小塚崇彦。 小塚崇彦の現在の仕事・収入は?離婚で生活苦に大島由香里は?悪評でクビの危機は?

大島由香里と小塚崇彦の子供(娘)インスタがそっくり!別居,離婚危機は父のわいせつ事件や実家の倒産も原因?

小塚崇彦

フィギュアスケート男子で11年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦(26=トヨタ自動車)が、進退を今夏にも決断する意向を示した。 11日、都内で行われたトークショーで今後に触れ、「4月から大学院に復学しました。 修士論文があるため、ちょっとスケートのほうを3カ月間はお休みします。 その進行状況で、その後を考えたい。 戻るのか、戻らないのか」と心境を明かした。 12位に終わった先月の世界選手権後には、「戦う意志があるなら続けるし、ないならやめる」と去就について述べていた。 「ほぼ初めて」というこの日のトークショーには、都内の百貨店にファン約200人が集合。 登場から黄色い歓声に包まれた。 思い出の試合なども振り返り、ファンへのプレゼントじゃんけん大会なども開かれた。 最後には「もし戻ってきたら応援よろしくお願いします」と笑顔で話していた。 photo• スポーツ 東海大静岡翔洋・深沢、走り幅跳び高1日本記録でV []• 陸上 [7月19日 11:06]• スポーツ [7月19日 11:06]• 陸上 [7月19日 11:06]• コラム [7月19日 11:00]• スポーツ [7月19日 8:49]• ラグビー [7月19日 8:49]• モーター [7月19日 8:49]• フィギュア [7月19日 8:02]• モーター [7月18日 23:36]• 陸上 [7月18日 19:36]• テニス 試合のないジュニアらにプロと対戦でアピールの場を []• テニス [7月17日 19:01]• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [6月28日 20:03]• 陸上 東海大静岡翔洋・深沢、走り幅跳び高1日本記録でV []• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月18日 19:36]• 陸上 [7月18日 19:06]• 陸上 [7月18日 19:00]• 陸上 [7月18日 17:52]• 陸上 [7月17日 11:37]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 陸上 [7月16日 14:35]• フィギュア 審判思わず涙…ソルトレーク五輪で不正採点疑惑 []• コラム [7月19日 11:00]• フィギュア [7月19日 8:02]• コラム [7月18日 11:00]• フィギュア [7月18日 9:13]• フィギュア [7月18日 8:01]• コラム [7月17日 11:00]• フィギュア [7月17日 9:19]• コラム [7月16日 11:00]• フィギュア [7月15日 16:35]• フィギュア [7月15日 16:06]• バレー バレー代表小野寺太志「自分と違う」若手台頭に刺激 []• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バレーボール [7月7日 18:56]• バレーボール [7月6日 21:42]• バレーボール [7月4日 11:05]• バレーボール [7月4日 11:05]• バスケ 渡辺、筋トレで体重増「バスケできること自体幸せ」 []• バスケットボール [7月18日 12:43]• バスケットボール [7月18日 12:32]• バスケットボール [7月17日 18:22]• バスケットボール [7月17日 12:43]• バスケットボール [7月17日 9:43]• バスケットボール [7月16日 9:56]• バスケットボール [7月15日 8:55]• バスケットボール [7月14日 19:39]• バスケットボール [7月14日 12:15]• バスケットボール [7月14日 8:13]•

次の

小塚崇彦氏と大島由香里アナ離婚 原因は夜遊び、モラハラ、“羽生芸人”と女性をホテルに連れ込んだ夜

小塚崇彦

Contens• 小塚崇彦の現在の仕事は何? 小塚崇彦さんは、現在、トヨタ自動車に務めながら、フィギュアスケート、レースの仕事を行なっています。 小塚崇彦さんは、2000年代から2010年代にかけて活躍をしたフィギュアスケート選手でした。 2005年ジュニアグランプリファイナルで金メダルを獲得したのを皮切りに、現役時代には、世界を舞台に、金メダル3つ、銀メダル4つ、銅メダル3つと華々しい結果を残しました。 2016年3月末日をもって、現役を引退。 その後、小塚崇彦さんは、現役時代からの所属先であるトヨタ自動車でスポーツ強化に取り組み、フィギュアスケート関連の仕事やレーサーデビューなどマルチな活躍をしています。 トヨタ自動車株式会社のスポーツ強化・地域貢献室に 所属(非常勤嘱託• プロフィギュアスケーター• 日本オリンピック委員会 JOC でオリンピック・ムーブメントアンバサダー• 九州医療スポーツ専門学校の特別講師• 埼玉トヨペットGREENBRAVE開催の育成プログラム入りしてレーサーとしてもデビュー• フィギュアスケート用の新ブレードの開発• フィギュアスケート教室「小塚アカデミー」 フィギュアの仕事だけでなく、レーサーデビューしていたことは驚きですよね。 同年7月、富士スピードウェイで同レースで見事にデビューを飾りました。 さらに、JOCオリンピックムーブメントアンバサダーに選出され、北海道庁や札幌市と共に、2030年冬季オリンピックを札幌に招致するための活動を行なっています。 小塚崇彦のフィギュア引退理由は? 小塚崇彦さんがフィギュアスケートの現役を引退した理由は、「これが引退するタイミングなんだ」ふと感じたためであると、Sportsnaviのインタビューで明かしています。 小塚崇彦さんは、2015年末の全日本選手権のフリースケーティングで、最後のポーズをとった瞬間に、「これが引退するタイミングなんだ」と感じ、佐藤信夫コーチに話し、引退を決定しました。 しかし、小塚崇彦さんの引退には、実の父親の強制わいせつ裁判が関係していたのではないかと言われています。 2015年10月6日発売『週刊女性』が、小塚崇彦さんの父親である小塚嗣彦さんが、中京大学スケートレクリエレーションコーチ時代に助手まで務めた元教え子に対する強制わいせつで民事訴訟を起こされていたことを報じました。 事件が起きたのは、2012年5月31日。 元教え子は、2014年1月に名古屋市内の警察署に告訴しましたが、事件から1年以上が経過していたことや、証拠不十分であったことから、刑事事件としては不起訴になっています。 小塚嗣彦さんは、スケート王国である名古屋にて大きな影響力を持つ重鎮であり、小塚崇彦選手の祖父に当たる光彦さんは、1953年に愛知県下初となるスケートリンクの完成に尽力した偉大な功労者です。 そんな名古屋のスケート界で力を思つ小野家が起こした騒動によって、小塚崇彦さんが引退を決意したのではないかと言われています。 小塚崇彦と大島由香里の離婚理由は? 小塚崇彦と大島由香里の結婚 小塚崇彦さんは、 2016年2月20日に、5歳年上の大島由香里さんと結婚 しました。 当時、大島由香里さんはフジテレビ報道のエースとして期待をされていたアナウンサーでした。 結婚後、名古屋に拠点をもつ小塚崇彦さんと、東京を拠点にする大島由香里さんはしばらくの間、別居婚を続けていました。 そして2017年4月に長女「樺子」ちゃんが誕生をしたことをきっかけに、大島由香里さんは同年末にフジテレビを退社。 フジテレビ退社後は、縁もゆかりもなかった名古屋に引っ越し、家族3人で暮らし始めました。 小塚崇彦と大島由香里の子供は? 小塚崇彦さんと大島由香里さんの間には、娘が1人います。 2017年4月に誕生し、名前は「樺子(かこ)」ちゃん。 小塚崇彦さんのインスタグラムや、大島由香里さんのブログにアップされることも多く、顔出ししています。 娘・かこちゃんは、小塚崇彦さんに「そっくり」と言われています。 小塚崇彦と大島由香里の離婚理由は? 小塚崇彦さんと大島由香里さんは 2019年12月末に 離婚を発表しました。 2人は「多忙によるすれ違い」を理由に、2018年12月には別居が報じられていました。 しかし、離婚理由は「多忙によるすれ違い」ではなく、以下の理由が有力であると言われています。

次の

小塚崇彦の現在の仕事は何?大島由香里との離婚や引退理由まとめ

小塚崇彦

獲得メダル 大会 1 位 2 位 3 位 0 1 0 0 1 1 0 1 1 1 0 1 1 0 0 1 0 0 合計 3 3 3 銀 男子シングル 銅 男子シングル 銀 男子シングル 銅 団体 金 団体 銀 男子シングル 銅 男子シングル 金 男子シングル 金 男子シングル 小塚 崇彦(こづか たかひこ、:Takahiko Kozuka, - )は、2000年代から2010年代にかけて活躍したの選手(男子)。 最終学歴は中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程修了。 現在はトヨタ自動車に所属する傍ら、プロフィギュアスケーター・フィギュアスケートデモンストレーターとしてフィギュアスケートを始めとしたスポーツの普及活動を行う。 JOCオリンピックムーブメント・環境アンバサダー兼委員。 スペシャル・オリンピックス日本ドリームサポーター。 一般社団法人日本フィギュアスケーターズ協会代表理事。 元選手の経験を生かし、ブレードやシューズなどスケート用具の開発にも取り組む。 主な実績に、8位、2位、2位、優勝、優勝など。 人物 [ ] 卒業。 2007年4月よりに所属しながら体育学部に社会人学生として進学。 2011年4月より中京大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程に進学、2016年3月に修了した。 祖父の( - )は旧のフィギュアスケートチャンピオン。 帰国後は愛知県スケート連盟、オリオンFSCを創設し、やらを育てた。 父のは男子シングル日本代表。 母の小塚幸子(旧姓・坂野)、叔母の坂野浩子もフィギュアスケート選手だった。 そのため、『日本フィギュア界の』とも呼ばれる。 現在、愛知県には光彦の名を冠した「小塚杯」が開催されている。 佐藤家と小塚家の関係は古く、信夫の母は父・嗣彦の最初のコーチであり 、信夫は嗣彦がオリンピックに出場した当時のコーチでもある。 また、母・幸子がスケートを始めたのは、近所に住んでいた久美子にリンクへ連れられていったことがきっかけである。 無駄のない滑らかなスケーティングとエッジを深く使ったステップ、正確な技術を持ち味とする。 2008-2009のフリープログラム「ロミオとジュリエット」の衣装がシンプルなのは、足元のエッジ捌きが映えるように上半身を目立たなくさせようという振付師、佐藤有香のねらいによる。 は小塚について、スケート以外のスポーツでも少しかじればすぐにできるようになるほど運動神経がいいと語っている。 2016年より1年近くの間、トヨタ自動車の社員としてスポーツ関連の部署で社業に専念していた が、翌年2月1日、トヨタ自動車・強化運動部の業務と並行して、10か月ぶりに再びスケート界へ携わる事を表明。 プライベートでは、にアナウンサーのと結婚。 同年、を行った。 翌2017年、第1子となる女児が愛知県内の病院で誕生したが、2019年12月、大島との婚姻関係を解消している。 競泳のとは中京大学近くのゴルフ場で知り合って親しくしており 、とも親友である。 また、同じフィギュアスケート選手のとは名古屋市出身のである。 に浅田が公式ブログにおいて現役引退を公表した翌11日に、小塚はフジテレビ系列「」に出演し、で浅田から直接に引退を打ち明けられていたと語っている。 経歴 [ ] ジュニア時代 [ ] 5歳の時、の世界選手権優勝の演技を現地で観戦し、そのスケーティングに魅了されたことがきっかけで本格的にスケートを習い始める。 当初、両親の指導のもとで研鑽を重ねてきたが、小学生の頃から・夫妻の指導を受けている。 全日本ノービス選手権Bクラス2連覇(1998-1999、1999-2000)、同Aクラス2連覇(2000-2001、2001-2002)。 1999-2000には全日本ジュニア選手権に初出場し、9位に入っている。 ジュニア3年目の2004-2005シーズン、の SP でシニアの選手を抑えて1位に立ち、注目を浴びる。 2005-2006シーズン、初戦のJGPモントリオールで2位、2戦目のSBC杯で優勝。 では日本人男子選手初制覇の快挙を成し遂げた。 も制し、では日本人男子として、以来3人目の優勝を果たした。 シニア以降 [ ] バンクーバー五輪出場・8位入賞 [ ] の表彰台で 2006-2007シーズンからシニアに参戦し、2戦目ので総合3位となり、早くも初の表彰台に上がった。 2007-2008シーズン、4度目の出場となったで2位となり、と行きの切符を手にした。 四大陸選手権は8位に留まったが、自身初出場の世界選手権では総合8位と健闘し、翌2009年大会の日本男子シングル出場の3枠確保に貢献した。 2008-2009シーズン、初戦のでGPシリーズ初優勝を果たし、日本人男子4人目のGPシリーズ優勝者となった。 続くで総合2位になり、初めてに進む。 GPファイナルではSPで首位に立ったが、で2度の転倒があり、総合2位となった。 ではフリーの4回転トウループで転倒するも認定され、総合3位に入り銅メダルを獲得。 このシーズンはFSで4回転に挑み続けていたが、では4回転抜きの確実な構成で臨み 、同大会で日本男子最高の総合6位。 総合7位だった織田信成との順位合計は「13」となり、目標に掲げていた翌の出場枠「3」をギリギリで確保した。 2009-2010シーズン、全日本選手権で3位に入り、自身初のオリンピック代表に選出される。 においては、SPは3回転アクセルの着氷が乱れたものの無難にまとめて8位スタート。 FSは4回転トウループが若干両足になるも試合では初めて着氷に成功し、五輪の大舞台で総合8位入賞を果たした。 なおバンクーバー五輪に出場した日本男子選手で、3人の内では最下位だった(ほか高橋大輔3位・織田信成7位)ものの、小塚ただ1人が4回転ジャンプが認定されて 、過去五輪代表の日本男子選手では史上2人目 の快挙達成となる。 続くではSPで4位につけたが、FSの高難度ジャンプの失敗が響き総合10位に終わった。 シーズン終了後、上半身の強化と表現力の向上に力を注いだ。 世界選手権・銀メダル獲得 [ ] 2010-2011シーズン、は、と連続優勝。 ポイントランキング1位の成績で進出したでは総合3位となった。 7度目の出場となったで初優勝。 かつて全日本3連覇を果たした父に続き、男子では史上初の全日本親子制覇となった。 の影響で1か月延期、日本・東京からロシア・モスクワに代替開催となったでは、予選をトップで通過。 SPでは3回転アクセルの失敗で6位と出遅れたが、FSでは4回転トウループを国際試合で初めてクリーンに決めるなど、他ジャンプもミス無く完璧な演技を披露。 全員のジャッジが全ての演技要素に、1点以上のGOE加点を付ける高得点でFS2位となり、総合2位に入り世界選手権で自身初のを獲得し、日本男子選手としては史上4人目の同大会メダリストに輝いた。 2011-2012シーズン、はで3位、2位となるも、進出はならなかった。 連覇のかかったでは、SPで回避した4回転トウループをFSでクリーンに決めたが、後半の3回転アクセルの転倒がひびき、3. 63点差で逆転優勝ならず2位に留まったが、5回目の世界選手権への出場を決めた。 しかし期待されたではSP・FS共に4回転トウループの着氷に失敗し、他のジャンプにもミスが目立ち総合11位に敗れ2大会連続のメダル獲得はならなかった。 も自身の成績は総合6位に留まったが、日本代表としては同大会初の総合優勝を果たしている。 2012-2013シーズン、は初戦ので自己ベスト更新のSP2位から逆転優勝、2戦目ので2位。 通算3度目のの進出を決めたが、総合5位に留まった。 では本番前に足の怪我を抱えながら強行出場するも、総合5位に終わり6年ぶりに表彰台を逃した。 大会後の検査で、右足の腱鞘炎により全治1ヶ月と診断された。 怪我の影響によりエントリーしていたを欠場。 で大会復帰し優勝した。 ソチ五輪落選 [ ] 2013-2014シーズン、で6位と不調、では3位に留まり進出を逃す。 では3位となるも、グランプリシリーズの成績不振が響いて、の代表には惜しくも選出されなかった。 では、優勝したに次ぐ総合2位で銀メダルを獲得。 代表は当初選出だったものの高橋(ソチ五輪6位)がケガによる出場辞退で、小塚が急遽繰り上がり同大会2年ぶりに出場。 準備期間が僅か3週間の調整ながらもSP・FS共に6位の総合6位に入った。 2014-2015シーズン、では8位、は6位で2007-2008シーズン以来初めて両方の大会でメダルを獲得できなかった。 ではSP6位だったもののFS2位と逆転し、同大会で2年連続3位の表彰台に登り、2年連続通算7回目の代表入りを決める。 しかし、世界選手権のSPでは3つのジャンプ全て失敗し19位と大きく出遅れてしまい、FSは1番滑走で順位を上げる(FSのみは9位)も、過去ワースト成績の総合12位に終わった。 、東京都内で開催のトークショーに出演。 その際に小塚自ら「4月から大学院に復学しました。 修士論文があるため、スケートを3か月間は休みます。 その間に今後どうするかを考えたい」と、同年夏頃にスケート選手としての進退について決断する事を明らかにした。 2015-2016シーズン、現役続行を決めたものの左足首によりを欠場。 ではGPシリーズで過去最低の9位に沈む。 でも5位に留まり、及び共に代表落ちとなった。 現役引退後 [ ] 、自身の公式ブログサイトにて、昨年12月の全日本選手権を最後に、今シーズン限りでの現役引退を発表(連盟には所属のトヨタ自動車経由で2016年3月末日をもっての引退という内容で届出)した。 同年、「スターズ・オン・アイス」の東京公演にて、演目は、坂本龍一の「エピローグ」で現役最後を飾った。 引退後は一旦フィギュアスケート界から去り、所属先であるトヨタ自動車の一従業員として、強化運動部での社業に専念していた。 2017年2月1日、「」でのインタビューで小塚は「これからは自分の技術を伝えることで、フィギュアスケート界に恩返しをしたいと考えています」とコメント、所属中のトヨタ自動車・強化運動部の業務と並行して、10か月ぶりに再びスケート界へ携わる事を表明。 同年7月14日から「プリンスアイスワールド東京公演」へ出演し、現役引退以来1年3か月振りにアイスショーへ復帰した。 1月には、レーシングチームの『』が開催する育成プログラム入りすることが発表され、国内最大規模を誇る自動車ののへの参戦を目指してトレーニングを行った。 同年7月、で同レースデビューを飾っている。 またこの縁で8月には、復活に向けた『招致応援団』の一人にも選ばれている。 2018年、地元・名古屋市内の企業と共に開発され、小塚自ら「99%同じ製品が出来上がります」と宣伝した、フィギュアスケート用の新ブレード販売を発表。 2018年12月、子どもから一般までを対象とした短期フィギュアスケート教室「小塚アカデミー」を始動。 全国各地での出張教室も行い、フィギュアスケートの普及に努めている。 2019年7月1日より、所属。 19 6 150. 63 5 228. 82 2015年11月20日-22日 () 8 69. 61 9 125. 87 9 195. 48 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年3月23日-29日 () 19 70. 15 9 152. 54 12 222. 69 2015年2月4日-14日 () 1 77. 15 3 140. 55 2 217. 70 2014年12月25日-28日 () 6 72. 39 2 173. 29 3 245. 68 2014年11月14日-16日 () 3 81. 38 7 135. 42 6 216. 80 2014年10月31日-11月2日 () 6 75. 85 11 127. 32 8 203. 17 2014年10月4日-日 () - 6 119. 51 3 団体 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2014年3月24日-30日 () 6 85. 54 6 152. 48 6 238. 02 2014年1月20日-25日 () 4 76. 85 1 159. 53 2 236. 38 2013年12月20日-23日 () 3 90. 70 4 174. 11 3 264. 81 2013年11月1日-3日 () 3 81. 62 5 145. 30 3 226. 92 2013年10月18日-20日 () 4 77. 75 5 153. 20 6 230. 95 2013年10月5日-日 () - 2 158. 42 1 団体 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2013年4月1日-3日 () 1 81. 18 2 147. 45 1 228. 63 2012年12月20日-24日 () 3 84. 58 7 143. 98 5 228. 56 2012年12月6日-9日 () 4 86. 39 5 166. 88 5 253. 27 2012年11月9日-11日 () 3 76. 34 3 153. 65 2 229. 99 2012年10月19日-21日 () 2 85. 32 1 166. 12 1 251. 44 2012年10月6日-日 () - 2 165. 08 1 団体 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2012年4月18日-22日 () 8 73. 61 5 151. 69 6 225. 30 2012年3月26日-4月1日 () 13 71. 78 11 146. 85 11 216. 63 2011年12月23日-25日 () 2 85. 60 2 165. 37 2 250. 97 2011年11月11日-13日 () 2 79. 77 2 155. 25 2 235. 02 2011年10月21日-23日 () 2 70. 69 2 141. 40 3 212. 09 2011年10月1日-日 () - 3 148. 21 3 団体 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2011年4月24日-5月1日 () 1 165. 00 6 77. 62 2 180. 79 2 258. 41 2011年2月15日-20日 () - 6 66. 25 2 157. 27 4 223. 52 2010年12月24日-26日 () - 1 87. 91 1 164. 02 1 251. 93 2010年12月9日-12日 () - 4 77. 90 2 159. 89 3 237. 79 2010年11月26日-28日 () - 1 77. 64 1 170. 43 1 248. 07 2010年11月5日-7日 () - 1 77. 40 1 156. 11 1 233. 51 2010年10月2日-日 () - - - 1 団体 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2010年3月22日-28日 () 4 84. 20 12 132. 53 10 216. 73 2010年2月12日-28日 () 8 79. 59 8 151. 60 8 231. 19 2009年12月25日-27日 () 2 80. 54 3 155. 59 3 236. 13 2009年11月5日-8日 () 5 74. 05 10 111. 95 7 186. 00 2009年10月22日-25日 () 2 75. 50 2 139. 63 2 215. 13 2009年10月3日-日 () - 4 130. 13 3 団体 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2009年4月16日-19日 () 10 65. 25 7 125. 68 8 190. 93 2009年3月23日-29日 () 5 79. 35 7 142. 83 6 222. 18 2009年2月2日-8日 () 3 76. 61 4 145. 15 3 221. 76 2008年12月25日-27日 () 2 77. 40 2 148. 54 2 225. 94 2008年12月10日-14日 () 1 83. 90 3 140. 73 2 224. 63 2008年11月13日-16日 () 2 77. 00 2 153. 78 2 230. 78 2008年10月23日-26日 () 3 80. 10 1 146. 08 1 226. 18 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2008年3月17日-23日 () 8 70. 91 8 132. 24 8 205. 15 2008年2月11日-17日 () 7 67. 48 6 128. 90 8 196. 38 2007年12月26日-28日 () 1 72. 70 2 146. 64 2 219. 34 2007年11月22日-25日 () 7 64. 65 4 135. 33 5 199. 98 2007年10月25日-28日 () 10 56. 25 7 121. 22 8 177. 47 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2007年4月29日-日 () - 4 132. 76 1 団体 2007年1月28日-2月4日 () 5 58. 73 4 118. 38 4 177. 11 2006年12月27日-29日 () 5 70. 49 6 130. 39 6 200. 88 2006年11月30日-12月2日 () 4 67. 95 3 140. 39 3 208. 34 2006年11月17日-19日 () 11 56. 04 6 121. 81 6 177. 85 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 予選 SP FS 結果 2006年3月6日-12日 () 3 107. 52 2 60. 07 1 119. 98 1 180. 05 2005年12月23日-25日 () - 10 55. 80 3 137. 20 4 193. 00 2005年12月10日-11日 第74回() - 1 62. 10 1 121. 20 1 183. 30 2005年11月24日-27日 () - 1 60. 14 1 118. 58 1 178. 72 2005年10月20日-23日 () - 3 52. 11 1 106. 83 1 158. 94 2005年9月22日-25日 () - 3 52. 10 2 113. 67 2 165. 77 2004-2005 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2004年12月24日-26日 () 1 71. 46 6 111. 23 4 182. 69 2004年11月20日-21日 第73回() 3 58. 50 3 110. 61 4 169. 11 2004年9月1日-5日 () 14 42. 87 5 100. 07 7 142. 新人賞• 名古屋スポーツ奨励賞• 中部スポーツ賞 奨励賞 2007年• ・国際競技大会優秀者表彰 2010年• 名古屋市スポーツ功労賞• 愛知県スポーツ功労賞• 文部科学省・文部科学大臣表彰 2011年• 愛知県スポーツ功労賞• 第26回中日体育賞() 出演 [ ] テレビ [ ]• 小塚崇彦のフィギュアスケートラボ(、2012、2017 - 出版 [ ]• 小塚崇彦 『TAKAHIKO』 ・撮影(・2011年12月13日)• 『ステップ バイ ステップ』 小塚崇彦・著(・2012年1月11日)• 『フィギュアスケート観戦ガイド テレビ観戦でわからなかったことがすべてわかる』 小塚崇彦・監修(・2019年10月30日)• 『フィギュアスケート 氷の上で感じた世界』 小塚崇彦・著(・2019年12月20日) 脚注 [ ] []• 小塚崇彦オフィシャルサイト. 2019年3月15日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2015年10月15日. 2015年10月18日閲覧。 『Cutting Edge』p. 『フィギュアスケートに懸ける人々』p. 『フィギュアスケートに懸ける人々』p. 『Cutting Edge 2007』p. 35, p. 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p. 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p. 荒川静香『フィギュアスケートを100倍楽しく見る方法』p. 110• 2012年10月7日. 2016年3月14日閲覧。 コラム『小塚崇彦「世界選手権ではリンクで熱気を感じたい」』2011年1月3日掲載• コラム『フィギュアスケート小塚崇彦氏(中)「自然」な滑り氷上で自由自在(駆ける魂)』2009年3月10日掲載• 『フィギュアスケート08-09シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2009年4月、p. 「小塚 SP5位 織田は7位 五輪枠『3』へ着実に」『朝日新聞 夕刊』2009年3月26日、第4版、第3面• 『フィギュアスケート2010-2011シーズンオフィシャルガイドブック』朝日新聞出版、2010年5月、p. 1人目は、のSPで4回転トウループ-3回転トウループを成功させた• 『フィギュアスケートメモリアルBOOK』コスミック出版、2010年4月、p. 2020年1月4日閲覧。 Number Web - ナンバー. 2020年1月4日閲覧。 2020年1月4日閲覧。 motorsport. com. 2020年1月4日閲覧。 SportsNAVI 2018年8月21日• auto sport web 2018年8月22日• の影響により開催中止。 『FIGURE SKATING BEST SCENE』p46• 出場スケーターより• 『男子シングル読本』pp. 14-15• 『Cutting Edge 2008 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年12月、p. 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p. 著『日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p. 201 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• takakozuka -• takakozuka -• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• 1929:• 1930:• 1931:• 1932-1934:• 1935:• 1936-1937:• 1938:• 1939-1940:• 1946-1947:• 1949:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956-1965:• 1966-1968:• 1969-1971:• 1972-1976:• 1977:• 1978:• 1979-1981:• 1982:• 1983-1986:• 1987-1988:• 1989:• 1990-1992:• 1993:• 1994:• 1995-1996:• 1997:• 1998:• 1999-2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005-2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012-2015:• 男子シングル• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008-2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018:• 2019: 1979:• 1980: (非開催)• 1981-1982:• 1983:• 1984: (非開催)• 1985:• 1986:• 1987: (非開催)• 1988-1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994-1997:• 1998-1999:• 2000-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997-2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007-2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016-2017:• 31:• 32:• 33-34:• 35:• 36:• 37:• 38:• 39:• 40:• 41-46: 中止• 47:• 48: 中止• 49:• 50:• 51:• 52:• 53:• 54:• 55:• 56:• 57:• 58:• 59:• 60:• 61:• 62:• 63:• 64:• 65:• 66:• 67:• 68:• 69:• 70:• 71:• 72:• 73:• 74:• 75:• 76:• 77:• 78:• 79:• 80:• 81:• 82:• 83-84:• 85:• 86:• 87-88:• 89:• 90-91:• 92:• 93:• 94:• 95:• 96:• 97-98:• 99:• 2000:• 01:• 02:• 03:• 04:• 05:• 06:• 07:• 08-09:• 10:• 11-12:• 13:• 14:• 15:• 16:• 17:• 18: 19:• 開催年は年度• 男子S•

次の