンの皆様 プロレスファンの皆様 お久しぶりです。 そしていつもありがとうございます。 星輝ありさです。 一度「待っていてね」と言ってからやっと公表できることになりました。 3/8の後楽園大会から首と脳の不調で欠場しておりましたが、医師や原田さん(克彦/ブシロードファイト社長)、小川さん(ロッシー小川/スターダム・エグゼクティブ・プロデューサー)との話し合いの結果、引退することとなりました。 不調が出たのは1年前からでしたが、プロレスをやることが楽しかったのと好きな気持ちが勝っていたのでなんとか続けることができていました。 ですが、今年に入ってから体調が悪化してこれまでの試合で色々蓄積していたこともあり、精神的にも肉体的にもバランスがとれなくなってしまいプロレスはもちろん、運動すら続けられる状態ではなくなってしまいました。 現在、首は良くなりましたが、脳の調子は変わらず良くない状態です。 そして、私がこのような状態になってから早くベルトを返上したかったのですが、新型コロナウイルスなどの影響でタイミングが合わなくて返上できないままで、モヤモヤした方も多かったと思います。 私もでした。 夏(すみれ)選手主催興行から始まった(刀羅)ナツコ選手との決着、東京ドームから始まったジュリア選手との決着、そして大切で大好きなツンデレな相方・(中野)たむちゃんとの約束。 白いベルト(ワンダー・オブ・スターダム王座)をかけてこの3人とは特に闘いたかったのですが、私の身体のせいで果たせず、この3人、楽しみに待ってくれていたファンの皆様、ごめんなさい。 最後はリング上でファンの皆様にお伝えしたかったのですが、引退と同時に返上する形になってしまいました。 スターダムの大会ができない中での発表となってしまい本当にごめんなさい。 今後は、身体やメンタルの様子を見つつ、この状態の私でも続けることができるお仕事をやっていきます。 皆様、短い時間でしたが応援してくださり本当に本当にありがとうございました。

次の

仲田ありさ

なか の ありさ

夕刊フジ杯争奪第13期麻雀女王決定戦の個人戦決勝が2月22日に行われ、中野ありさ()(ひまわり)が優勝を果たした。 中野ありさは女流モンド杯出場のチャンスがある「第6回女流モンドチャレジマッチ」の出場権を獲得した。 決勝メンバーは宮本祐子(ジャンバカくん)、水口美香(ハートランドミニ)、中野ありさ(ひまわり)、御崎千結(LAST FIGHT)。 3回戦の対局を行い、トータル1位が優勝となる。 対局は、1回戦は三人が接戦の状況を水口が制して好スタート。 中野は苦しい箱下の4着となった。 しかし、2回戦では中野が東4局の親番でリードを広げ、南2局では水口から5200の直撃。 水口を4着にしてトップを取ることに成功。 3回戦は御崎、水口、中野はトップを取ったら優勝という条件になった。 水口は東1局の親番で4000オールを決め一歩リード。 しかし東2局1本場で親の中野がドラはないもののダブルリーチの 待ち。 終盤で南家の宮本が追い掛けリーチをかけたものの河底で を放銃。 裏に が乗り水口をかわしてトップ目に。 その次局もダブ 暗刻の 待ちのリーチをかける。 水口も 待ちの追い掛けリーチをかけ大きな勝負局に。 完全に手詰まりとなってしまった宮本が を放銃となり裏1で12900。 リードを広げた。 その後は水口が地道に点差を詰め、中野まで2000点差としてオーラスを迎えた。 南4局0本場では中野が聴牌時点で6枚残りの両面聴牌をいれるも惜しくも流局。 親の御崎、水口も聴牌し、もう1局となった。 そして1本場では御崎が終盤に七対子ドラドラのリーチを打つも流局。 水口と中野も聴牌を入れていたが、中野は海底でオリを選択。 時間切れで最終局となった2本場は、水口と中野のアガリ勝負となった。 中野が先にタンヤオの聴牌。 ペン 聴牌から シャンポン待ちに変化。 水口は 待ちの聴牌。 山に5枚対2枚の対決となったが水口が を掴み中野が最後のアガリ。 優勝を決めた。 優勝した中野は「楽な局面は一度もなかったですが、ここまで来れて本当に良かったです。 毎回自分の選択は正しいのかなと自問自答しながら打ちました。 最近祖父を亡くし、祖父の為にも頑張っているところを見せたかったです。 早く地元に帰って、家族、祖父に報告したいです。 」と涙ながらに語った。

次の

スターダム・星輝ありさ突然の引退「脳の調子良くない」(デイリースポーツ)

なか の ありさ

略歴 [ ] 『』のすず役で初のメインキャラを務める。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 2016年• (子パンダ、女の子)• (生徒)• (男の子)• ( すず〈 座敷童子〉 ) 2017年• (奈々、中学女子バスケ部員B、女子高生、彼女、クラスメイト)• ( 桜井小春 ) 2018年• ( 篁いおり )• (女子)• (日向野優衣)• (観客、通行人、客、生徒、ライブ客)• (クラスメイト、司会、生徒) 2019年• (2019年 - 2020年、女子高生、観客、花女生徒D、女子生徒、生徒) - 2シリーズ• (コメ兵店員、カラオケ客) 2020年• (ニト)• (女生徒A、幼少期蓮、街の人、観客) 劇場アニメ [ ]• (2019年、観客) ドラマCD [ ]• ドラマCD( すず〈 座敷童子〉)• ドラマCD(腐女子) ボイスドラマ [ ]• 新宿コネクティブ(零栓院胤正)• LVELSボイスアクト• 青春ゲットバック2• アプリ 天空のクラフトフリート• モーションコミック [ ]• プレイビーアンドガール• 夜と怪奇と少女と鉄• LooserRainbow• にゃっちーず• モーションコミックでウサギさん• 北欧女子• イヌギキ 舞台 [ ]• アベンジ502号室• みけねこ丼(ティル・ナ・ノーグ) ナレーション [ ]• どこでもキャッチャー• アピスファーマシー• 学校教材 みんなのモラル• CPunited ラジオCM 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の