伊 アオ。 #伊アオ 恋女房

#伊アオ #神崎アオイ 獲物は逃がさない

伊 アオ

100• 101• 102• 103• 104• 105• 106• 107• 108• 109• 110• 111• 112• 113• 114• 115• 116• 117• 118• 119• 120• 121• 122• 123•

次の

IAo(Inosuke/Aoi) Manga/「伊アオ漫画 はじめてのキスの話 ※捏造 #伊アオ #私の絵柄が好みって人にフォ」

伊 アオ

一人称が「僕」と表現されているのがポイント! あの、嘴平青葉くん可愛すぎます。 アオイちゃんの青と伊之助のお母さんの葉で「青葉」なのかな!孫って事だから、息子は「嘴平青之」とか?笑 伊之助とアオイちゃんの性格全然反映してないけど、もし伊之助のお母さんが殺されずに、親子で過ごした場合の伊之助って感じ、? — 天ぷら🐗うい e2MbaIsr6mJLNoM という事で、 伊之助とアオイは結婚した事になり、それを嘴平青葉の存在で伝えたという事ですね! 伊之助とアオイの接点【伊アオ】 鬼滅ファンの間では当たり前のように当時からささやかれていた伊之助とアオイのカップリング! 一見意外な組み合わせに思う人も多いと思うので、伊之助とアオイの接点を単行本の話数ごとにまとめてみました。 その状況を天井の上に張り付いて聞いていた伊之助!!! アオイは安静しなければならない状況なのにと怒り出し伊之助とアオイは喧嘩を始めるのです。 このシーンが なんだか仲の良いカップルの痴話喧嘩のように思えてほっこりします。 大声を出してる2人に「炭治郎が起きちゃう」とカナヲに叱責されて ビクッとしたアオイは思わず伊之助の方に抱きつくようなコマも。 2人の距離が縮まった事は間違いないなく、世間でも「伊アオ」として呼ばれ始めたのもこの一連のシーンです。 恋愛のきっかけになったのかもしれません。 結果的に伊之助とアオイは結婚したから子孫が生まれていますが、結婚理由はなぜなのか?と疑問になりますが上述した接点が二人にはあり、2人の距離が少しづつ縮まっています。 最終話手前の204話では机の下に隠れて食卓の料理を盗み食いをする伊之助! この時、伊之助はアオイに気づかれてしまい怒られます。 ここまでは前回の痴話喧嘩の展開かな?と思ったのですが、 アオイは「これを食べてね」と言わんばかりに伊之助専用のおにぎりを差し出すのです。 アオイが再会後、 伊之助の毒の状況を心配して涙を流した事、そして 伊之助に専用のおにぎりを用意していた事から 伊之助を特別視していた事は間違い無いと思います。 アオイからおにぎりをもらった 伊之助は真顔になったシーンが印象的です。 アオイの優しさに心を打たれ人として恋愛感情を持つようになり、結婚に至ったのかもしれません。 伊之助のキャラの性格上、恋愛の様子は本編で描かれてませんが嘴平青葉の存在が「伊アオ」のカップリングを公式化したワニ先生のサービスに思います。

次の

鬼滅の刃の炭カナとぜんねず、伊アオは公式ってことでいいんですか?炭治郎...

伊 アオ

とても綺麗な青だった。 2人の門出を祝福するように、雨だと予想されていた天気は嘘のように。 庭の木からぽつり、と落ちる水滴越しに虹が見え、アオイは声に出さずともその風景に心惹かれていた。 「アオイ、こんなとこにいたのか。 」 賑わっている大部屋から離れ、外をなんの意味もなく眺めているのは自分くらいだと思ったアオイは、後ろから声がしたことに少し驚いた。 炭治郎とカナヲの結婚式は、蝶屋敷のすぐ裏の神社で執り行われた。 とても幸せそうで、心からの祝福を贈った。 それはアオイの本心に変わりない。 けれど、なぜか寂しかった。 だから、まだワイワイとしている広間から抜けて、誰もいない縁側に座ってぼうっと、 感情的に空を見上げていたのだ。 「伊之助さんこそ、どうしてこんなところ」 「お前が見えなくなったから探した。 」 あ、もうイノシシを被ったのね。 振り返ったら、いつもの猪頭の伊之助がいてアオイはくすりと笑った。 先程まではさすがにと、善逸に言われ猪頭を取らされていたのに、すぐにつけ直したのだろうか。 「戻らなくていいんですか?」 「戻るぜ、お前も連れてな。 」 「私は今感傷に浸ってるんです、まだ戻りません。 」 「かんしょう?なんだそれ、浸して食べるのな?」 「... ほんっと、馬鹿。 」 「ああん?」 怒ったように見せても、怒ってないのがわかるのは素直に隣に座ったから 伊之助という男は案外、わかりやすい。 「とっても嬉しいけど、でもどこか寂しいんですよ、また1人ここからいなくなるのが。 」 カナヲは今日から、炭治郎と同じ屋敷に住む。 それはとても嬉しいことだ、2人が幸せならそれ以上を望むことは無い。 けれど、 このだだっ広い蝶屋敷にまた、どこか穴が空いたようになる。 カナエ姉さんのとき、しのぶ姉さんのとき あんな、辛いものではないけれど とても、嬉しいものだけれど どこまでたっても、自分はここに取り残される そんな感覚が奥で引っかかって取れない。 「馬鹿はお前だろ、アオイ。 」 「はぁ!?」 もうちょっとマシな慰めとかあるんでしょ?と、アオイはキッと隣の猪を睨んだ。 相変わらずどこを向いて何を考えてるのか分からない。 「俺様がここに来てやったらいいだけの話だ。 」 「あのねぇ、そういう話じゃないんですよ、私が言ってることは! 伊之助さんが怪我したり、天ぷらを食べに来るのと ずっと苦楽を共にして住んできたカナヲがいるのと」 アオイは笑うが、伊之助は不服そうだった。 もとい、不服そうだと気づいたのは呼吸の仕方とかそういった点からの推測でしかないのだが。 「だから同じだっつってんだろ。 俺がお前の傍にいてやるって言ってんだよ。 」 「はい?」 「俺が腹減ったらお前は美味い飯をつくる 俺がボロボロになって帰ってきたらお前は手当をする 俺が眠たくなったらお前は隣で一緒に寝る 俺が呼べばお前も来る」 「なんですか、それ」 淡々とでも当たり前のように話すが内容はちょっとおかしい気がする、伊之助の言葉を思わずアオイは遮った。 「それ、多分あんまり言ったら勘違いする人いますからやめた方がいいです。 」 「勘違い?」 「えぇ、求婚してるみたいです。 求婚、わかります?炭治郎さんとカナヲみたいに夫婦になるの。 」 「きゅうこんねぇ。 夫婦か。 悪かねぇ。 」 はぁ!?と、アオイは大声を出した。 何よ、この人、大丈夫なの。 お付き合いなんて縁遠そうなこの人が、夫婦?誰と?私と? 「... 伊之助さん、私のこと」 「好きだぞ。 」 「あんまよくわかんねぇけど、お前と離れんのは嫌だし、お前が他のやつと話してると腹立つし お前と交尾も... 」「もういいです」 わかった、わかったから、 カポッと両手で伊之助の猪頭を取ると アオイが想像していたよりずっと照れくさそうに顔を紅くして、そっぽを向いた伊之助がいた。 「珍しい。 」 「そりゃ、そうだろ。 俺だってな。 」 「ははっ」 「っ笑うなよ!」 「だってこんなの」 断れるわけないじゃない そう言った瞬間、さっきの照れくささをを振り払い 勝ち誇ったようにニヤリと笑った彼は アオイの唇に噛み付いた。 「ちょっ」 いきなりなにするの、と声を出そうとしても 乱暴にこじ開けられた口から 獲物は逃がすまいと舌が絡められて息をするのがやっとだ。 だめだ、もう完敗。 アオイは観念して、伊之助の背中に腕を回した。 捕らわれたものが、負けなのだ。 彼からしたら、先に捕ったのはアオイの方なのだが。

次の